FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
自殺志願者はヒッキーより強い。そういう話ですか(笑) 死のうという意志を持っているだけにヒッキーより強いかもしれないな。

先輩は一人お昼寝している間、話は淡々と進んでいく訳ですが、最後の日を楽しく過ごしたら、多分死ねなくなることは必定でしょうね。佐藤くんとしては、綺麗な先輩と死ねるってのは悪くない選択かもしれませんけど(笑)

さて、ちゃんヘルプに来てくれるのかなぁ。いいなぁ佐藤くん。僕にも欲しいなぁそんな娘(爆)
エロは男のエネルギーって話(笑) それにしても、二人して極端ですな。香月ちゃんにしても都合良く思い出を美しくしすぎですって。

エロパワー充電を目指して、久し振りにサービスシーン満載でした。勇治くんは元気にならなかったけど、見ている側は堪能させていただきました。初音さんパワーがカナブンだけだったのはちょっと残念でしたけど(笑)

で、再度お引っ越しの可能性が出てきて、どうなるんでしょうねぇ。引越しはやめて仲良くパターンか、お引っ越ししてまた何年か後にパターンかなんでしょうけど、大きくなった香月ちゃんも見たいから後者を支持かなぁ。
国旗掲揚/国家斉唱の強制は憲法違反は如何なものでしょう

思考実験と見ました。十分意義がありそうですね。乗ります(笑)

> 私としては国旗・国家を認めるのは当たり前であると思います。

猫山01氏を初め、国民の何割が国旗国歌を支持しようがそれは別に自由です。僕個人は馬鹿なことをやっているなぁと思うかもしれませんが、それ以上に否定される要因も、非難される要因もありません。だたし、それをもって当たり前とするのは賛成できないですし、更に教育の場においてそれを強要するとなると話が変ってきます。

> また、「明治時代から終戦まで、皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱として用いられた」という判断も疑問です。

明治?昭和初期までが皇国であったのか軍国であったのか正確に判断しようとすれば様々な疑問が出てくるでしょう。しかし、国粋主義が元凶であったという事実は疑い得ないでしょう。皇国であろうが軍国であろうが、またそれ以外の何であろうが、国粋主義を声高に叫ぶのは、既に時代遅れだと僕は判断しています。

> 教職員に対しては違憲であるのに、生徒に対しては有意義(合憲?)では矛盾しているとしか言えませんね。

それは、簡単に言えば大人と子供の差であると言えるでしょう。更に言えば、有意義であることを認めたとしても、それが強制されるべきかというのは別問題です。

判決文を隅々まで読んだわけではないので、この判決自体に些末な問題がある可能性は捨てきれません。しかし、教委の対応に掣肘を与えたという意味においては、十分支持しうる判決だったのではないかと考えています。
教育通の“青春の巨匠” 安倍政権文科相を大胆推薦

森田なんて、まだ議員やっていたのか。とはいえ彼ももう議員生活長いんだから、少しは学習したかと思いきや…

「耐震偽装とか、子供が親を殺すとか、教育がなっていないからこういうことが起きる。だいたい、教育基本法で『愛国心』をどうかするなんて、世界では笑いもの。当たり前すぎるからね。自分の国を愛せない人が他国を尊敬できるわけがないんだ。簡単でしょ。安倍さんなら、国民が自分の国に自信を持てる『普通の国』にしてくれると思うよ」


やっぱりそんなもんか。教育がなってないまでは良いとしても、その続きに出る言葉が愛国心だってんだからちゃんちゃらおかしい。なんとかは死んでも直らないって奴かもね。本当に了見の狭い奴だ。ま、国会議員なんだから国って単位でしか物事を考えられないのは当たり前なんですかねぇ。小せぇ男だ。お前の考える普通の国なんて、反吐がでるような国だろうね。教育通が聞いて呆れるよ。

自分の国を愛せない人が他国を尊敬できるわけがない? 自分の国を意識するから他国を憎めるし、攻撃も出来るって、逆もあるって事を理解しているのかね? 自分の国の益になる他国は見方、害になる国は敵って原理が働く可能性ってのを考慮しているのかね? もう、国がどうこうとかそういう発想から脱却すべきなのに、この人は頭の中が青春時代で止まってしまっているようだね。

大学生の自殺は教授の重圧、停職1カ月

「言葉がきついことがある」ってことらしいですが、一体どんなことを言ったんでしょうねぇ。興味があるところです。遊んでばかりいたから、「卒業させないからな」と言われたとかそんな程度じゃないでしょうねぇ?

