FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
国旗掲揚/国家斉唱の強制は憲法違反は如何なものでしょう

思考実験と見ました。十分意義がありそうですね。乗ります(笑)

> 私としては国旗・国家を認めるのは当たり前であると思います。

猫山01氏を初め、国民の何割が国旗国歌を支持しようがそれは別に自由です。僕個人は馬鹿なことをやっているなぁと思うかもしれませんが、それ以上に否定される要因も、非難される要因もありません。だたし、それをもって当たり前とするのは賛成できないですし、更に教育の場においてそれを強要するとなると話が変ってきます。

> また、「明治時代から終戦まで、皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱として用いられた」という判断も疑問です。

明治?昭和初期までが皇国であったのか軍国であったのか正確に判断しようとすれば様々な疑問が出てくるでしょう。しかし、国粋主義が元凶であったという事実は疑い得ないでしょう。皇国であろうが軍国であろうが、またそれ以外の何であろうが、国粋主義を声高に叫ぶのは、既に時代遅れだと僕は判断しています。

> 教職員に対しては違憲であるのに、生徒に対しては有意義(合憲?)では矛盾しているとしか言えませんね。

それは、簡単に言えば大人と子供の差であると言えるでしょう。更に言えば、有意義であることを認めたとしても、それが強制されるべきかというのは別問題です。

判決文を隅々まで読んだわけではないので、この判決自体に些末な問題がある可能性は捨てきれません。しかし、教委の対応に掣肘を与えたという意味においては、十分支持しうる判決だったのではないかと考えています。
スポンサーサイト
教育通の“青春の巨匠” 安倍政権文科相を大胆推薦

森田なんて、まだ議員やっていたのか。とはいえ彼ももう議員生活長いんだから、少しは学習したかと思いきや…

「耐震偽装とか、子供が親を殺すとか、教育がなっていないからこういうことが起きる。だいたい、教育基本法で『愛国心』をどうかするなんて、世界では笑いもの。当たり前すぎるからね。自分の国を愛せない人が他国を尊敬できるわけがないんだ。簡単でしょ。安倍さんなら、国民が自分の国に自信を持てる『普通の国』にしてくれると思うよ」


やっぱりそんなもんか。教育がなってないまでは良いとしても、その続きに出る言葉が愛国心だってんだからちゃんちゃらおかしい。なんとかは死んでも直らないって奴かもね。本当に了見の狭い奴だ。ま、国会議員なんだから国って単位でしか物事を考えられないのは当たり前なんですかねぇ。小せぇ男だ。お前の考える普通の国なんて、反吐がでるような国だろうね。教育通が聞いて呆れるよ。

自分の国を愛せない人が他国を尊敬できるわけがない? 自分の国を意識するから他国を憎めるし、攻撃も出来るって、逆もあるって事を理解しているのかね? 自分の国の益になる他国は見方、害になる国は敵って原理が働く可能性ってのを考慮しているのかね? もう、国がどうこうとかそういう発想から脱却すべきなのに、この人は頭の中が青春時代で止まってしまっているようだね。

大学生の自殺は教授の重圧、停職1カ月

「言葉がきついことがある」ってことらしいですが、一体どんなことを言ったんでしょうねぇ。興味があるところです。遊んでばかりいたから、「卒業させないからな」と言われたとかそんな程度じゃないでしょうねぇ?

何れにしても自殺の原因を他人に押し付けるという発想は感心しません。殺人の原因は他人に転嫁可能だと思いますが、自殺の原因を他人には転嫁できないと考えています。ましてや大学生となれば、未だ社会的無責任状態な訳でなおさらです。教授に何を言われたとしても、それで死ぬ程度の奴は、どうせそれなりでしかなかったとしか僕には思えません。自殺したい奴なんか、止める必要は全く感じません。どんどん死んでもらった方がいいでしょう。他人様の迷惑にならないようにという前提付ですが。

