Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
CONNECT Player から SonicStage CP (SonicStage Ver.4.0)へ移行する方法

問題:
ここで書かれている内容は移行といえるんでしょうか?

答え:
言えません。これは再設定といいます。しかも破棄されるデータが山盛りです。

考察:
やっぱりソニーは駄目だった。

備考;
移行ツールくらいちゃんと作れやコラ。
それがあんな糞ソフト押しつけた者の責任ってもんだろうよ。

スポンサーサイト
『シムーン』

返信を頂きました。ありがとうございます。何にせよまだ予測の範囲なんですけど、こうやって内容についてきちっと話が出来るのは楽しく、そういう作品は本当に貴重です。

重心移動は即ち、登場人物(特に大人たち)の自律性の芽生えでしょうし、シムーンの世界にあっては社会変動の兆しでしょうから。


まさしく仰る通りだと思います。ただ、恐らくその中心はアーエルでありネヴィリルであり、他のシヴィラ達なんじゃないだろうかと考えています。つまり、シムーンの世界は最終的に彼女達によって変動するというのが僕の予測です。

エントリー前段が作品として、また視聴者の側においても、予想される選択肢の一つとして成り立てばこそだろうと思います。


恐らく選択に必要な情報に関しては今後徐々に出してきてくれるのではないかと思います。けれどそれは、俯瞰視点ではなくあくまでも彼女達の視点が中心だろうと思っています。それでも十分に選択肢の一つとして予想することが出来るんじゃないのかなという風に僕には思えます。勿論、最終的に必然性が認められないということになるなら、僕の読解力が足りなかったか、作品が失敗したかのどちらかということでしょう。

俯瞰視点を少なくすると、リアルで生々しい世界というものは出きらないかもしれません。ですが、シムーンの作品としての意図はそういう部分には無いのではないかと考えています。あくまでも、シヴィラ達の選択に必要あるいは必要であった情報や状況が、彼女達の視点から描かれるという事で、犠牲にしたリアルとは異なる意味でのリアルを描くことがこの作品の演出なんじゃないだろうかと思います。

もちろんまだ折り返してもいないですから、後半から変化することもまだまだ可能だとは感じます。ただ、この手法がシムーンの独特の雰囲気や上品さを作り出していると思うので、そのままなんじゃないかなという風に思います。
「する」ために「である」を行使しなければならない

シムーンは前者の視点で描かれているのだ。そして後者の視点がお粗末なくらい不足しているから、わけわかめなんだろう


現時点ではその通りだと思います。ただ、それは演出なんじゃないかと思ってます。とにかく宮国の人間達はほとんど全員ある種の現実感を喪失しているという設定になっているわけで、対象化が不足しているという事は、現時点においては特に問題にならないように思います。むしろ、演出効果として、効果的に違和感を作り出しているとさえ言えるんじゃないでしょうか。例えば、アーエルが僅かな言動で十分な異質感を出せているのは、まさにこのおかげだと感じます。

この「である」の方向性の重心移動は、作品にとってかなり重要なテーマになるんじゃないのかなという気がしています。この作品の演出は、重要なものに関してはかなりしつこく重み付けする方法をとっているように感じますので、ゆっくりと丁寧にその辺りは描いてくれるんじゃないでしょうか。


…と、期待しています(笑)
って、なんか昨日と内容がダブるな。
国政調査費、酒席に2年間で5千万円 衆院資料で判明

いやはや、言葉を失います。

現行の情報公開法では、対象を行政機関に限定しているため、国会は対象外になっている。


法律なんてこんなもんなんですよ実際は。

「理解を得られるものではないことはよく承知している」


じゃあやんなよ、をい。

「今の社会通念からすれば認められない行為なので、現在ではこのような支出は行われていない」


どうせ、名目を変えてるだけだろうよ。
喫煙が犯罪に そして逮捕も!