何れにしても自殺の原因を他人に押し付けるという発想は感心しません。殺人の原因は他人に転嫁可能だと思いますが、自殺の原因を他人には転嫁できないと考えています。ましてや大学生となれば、未だ社会的無責任状態な訳でなおさらです。教授に何を言われたとしても、それで死ぬ程度の奴は、どうせそれなりでしかなかったとしか僕には思えません。自殺したい奴なんか、止める必要は全く感じません。どんどん死んでもらった方がいいでしょう。他人様の迷惑にならないようにという前提付ですが。

大体、そんなこと言い出したら、他人に何も言えなくなっちゃいますよ。

追記
----------
猫山013からTBを頂きました。

なるほど、5?14歳などの年齢であれば、確かに一概に自殺した側に全面的な責任があるとは言い切れないかもしれません。謹んで訂正させていただきます。

ただし、例え小さい子供であったとしても、安易に死を選ぶという選択をするのでは無く、解決をしようという気概は欲しいものですが。これは教わる類のものではないように思えます。

また、自殺した責任を本人以外が追求する場合、例えば親が学校や教師に責任を転嫁する場合となると、話はちょっと微妙になるかもしれませんね。
アラン・ケイのすさまじいまでの自信

途中まではふーんって感じで読んでいたんですが、最後に来て

多くの人々が科学的リテラシーを持っていないカエルだから、研究者の成果が世の中に広まらないと言い切れるAlan Kayは、やっぱりすごい人間だと感服します。


いや、全くもってその通りだろうな。これは自信じゃなくて確信だな。"多くの"なんて表現を使っている辺りが控えめだなぁ。どうせなら、"ほとんど"とか"ほぼ全ての"とかそういう表現にしてやればいいのになぁ。なんて考えてしまいました。
定額制音楽サービスはアリか

その代わり、オンライン上にある情報に愛を感じることはない。すべてが行きずりの関係だ。Napsterのサブスクリプションサービスも、そういう意味で本質は同じなのである。


詰るところ音楽というものは完全消費型に移行しつつある。特にこの手のサービスでよく流される類はほぼ完全に移行した。ということなんでしょう。
つまり、前にも書きましたが、音楽という文化が滅びるまではもうカウントダウンってことなんでしょう。

売れるか売れないかがそのモノの価値の全てで、かつそれは短時間で消費され回転することを目的とされる。音楽はまさしくそういうルートにまっしぐらな訳です。当然そんな経済や効率だけを重視した世界に文化などは存在できません。人類が長らく育ててきた文化形態の一つが、資本主義に滅ぼされようとしています。全く持って悲しい話です。
FC2テーマ:音楽 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
やっぱり「DOAX2」で魅せる――テクモブース

で、こちらは期待のDOAX2。

一通りのミニゲームを遊ぶことができる試遊台が、10台ほど設置されていた。


ということは、あー出るのか、出ちゃうのか、出そうだなぁ。どーしよー。
水着跡システムはかなりそそりますよね。どうしても単調になりがちだった部分が改善され、楽しむ要素が増えるとなると、いよいよXBOX買うしかか? って気になりますね。
PS3値下げの本当の理由は、ビジネスモデルの変更か?

