FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
コメントありがとうございます。

確かにアングラスの回では、巫女が暴走したという風に見えました。今回はその内実を説明していると見るのが良いんじゃないかなと見ています。

嶺国巫女は確かにマミーナネヴィリルを助けようとしてくれました。でも、彼女達の台詞は単に戦いたくないとは言っていません。「戦うべき時は過ぎ去った」と言っています。なので嶺国巫女達も何かしら戦う理由を持っていると見るべきかなと考えています。ただ、それは礁国のそれとは違うという事でしょう。なので「完全に敵ではない」という少々曖昧な表現にしました。

シムーン宮国巫女じゃなくても動かせるだろうというのは、モリナス登場の回から想定していました。実際、アーエルマミーナ巫女とは言えないだろうし、既にアングラスが搭乗していました。

ここまでの、情報を考えてみると、嶺国巫女達が戦う理由は恐らく宗教的な理由だろうと思います。だから、神に一番近い宮国のシヴュラには敬意をはらうし、自分たちの身を危険にさらしても救おうとする。それでマミーナの選択にも意義が出るでしょう。なのでむしろ気になるのは礁国側が戦う理由です。

最初はヘリカルモートリスを手に入れるためだろうと思っていましたが、宮国と戦争をしなくても同盟関係にある嶺国からそれを手に入れることが可能になっています。実はもっと欲しいとか、勢い余って止められないということも考えられますが、もう一ネタ欲しいところです。礁国に関しては嶺国以上に情報が無いので、想定するしかないのが厳しいです。

アーエル嶺国の神と何かしらの関係があるというのは、十分可能性があるでしょうね。でも、それだと物語を纏めるのが少し難しいかなという気もします。なので、アーエルやドミリモの話は、様々な謎と政治や宗教、戦争といった現実的な問題を繋ぐために、一段深いレイヤーの材料が提示されるものと個人的には期待しています。
スポンサーサイト



なんか「ねこにゃんダンス」の検索で来てるひとが凄く多い。あんな僅かしか書いてないのにねぇ。しかも情報は何も付加してないし。でも、やっぱりみんなあれにはヤラレタんだな(笑)

本編で猫ネタなんて何も出てないのになぁ。これから出るんだろうか? ちょこはそれほど猫っぽく無い気もするんですけどね(笑) どっちかってーと犬だろって感じ。

DVDには振り付け映像が付くらしい。
ちょこと斎藤桃子と鈴木茜のねこにゃんダンス振り付けDVD
ってことは、アニメ版もあるってことか。それは見たいかも。実写版はいらねーけど。

なにやら本編も「隠し事はなしだよ、お兄ちゃんバージョン」らしいから(笑) どの程度修正されているのか(あるいは修正が外れているのか)ちょっと気になるな。中古が出回ったら買ってみるかなぁ。レンタルだと特典は無いだろうしね(笑)
プール不備101カ所を「2カ所」報告 兵庫県教委

「すぐに改善すると報告があり、確認しないまま直したものと見なして文科省に報告した」


┐(´ー`)┌
駄目だ、根本的に判ってないわこいつら。やっぱ役人は総入れ替えしないと駄目なんだろうな。どうして事故が起きたのか、何を改善しないといけないのか、まるで考えてない証がここに。
Microsoft「Virtual PC」の開発を中止

え?マジ、それは結構痛いかも。と思ったら「for Mac」の話だった。とりあえずよかった。RSSで見るとその辺の判断が付かないんで、焦るんですよね。善し悪しって感じです。
セルフ式、ガソリン漏れ相次ぐ 業界が対策検討

若い頃にバイトしていた先の社長に、
ガソリンの僅かな値段差が気になる位なら、車に乗らない方が良い」
と言われて、そうだよなぁと思ったせいなのか、セルフで給油することはほとんど無いです。というかセルフは基本的には避けます。面倒なことこの上無い割には安くないから。

スカイラインはなんと60リッターという巨大なタンクなんですが、「1リットル当たりの価格が2?3円程度安い」だとすると。満タンで180円…。やっぱセルフは割にあわねぇ。月に何リッター入れる人なのかにもよるけど、100円、200円を気にするなら車には乗らない方が良いって気がする。もし意識して行くなら、満タンで500円は違わないとな。まず無理だろうけど。