大体、そんなこと言い出したら、他人に何も言えなくなっちゃいますよ。

追記
----------
猫山013からTBを頂きました。

なるほど、5?14歳などの年齢であれば、確かに一概に自殺した側に全面的な責任があるとは言い切れないかもしれません。謹んで訂正させていただきます。

ただし、例え小さい子供であったとしても、安易に死を選ぶという選択をするのでは無く、解決をしようという気概は欲しいものですが。これは教わる類のものではないように思えます。

また、自殺した責任を本人以外が追求する場合、例えば親が学校や教師に責任を転嫁する場合となると、話はちょっと微妙になるかもしれませんね。
アラン・ケイのすさまじいまでの自信

途中まではふーんって感じで読んでいたんですが、最後に来て

多くの人々が科学的リテラシーを持っていないカエルだから、研究者の成果が世の中に広まらないと言い切れるAlan Kayは、やっぱりすごい人間だと感服します。


いや、全くもってその通りだろうな。これは自信じゃなくて確信だな。"多くの"なんて表現を使っている辺りが控えめだなぁ。どうせなら、"ほとんど"とか"ほぼ全ての"とかそういう表現にしてやればいいのになぁ。なんて考えてしまいました。
定額制音楽サービスはアリか

その代わり、オンライン上にある情報に愛を感じることはない。すべてが行きずりの関係だ。Napsterのサブスクリプションサービスも、そういう意味で本質は同じなのである。


詰るところ音楽というものは完全消費型に移行しつつある。特にこの手のサービスでよく流される類はほぼ完全に移行した。ということなんでしょう。
つまり、前にも書きましたが、音楽という文化が滅びるまではもうカウントダウンってことなんでしょう。

売れるか売れないかがそのモノの価値の全てで、かつそれは短時間で消費され回転することを目的とされる。音楽はまさしくそういうルートにまっしぐらな訳です。当然そんな経済や効率だけを重視した世界に文化などは存在できません。人類が長らく育ててきた文化形態の一つが、資本主義に滅ぼされようとしています。全く持って悲しい話です。
FC2テーマ:音楽 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
やっぱり「DOAX2」で魅せる――テクモブース

で、こちらは期待のDOAX2。

一通りのミニゲームを遊ぶことができる試遊台が、10台ほど設置されていた。


ということは、あー出るのか、出ちゃうのか、出そうだなぁ。どーしよー。
水着跡システムはかなりそそりますよね。どうしても単調になりがちだった部分が改善され、楽しむ要素が増えるとなると、いよいよXBOX買うしかか? って気になりますね。
PS3値下げの本当の理由は、ビジネスモデルの変更か?

価格改定でやっと競争力が出てきたかと思われたPS3ですが、またもや怪しげな記述が出てきています。

PS3用ゲームソフトの価格は正式発表されていないが、複数の情報筋によると、現行のPS2用ゲームより高く、8,800円から9,800円程度が中心になるという。


あらあら、やっぱり駄目じゃん。ま、それでもインパクトは十分あるからMicrosoftが値下げに踏み切ることを期待しましょう。PS3の意義はそれだけで十分ありますから。
第26話「彼女達の肖像」のみどころ

アーシャ: ポリーヌさんはさ、解決されない疑問などあった?
ポリーヌ: あれ?今日はアーシャさんがまとめ役なんですね。 
      解決しない疑問…いっぱい…。
  でも、一番解決して欲しかったのは、
      アングラスがなぜ古代シムーンに乗っていたか。


それはつまり、なんの解決もされないよってことですか・・・・・・・orz
それはつまり、投げっぱなしってことですか・・・・・・・orz
それはつまり、シムーンもやっぱり駄目だったってことですか・・・・・・・orz

いやいやいやいや、これは逆の意味での前振りなんだ、そうに違いない、いやそうだと言ってください、お願いしますから・・・(´Д⊂
金融資産1億円超の富裕層、86万世帯 計213兆円

この213兆円という金は全く無意味に死蔵されています。何故死蔵されているのか? それは子供なりに相続させることを目的としているからでしょう。これが諸悪の根源です。親の世代は、相続が出来るが故に、資金を死蔵させるし、子供はなんの能力も努力も無しに、無条件で多額の資金を手にすることが出来る。こんな馬鹿げた制度があるから世の中がおかしくなっていることは間違いありません。

金は自分で稼ぐ、稼いだ金は自分で使う。これが基本です。相続・贈与税の大増税と、所得税・消費税の減税。これが圧倒的に正しい税制だと確信しています。
携帯電話の行く末...