価格改定でやっと競争力が出てきたかと思われたPS3ですが、またもや怪しげな記述が出てきています。

PS3用ゲームソフトの価格は正式発表されていないが、複数の情報筋によると、現行のPS2用ゲームより高く、8,800円から9,800円程度が中心になるという。


あらあら、やっぱり駄目じゃん。ま、それでもインパクトは十分あるからMicrosoftが値下げに踏み切ることを期待しましょう。PS3の意義はそれだけで十分ありますから。
第26話「彼女達の肖像」のみどころ

アーシャ: ポリーヌさんはさ、解決されない疑問などあった?
ポリーヌ: あれ?今日はアーシャさんがまとめ役なんですね。 
      解決しない疑問…いっぱい…。
  でも、一番解決して欲しかったのは、
      アングラスがなぜ古代シムーンに乗っていたか。


それはつまり、なんの解決もされないよってことですか・・・・・・・orz
それはつまり、投げっぱなしってことですか・・・・・・・orz
それはつまり、シムーンもやっぱり駄目だったってことですか・・・・・・・orz

いやいやいやいや、これは逆の意味での前振りなんだ、そうに違いない、いやそうだと言ってください、お願いしますから・・・(´Д⊂
金融資産1億円超の富裕層、86万世帯 計213兆円

この213兆円という金は全く無意味に死蔵されています。何故死蔵されているのか? それは子供なりに相続させることを目的としているからでしょう。これが諸悪の根源です。親の世代は、相続が出来るが故に、資金を死蔵させるし、子供はなんの能力も努力も無しに、無条件で多額の資金を手にすることが出来る。こんな馬鹿げた制度があるから世の中がおかしくなっていることは間違いありません。

金は自分で稼ぐ、稼いだ金は自分で使う。これが基本です。相続・贈与税の大増税と、所得税・消費税の減税。これが圧倒的に正しい税制だと確信しています。
携帯電話の行く末...

そういう用途にはPDAが一番だと思うのですけれどね(笑)
アドレス帳とメールの存在が、この二つの融合を阻む溝となっています。特に携帯電話側は閉鎖的な仕様を貫いていますから、データのリンクをとることも面倒だったりしますし、メールも機能的に不十分だったりするため融通が利きません。

ま、とはいえやり用はあるんじゃないかなと言う気がします。スケジュールやブラウザ、アドレス帳など緊急な参照要件が必要になるような類はPDAにも登録しておくようにした方が使い勝手はあがるんじゃないでしょうか。
[ゴーログ] オレ様化した教師たち

?自立する力をつけ、そのための責務を果たせるようになるまで、子供は親や教師の言うことに絶対に従わなければならない。
?親や教師は、子供が自立するための能力をつけ、責務を果たす姿勢を身につけるように導かなければならない。
?親は、子供が自立するための能力をつけ、責務を果たす姿勢を身につけるようになったら、子供の選択を尊重しなければならない。


3に関しては、微妙に違和感があるものの基本的な趣旨としてはこれで問題は無いと思います。しかし、それをもって

そういう観点から申し上げると、今回の事件については、自立した大人であるはずの教師が、自立していない子供たちを巻き込んで、自分たちの政治的キャンペーンを繰り広げたということに対して、大いなる怒りを覚えています。


と結論づけられるのが全く理解できません。大人は子供に対して圧倒的なアドバンテージを持っている訳です。であるなら、大人は常に自らが大人であることを証明する義務をおっているはずです。大人であるということは、無為にお上や法律に従うということでは当然ありません。それこそが子供のやることです。

大人であるならば、譲れない線を明確に持ち、お上や法律がそれを踏み越えた場合は、絶対にそれを受け入れてはいけないというのが当然でしょう。自らの価値感を定位していないような奴は当然大人とは呼べません。

そもそもが「自立した大人」になっていない「教師という名の子供たち」が巻き起こしたものです。


現在の教師が信用できないという前提が話を複雑にしているような気がします。教師が大人として成立していないという事実はあるのかもしれません。だとしても、教委が要らぬ部分までズケズケと土足で踏み込む真似を是とするのとは、問題が全く異なります。それはそれ、これはこれで解決していかなければならない問題でしょう。

