FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
久美子さんなんか怪しいなぁと思っていたら、やっぱりなんかありそうです。で、ママさんは嫉妬パワー炸裂。でも、ちょっと物足りないかな(笑)

テンコちゃんはご帰還カウントダウン状態で、空飛ぶ豚登場。13話なのかな?この話を纏めて終了って感じかもしれない。テンコちゃんと久美子さんの話を決着してってところでしょうか。

テンコちゃんが吹っ切ってくれれば、ギャグモードに入ることも出来そうなので、最後にもう一見せしてくれるかもしれない。でも、なんか女神さま達はもう少し存在感欲しかったかな。メメちゃんなんてほとんど何もしてないし。ママさんも今ひとつ。

まぁ思っていたよりもちゃんとストーリーを描いていたから、キャラを出し切る時間が足りなかった感じでしょうか。
スポンサーサイト



家には猫が3匹ほど居ます。可愛いですが、奴らに幾ら言い聞かせたところで、ちゃんと聞くことはしないし、気分の良い時は甘えるし、好きなものは食べるけど、嫌いなものは食べない。

それに真剣に怒っても詮無いこと。獣は獣。何を言っても駄目なものは駄目。って事でしょうね。それについてはもう悟りの境地に達しました。
「密告」は美徳ではありませんか

内部告発自体は確かに貴重な情報源であるし、企業犯罪はそれがないと発見が難しいというのも事実です。ただ、あまりそれを良いことだと言い過ぎると「迷惑な違法駐車に耐えられず」の通報が「やむを得ない短時間の駐車」にも機械的に反応する人間を生み出します。

法律で決まっていることが無条件の正義。が法治国家の基本理念なのかもしれませんが、行き過ぎると国のために人間がいるような歪な国家になるだけです。国や法律は人間のためにある単なる道具でしかありません。本来なら無い方が良いくらいです。絶対的に人間が主で、国家や法律は従です。それが理解できていれば、国や法律がどう言おうが、絶対的な基準ではなく目安でしかないということが判ります。

法律は、誰にでも判りやすくという官僚主義的な発想のレベルにおいて便利なものであり、有用だとも思いますが、絶対視するのは何の得もありません。目先の企業犯罪を敵視するあまり、肝心な部分を見誤ると、大きなしっぺ返しが待っていることになるかも知れません。
【コラム・断】吉本・芹沢師弟の迷走

ある意味、卵と鶏状態なんだけど、概ね「肥大した自我の内省の欠如が、逃避としての引きこもりになっている」の方を支持したい。そうでない方は例外的だと思える。

ちなみに、精神疾患を理由にするものであっても、無理矢理連れ出すなどの行為は間違っているかもしれないが、罪の重さ自体は怠惰が原因のものと何ら変わらない(と僕は考える)。病気等を理由に結果が許されるというのは現行法では許されているが、法律の方が間違っていると断言したい。

前向きに考えて「引き籠もるなら内省くらいはせめてしろ」と解釈すればいいんじゃないですかね。まぁ数年とか内省するなら、その内容を著作として纏めるくらいの結果は出して欲しいですけどね。反省だけなら猿でも出来るらしいから(笑) 人間として認めて欲しいなら何らかの違いを見せて欲しいですね。
「イマジン」歌っちゃダメ、反宗教的理由に

「英国国教会系の小学校」なんだからまぁいいんじゃね? 公立となると、そんな簡単にはいかないかもだけど、私立ならいいんじゃねぇの?

歌詞の中身をどう解釈するかは、それぞれ。学校として反宗教的だと判断するなら、それはそれでありでしょう。芸術をどう解釈するかは受け手の自由だと思うけどね。

そんなに気に入らないなら、転校させればいいんじゃねぇの? まぁその解釈は違ってるのでは? と関係者同士で意見交換をするのは自由だし、良いことだと思うけど、新聞にしかも海外の新聞にまで載せる程の内容とは思えない。それはつまり、ビートルズという権威に媚びているだけでしょう。


