Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
30時間の音楽再生が可能なウォークマンケータイ「W42S」

ATRAC3形式を扱えるパソコン向け音楽ソフト「SonicStage CP」から転送する楽曲は内蔵メモリに保存できない。


( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …?!

(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ

(  д )

(; Д ) !!

やっぱり駄目だったのか………、SONY & AU。



追記

なおFeliCaチップは搭載されておらず、おサイフケータイには対応していない。


ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン
本気で駄目かも、これ……。秋まで待った方がいいかも。


追記2
写真で解説するウォークマンケータイ「W42S」

音楽ケータイをうたった「W31S」同様、スライド機構を採用した。途中まで手で開いて、最後はバネ仕掛けでスライドする


終わってるぞ情報が続々追加。ボタンも、スライドスイッチも無し………。もう何を聞いても驚きませんよ、えぇ。D902iSとのこの差は一体何? DoCoMoユーザーをこれほど羨ましいと思ったのは初めてだ。やっぱSONYは基本的に駄目なんだな。

でもまぁ、秋まで待ってスライドの良い奴が出なかったら買いますよ。仕方ないじゃない。これ買えってことだろ? なんかW31Sの時も同じ思いをした気が…。悲しくなってきました。
スポンサーサイト
ということで、発表されました夏モデル。まだ、詳細なところまでは判らないですが、判ってる範囲で。

W42S:
多色発行LEDを入れたり、少なくともW31Sに比べれば大分薄くしたりと、見た目には大分気を使ったように思えます。一応ATRAC変換することで、手持ちのファイルを転送することが可能なようで、さすがにLISMO専用という真似はしなかったようです。例によってメモリースティックではありますが、外部スロットに対応しており、4Gの拡張に対応とのこと。値段的に4Gも拡張するのは現実的ではないものの、1G、2G位の増設は考えられないこともない。

下部の「ミュージックシャトル」と称するダイヤル類が、音楽プレイヤー以外の操作にも使えるのかが判らないですが、もし使えないとするなら、プレイヤーとして使わない人にとっては邪魔以外の何者でもない。そのシャトルの位置からして音楽再生時は横向きを想定しているようだけど、ぶっちゃけ携帯で音楽を聴く場合、再生画面をひたすら見続けるということはまずない。バックグラウンドモードにして、音楽を聴きながら待ち受けが基本。リモコンを付属させているんだから。それで操作という使い方の方が(少なくとも個人的には)、圧倒的に多い。なんで、下手するとシャトルの存在意義自体が微妙かもしれないです。

いずれにしても、音楽プレイヤーとしての機能をどう評価するかにこの端末の命運はかかってる気がします。値段も重要。iPod買ったって2万も出せば2G、さらに5千円で4Gのモデルが買えます。HDDで良ければ6Gや8Gのプレイヤーも届いてしまう。1GのMSは流石に1万を割ってきてるけど、2Gとなるとまだ1万を超えている。そう考えると微妙な値段。やっぱりW43SAも待ってから判断した方が良いのかもしれない。

それ以外の端末は、個人的に論外感が高いです。ワンセグ端末もW33SA IIだけだし。しかしまぁ一応後1機種だけ挙げておきます。

W44T:
Bluetoothレシーバー付属という思い切ったことをしてきました。いきなりワイヤレス環境でスタートという訳です。残念ながら肝心のレシーバーの写真を見れていないので、使えるレベルなのかは判断できませんけど、意欲は買いたいと思います。ただ、市販のBluetoothレシーバーはまだ1万を超えるような金額が付いてます。これが丸々端末価格に乗るとなると…、余計なお世話状態でしょうね。通常の端末価格+α程度で収めてれば立派なもんです。まぁ個人的には2軸で、液晶側が表に出た状態で通話できない端末は無意味かつ最低だと確信してるんで、購入することはまず無いでしょう。
テンポは落ちてしまいましたが、重要なネタを惜しみもなくというのは続いてます。今回は二つ。

一つは当然ウィッチブレイドが装着者を滅ぼすという点。クローンブレイドは散々ひび割れていたにも関わらず、百合秘書が結晶化して残ったブレイドは綺麗なもんでした。元々ブレイド自体がどんなモノなのかに関しての情報が何もないので、何とも言いようがないんですが、もし、ブレイドに関してきちっとした説明がなされるとするなら、この辺はキーなんでしょう。

二つめは玲奈逃走時、何かを抱えていたという点。赤ちゃんっぽいですから、結構な確率で梨穂子って感じがします。年齢的にドンぴしゃだし、髪と瞳の色が玲奈と同じですからね。雅音さんが母親としての自覚が持てなかったってのは、だとすれば当然。玲奈がウィッチブレイドを装着しなかった理由もその辺にあるんじゃないかと。でも妊娠していたら、さすがに澪士が気づくか?うがち過ぎなのかも?