ただ、それ以前に馬鹿親対策の方が、数万倍は重要だと思いますけどね。
ラス前だって言う割には、のんびりなペースで話が進みます。天音先輩関係の話を決着させることは出来たものの渚砂ちゃん関係はまだ曖昧なままです。

なんというか、まぁこういう話なのかもしれませんね。おっとりしてるのはらしくて良いのかもしれません。出来レース的展開を想定していたのですが、一応最後まで結論は判らないという方向になりました。

ところで、静馬様はなんで最後のシーン裸なんでしょ? 一人悶々としていたとか(笑) 相変わらず煮え切らない感じです。玉青ちゃんの予告も微妙に意味深な感じがありましたしね。最後どうなるのかちょっと期待できそうかもしれません。
未だに謎は謎のままですが、雰囲気は良く出しているのじゃないかと思います。物語を今後どうやって展開していくつもりなのか良く判らないのですが、見ていて期待したくなる気分にさせてくれます。

話自体は6本かけてもほとんど動いておらず、新しい発見は何もないという状態なのですが、この状態で何処まで引っ張っていけるものか、興味深いものがあります。実際にふたを開けてみたら、底が思っていた以上に浅かったって事だけは内容に願いたいものです。

ただ、数が少ない割にはキャラの描写もそれほど突っ込んでいないという部分が気になります。雰囲気を出すためなのか、テンポを遅めに取っていますのでそれが原因なのかもしれません。

何れにしても、もうそろそろ新しい情報を出して貰えないとさすがにしんどくなってくるんじゃないかなという気がします。次回からの新展開で、その辺りが出てくると良いのですが。
大半はドンバチ。マジかって位順調なのはお約束なので不問(笑) 火乃香の力がなんなのかって部分が隠されているから、究極何でもアリ。

叙事的な作品なので、それ以上でもそれ以下でもないのかもしれない。全体的に中途半端な感じがするのは個人的な趣向の問題なのかもしれないです。僕としては、この作品で何が描きたいのか良く判らないのですが、最後までそうなるのかもしれません。

何話までやるんでしょうか? 26話構成ならまだ結構残っています。話が細切れで、纏める気があるのかどうか判りませんが、何かやれる可能性はあるとは思います。
無難と言えば無難な落し処。ただし、結果として何も解決していないって話。ネイサンがかなりキモで、彼が居る以上同じ事が繰り返される可能性が残るってことなんじゃないですかね。結局小夜達が戦ってきた理由、カイが言ったのはもの凄く私的な意味であって、彼らはそれでも良いかもしれないけれど、客観的にはそれじゃぁなぁって感触が残ります。

そうですねぇ、やっぱ50話は長いなって気がしますね。26話でこの結論なら、まぁそれもありかもなって気がしますが、50話でこれがラストですって言われると、ちょっと物足りないってのが正直なところです。更に、時間の割り振りに激しく疑問が残って、重要な部分が簡単になってしまっている気がします。

主要な役者は誰一人として欠けていませんから、第2弾もやれるかもしれませんね。敵方をどう設定するのかが微妙ですけど、結局最低でも女王が3人とシュバリエ2人は残っている訳で、幾らでもやり直しがききます。

つまるところ、それこそが今作の意義が薄いことの証明ってことになっちゃっているんじゃないでしょうか。
一応綺麗に纏まってます。積み残しはありません。けれど、ウィッチブレイドとはなんなのかとかの謎は無視の方向だし、作品として結局描きたかったことはなんなのかという部分も曖昧だったように感じます。

全体として淡泊かなって気がします。キャラクターにしても生きていたのはほんの一握りで、それ以外は存在感が薄くなってしまっていました。マリアなんてなんのために出てきたのか全く判らないって感じで、これなら玲奈で最後まで行った方が話が膨らんだかもとか思ってしまいます。

