FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
「花火うるさい」と散弾銃2発 男を逮捕

いや、なんか最近この手の話が多い気がします。うるさいってのがどの程度なのかが判らないんですが、19:30って時間だからなぁ。非常識って言える時間帯じゃないよね。例えば毎日のように花火をして、とてつもなくうるさいんだったら、素直に110番すればいいんじゃね? こういうときこそ警察使わないと。つか、こう言うとき以外あまり使い道無いし(笑)

少なくとも猟銃発射するよりは音便でしょうにね(^^; 狙いは外して撃ったとか言っても散弾だしねぇ下手すれば下手する訳で、馬鹿なことで殺人犯にでもなったら、つまらないと思うんだけどね。
スポンサーサイト



停電は3都県で139万世帯

いや、しかし大事になったみたいですね。個人的にはたまたま電車が数分止まった程度で、それ以外には特に影響は無かったのですが、記事を見る限り相当な範囲に影響が及んでいるようです。

この大騒ぎがたった一台のクレーンによって起こされているというのだからまた驚きです。都市に電気が来なくなれば大騒ぎというのは、簡単に想定できる事で、電力会社としてもこういう事態を想定したシミュレーションをもう少しきっちりとかけて欲しいというのはあります。

しかしながら、これまで起きたことが無い事態ということは、このクレーン車がよほど非常識だったんでしょう。これだけの大騒ぎを起こした以上、作業員や管理者はもちろん、会社にもきっちりとした責任を追求していただきたいですね。そちらの方がどう解決するのかの方が気になります。
現代人はコンピュータを過信しています

その論理は、時に大事故になると言う理由で、飛行機は落ちるから非常に危ないと言ってるのと同じです。実際は道路上で事故に合う確率の方が遙かに高いということを忘れています。

コンピュータ制御だって、想定外の状態になれば妙な動きをするでしょう。機械なんだから壊れることもあるでしょう。プログラムにバグがあるかも知れません。そういう意味で絶対に安全と言うのは行き過ぎです。

しかし、人の手で制御するより安全であるということは十分言える可能性はあります。コンピュータのミスよりも、人為的ミスの方が遙かに可能性が高いからです。しきりに強調されている入力ミスというのは、まさしく人為的ミスであり、コンピュータのミスではありません。ぶっちゃけ、人間よりは、遙かにコンピュータの方が信用できます。

もし、コンピュータは信じられないなんて言い出したら、車も電車も飛行機も乗れなくなりますよ。それらの肝心な部分は相当な割合で電子制御化、コンピュータ化されていますからね。個人的には自動車なんて、人が運転するよりコンピュータ制御部分を増やした方が確実に事故は減るだろうと思いますけどね。
第20話「嘆きの詩」のみどころ

僕はもうしばらく有明会場には行っていないのですが、行った友人から「ユンちゃんゲット」のメールが来て、ちょっと悔しかったです。

さて、さすがにマミーナをあの状態にしてしまっただけに、それをちゃんと使っていくようです。

自分の非力さを恨む者、悔やむ者、悲しみにうちひしがれる者、泉へ行こうとする者…。
彼女たちは、どのようにマミーナを送り出すのでしょうか?


うーん、それぞれのシヴュラ達が様々な思いをってことなんですが、それを物語全体にどう繋げていくのかが見所という気がします。大詰めに向けて布石を打っておくという状態になるんだと思うのですが、今のところまだ、アーエルやネヴィリルはともかく、他のシヴュラ達は物語との関わりの部分が浮いているような気がします。この辺のパイプをなんとか繋いで欲しいなって気がします。

別に繋がなくても話としては成立しますが、折角12人共それなりに描き込んでいるので、繋げてあげるとより一層話の美しさが増すと思います。是非その辺りを期待したいです。
男児が4メートル転落、重体 大分・佐伯市の県立施設

休みに入った途端、事故のニュースがもの凄いんですが、どうも不注意というか普通やらないだろってことをやって起きた事件が多いような気がします。

上げたニュースもその一つ。確かに鍵がかかっていなかったかもしれない。けれど、だから入って良いのか? と言えばそんなことはない。事故は起きなくても、何かを汚したり、壊したりと言うことだってあり得る。そこに子供が入るという段階で何かがおかしい。詳細は判らないが、もし想像通りなら同情の余地無しで、親の管理責任を問うべきだ。まぁそうならない辺りが法律の不備だし、使えない所以なんですが。

