FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
今回の話は良い感じだったなぁ。って色恋ネタが少なかったからか(笑) ハグちゃんの思いや悩みってのは、クリエイターそのものって感じで羨ましい。クリエイターに憧れども、それになれないってのは、あの箱が無いとか、見つけられないとか、開けられないとか、開けても追えないとかそんな感じなんだろうな。

一生懸命生きてるなってとこに若さを感じます。オヤジになるとどうもその辺手を抜く要領というのを覚えてしまって、効率重視になっていきます。技術屋の職癖なのかもしれません(笑) ITエンジニアなんてそんなことばかり考えて生きてますからね。そういう意味で彼らのような生き方は羨ましいです。

しかしまぁ良いことばかりという訳でもなく、幾つか怪しげな伏線も出てました。演出に品が感じられるのもハチクロの良いところ。もう少しこういう感じの話も増やして欲しいなぁ。
スポンサーサイト



収束しているようで、収束していないような気がする。結局謎は謎のままで終わるという部分が幾つも残るんじゃないでしょうか。もし、そういう内容を書きたいのであれば、もう少しスマートなやり方があったでしょうに。変なところで凝るから描ききれなくなったように思えます。

実際、ビンセントがロムドを出てからの長い旅で、方向性がもっと見えているという形が望ましかったと思うのですが、それを上手くクリアできなかったのが致命的でした。あれだけ話数をかけたのに、情報を出し切ることも出来なかったし、本筋の伏線も弱かったように思えます。

もうそれは言ったところで、今更なので、これから先細かいところは気にしないで、最終的な結論をどう出すつもりなのかを待ちたいと思います。モチーフとしては嫌いじゃないので、その結論には興味があります。せめてそれくらいは期待させて貰っても良いんじゃないでしょうか。
引っ張ります。わざわざお出かけして、一泊して、停電まであって、判ったのは名前だけです。さすが大ネタは扱いが違います。

何もなかったので、当然のことながら展開が怠いです。静馬の心情表現はそこそこ出来ていたとは思いますが、1話まるまる使ってと考えるともう少し何かが欲しかったかなと。せめてそこで押し倒してくれればなぁ(笑)

一応次回も続きのネタ引っ張るらしいです。さてどうやってオチまでもっていくつもりなのか、結論は幾つかの想定できるパターンにしか収まりようがないので、プロセスが重要です。かつ、マリみてと違って2人が決着すれば話が纏まるという構成にもなっていませんので、それが他のネタとどう絡むのかというのも見物。いや、そんなことには全然ならないという可能性も大いに残されていますけどね。
恋愛モノモード発動。小夜を巡って王子様二人が戦うってなシチュエーションです。カイもなにやらラブモード入ってるし、相変わらず時期違いの話って感じがします。もう少し前にやるべきでしたよね。つか、間がいらないのか。

で、ディーバの子供の話になりそうなんですけど、予告を見るとシフの話らしいです。うーん確かにそっちもやっつけなければならないんでしょうけど、なんかこうバラバラにやるよりはもう少しそれぞれの関連性を付けて欲しいなって気がします。

最終的には小夜の心情で纏められるのかもしれませんけど、それにしてももう少し見ている側にも感じさせるモノが欲しいですね。

ただ、やっぱりまともに話を展開してくれていると、良い感じに進行します。さすがにもう遊んでいるほどの余裕は無いんでしょうけど。ラストに向けて収束の回が続くでしょう。どうなっていくのか期待したいと思います。
原作から元々なのか、大地監督の力なのか、恐らくその両方かなって気がしますが、とても高校生らしい感じが出てます。でも、僕が高校生らしいって感じるって事は、今時の高校生はこんなんじゃないような気がしますが(笑) 意外にこう言う方面は昔から変わってなかったりしてね。

純愛モード炸裂で、恋愛の一番楽しい時期って感じです。予告を見ていると、そう遠くないうちに一線突破って感じですけどね。矢野くんは経験済みみたいだし。対抗の男と女も役者補揃っているので、やっぱり乱戦になるんでしょう。まぁそうならないと恋愛ものは盛り上がらないですよね。

で、どうアクセントを付けていくのかがポイントだと思うので、期待して見ていたいと思います。
CPH7000


随分長いこと待たされてしまいましたが、やっと到着しました。サウンドハウスのオリジナルブランドCLASSIC PROのCPH7000です。MDR-EX90SLよりも安い\5,980という価格です。これで、プロクオリティをうたっているというのは度胸があります。大手メーカーではないので、視聴などもそこらの店で出来るわけではないのですが、ちょうど密閉型ヘッドホンを探していたタイミングだったのと、文言が気に入ったので、注文してみました。

実際ここまで納期がかかるとは思っていなかったのですが、発注が6/23で、受け取ったのが今日(荷物自体は昨日届いたらしいですが)なんで、6週間待ちということになりました。現時点での納期がどうなっているかは判りませんが、急いでいる方にはお勧め出来ませんね。

品物は値段に関わらず安っぽさは無く、しっかりしています。大手のヘッドホンだとこの価格ではかなりチャチなものが多いので、その点は評価できます。装着感も悪くなく、少なくとも工業製品としては価格以上の感じがします。大音量にしても歪むという感じはあまりなく、入力には強いように感じられます。遮音性も良く音漏れもほとんどないので、密閉性は高そうです。