最後のアイウェポンの暴走話は正直余計だったかなって感じがします。しっかりとマリアと対峙するなり、ウィッチブレイドに対峙するなりって方向の方が良かったかもと感じます。雅音さんが一人で納得して終わってしまったって印象が残りますね。

無理のない終わり方だったので、その分消化しきれなかった部分が残ったというところでしょうか。65点って辺りでしょうかね。
ラス前の1話まるまるかけて前振りです。こういう話は構成が楽でいいですね(笑) キャラの相関関係もそこそこ描けているし、良い感じで最後を迎えられそうです。

話は完全に才人に行ってしまっています。ルイズがちょっと弱いかなって気がしますが、最終回にどの程度巻き返せるのか期待したいです。ルイズ才人以外のキャラの出番を思い切って減らしたことが、結果としては成功したんじゃないかなという気がします。

キュルケやシエスタをもう少し生かすと言う手だてもあったと思いますが、それをしてしまうと、才人ルイズもしくは世界観のどちらかが落ちてしまいますから、バランスとしてはこれで良かったのかもしれません。非常に無駄の少ないスッキリとした構成になっているところに好感が持てます。

最後どうなるのか予想の立てようもないんですが、楽しみにしたいです。
課題はやはり後半にあっただろうと思います。攻撃の組み立てがほとんど機能しなくなっていました。選手達の不器用さを感じます。

選手は変っているわけです。ワシントン-達也ツートップから、永井-ポンテに変化しています。この変化に対応が全く出来ていない。ここに一番の問題があるように感じます。FWのワシントン、達也、永井。パスの出所になるポンテ、山田、小野、長谷部。それぞれタイプが違う訳で、全員がその違いを把握して、今居る組み合わせであれば、どうすれば有効に機能するのかを考えないといけないだろうと思います。それが出来ない限り、選手層が幾ら厚くても、効果的にはなりません。今日の試合でも、ポンテが生きた場面も、永井が生きた場面もほとんどありませんでした。先発が山田でしたから、多少のボールのキープやロングフィードも悪くなかったですが、ポンテが出た以上変化を付けるべきです。これが出来ないと、ギドも選手の起用を保守的にせざるを得ないでしょう。

攻撃的にうまくない場面の多くは、持ちすぎ、ドリブルのしすぎ、ロングパスの精度に原因がありました。無理な速回しも良くはないと思いますが、緩急というか、臨機応変と言うか、そういう器用さをもっと付けて欲しいです。小野も含めて、中盤の駒が揃った時、それが出来るようになれば、驚異的な攻撃力を発揮できるんじゃないでしょうか。
アレキサンダー対ジェイムズ、ハッセルベック対ワーナーが興味をそそるカードです。しかし、結果としてオフェンスラインとディフェンスバックの差が勝負を決めたという感じの試合でした。

アリゾナは、ラインが弱くて常に相手のプレッシャーがかかります。更には、相変わらず反則は酷いし、ワーナーは今年も苦労しそうです。彼自身も慎重なタイプのQBじゃないので、この試合でもかなり危険なパスを連発していました。インターセプトは1ですが、なり損ねは幾つあったやら…。

ラインで苦労しそうなのは、ジェイムズも同様で、良い走りはなかなか出来ないでいました。ランが出てくれば全体として良い方向に流れていくのかもしれないんでしょうけどね。

シアトルですか? うーん、あんま興味が湧かないんですよね、何故か。
FC2テーマ:NFL | カテゴリー:NFL
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑

衆愚政治@Wikipedia
衆愚政治(しゅうぐせいじ)とは、有権者がおのおののエゴイズムを追求して意思決定する政治状況を指す。民主主義を揶揄して用いられる言葉である。

利益誘導や、地縁・血縁で意思決定をする有権者があとを絶たない状況では、的を射た揶揄だと思われる。


あぁ…どこかの国の状況のようだ。

そう言えば安倍の親父だか爺さんだかも政治家でしたよねぇ。そういえば小泉クンもそうだった気がするなぁ。
おらが村発言(つまり地縁)も未だに多いことだし、それは当然利益誘導を念頭に置いている訳ですよね。