ちなみに家のご近所に、もの凄く混んでいるセルフスタンドがあります。そのスタンド確かに一番近い非セルフのスタンドよりは数円安い。けど、ちょっと走ると同じ値段で入れてくれる非セルフの店があります。不思議なことにそっちはあまり混んでないんだよなぁ。近くで入れる場合は大抵その非セルフ店。

出がけに入れる場合は、意識して宇佐美で入れるようにしてます。プリカで税別料金から5%引きしてくれます。計算すると(145-54)*0.05=4.5円程度下がります。勿論非セルフ。宇佐美は比較的洗車も丁寧な店が多いので、洗車とセットで入れることが多いです。4円も違えばセルフに入れる意味が無いですね。宇佐美のセルフもあるみたいですが、多分そっちには入れないでしょうね。

バイクにも乗りますが、そちらは更にセルフは避けます。こぼす可能性が車よりずっと高いですから。こぼしても大したこと無いかもしれないけど、なんか嫌じゃないですか。会計のシステムも面倒だし、カードにすれば楽だけど多分高くなるでしょ? 諸々考えたらやっぱりメリットが薄すぎる気がしますね。
団塊世代と余暇(1)?レジャーへの参加がますます活発に

もし、仕事をしなくても良いとなったら、そんなにやることに困るんだろうか? と考えてしまうのはすでに世代が違うからなんでしょうか。僕はその準備はいつでもOK。なんなら明日からでもOKですよ(笑)

やることがありすぎて困ることはあっても、無くて困るってことはないですね。中には金銭的な問題が絡むものもありますが、別に大した予算が無くても出来ることも大量にあります。それどころか、家から出られなくたって問題ないです。僕は数年位ヒッキーしててもやることに困らない自信がありますね。

そういう意味では、今の年寄りってのは不幸なのかもしれませんね。金はそこそこ持っているって人が多いだろうに、やることが見つけられないってんだから。気の毒に。「余暇活動種目」なるものを見ると、どれもこれもありがちな内容のものになっています。リタイアしてまで型にはまった生き方をする必要もないのに。まずは自分自身の省察からはじめる必要があるんじゃないかなって気がしますね。
特急あずさ走行中ドア全開 いたずら?2度緊急停止

これって何の罪になるんでしょうか。業務妨害? 確かにJRは業務を妨害されたかも知れないけど、一番迷惑を被ったのは乗客の方ですよね。その乗客にはなんの保証も無し。それって考えたら酷い話です。

電車への飛び込みも含めてですけど、意図的に公共交通機関を妨害した連中には、もっと重い罪をあてても良いと思うんですけどね。いたずらなんて可愛いもんじゃないですよ。10年位刑務所に叩き込んでおいて良いと思いますね。
シムーンの感想を上げているサイトは、最近になって見る人が増えたせいか大分多くなってきました。実は、基本的には斜め読み以上は極力しないようにしています(斜め読みして良さそうならちゃんと読むし、実績のあるところはちゃんと読みますが)。

だって、悲しくなるから…

特に19話はいつも以上に感じました。そもそも前半を、全く見ていないとか、ちゃんと見ていないとか明言している人も結構居る。別に見る見ないは勝手だし、感想を書くのも自由なんだけど、その状態で批判めいたことを書く人も居る。せめて全話ちゃんと見てから書きましょうよ。

シムーンという作品は、文学的手法に則った形式で作成されていて、しかもかなり美しいんですが、それを理解できていない人が多い。明示的な表現がなされていないからって駄目とか、自分の情報処理能力を超えたからって設定が破綻してるとか言われるとやりきれない。微妙な演出とかを理解出来ていない人も多い。それじゃシムーン見てたって面白いわけはないよね。解釈は自由とはいえ、戦争物として扱っている人まで居る。そりゃ根っこの部分が違うでしょ。

