FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
前半のバタバタした展開の時はともかく、後半も一応2点は取りましたが、それでも攻撃が十分に構成されてという形と言える内容ではありませんした。今回もまた最終ラインまで戻すバックパスが多かったですし、そこで奪われて危険な形を作られるというシーンもありました。ディフェンスラインからのフィードも精度が悪く、崩しきったという形を作ることはとうとう最後まで来ませんでした。

当然ですが、まだまだ満足できる内容ではありません。高原もエジミウソンも梅崎も十分に生かし切れてません。闘莉王、細貝が比較的積極的に上がる分、平川、山田が上がれなくなったのでは同じ事です。

もう少し時間がかかりそうです。オジェックの7週間の予言は見事に的中しそうだというところでしょうか。
なんとトップ下に闘莉王。彼にパスのセンスやゲームメイクを求めることなど到底出来るはずもなく、気合いと力業でという意図が見て取れます。ポンテは居ない、梅崎はまだフィットしない、山田ではピリッとしない、長谷部も小野も居ないという厳しい台所事情が垣間見えます。

案の定闘莉王は全く機能せず。中盤が繋がるのは後ろだけで、そこから前はほとんど構成できない。だから高原なんか機能するはずもない。エジミウソンには時折カウンター気味に良い球が入ることはあったものの、まだキレが悪いのと、フォローが無いのとでチャンスらしいチャンスにはほとんどならず。

結局相も変わらずずるずる下がりはじめ、必殺5バック、6バック下手すると7バックの状態が完成。鹿島に攻められ続けるという結果になりました。結果としては勝利しましたが、ゲーム内容は完全に負けています。都築のセーブが1本失敗していれば、結果は逆だったでしょう。

結果は出始めているものの、楽観視出来る要素はあまりなし。ポンテが本調子で戻ってくるまではこんな調子なんでしょうか。
確かに勝ちはしたものの、決して誉められた試合内容じゃありませんでした。中盤の後ろではやや繋ぐことが出来たものの、そこから先に行けない。ゴールどころかシュートにすら行けないという状態。フォワードとの連携が致命的に悪い。高原がシュートすら打てないというのは、当然のことながら高原のコンディションだけの問題じゃない。その証拠にエジミウソンもそれほどシュートを打てていないし、永井だって打てていない。ゴールをしたのは阿部と闘莉王です。

じゃあ、がっちり守っているのかというと、そういうわけではなく。真ん中に固まっている割にはマークを簡単にはずされたり、ミドルレンジでフリーにさせてシュートされたりというシーンが散見されました。

うーん、どうもすっきりしませんね。一応連勝はしていますけど、安心出来るという要素は余りありません。負けても不思議じゃないという内容でした。やっぱりポンテが戻ってくるまでは駄目なんだろうか。梅崎は悪くないと思うので、彼をもう少し使える様になってくれば変わると思うんですけど、やっぱり即フィットというのは難しいのかもしれません。
勝ったことは大きい。選手達もスタッフもこれで自信を取り戻し始めることでしょう。目標を達成するためには結果を出さない限りどうにもならないわけで、何はともあれ結果をという考え方は理解できる。けれど、あえてもうしばらくは結果には余り拘らずに見ていきたいと思います。

とにかく、これまで以上にアグレッシブさがあったのは事実。得点の臭いはこれまでの試合で一番多かったし、実際に決めることも出来た。しかしながら、守備の面では、まだ危険なシーンを幾つも作られた。決定的な、相手に助けられたという場面もあった。

中盤の構成はまだ完成しているという状態には至っておらず、バタバタした感じがありました。守備ラインからのフィードにも甘いものが多く、それが危険なシーンに繋がっているという場面も複数回ありました。まぁ今はまだ建て直しの時期と言うことで理解しておきましょう。連携のレベルがもう少し上がってこないと駄目だと思います。