で、安倍の評価点は何かを毎日新聞のアンケートで見ると
国民的人気33%(2)若さ24%(3)人柄16%??の順で、印象面が上位に並んだ
・・・・・・orz そうなのか、やっぱそうなのか。
ホールや電車…マナー無視に携帯電波抑止装置

一番の理由は心臓ペースメーカーへの影響だ。大半の携帯電話の電波は、心臓ペースメーカーの誤作動を招く恐れがあるとされる。


とりあえず、仮に総務省の指針は正しいとして、電車内の携帯は良くないとして考えますが、この装置を入れて圏外にすることで、ペースメーカーへの影響は無くなるの? 通常携帯電話ってのは、圏外になると、収容アンテナを積極的に探すために、余計に電波を飛ばすと記憶しているんですが、違いました? 普通圏外になった位じゃ電源なんて切らないですからね。

僕の勘違いなら良いのですが、もし、考えているとおりだとすると、この名古屋市交通局の措置は、携帯電話を使いたい人にも迷惑、ペースメーカー装着者にも迷惑って事になります。じゃあ一体誰のためなんでしょうねぇ?

何れにしても
もし、知らなくてやっているのだとすれば、
無知な癖に無責任な措置を実施した責任者はクビにした方がいいです。
もし、知っていてやっているのだとすれば、
人の命を条件にして強引に要求を通そうとしている訳ですから相応の罪に問うた方がいいです。

マナーとか称して、この措置に安易に賛成している連中も同罪でしょう。
FC2テーマ:圏外 | カテゴリー:ゴミ
トラックバック:0 | コメント:3 | Page Top↑
小泉強権政治がもたらす「自由」と「民主」の末路

あれらの専制国家がどのようにしてできあがっていったのかというと、党中央に対する反逆はいっさい許さず、反逆者に対しては、政治的自由を奪い、場合によっては、肉体的生命すら奪うという処刑(政治的あるいは肉体的)を積み重ねていき、恐怖心をあおるために、その処刑を公開の場で行い(あるいはマスコミにかぎって公開)、よき見せしめにするということを積み重ねることによってである。


小泉首相が郵政問題で反対した政治家を扱ってきたことについての記述ですが、これは別に政治家に限ったことではありません。一般論として、決まりだからという理屈で、他の意見を抑え込む行為が危険だということです。

実はこれが、一権力者によって行われたものならば、対応のしようがあります。端的に言えばそいつを殺すなり、追放するなりしてしまえば良いのです。ところが、これが無批判な全体主義に毒された大衆の大勢の見解として成立すると最高に始末が悪くなります。

なにせ、ある意味民主的な手法(実は全く民主的ではないが)による総意となりますし、総無責任状態ですから誰かの罪を問う事も出来ないし、誰かが居なくなれば解決するという事にもなりません。もう最悪で、煮ても焼いても生でも食えないって代物です。

2000年以上昔から、衆愚政治は最悪だと言われ続けてきました。それをまた証明する事になる日が近づいているのかもしれません。
「英国の国旗も血塗られている」 杉浦法相発言

これが、日本の法制のトップの台詞かよおい。イギリス人がどうだろうが関係無いでしょう大体。イギリスで通用することを日本でも全部通用させてくれるのかよ。だったら、日本なんて潰してイギリスにしちまえよ。
「?ちゃんも買ってもらったんだよ」って親に主張する小学生と同じレベルかよ。

杉浦法相は「一部報道では、日の丸・君が代が軍国主義を連想させると言うが、戦争に至った経緯とは関係がない」


orz をいをいをいをい…、
全く意味を理解してないんだろうね、この人。

経歴見ると…あぁそういうことね。
東大経済学部卒 ? 弁護士 ? 政治家
もう完全に終わってるコースだわ。この爺様。
「PS3は低価格モデルは49,980円」

を、なんか大分現実的な値段になってきたんじゃないの?
これは良い傾向でしょうね。とりえず、これをみてMSがXBOXの価格を下げてくれないかなぁとか思ったりしています。大して変わらない値段だったら、PS3に流れちゃう可能性が高いですよね、どうしても。XBOXとしては、思い切って1万値下げとかって技が欲しいところだなぁ(笑)

それしてくれたら、即買うかも XBOX360。
日の丸(国旗)掲揚/君が代(国家)斉唱の強制は憲法違反?