少なくともゲームとかゲーム系アニメとは全く異なる作られ方だって事くらいは理解して欲しいなぁ。シムーンが理解されないことも悲しいけど、理解できない人の割合が更に悲しい。実は僕の周りの友人知人達も半分以上は理解できていない。酷いと拒絶反応になってる。いやぁこの状態で日本の文化を守る為に愛国心とか云々されても説得力ってものが無いよね(苦笑)

マミマミロストで落ち込んでいるって言うのに…もぅ。
MF鈴木、カギ握る中盤の中央

啓太オシム監督は恐らく相性が良いと思っています。何試合代表で居られるのか判りませんが、例え僅かな期間であっても啓太にとっては貴重な経験となるでしょう。更に、長谷部も同時期に招集されているのが大きい。このコンビの経験浦和にとっても大きなものになると思います。

今回は追加招集でしたが、今回の経験をきっちりと成熟させていけば間違いなく代表定着が待っているでしょう。
ふじみ野プール事故?縦割り行政と責任の所在

随分と長い記事なんですが、最終的にはこの一文に集約されているようなきがします。

マニュアルが存在し、そのマニュアルに従っても、大きな事件事故がないと、やがてマニュアルはイベント化する。


まさしくその通りで、問題の根底はここ。ただし、これを否定することはすなわち官僚制を否定することと同義です。いや、僕は堂々と否定しますが。官僚制は「ある仕事」は誰でもやれるという前提で成立しています。確かにそういう仕事もあるかもしれません。しかし、ある仕事が幾らマニュアル化しようと、出来ない人達が居る場合も多々あるという認識が無ければなりません。つまり、官僚制は一定の前提条件で成立するものであり、その条件は継続的に厳しくチェックしなければならないということです。

もう一つは、慣れの問題。慣れには良い面と悪い面の両方があります。この悪い面がここでイベント化と言われるものでしょう。これを避けるには、責任の所在を明確にすることが重要で、最終的には一番上の監督者に責任が落ちるという構造にならないといけません。

「官庁が多くの通達を出せば、あとは自治体側に責任がのしかかる。」のがおかしいし、「実際にプール事故に関わる過去の裁判でも、や監督官庁の責任は問われていない。」のは更におかしい。司法制度が腐っている良い証です。通達を出せば良いってもんじゃない。通達を出したらそれが守られているか確認し、更にそれが継続されているかも確認する必要があります。それは大変な作業。だから無駄な通達はでなくなる訳です。

通達を出しておしまいなんてことにしてるから、

通達は机の隅に追いやられ、溜まる一方となり、まるで、がみがみと「勉強、勉強」を連呼する母親と、その呪文が生活の一部と化して聞く耳をもたない受験生のような関係となる。


なんて事になるわけです。まぁや官庁が罪に問われても、金を払うのは民なんですけどね。これは納得出来ない事実です。政治家は一応名目的には形式上民が選んでいることになっているらしいですが、役人はそういう訳ではありません。なんでそんな役人共の責任を税金で賄わなければならないのか? 下手すると、その役人はその後も堂々と税金から給料をもらっていたりしますからね。酷い話です。

こんな仕組みですから、まともに機能するはずはありません。まぁ起こるべくして起こったってことなんでしょうね。
あぁぁぁぁマミマミがぁぁぁ。最後の最後まで希望を持っていたのに、しっかりシヴュラアウレアに予告で引導を渡されてしまいました。あんなにテンプスパティウムにお祈りしたのに、もう神なんて信じられない。神なんて所詮何もしてくれないんだぁぁ。

っと、マミマミモードはこの位にして(笑) 今回は本当にマミーナの為の回になってます。過去最も情報量の少なかった回なんじゃないでしょうか。というより、この回だけで完結しているので、後に引っ張っていないと言う方が正確かもしれません。

大きなネタは2つしかありませんでした。1つは古代シムーンと呼ばれる機体に乗っていたのが嶺国の巫女であったという点。アングラスが乗っていた時は、他の機体にはドミヌーラやリモネ、あるいはアムリアが乗っているのでは? という憶測が立ちましたが、なんと普通に嶺国の巫女様でした。これを素直に受け取ると、ドミリモの話とアングラスの話が繋がらなくなります。だとしたら、あそこにアングラスが居たのは何故? って事になる。まさか双子の姉妹とかそういうオチじゃないだろうな。いや、まだドミリモが居ないと決まった訳でもないんですが。出てきた時は古代シムーンがストーリー全体に対して重要な鍵かとも思いましたが、これで判らないということになりました。

