FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
なるほど、よく見て、よく検討しておられますね。素晴らしいです。

もう、この辺まで来ると、視聴者が何を言っても妄想のレベルを出ることは無いんですが(笑) ドミヌーラ達が原理主義に走るというのは、確かに面白いですね。宮守達が新天地へ行ったら、デクストラのメンバーが揃ってて、一掃されるとかって話ならそれ程手間をかけずに話を展開できるかも知れません。

これは前々から思っていることなんですが、最終的にはドミリモvsアーネヴィという図式になるだろうと考えています。ドミヌーラテンプスパティウム信仰の原理主義だとするなら、アーエル達は原点復帰、あるいは進化という感じですか。いずれにしてもテンプスパティウムという枠を壊す方向だろうと思っています。ちなみに更に妄想レベルを上げると、アーエル暴走でアーエルvsテンペストってパターンも有りかと。

根拠は特に無いんですが、アーエル達がドミヌーラの後追いをする形になるのは物語的に美しくないなと感じるのと、原理主義に回帰したとしてもテンプスパティウムという枠がある以上世界観を変革することは難しいだろうと思える。というのが理由でしょうか。

宗教的決着は僕としても想定の範囲内なんですが、宮国及び嶺国はそれでいいとしても、礁国に関してはそう言うわけにはいかない気がします。そもそも礁国の目的が何なのかというのが良く判っていません。ヘリカルモートリスを奪うことかと思っていましたが、嶺国と同盟を結び、嶺国がシムーンを持つようになってからも戦争は止まりません。宮国を憎んでいるのか、ヘリカルモートリスがもっと欲しいのか。彼らを最終的にどう収めるのかという部分の想定が今一番の悩みどころです。

最終話のエンディングで「残された謎が、明らかに、シムーン劇場版、冬休み公開!」とかでたら、萎えますがw


「おめでとう」すか? そりゃ萎え萎えですわな。劇場版見に行っても「気持ち悪い」だろうしね。
スポンサーサイト



昨日某友人から「リモ人形があったところは、マミーナが落ちた場所じゃないでしょ」と言われ、見直してみると確かにそう見える… orzダメダコリャ

となると、古代シムーンドミリモの関係は未だに出ているわけではないということになります。だとすると、古代シムーンは何故シミレを攻撃したのでしょう? マミーナが運ばれていると知って攻撃したのか、知らずに攻撃したのか? 知らずになら、単なる偶然なのかもしれません。でも知っているとしたら? どこからその情報を仕入れたんでしょうね。オナシアとか?

それと、あの人形の意味って何? 単に次回の「新天地」の前振り? だとすると、流石に唐突な感じがありますね。実はマミーナとの繋がりが次回でるのかもしれないけど…なんなんでしょうね? 思わせぶりな割に、なんの繋がりも提示されてないってのが憎すぎる。

もう一つ某友人から指摘されたこと「風琴の曲名って「新天地への扉」だよね。で、ドミヌーラも歌ってた」そうか、そうだよね。これは意味深。風琴となるとじっちゃ問題に絡む訳なんだけど、じっちゃは宮守に散々な言われようだった。その宮守が新天地へって言うわけだから、整合性を取るのが難しい。さらにドミヌーラも絡むとなると、あーもぅ!って感じになります。考えられるのは原点回帰狙いかな? テンプスパティウムを捨てるのか? って考えると微妙な気もするけど、オナシアを呼び出しているのがミソって気がする。デクストラは翠玉要員なんだろうけど、だとするとドミリモがこの問題にどう絡むのかが気になります。

嶺国で信仰されている神はアニムス。これがテンプスパティウムと同じ神だとするなら、やはり女性神が居ると想定するのが自然でしょう。宗教的な問題の解決にはこの女性神が絡む可能性が高い気がします。実はアーエルさんがという話でも僕としては驚かない。じっちゃが否定されたのは、実はアニマが原因であったのではないかと言う気もする。まぁ異端ですからね。

ただ、テンプスパティウムというのは、2つの神が一つになったというオナシアのくだりがありました。つまり、アニマとアニムスが1つになったという意味では。それって、2つの性別が1人に備わっている現在の世界観に一致します。で、これを分けるべきだってのがじっちゃの主張だったりとかしない? アーエルが泉に行きたくないってのは、実はそういう意味なんじゃないかって気もしてきた。彼女が両性の状態を保つことに主眼を置くのは、だからなんじゃないだろうか。ただ、その場合どうすれば分けられるのかってのはわかんねーんですが(^^;

宮守が神の本質をどの程度理解しているのかって部分がまた絶妙なんですよね。宮守なんだからちゃんと理解していると考えることも出来るし、曲解していると考えることも出来る。どちらに転ぶかで、台詞の意味合いが相当変わるからなぁ。

何れにしても、今後は恐らく話数的に回答編に入るわけで、欲しかった情報が次々とってことなんだろうな。そりゃあすげぇや。
お金を生み出さない人から搾取できるか?

搾取されているってことは、その人が生み出したお金を誰かが横取りしているってことだ。
もし本当に横取りされているのだったら、独り占めすればいいだけのことだ。
それは転職することかもしれないし、起業することかもしれない。


原理的にはその通り。機会が平等に与えられ、基本資本(親や家の資本等、自らの労力無しに利用できる全ての要素)が同じならという前提付ですが。そんな前提は現実には成立しないので、机上の空論です。それこそ金持ちの自己正当化に他ならない。無論実力のみで財をなした人が居ないとは言いませんが。

リスクの大きさは、元手がどの位あるかに左右されます。元手0の100万と、元手1000万の100万、元手10億の100万。同じ100万なんだからリスクは皆同じ。とはなりません。基本資本の違いは絶対的です。かつ教育、人脈、経験などの機会も全ての人に平等には当然なっていません。

結局、前提条件を整えるか、結果を是正するかという選択になって居るんでしょう。後者が選択されることが多いですが、個人的には前者が望ましいとは思います。

まぁ搾取という表現が自己正当化だというのは、その通りなのかも知れませんけどね。
FC2テーマ:経済 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑
前回良くなかった選手を入れ替えたオシム監督。この辺の対応は素早いと感じました。が、入れ替えた選手がまた良くない。阿部、加地がほとんど機能していない。特に加地が悪い。あれじゃ播磨となんにも変わらない。このチームは右サイドがネック。平川辺りにもチャンスがあるかもしれませんね。

前半に攻めきれなかったので、駒野に変えて羽生投入。ところが羽生もそれ程良くない。お陰で三都主の動きが制限される結果なって、前半より状態が悪くなります。遠藤は頑張っていたと思うのですが、疲れたと見たのか、千葉のコンビネーションが欲しかったのか、佐藤勇人を投入。これがまた悪くもないが良くもないという状態。機能はほとんどしていない。こんなことなら素直に長谷部でも出した方が、まだ良かったような気がします。結局セットプレーから2点は取ったものの、崩しきるというところまで行かずに不完全燃焼。

オシムとしては千葉のメンバーに期待したのかもしれませんが、残念ながら今回に関しては失敗という感じがします。もう少しチームとして成熟させる必要があるかもしれませんね。
相変わらず本編はダルダルです。20数分の本編より1分半のねこにゃんダンスの方が盛り上がるという始末。お風呂まで入ってサービスしてるのにねぇ。なんでなんだろ。よく判らないんですが。また、キャラを足してきました。あまり増やしても良いこと無いと思うんですがどうなんでしょ。

次回はヤキモチ話。