優秀な学者のはずなんですが、専門外のことになると途端に盲目になるようです。何言ってるのこの人?って感じです。

人類500万年の間99.9%旧大陸の人間は知らなかったものをやめられないなんてよく言うよ



その理屈で言うと、所謂現代科学に基づくあらゆるものも全て「やめられる」ということになります。出来るわけ無いでしょ。考古学者だから、歴史的な継続性を重視する傾向があるんでしょうが、それと物事の善し悪しや価値は必ずしもリンクしているとは限りません。人類の歴史上連綿と続いているものだって駄目なものは駄目だし、昨日始まったものでも有効なものは有効です。そして、前者の典型的な例は、戦争であり、です。

我慢すべきことを我慢できないということ自体犯罪の第一歩なんです



この人も酒飲みのようですが、何度も何度も言ってますけど、酒飲みに喫煙のことを言われる筋合いは、さらさら無いです。少なくともまず完全に禁酒してから言えって感じですね。飲酒ほど合法かつ迷惑な行為はありません。喫煙なんかの比じゃないです。なにしろ理性を飛ばす効果を持ってますからね。即時的には麻薬の害と変わりません。酒気帯び運転は犯罪ですが、喫煙運転は犯罪じゃないでしょ?これだけでも、どちらが迷惑か判ります。酒が原因の事件、事故、怪我、死亡はどの位あると思いますか? 喫煙より酔っぱらう方が余程恥をさらしていますよ「本人はわからないのかしらと疑問」ですよ本当に。

喫煙者を過剰に攻撃する連中のほとんどは、飲酒に限らず、自分達だって大して変わらないということを知りません。まぁこの人もそんな中の一人でしかなかったってことなんでしょう。
FC2テーマ:禁煙 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:6 | Page Top↑
「愛国心」埼玉の50校通知表に 教師「評価できぬ」

こいつらアホや…それしか言いよう無いわ。
って現場の教師は本気で困ってるんでしょうけど…ご愁傷様。
昨日はちょっと時間が取れなくて、SonicStageはインストールまでで動かすところまでは行かなかったのですが、ウォークマンAのファームアップの方は無事成功しました。

で、昨日書いたアーティストリンクなんですが予想していたような動作ではありませんでした。実際の動きは、アーティストリンクシャッフルを選択すると、アーティストを選ばされます。そこで選んだアーティストのリンクの曲を集めて、一時的なプレイリストを作成し、それをシャッフル再生するというものです。まぁ言ってみれば静的な動きです。動的な動作を期待していた身としてはかなり残念です。心配していたバッテリーへの負担は心配要らないでしょうけどね。

ただ、SonicStageにはアーティストリンクの編集機能があります。これによっては何か新しい使い方を見いだすことが出来るかもしれません。裏切られる可能性が高そうなので、期待せずに試してみたいと思います(笑)
ヌルい。かつ怠い。まぁ言いたいことは判るけど、8話かけて出た結論がそれじゃぁちょっと物足りない。って考えたら、これって夕方の番組なんだよね。お子様仕様なのかもしれない。教育上良い番組の作り方とも思えないけど、こうしないと理解不能なのかも。同じように悩むキャラを描いたシムーンと比較すると良く判る。

なんていうのかなぁ、京とネヴィリルの差は小さいようだけど、決定的に大きい。葛藤している時の世界への対峙の仕方が、片や客体的であり、片や主体的なんですよ。エヴァ以来?いやガンダム以来の伝統なのかな? さすがに話も進めず8本は長いよ。

演出の差も大きい。細かい情報を小出しにして、ウダウダと同じようなところを行ったり来たりしてる様を何話もかけて描かれるとうんざりする。シムーンはその辺をわきまえてた。ネヴィリルが描かれるシーンはほんの僅か。それでも、彼女の心の動きは十分表現できてた。とても上品な演出。対してゼーガのそれは下品極まる。両方とも8話時点で、とりあえず悩んだ状態から復帰するわけだけど、ここまでの情報量の差が圧倒的に違う。これが描き方の差の結果の違い。

一応次回からリスタートということになりそうだけど、このままなら単純なロボットアニメの方がまだマシ。何かもう少し考えてくれないと、ちょっと厳しい様な気がする。