更に、嶺国礁国の考えがマッチしていないというのもありました。宮国に対して戦闘行動を起こす、ないしはシムーンと敵対するという手段においては二つの国は一致しているけれども、目的は違っているという感じか、あるいは宮国同様、嶺国でも政治と宗教が対立しているのか、何れにしても、嶺国の巫女は宮国の巫女に対して、完全に敵という形では無い表現になっています。これで、また微妙に勢力図が変わります。なんかとても現実的な話になっていますが、アングラスのネタもドミリモのネタも解決していません。現実と謎の溝をどう埋めていくのか? それが今後の展開の注目点です。

2つ目は、傷ついたマミーナを見て、アーエルが過剰に反応していたという点。勿論仲間の死を目の前にして、動転したという普通の考え方も出来なくもありません。過去、アングラスの時もアーエルは過剰に反応していました。けど、その割には礁国の兵士相手には、ひぐらしをなかしたりしてますから、単純に死に過敏だという感じでも無い気がします。とは言え、あの時に赤目状態が発動してますから、アーエルと死の関係をどう捕らえるかは一つのポイントになるでしょう。

で、マミーナなんですが、彼女をここでロストすることでどうなるのかというのも考える必要があるでしょう。シムーンはキャラを簡単に使い捨てにするような話とはとても思えませんから。一番判りやすいのはロードレアモンが変化するというパターン。これは当然あり得ます。どう変わるのかを見ないと、その後の展開は何とも言えないですが、ロードレちゃんのスイッチを入れる材料としては最高でしょう。

でも、予告を見る限り、ロードレちゃんは出てきていません。となるとアーエルへの影響という形で現れるんでしょう。まぁアーエルの選択というのは物語の本筋に絶大な影響を与えますから、その方がより直接的ではあります。端的に考えるなら、宮国、礁国嶺国、それにテンプスパティウムの否定という方向なんですが、ネヴィリルと何かしら話をしていましたので、そうシンプルな方向なのではないかもしれません。ネヴィリルマミーナが何故あぁなったのかの一部始終を知っている人間ですから、アーエルとの話で、どのような方向になるのか、興味深いです。マミーナの死とアングラスの違いがどこにあるのかというのも重要なのかもしれません。いや、アングラスの件をどう片付けるのかにも依りますが。

結局また、今回の話だけでは判断不能という状態が続いています。う?ん、これだけ引っ張れるプロットって凄いな。簡単にできる事じゃないですよ。これで、最後綺麗に纏まるとしたら、本気で脱帽するしかありません。
いい話だったと思います。特にアンジェリカミスターのシーンは絶品でした。もう少し時間があって、キャラが描けていれば更に良くなったでしょうね。でも、この短時間でも十分効果があったと思います。

基本的はドンパチなんで、特に目新しいものは無いです。それでも、キャラの関係性はそれなりに表現されていたし、マルチアーノ12姉妹も良い感じに描けていました。物語を下手に膨らまさなかった為に、毎回のテンポが小気味良く、見ていて楽しめます。放送条件と照らし合わせてベストな選択だったんじゃないでしょうか。

ただ、どうしてもミスターのやり方が行き当たりばったりな感じがしてしまって、お陰で毎回マルチアーノに追い詰められます。ギリギリの駆け引きを楽しむという意味では悪くないんですが、そこに至るプロセスをもう一工夫してくれると、もう1枚皮が剥けるって気がします。

とりあえず、ゲートには入れたようなんで、また仕切り直し。グレイスランドへ向かっているというのは、マルチアーノアンジェリカも判っていますから、そこから先の互いの読み合いがまた楽しめそうです。ただ、ミスターがあの状態ですから、1話くらい何かを咬ませるのかもしれませんね。それも悪くないでしょう。