こういう事件が起こると、管理責任が云々とか騒ぐ連中が大量発生しそうだが、それ以前に子供に対して何をしちゃいけないのかをきちんと教えていない親に問題がある。ちゃんと教えていないなら外に出さないようにするか、1秒たりとも目を離さずに見張っておくかするべきでしょう。いざと言うときに、親の言うことを無条件に聞かせるようにするというのも教育です。子供は大人と同じ理解力を持っている訳ではありませんからね。お受験やお勉強なんかよりも、遙かに重要性が高い項目です。

休みに入って、家族連れを見かける機会が増えましたが、親子共々マナーの悪さが目に付く。はっきり言って家族連れは迷惑この上ない。奴等が集まる場所に行くのは出来るだけ避けるようにしているくらいだ。けれど、電車等どうにもならない場合もあります。本当に居なくなって欲しい。

自分達は特別。自分達は守られるのが当たり前。自分達は安全なのが当たり前。という意識が強すぎて、安全のボーダーが際限なく下がってます。安全は無条件に手に入るものではないです。それ相応のコストをかけたり、利便性などを犠牲にしているものです。馬鹿の為に、これ以上犠牲を強いられるのは勘弁して欲しいです。
ブログを排除せよ?

? 情報ソースとしてブログは邪魔であると考えている人が少なからず存在するらしいということ。
? 検索エンジンの公式なサービス(のオプション)としてブログを排除することを是とする判断を主要なサイトであるgooが下したということ。

正直言って今更という感があります。Blogが情報としての価値が低いことは、ある意味当然のことです。個人が勝手に書いているものがかなりの割合を占めますから。

なので、ある種の検索を行う場合あからさまに邪魔になります。逆にBlogから検索したいという場合もあります。それを区別出来るようにするというのは、有用な事だと思います。

使う側にしても、自分の求める情報の内容に応じて、どちらを検索するべきか使い分ければ良いのであって、オプションが付くことを否定する要素はなにもないでしょう。目的に応じた検索が可能になるのだから、時代の逆行などという表現は適切ではないと思います。

是非他の検索サービスでも同様のオプションを付けて欲しいですね。できればセットでBlogのみの検索オプションもお願いしたいです。
一生モノメディア論1

確かに長期にわたって保存や互換性に耐えられるメディアということになると、どうしたものかと悩んでしまいます。金額的な面を無視すれば多重化やバックアップなどを含めて、デジタルデータも保全できるのかもしれませんが、個人レベルでそれをやるとなると相当難しいものがある気がします。

ではと、インターネットDiskなども考えられますが、これは当然無料じゃない。容量的に少なければ悪くない選択かも知れませんが、ものによっては1Gや2Gでは足りないと言う場合もあるでしょう。当然そうなればそれなりの価格になり、それは置いておくだけでランニングに発生します。それに見合うような重要なデータなら仕方ないと思えるかも知れませんが、そこまではという内容の場合だと迷います。

仮に多重化や、商用サービスを利用したところで、人為的ミスによる削除というのはどうにもならない。一定期間ゴミ箱に保存しておいてくれる場合もあるかも知れないが、それもいつまでもというわけでもないでしょう。それすら消してしまうというオペレーションを行ってしまうかも知れない。

そう考えるとアナログ媒体。例えば画像ならフィルムなりプリントなりで持っていた方が保存性が高いというのは、一見その通りに思えます。では、何故アナログ媒体は保存性が高いのでしょうか。フィルムだって、捨てられることもあれば、使えないほど傷つくこともある。そうならないのは、フィルムは簡単には捨てないし、傷つかない程度にはきちんと管理されているからでしょう。

だとすると、デジタルデータだって、同じように考えれば実はそれほど違いがないのかもしれないなぁという気がしてきました。簡単に不必要なデータを消したり、整理したりすることができるからオペミスが起こるのであって、フィルム同様、全てをそのまま保存しておくと割り切れば、そういうミスが起こる確率は格段に減るような気がします。

結局便利さとリスクというのは、ある程度の関係性があるということなんでしょう。どちらをどの程度とるのかは、個々人や場合によって変化させるしか無いんでしょうね。ただ、今の段階ではそのさじ加減を自由にという訳にはいかないというのが歯痒いところなのかもしれません。
現在のガイナックスの力量を良く表している作品だったように思えます。まぁこんなもんなんじゃねって感じですか。各話が離れすぎたせいもあって中身は全く理解できませんでしたが。まぁラストシーンは最初からあれで行こうって決めてたんだろうね。

説明不足というか、なんというか設定が良く理解できないんですよね。キャラクターのポジションがしっかりしていないような感じを受けました。なんで、何を軸にして良いのかを最後まで掴めませんでした。

なんで、キャラも結局最後まで掴めなかった感じがします。うーん、微妙な話って感じですね。