そういう用途にはPDAが一番だと思うのですけれどね(笑)
アドレス帳とメールの存在が、この二つの融合を阻む溝となっています。特に携帯電話側は閉鎖的な仕様を貫いていますから、データのリンクをとることも面倒だったりしますし、メールも機能的に不十分だったりするため融通が利きません。

ま、とはいえやり用はあるんじゃないかなと言う気がします。スケジュールやブラウザ、アドレス帳など緊急な参照要件が必要になるような類はPDAにも登録しておくようにした方が使い勝手はあがるんじゃないでしょうか。
[ゴーログ] オレ様化した教師たち

?自立する力をつけ、そのための責務を果たせるようになるまで、子供は親や教師の言うことに絶対に従わなければならない。
?親や教師は、子供が自立するための能力をつけ、責務を果たす姿勢を身につけるように導かなければならない。
?親は、子供が自立するための能力をつけ、責務を果たす姿勢を身につけるようになったら、子供の選択を尊重しなければならない。


3に関しては、微妙に違和感があるものの基本的な趣旨としてはこれで問題は無いと思います。しかし、それをもって

そういう観点から申し上げると、今回の事件については、自立した大人であるはずの教師が、自立していない子供たちを巻き込んで、自分たちの政治的キャンペーンを繰り広げたということに対して、大いなる怒りを覚えています。


と結論づけられるのが全く理解できません。大人は子供に対して圧倒的なアドバンテージを持っている訳です。であるなら、大人は常に自らが大人であることを証明する義務をおっているはずです。大人であるということは、無為にお上や法律に従うということでは当然ありません。それこそが子供のやることです。

大人であるならば、譲れない線を明確に持ち、お上や法律がそれを踏み越えた場合は、絶対にそれを受け入れてはいけないというのが当然でしょう。自らの価値感を定位していないような奴は当然大人とは呼べません。

そもそもが「自立した大人」になっていない「教師という名の子供たち」が巻き起こしたものです。


現在の教師が信用できないという前提が話を複雑にしているような気がします。教師が大人として成立していないという事実はあるのかもしれません。だとしても、教委が要らぬ部分までズケズケと土足で踏み込む真似を是とするのとは、問題が全く異なります。それはそれ、これはこれで解決していかなければならない問題でしょう。

ただ、それ以前に馬鹿親対策の方が、数万倍は重要だと思いますけどね。
ラス前だって言う割には、のんびりなペースで話が進みます。天音先輩関係の話を決着させることは出来たものの渚砂ちゃん関係はまだ曖昧なままです。

なんというか、まぁこういう話なのかもしれませんね。おっとりしてるのはらしくて良いのかもしれません。出来レース的展開を想定していたのですが、一応最後まで結論は判らないという方向になりました。

ところで、静馬様はなんで最後のシーン裸なんでしょ? 一人悶々としていたとか(笑) 相変わらず煮え切らない感じです。玉青ちゃんの予告も微妙に意味深な感じがありましたしね。最後どうなるのかちょっと期待できそうかもしれません。
未だに謎は謎のままですが、雰囲気は良く出しているのじゃないかと思います。物語を今後どうやって展開していくつもりなのか良く判らないのですが、見ていて期待したくなる気分にさせてくれます。

話自体は6本かけてもほとんど動いておらず、新しい発見は何もないという状態なのですが、この状態で何処まで引っ張っていけるものか、興味深いものがあります。実際にふたを開けてみたら、底が思っていた以上に浅かったって事だけは内容に願いたいものです。

ただ、数が少ない割にはキャラの描写もそれほど突っ込んでいないという部分が気になります。雰囲気を出すためなのか、テンポを遅めに取っていますのでそれが原因なのかもしれません。

何れにしても、もうそろそろ新しい情報を出して貰えないとさすがにしんどくなってくるんじゃないかなという気がします。次回からの新展開で、その辺りが出てくると良いのですが。