光は見えてきました。攻撃の形も良くはなってきている。次回は今日以上の状態になっていると言うことを期待したいです。
復活・闘莉王が初勝利導く…浦和

「前の監督がゴチャゴチャにしたのは事実。昨年ACLを取った自信とか、楽しさとか全部、あの監督がダメにした。でも、(復帰戦から)もう一度、強いレッズを取り戻していきたい」


実は問題は去年の終盤とかそんなレベルではなくて、去年の前半からあったように思います。オジェックは当初4バックを構想していた。けれど、それで勝てなくて一昨年のシステムに戻すということがありました。実は、この段階でオジェックは方針を変えたんじゃないかという気がしてなりません。

一昨年は優勝したチーム。だから翌年はそれ以上を求める。流れとしては綺麗ですが、実際にはそんな簡単なものじゃないでしょう。チームのレベルを一段階上げるために、リビルドが必要だったはず。だから、個人的には去年に関しては結果を求めるべきではないと思っていたし、Blogにもそう書いています。結果よりも内容や過程が重要だと思っていた訳です。

ところが、いざシーズンが始まって勝てないと周囲から文句が来る。選手が前年の実績に寄っかかってしまって新しいシステムを支持しない。あの時も真っ先に文句を付けていたのは闘莉王だったように思えます。そして新しいシステムが固まる前に、結局元に戻ってしまった。

僕がオジェックの立場ならどうするか。一番文句の出ないやり方を選択しますよ。つまり前年のシステムを踏襲し、メンバーの入れ替えもしない。選手交代も最低限。選手の能力を信じるとして、一番能力の高い選手だけを使い続ける。ギャンブル的要素は極力省く。コンサバ路線まっしぐらでしょう。で、実際そうなった。

本当のところがどうなのかはオジェックに聞かないと判りません。けど、そういう可能性だって十分あります。前の監督がゴチャゴチャにしたのが事実だとしても、前の監督をゴチャゴチャにしたのは闘莉王を初めとする選手達だったかもしれません。その程度のことを理解できずにこういう無神経な発言をマスコミにするとは、はっきり言って見損ないました。最近チヤホヤされて天狗になってるんじゃないですかね? 文句を言うならオジェックが居る内に、マスコミじゃなくてオジェックに言えばいいんじゃないの? こんな程度じゃ海外にでも高値で売り払って、外国人ディフェンダーでも取った方が良いのかも知れません。
確かに前2試合に比べれば大分見られる試合になりました。けれど中盤の構成はまだ満足できるレベルではありません。梅崎を入れたものの使い切れていない。永井が動いているのは良いんですが、その分エジミウソンが孤立しているシーンが見られました。

後半になって細貝や相馬の攻撃参加が目立ちましたが、逆に言えば彼ら以外で決定的なシーンは作れなかったとも言える。FWと中盤の繋がりが悪いということを表しています。山田がボランチに下がって長谷部の変わりということを目論んだと思うんですが、どうしても運動量的に賄えない部分があります。その分後半は細貝ということだったんだろうと思いますが、全体的にまだ模索しているという感じがありました。

左の相馬が目立っていた代わりに、右の平川はあまり出番無し。たまに出てきてもクロスの精度が悪い。僕はやっぱり4バックにするしかないと思うな。少なくともポンテが戻ってくるまでは。

正直言ってびっくりした。確かに開幕してからの試合はどちらも納得できるものでは無かったけれど、それでも僅か2試合で監督解任となるとは思いもしませんでした。去年後半の失速と、その原因となったシーズン中の選手起用法。そういうものが溜まりに溜まった結果ということなんでしょう。幸運なことに、エンゲルスがいますのでインパクトは最小限に抑えられました。エンゲルスはギドの時代も見ていますし、自分自身も監督経験を持っている人ですから、その手腕に期待したいところです。

ですが、伝家の宝刀は一度しか使えないと思った方が良い。これで変われないとなら、もう監督の責任にはできません。次はナビスコということで、代表組は居ないしリスタートのタイミングとしては悪くないでしょう。是非この2試合で、何らかの変化を見せて欲しいと思います。
Jリーグ第1節 浦和レッズ v.s. 横浜マリノス

