FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
タブブラウザ Sleipnir 2.47 正式版 をリリースしました。

- お気に入りパネル|並べ替えを実装した。


キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!
これが実装されていなかったのが、当初から結構不満だったんですが、とうとう乗りました。うーん嬉しいっす。
精力的に開発が進んでいますね。本当に頼もしいです。1.x当時に比べて固まる頻度も減ったような気がします。
ぶっちゃけこれがあれば、怪獣や狐は全く必要ないです。

後、個人的に早く復活して欲しいのは、自動ハイライト機能ですかね。
スポンサーサイト



紙と鉛筆とIpod

警報!警報!
ちなみに公式サイトは早くも修正されており、18日/25話です。

なんだ野球か? でもデーゲームだしなぁ。WRCか? これも昼間だしなぁ。
それとも巨大魚か? うーん、謎だ。

とにかく24,25は見逃して欲しくないです。マジマジ。


いや、絶対見逃しませんってば。
万一が起きるとまずいので、面倒なのを承知の上で、HDRのHDD録画モード(追っかけ有り)に設定してるし(笑)
停電とかJ-COMの障害とか起きないでくれよな頼むから。
ヤフオク→所有しない経済 補足

なるほど、在庫は市場に任せましょうという発想な訳ですね。であるなら、そっちの心配は確かに要らなくなります。要は、オークション代行、あるいは中古売買代行業に近いサービスということになるのかな?

とするなら、すでに中古車業界なんかではその形態が見られるし、オーディオでも委任販売の形で実現している店舗もあります。まぁその手数料がどの程度で成り立つかというのが微妙ではありますが、確かに評価が確定しているオーディオ機器なら回し続けることも可能でしょう。

ちなみにケーブル転がしをやっていたと書きましたが、ケーブルは機器以上に価格変動が少ないです。PAD等の一部を除けば、減るものでも、ヘタルものでも基本的には無く、使い方が悪くても汚れる程度で、実質には影響せず、配送中に壊れるとかということもありません。

かなり挙げられている条件を満たしやすいモノであるということが言えると思います。
ま、流行廃りという要素はありますけどね(笑)
「みんなのニュースサイト」は幻想か?

「一部のユーザーが手を組み、自分たちが投稿した記事に相互に投票するだけでなく、気に入らない記事に反対票を入れる(これを"bury" = 「埋める」と呼ぶ)という行動を取っているのではないか」


これはとりもなおさず、民主的な政治体制における選挙で行われていることをスケールダウンした状態だと思えます。

逆説的かもしれませんが、僕は逆に参加ユーザーが増えていくことによって、こうした問題への解決策が見えてくるのではないかと思います。仮説ですが、現在 SBM や Digg 型のニュースサイトのユーザー(閲覧しているだけの人ではなく、ブックマーク登録や投票・投稿も積極的に行う人)が相対的に小さいために、一部のユーザーが結託してサービスをコントロールしたり、一部のセグメントにウケるコンテンツがクローズアップされてしまうという側面があるのではないでしょうか。


これは普通選挙制度を求めた人達の論理と同じなんですが、結果ロクなことにならなかったというのは歴史が証明しています。残念ながら。

「衆愚化」というのを単純に買収される人間の増加と見るから、こういう結論になるのでしょう。Wikipediaで衆愚政治を引くとこんな記述があります「おのおののエゴイズムを追求して意思決定する政治状況」。ちょっと語弊があるような気もしますが、概ね正しい定義だと思います。つまり直接的な買収でなくとも、衆愚化は起こりえるし、直接的で無い方が範囲が不明瞭になる分、より始末が悪い結果になります。

どんなものでもそうなのですが、ボーダーを下げ、あるいは無くし、そこに参加する人数を増やせば衆愚化は必然的に起こる。これは原則です。数が正義というのは、非常に狭い範囲で、あるいは限定された前提の元でのみ通用する理屈であり。一般的には、ほぼ完全な幻想でしょう。
ウィンドウズ初 ビスタのアップグレード版はネット販売

まぁあれだけの数のエディションを出せば途中で変えたくなるってのは普通にあるでしょうね。用途だって変わるかも知れないし。それをダウンロードで補えるってのは、サービスとして確かに悪くないと思います。

問題は値段ですね。どの程度安いのか。僅かな差なら、メディア保管の観点からしてもパッケージ版を買った方が良いとかになってしまうでしょう。

まぁ、ビスタは高いので少しでも安く買える可能性があるならそれに超したことはないでしょうけどね(笑)
ブロードバンド「ゼロ地域」解消へ 官民組織発足

えっと…、その費用は誰が負担するんですか? まさか税金? それともNTTとかに出させるの? そんな過疎地域の為に?

