Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
不治のおかげで、ありがたいことに有料以外放送されなかったんだけれども、とりあえず勝ったようです。セットプレーから先制されたものの前半の内に追いつき、後半早々には逆転という流れとしては評価できる内容です。

気になるのが、前半で交代したポンテの状態。中断が入るとは言え、代表組が抜ける中でポンテの存在は重要。悪くなければいいのですけど。気になります。黒部もそろそろ何かしら結果を出して欲しいですね。まぁ短い時間の中でなんで難しいだろう事は承知していますけど…。
スポンサーサイト
某友人Mとまたシムーン話をしました。そこで、話に出た今後の展開予想を一部をまとめてみたいと思います。

まず、ネヴィリルですけど、ここまで引っ張った以上コール復帰は恐らく13話前後なんじゃないかと思えます。実際今のところ彼女を説得できるだけの材料や人材が揃っていると思えないので、その舞台が整うのが13話辺りなんじゃないだろうかという想定です。

で、戻るとなると恐らくアーエルのパルとして戻ることになるんだと思いますが、その場合ネヴィリルがサジッタになることになります。そこで問題になるのが、現時点ではサジッタのアウリーガに対する存在位置というのがきちんと定位していないという点です。

サジッタというのがどういうものなのか、また、サジッタキャラもきちんと描かれていないというのが現状です。そこで、サジッタがどういうものなのかということが、ネヴィリル復帰までの間に描かれるのではないかという想定が立ちます。

サジッタとアウリーガの関係性が明確になると、それはシムーン自体の謎の部分に直結します。何故二人で乗らなければなければならないのか、何故飛ばすにはキスが必要なのか。と言った部分に明確な理由を与えることができるかもしれません。

そこから更に展開して、サジッタとアウリーガの関係を男と女の関係に再展開すると言うことも可能になるかもしれません。性別というのはシムーンという作品と、その世界観において非常に重要なファクターであることは確実ですから、この点ににネヴィリル問題が絡んでくるというのは十分考えられます。

となると、ネヴィリルとアーエルの問題から世界観まで展開するという非常に綺麗な構成が成立します。まぁあくまでも想定に想定を重ねたものなんでどこまで当たっているかは保証しかねますけど、綺麗で綿密なシナリオなのであまり突飛なことは起きないでしょう。もう少し見ていけば、もう少し精度の高い予想が出来るようになると思います。まぁ当たるにせよ当たらないにせよ、こんな話が出来る作品は久しぶりです。これからもとても楽しみです。