オジェックが過度にコンサバだというのは理解できます。けど、一体選手達にどの程度の強制を与えているというんでしょうか。それほど自由なプレイを束縛されているというんでしょうか。監督に文句を言える程の働きを選手達はしていたんでしょうか。激しく疑問です。

永井、田中の投入が問題になっています。確かにあれは疑問符が付く采配であるかもしれない。けれど、そういう状況になった以上、それなりのやり方というのが出来ないのだろうか。出来ないのは監督だけの責任なんだろうか。高原、エジミウソンのコンビネーションが未完成だなどというのは最初から判っていたこと。けど、最大の問題だった中盤の5人は、去年からのメンバーだった。山田のトップしたも、阿部のボランチも経験済みのはず。戦術が徹底してないなら、選手達で集まって戦術を詰めれば良い。その程度のことは十分出来る選手達なんじゃないのか。

監督がどの程度指示を出して、それをどの程度強制しているのかが判らないのでなんとも言えませんが、実際にゲームに出場しているのは選手達なんじゃないんだろうか。シーズンが始まって1試合しか終わっていない状態で監督批判をして一体なんの益があるというんだろうか。マスコミに文句を言う前に監督と話し合えばいいんじゃないの?
まるで得点の臭いがしないゲームでした。中盤が全く構成できない。横浜に隠した扱いされてしまった感じです。高原、エジミウソンのコンビネーションが出来上がっていないというのもあったかもしれませんが、それ以前の問題も大きそうです。

山田、平川がまるで機能していない。ボランチの押し上げも全く足りないという状態。このメンバーでは問題があるんじゃないかという気がします。永井、達也の投入も遅かったような気がする。それだけ期待があったと言うことかもしれませんが、前半の出来を見れば後半開始の段階からメンバーを入れ替えても良かったような気がします。

三主が怪我したことで、3-5-2が一番だと僕も思いましたが、やっぱり3バックでは駄目だろうと感じました。横浜クラスを相手にすると途端に攻撃の組み立てが出来なくなると言うのはかなり重傷です。ポンテが居ないということを差し引いても、もう少しまともな試合が出来るようになってくれないと、優勝なんて到底出来ないでしょう。
坪井、代表引退!日本最速ストッパー28歳の決断

坪井の判断を支持します。というか、代表なんて選手を消耗品としてしか使わないので、試合に出られないなら固執する意味はまるでありません。代表に取られる時間が勿体ないので、クラブに専念することの方がはるかに重要です。28歳という年齢は、まだまだイケますが、若いという訳でもない。ここで代表なんかの為に無理して、故障したりしたら大損です。今の状態の浦和なら、クラブレベルでも世界レベルの試合が出来る可能性を持っていますし、ベンチにも入れない代表に固執する必要はまるで無いでしょう。


浦和、実質2バック!岡田流布陣だ

オジェックの戦術を支持します。4バック1ボランチは、現在の浦和のメンバーから考えれば妥当な選択だと僕には思えます。実質2バックと言いますが、オジェックはそんなこと考えてもいないでしょう。サイドバックがきっちり走って機能することを期待しているはずです。だから1ボランチにして左右を厚くしている。2バックだと思っているなら平川は甘い。

レッズプレスによると、ポジションは右から
都築
平川 坪井 堀之内 相馬
内舘
梅崎 山田 三都主
エジミウソン エスクデロ

ただし、坪井を除く代表勢、永井、細貝、闘莉王、達也が別メニュー。
個人的には、相馬と三都主を入替え、梅崎を真ん中にして山田を右と平川と阿部を入替えがベストかなと思ってます。つまり最終的には

都築
阿部 坪井 闘莉王 三都主
啓太
山田 梅崎 相馬
エジミウソン 高原

山田と平川は調子の良い方を使えばいい。ポンテが戻ってきた時にそうるのかが難しい。梅崎が右もやれるなら右に梅崎、中央にポンテというのも面白い。こういう布陣にもしもなる場合、一番動きの変化を求められるのが啓太。まぁ代表でも同じシステムをやっているのであれば、対応は十分可能でしょう。啓太にはその位の対応力は求めたい。