ちなみに
「宗教がない世界を想像してごらん」
素晴らしい。まるで楽園だ。そんな世界になって欲しい。でも多分、少なくともあと千年は無理だろうな。残念ながら。
官房長官、「詳細は承知していない」 昭和天皇メモで

天皇の、しかも現役でもない、今はもう死んでいる天皇のメモ。かつ20年も前のメモ。それがあったからと言ってなんだというのか? 官房長官へ記者会見の席で聞くような内容ではないだろう。天皇がどう思おうが、良いものは良いし、悪いものは悪い。何も変わりません。

気になる点がもう一つ

「国のために戦った方々に対する尊崇の念…」


やっぱこいつの国粋主義は手が付けられねぇな。こういう人間に権力もたせると本当に危険だわ。"国のために"戦う奴なんかより、"自分のため"に戦える奴の方がよほど立派だよ。
ピュアなSNS。SNSの本質

僕自身はSNSを使ったことがないので良く判っていないのかも知れませんが、SNSが企業内のコミュニケーションツールとして画期的だとはあまり思えません。SNSの基本的概念は単なるパソコン通信で、完全な匿名から曖昧な匿名に変わっただけにしか思えない。

Internetのような完全にオープンなネットワーク上では、匿名性の問題や、会員で無い者がアクセスできない閉鎖性は一定の意味を持つけれど、企業内部であればそのどちらもあまり意味がない。

結局SNSで出来る事なんて、グループウェアの掲示板でも、これまでのWeb掲示板でも大差ない。コミュニケーションの重要性はあるのかもしれませんが、それがSNSというツールを導入することで解決するなんてことは、まずない。そう言えばBlogの時にも同じような意見を言う人がいたなぁ…。それも見当違いだったと思うけど。

大枠ではコミュニケーションは重要なんだけど、社員個々のレベルが大事と実感しているかというとそうでもない。だから、そういう場を用意したとしても、大抵僅かしか書き込みがされないし、読む人も少ない。実際そんなことやってる暇もないのかもしれない。それを業務だと見なすことができない管理者も少なからず居る。この辺の意識が改革されなければ、どんなツールを入れたところで状況は変わらないです。

逆に、意識が変われば、これまでのツールだって十分に機能を果たしてくれることでしょう。
小沢代表「敵基地攻撃は暴論」 対北政策バッサリ

いや別に小沢さんに言われなくても、またそんな詳細な政局を考えなくても、敵基地攻撃なんてのは間抜けであることは間違いないですけどね(笑)
ワシントン、ポンテ、長谷部と欠く状態なんで、かなり厳しいとは思っていました。しかし、そこは、層が厚いと言われているのだから何とか、と期待していたんですが結果を出すことは出来なかったようです。

なにせ、内容を見ていないので試合レポートから類推するしかないんですが、達也と永井のツートップというよりは、達也ワントップで、山田と永井がシャドゥのような形だったらしい。長谷部が居ない分小野を下げる形。

先制されて、平川から黒部へスイッチ。永井がどういう動きをしていたのか判らないけれど、これでスリートップ気味になったんじゃないだろうか。で、2点目を入れられて相馬、岡野と立て続けに交代。もう前線は凄い人数になったでしょうね。

サブに入っていたのが細貝、内舘、酒井、相馬、黒部、岡野。特に守備的な3人が被っているところが痛かった。赤星辺りが居れば起用も変わったように思える。ちょっと新潟をなめていた感じがあるんじゃないだろうか。先制されたとして、平川に変えるなら岡野。小野に変えるなら酒井か細貝。永井に変えて黒部という辺りが普通なんだけど、これに関しても試合を見ていないからなんともなぁ。

何れにしても、G大坂も川崎もしっかり勝っているわけで、取り残された形。まだ試合の残りはあるとはいえ、簡単に離されるのはよろしくない。次節を勝つことの重要性は更に増した。これまでのワシントンありきの攻撃パターンから、達也、永井を生かす攻撃へのスイッチが必要なんだが、これまでやってきた内容に戻すということ。その程度の器用さは持っていて欲しい。

今年は悪い試合を続けないというのが、去年との差になっているように感じます。きっちり切り替えて、修正をかけて、土曜日の川崎戦に臨んで欲しいです。