前者なら直接的に、後者なら間接的に(NTTはこれがあるから料金が下げられないと公言しますからね)、今回もまた都市部住人が費用負担を強要させられるってことですか?

勘弁してくださいよ。日本全国津々浦々に人が住まなきゃならない理由が、全ての地域にブロードバンドが無くてはならない理由が、どこにあるんでしょう?

電話もねぇ、ネットもねぇ、携帯も使えねぇ。それはそれで良いじゃないですか。そう言う場所を認めてあげても良いじゃないですか。嫌なら違うところに住めばいい。なんでそれが許せないんでしょうか。

その発想は、酷い悪平等概念だし、それこそ真に差別的ですよ。
所有しない経済

実は僕もやったことがあります。僕の場合機器ではなくてケーブルでしたが(笑) 所謂電線病と呼ばれる病に感染し、それこそとっかえひっかえやったことがあります。ヤフオクだけでなく、各ショップの中古販売、個人売買など、ありとあらゆる手段を使って予算の許す範囲で試したものです。

「所有しなくとも、満足ゆくまでとっかえひっかえできるサービス」という発想は確かに面白いですね。メーカーもある程度の試聴機を用意はしてくれているみたいですが、とはいえそれ程多い数ではないし、過ぎればメーカーの負担になってしまいます。弱小メーカーも多い業界ですから、そんなことで経営がひっ迫なんてことになったら元も子もありません。

ただ、ここでもふれられているように、高級オーディオ機器というのはでかくて重いものです。最近はスイッチング電源が良くなってきたので、軽いものも出てきてはいますが、それでも数十キロは当たり前。軽いと大丈夫なのか? と真剣に心配するという困った世界です。

定期的なメンテナンスも必要です。通電しなければ電気的に良くないし、使って無くてもコンデンサ等はヘタリが来ます。また、アンプなどはともかく、スピーカーになると保存にも相応の気遣いが必要になるでしょう。

となると、在庫をどの程度持つのかというのは、かなりシビアな問題です。オーディオはアナログ製品で、かつ趣味のものですから、PCのように絶対的に良いというものはありません。それぞれの価値感で求めるものが全く変わってしまいます。短時間のレンタルを可能にするためには、その製品が定期的に貸し出されることが必要になります。となると、やっぱり売れ筋だけが対象になるって感じでしょうか。

さらに、価格設定の問題。何年で元を取れる計算にするのか。当然その期間には遊んでいる時間もあります。基本的には使い減りするものではありません。10年前、20年前の製品でも十分価値を持つ機械も少なからずあります。その反面、数年で価値が激減するものもあります。先見の力があれば少ない投資で大きな効果が望めるのでしょうけど、企業としてはリスクを考えなければだろうなぁという感じがします。

そう考えると…、正直機械に関しては一部新製品を1ヶ月位借りるって程度かなぁ。それで気に入れば購入。所謂有料試聴機レンタルサービスとしてしか使えない気がする。自分の音の趣味は流行のそれとは違うので(笑) でも価格によっては、とても購入では買えないような高級機を入れてとかってのも考えたくなりますね。お金が厳しくなったら返せば良いんだし。でもその度にセッティングをやり直すと思うと泣きたくなってきますけど。完全にオーディオヲタク的楽しみになってしまって、音楽を聞いている余裕が無くなりますね(笑)
酷い話だ。理由は三つ。ま、前回である程度は予想できましたが、ここまでとは。

1,戦闘がゼーガ及びアンチゼーガの特定機種に酷く依存している。
これはガンダムの最も悪い部分をそのまま引っ張ってきてる。それほど特定の何者かが圧倒的な力を持つなら、それに対し適切な理由付けが必要になるはずだが、それがない。

2,ガルズオルムの論理に対し、京は感情的な判断で答えを出している。
つまり、論理的な反論が不可能であったということ。京達の視点で物語が描かれている為に、それが正しい選択に感じられるが、それは一方的な見方でしかない。

3,敵量子サーバに取り込まれたはずなのに戦闘が再開されている。
通常なら取り込んだ量子データを消去、あるいは破壊すれば済むだけのはずなのに、まだ逆転の可能性を残して再戦闘に入っている。

つまりチンケでチープで無意味。それなりに期待していたのだけど、これほどまでに情けない纏め方をするとは…。もう、残念でなりません。