前三人が新人ばかりなのでどう動くのかが判らないし、連携も不安。そう言う意味では達也や永井には頑張って欲しいし、やっぱりポンテの復帰は待ち遠しい。いきなり全開って訳には行かないだろうから、前の三人は梅崎 山田(ポンテ) 相馬という感じが良いかもしれない。

阿部を右SBに使うならボランチでもという考えも成立しますが、三都主が左に居ることだし、闘莉王の攻撃力を使うという意味でも、阿部は右の方が良いような気がします。勿論、阿部には柔軟性を去年以上に発揮して欲しい。出られる時は積極的に出る。啓太とのポジションチェンジなどもダイナミックにこなして欲しい。

ポテンシャルは十分にある選手達です。もう疲れという言い訳も出来ません。是非面白いサッカーを展開して欲しいです。
ドイツ1部、ボーフムから小野に正式オファー 1月末の獲得目指し

あちゃ、夏まで保留かなぁと思っていただけに痛いかも。で、そうなるとボランチは誰? 啓太と阿部の2人にお任せ? それも厳しいよなぁ。阿部を上げたなら、後は誰? 堀之内? 内舘? それとも細貝とか近藤辺りを使うのか?

長谷部、ネネが抜けて、どこでもこなしてくれる小野も居なくなるとなると、やっぱり後がちょっと不安。けどまぁこれくらいないとサブ組にはチャンスが無いんだろうけど… やっぱターンオーバーにはしないんだろうか。

怪我があったとはいえ、あまりにも使って貰えないとなると、力がある選手は当然移籍を考えてしまうよな。コンサバが駄目とは言わないけど、クラブ運営としてはその辺も考慮して貰わないと厳しいと思うんだけどね。
またもスマートなガンバのルーカス獲得

手法としては否定はしない。浦和も エメルソン→ワシントン→エジミウソン とそのパターンで来てる。ただ、それと同時に新顔を探索するのも重要というだけ。浦和で言うなら、ブッフバルト、バイン、チキ、ペトロヴィッチ、ポンテといった辺りがそう。

鳶が油揚げをさらう為には条件があって、油揚げがそこに存在することと、他の鳶に持って行かれないということ。リーグのみんながみんなこのやり方を始めてしまえば当然油揚げそのものが無くなるし、競合が増えれば浦和や横浜のような資金力のあるクラブも狙い出すから他にさらわれたり、コストが上がったりする。

結局はバランスってことなんだろうね。リーグの為という意味でもそう。折角日本に馴れた選手達がつまらない理由で契約が取れずに去っていくというのも寂しいし、新顔が出てこないというのも寂しい。

堅実に強さを維持するという方向では、ギャンブルは避けるという考え方も判らないでもない。けど固執しているとなれば、褒められたモノじゃないでしょう。まぁ実際のクラブはそう言う訳でもないんでしょうから、穿ちすぎだとは思いますが。
さて、年も改まったことでレギュラークラスのストーブリーグのまとめ。

放出
ワシントン
ネネ
長谷部(?)
小野(?)

獲得
三都主
梅崎
エジミウソン
高原(?)

とりあえず、空いた穴をどう埋めるかというのが一番の課題。その上で補強となったのかと言う話になるでしょう。ワシントンの代役としてエジミウソンな訳ですが、これが全くタイプの違うFW。達也と被る部分はありますが、エメルソン時代もありますから、なんとかなるかもしれないなと思っていたところに高原の話が浮上。確かに達也も即全開でいけるかどうか微妙な所でもありますし、得点力不足に泣いたという経緯からもオプションは多いに超したことは無い。ということで前線は、このまま成立すれば補強できたと見て良いでしょう。