こんな判決当然なんだが、どうもそう思わない人達も少なからず居るようです。ではなんでそう思わないんでしょうか? 折角記事が集まっているので見てみましょう。

・式に正式に記載されているプログラムを守らないことは良くない
・公務員なんだから国の方針に従うべき
・日本人なんだから日本を愛するべきだ
・君が代が好きだし、良い歌だし、身が引き締まる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・orz
無知、無神経、蒙昧、権威主義、形式主義の塊だわ。

公務員だろうと、間違っているものは間違っていると言う。それが国の方針だろうとなんだろうと関係無い。それが教師たるものの使命だろうし、それが真に国を愛するってことなんじゃないの? 日本って国は民主国家じゃ無かったんですかいね?

お上の支持に従って、決まりを忠実に守って、法律に従って、確かにそれは秩序維持にとって重要かもしれない。守らなくてはならないことかもしれない。だからこそ、一線を越えそうな場合は、間違っているという意志を明確に表明する。それは原則ですよ。

そりゃぁね、確かに君が代歌って、国家を仰いだからって、即軍国主義になるわけじゃないよ。当たり前じゃない。誰だってわかるさそんなこと。でも、だから良いって事にはならない。過去様々な軍国主義がどういう過程でそうなってきたか、ちょっとは調べてみたら良いんじゃないの? 最初はその程度ならと思えるような詰らないことから始まるわけですよ。軍国主義を目指してって訳じゃないのかも知れない。

けれど、結果的にそれがトリガーだったよねってことになる可能性が十分ある。そう判断されるから問題だって話になってるわけなんじゃないの?

中には、国家、国旗を認めるのは当たり前とか、常識とかって反応している人も居る。ほら、だんだんそうなってくるわけ。どんどんエスカレートするようになるよきっと。

もう、この国はもう一回戦争でもして、酷い目にあって、再占領でもしてもらわないと変わらないかもしれませんね。
山田祥平のRe:config.sys 脱ビットレート

非可逆圧縮の原点は、人間が知覚できないのなら省略してもかまわないだろうという発想にある。これは、言い換えると、知覚できても許容範囲ならよしとしようということでもある。危険なのは、その許容範囲の上限がどんどん下がってしまうことだ。


という話。ごもっともな話です。で行き着くところは、

化学調味料のうまみに慣れきった舌が、煮干しやカツオで丹精込めてとった出汁に、なんとなく物足りなさを感じるようなことが、今後、起こりはしないのだろうか。


別に疑問文にしなくても問題無い。確実にそうなっている。ならない方がおかしい。これは逆にも言えて、オーディオで言うなら、良い音を聞き慣れているとちょっとでもクオリティが下がると途端に気分が悪くなるという現象が起こります。

しかしながら、当の御本人も

これまで96kbpsのCBRだったリッピングのレートを128kbpsのVBRにした


96k? 個人的にはあり得ない。どんなフォーマットでも128k以下にすることはまず無い。最低でも192kは欲しいという気がしています。その程度のレートが普通なの? 実は昨日試しにと思ってW43SにATRACでデータを流しましたが、それも132kにしました。勿論電話に過度な音質なんて求めていませんが、それでもやっぱり96kとかにする気にはなれなかったです。

当然ですが、真面目に聞くタイプの音楽は、絶対にCD-DAを(CD-Rじゃなく)入手するし、そもそも基本的に圧縮しない。発売されていればSACDを選択するし、CD-DAで持っていたものでもSACDで買い直したものもあります。