しかし、本物のブレイドは思っていた以上に力が出ていません。雅音さんの問題なのかもしれませんけど。クローンはコピーと言うけれど、完全なコピーなら、オリジナルを欲しがる必要は勿論無いわけで、何かしら相違点があるはず。それがなんなのかというのが判ってくると、もう少し話が読めるかもしれません。

そうそう、斗沢と雅音さんの駆け引きに関しても興味が湧くところです。う?ん、こうやって挙げていくと結構ネタが多いですね。良く出来ています。



追記:
玲奈が抱えていた子供らしきもの。あれはやっぱ梨穂子で、玲奈のクローンって線はどうでしょう? 玲奈はウィッチブレイドが装着者を破壊する恐れがあることを当時から知っていた訳で、自分が適合者であっても試すことは危険。でも試したい。なら適合者のクローンならって判断は成立する。人知を超えたウィッチブレイドのクローンを作れる位なら、人間のクローンなんて簡単でしょう。

梨穂子が玲奈の娘かと思ったんですが、それなら梨穂子を見た時の反応が違うような気がする。「あのこが」は最初雅音さんへの台詞かと思ったけど、子持ちの女性に「こ」は使わないわな。だとすれば梨穂子の方。澪士が妙な反応を示したのも、そのせいでしょう。

うん、これは良い線な気がするぞ。
AU夏モデルの発表が今日行われるらしいです。詳細は情報が入り次第という感じですが、買うとしたら基本的にスライド以外考えられないので、W42SかW43SAかという選択です。W43SAの情報はほとんど出ていないのですが、W42Sの方は大分情報が出ています。この辺りが結構詳しいんですが、コメントが辛辣です。

au W42S ウォークマン携帯?

不憫なHDD搭載機のようにハード的には実力充分でも「LISMOを詰める容れ物」以外の使い方をことごとく殺して妨害しないとやっぱりauからは出せないのか、ウォークマンを名乗る以上音楽プレーヤとして普通のことが普通にできるのか興味深いところです。


確かにW41Tは不憫という他無かったですね(笑) 技術的には頑張ったと思いますけど、あんなしょうもないものにしか使えないのでは、無意味どころか、重量やバッテリーや障害率を考えると害悪です。AU的にはLISMOの売り上げを確保したいというところなんでしょうけど、最終的には評判を落とすだけで、猿知恵もいいところです。

別にリッピング用のソフトまで付ける必要はないんです。判らない奴はLISMOで金払えでOKだと思います。サポート対象外でも良いです。それでも、それ以外の使い道を残しておいてくれないとどうにもなりません。

CDを持っているとか、どこかしらで既に購入済みのデータを出し入れできないとなると、結局使い物にならないという烙印をW31Sに続いて捺されるでしょう。LISMOのふざけた仕様と値段で、持っているデーターを買い直すなんて論外です。実際SONYがWalkmanで失敗しているのだから、その程度は学んで頂きたいものです。

携帯業界も、これまでの膠着した状態から脱しつつあって、ついにSOFTBANKが参入してきました。あそこなら、思い切ったことをやってくる可能性は十分にあります。手を拱いて見ているだけじゃなくて、ユーザーの要望を理解したサービスを展開しないと、後で後悔するかもしれませんよ。
一応この話でここまでの物語を清算って事になるんでしょうけど、正直あまり感心できる展開だとは思えない。結局、シナリオや演出では表現しきれなかった部分をネームと幻で補完しているようにしか感じられない。Wolf's Rainを見ているかのようです。

テンポの悪さと、情報量の薄さも結局ここまで解消されることなく進んでしまいました。いや、ひょっとしたら情報は少ないわけではないのかもしれないけれど、それが情報だと認識できない。最終回まで見て、戻ってみると情報でしたと認識できるというのは、手法としてはあるのかもしれないけど、好みじゃない。

11話で折り返しであるなら、残りをどう展開させるのか気になるところではあるのだけれど、キャラクターもごく少数しか出ていないし、世界観に関しても、それ程緻密に描かれているわけでもないので、想定することが出来ない。つまりは、何とでも出来る訳なんだけど、それではこれまでの話が何もないのと同意義としか思えない。

ちょっと過度に期待しすぎてしまったんでしょうか? それとも僕の読解力に問題があるのかな? もう少しとっかかりを提供して欲しいです。