長谷部の穴を今野で埋めるという思惑は見事にはずれ、頼みの小野も居なくなるとなると、中盤が弱くなります。梅崎が期待通りの活躍をしたとしても、ポンテが復帰して調子を戻してくれるまでは枚数が心許ないと言う状態は続きます。ただ、阿部が居ますから、彼を中盤に上げるという選択はあります。その場合阿部の変わりのDFをどうするかなんですが、堀之内と細貝でなんとかなるかもしれません。細貝をボランチとして使うという選択もあります。

三都主の使い方が難しくて、相馬とどう使い分けるのか非常に興味深いです。二人とも攻撃的なSBですから、思いっきり被ります。一つの案としてワンボランチにして攻撃的にするというのもありますが、後は多分弄りたがらないような気もする。ポジションチェンジや中への切れ込みも前提として、4バックにして二人とも使うという手もあります。けど、一番なのはやっぱりターンオーバーなんだろうな。

さて、実は気になっているのは空いた外国人枠をどう使うかです。素直に考えればネネの変わりに頼りになるDFをという選択。そうすることで阿部が自由になります。このオプションは大きい。FWという選択もアリかなと思っていたんですが、高原が入ってくるならその必要性はありません。あとあるとしたら、右のサイドかな。平川も悪くないんだけど、やっぱ精度がなぁ。山田だと下がりすぎる感じがするし。

やっぱ4バックが最適というのは、去年からずーっと思ってます。つか、去年一年見てきて益々そう思うようになりました。4バック1ボランチでも良いくらい。それ位攻撃的に行って欲しい。前の選手が三枚も追加されましたし、梅崎とポンテの両方を生かそうと思うなら、後であつまって、7バックじゃ話になりません。

ま、あくまで固定メンバーで行くという前提の話で、ターンオーバーにするのであれば話は全然変わってきますが。
まず、言いたいことは、日テレのアナウンサー、ウザ過ぎ。余計なこと言い過ぎ。黙ってろって何度も突っ込んでしまいました。

ともかく、結果を出したというのが、世界レベルの戦いでは大きいです。ともかくもCWCで2勝したという事実は大きい。先取点はともかく、2点目は勿体なかったですが、攻撃面も今日は比較的悪くなかった。まずしっかりポゼッションすること。そこから外も中も使ってバリエーションを付けた攻撃をすること。これが基本。

気になったのは、やはりフィードの精度、それから判断の速度。ワンタッチで相手に詰められて奪われるというシーンが何度もありました。そこからの速攻で何度も危険な場面を作られました。これからは、そういうシーンを作らせない中盤の密度が重要。それがセカンドボールを奪うということにも繋がるでしょう。

国内戦の終盤で失速しだらしない姿を見せた選手達でしたが、やればできるんだということを証明しました。来年に向け、今年出来なかったこと、駄目だったことをしっかりと修正して、結果を出し続けて欲しいです。一回ではなく、何度も何度も、常連になって初めて本当の力だと証明されます。是非、そういうクラブになって欲しいです。
まぁ頑張りました。それは認めます。あの一点は流石ミランという速攻でした。課題もはっきりして、というかこれは以前からはっきりしていましたが、攻撃の精度。こればっかりは全くレベルが違うという感じでした。だったら、速攻という形に出来れば良かったんですけど、中盤でもたついてしまって、良い感じになったのは数回ってところでした。

そういう意味では小野を早い段階で出したかったんですが、なんでだか出し惜しみ。つか、トーナメントで負けているのに、交代枠を残すってのは正直どうなのよって気はした。長谷部か啓太、あるいは細貝に変えて小野ってのは、後半早々にでもやって不思議じゃないと思うんですけどね。これからまだまだシーズンは長いって訳でもないし、戦力を温存することに意味があるようには思えません。ぶっちゃけ、1-0でも2-0でも3-0でも負けという意味では同じな訳です。

久しぶりの山田は頑張ってました。そうとう鬱憤が溜まってたんじゃないでしょうかね。まぁベンチ入りも出来ない状態で、あの酷い試合を見せられましたから、さもありなんってところでしょう。まぁ、後一試合あります。この試合に勝つか負けるかも、全然違います。是非今シーズンのラストを勝利で飾って欲しいものです。