まぁどんなに高音質な音源を用意したところで、再生環境が整っていなければ無意味です。iPodを音質面でまともに試聴したことがないのですが、少なくともあの標準ヘッドフォンで聴いている内は話にならないでしょう。

で、なんでそんなビットレートを使う必要があるのかというと、結局は曲数を稼ぐためらしい。

2万曲が入っている80GBのiPodには、ロスレスでは3,000曲くらいしか入らない


2万曲って…、そんなに入れてどうするんだろ? 僕のWalkmanには1000数百曲位入っていたような気がしますが、それでもかなり持て余します。どうせバッテリーで動くものなんだから、そんなに聞き続けられる訳でもないでしょう。外出時間がどの程度あるのかわかりませんけど、普通の人なら一通り聞くのに何年かかるんですかね? 聞かないものなら入れても意味がないと思うんですが。僕も最初は余計なものまで結構入れましたが、聞かないと判ったものは順次消してしまっているし。

家の中でもiPodを使って聞いているってことか? まぁ職業がライターとかならそれもあるんでしょうけど…、サラリーマンなんて家に帰ってまでそんなに音楽とか聞くわけ? テレビでも見てるんじゃないのかね。BGMでよければいっそのこと有線かスカパーのラジオ辺りに加入してしまう方が良いような気もします。僕も一時期やったことあるけど、結局使わなくなって止めてしまいましたが。

まぁ、無闇な便利さを求めていると、音楽を聞く能力がどんどん減退していくってことでしょうね。多分相当な割合の日本人は既にそうなっているように思えますから、今更って感じがします。ただ、iPodがそれを加速度的に進行させているってのは間違いない事実でしょうね。山田氏はこのコラムのシリーズを読んでも、良識派だと思うし、アナログ的な良さをよく考えておられる方ですが、それでもこの状態ですから、普通の人達がどうなっているのか考えると、卒倒しそうになります。
ありえねぇ、ありえねぇって位チープだ。つか、僕にはどうしても京達が我儘を言っているだけにしか見えないんだが。更に言うとアルティールが勝つプロセスも納得出来ねぇ。

つまり、なんですか? 大衆だって団結すれば強いさって言いたい訳?
ありえねぇ。なんてしょーもない話だ。こういう解決の仕方しかない訳?

紫雫乃の件にしても良く判らない。完全な知性や感性を製造できるのに、なぜ肉体程度が製造できない? そんなことあるのか? 納得出来ねぇ。

結局実体に最後までこだわったって結果なんだけど、そんなに実体が大事か? その理由もわからねぇ。

何せ、京達があの体たらくなんで、話に説得力というものがまるでない。最終回で、実体を手に入れた人類はやっぱり滅びましたとかやってくれるなら、納得も出来るけど、どうせハッピーエンドなんでしょ? ありえねぇ。

理性じゃなくて感性で感じてくださいって話なんですかね。まぁ夕方のお子様向けおとぎ話だって考えればその程度のものなのかもしれませんけどね。
安全区域に逃げ込んで、油断したのか、これまでなんとか守ってきた沙那をあっさり奪われてしまいます。ファントムのやり方も今回は少し頭を使った感じはしました。一番力を持っている奴が一番馬鹿ってのはこの手の話のお決まりなんですが、今回もまたそのパターンに忠実みたいです。そうしないと正義の味方にならないので、やり易くなるんですが、見ている側としては、ちょっと食傷気味なのと、興醒め感がありますね。出来れば、三者三様の良さと言うものを見せて欲しいです。

期待していた艦隊戦はいともあっさりと終わってしまいました。今回の話は世界観を提示することだったようです。それ以外の部分はまだほとんど出されていません。沙那がファントムにさらわれましたから、彼女の秘密が少しは判るかもしれません。

に関しては目的も含めて多少情報が出ているのですが、に関しては全くです。彼が何故そこまでに心酔しているのか、その辺がいつぐらいで出てくるのかが見物ですね。