で、肝心の音の方です。お断りしておくと、エージングをたっぷりしてくださいとサウンドハウスは書いています。しかしながら、届いたのが今日ですから、エージングなんて出来ているはずはありません。その辺を承知の上でお読み下さい。

まず単体の音としては綺麗に鳴っていると思います。中高音の表現はなかなか繊細で、かつクリアです。この辺はプロクオリティを名乗るだけあります。低域の量感はやや不足しているかなという感じがあります。音場がやや狭く、響きの表現はもう一息というところです。なので、オーケストラなどを聴くと音の交ざり方に美しさが無いという感じがします。

ただ、比較的小編成な音楽、例えばジャズ系などを聞くとその辺の問題が緩和されるので、悪くありません。逆に解像度の高さが引き立って綺麗に聞こえます。密閉型のせいか音の抜けがやや悪い気がしますが、この辺は好みの問題でこの手の音が良いという人もいるかもしれません。ボーカルが前に出る傾向があるので、ボーカルものは楽しく聞けます。

音の厚みをしっかり出してくれるので、サックスやトランペットなどのソロも悪くないです。ただ、逆にちょっとキツすぎると感じるかもしれません。厚みが表現できているせいか逆に低域はちょっと締まりがないように感じます。膨らみすぎてウッドベースが綺麗に定位しないような感じです。その分エネルギー感はあります。アタック音のスピード感も悪くはないので、やはりソロならそこそこです。それが仇になってかオーケストラ同様音源が多くなるとややうるささを感じます。

以上は、かなり厳しい目で見た場合という事です。\6,000という値段から考えれば、値段以上なクオリティは十分以上持っていることは間違いないでしょう。かつ、エージングによって馴染んできて、幾つかの弱点が無くなったり低減されたりすれば、また印象は変わるかもしれません。他のヘッドホンをそれ程聞いているわけではないので、比較というのは出来ないのですが、悪くない出来だろうと思います。恐らく大手ならこの値段では出ないレベルなんじゃないでしょうか。

とりあえず、僕の用途はウォークマンを地下鉄で聞くためというのが一番の目的で、何万もするようなヘッドホンを外に持ち出すのもなんだかという気がしますし、密閉で音漏れ無しにボリュームを上げられて、ノイズも入らないようにというのが機能面で求めている点。さらに相応の音質であればと思っていました。そういう意味では、価格、機能、音質ともまぁ満足できる出来だと思っています。
それなりの理由とそれなりの素養があったとはいえ、マリアちゃんの変貌ぶりはちょっとどうよって気がしました。玲奈NSWFの目的と乖離し始めていた状態でしたから、マリアもというのは妥当な線かも。和銅がとうとうテンパイです。彼の去就も気になりますね。何れにしても駒に違いないんですが、どう使うつもりなんでしょうか?

導示雅音さんも一枚岩では当然無いですから、勢力の関係性はかなり複雑になっています。ただ、マリアが離反したら、ファーザーは実質上の力は無くなるわけで、その辺は厳しいですね。導示側も雅音さん頼みの感がありますが、こちらの関係性は一応維持されているので、勢力分布の方は随分変わりました。

斗沢の位置がまだ綺麗に確定していないので、鷹山とどう対立させるのか一番のポイントって感じですかね。ファーザーの母親ネタ自体は、概ね想定出来るレベルでした。子供が出来ない体ってのと、ネオジーンを仮想自分の母体にしようってのは、新しいネタかもです。

まだ、本筋の流れが確定していないので、その辺をもう少し出してくれると嬉しい気がします。ネタ自体は大分良い感じに展開されているので、それをどう回収しつつ、ウィッチブレイドに繋げるかですね。
なんとまぁ日帰りで、走行距離600kのツーリングを敢行しました。東北道で宇都宮まで上がり、川奈温泉を経由して尾瀬方面へ、戻って会津を抜け日立から常磐道で戻るというルート。途中幾つか温泉などに入りつつって感じです。

いやぁ疲れました。マジで。さすがにリハビリ無しでこれをやると辛いものがあります。福島は涼しかったし、天気も良かったし、道も比較的空いていて楽しかったですけどね(すくなくとも前半は(笑))。

朝7時には浦和インターに乗って、帰ってきたのが23時ですからねぇ。そらキツいわ。
様登場&盗賊登場。才人が能力を発揮するのかと思ったらおあずけでした。発動のキーはなんなんでしょうねぇ。単純に怒りとかそういう感じ?

あっさり宝物を奪われてありゃりゃ状態です。つか、あれだけでかいのが現れているんだから誰か気付よって気はしますが。まぁ良いでしょう。

の立ち位置をどうするのかが気になります。さらわれ役とか、そういう感じ? ルイズとの関係性はばっちりだけど、才人との関係が薄いので、ちょっと厳しいかな。ルイズ経由でって可能性もなくはないけど。

うーん、次回は盗賊の正体。って今更感ありすぎなんですが(笑) 実は様が緑髪なことをちょっとだけ期待してはいたんですが、見事な赤毛でしたしね。