FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。

それに、「植民地」が当たり前に存在した20世紀初頭と(一応)国連などが存在する現在では国際情勢が大きく異なります。


状況が違うことは確かかもしれませんが、だとしたら、現在の状況からどうなるかは誰も想定できないという結論が導き出されるだけです。また当時も国際連盟はありました。無論現在の国連とは様々違うかもしれません。でも、それを言い出したら、現在の国連なら完璧なんですか? って疑問が出るだけです。結局、当時と全く同じ形にはならないかもしれません。けれど、同じ程度に狂った状態になる可能性は常にあります。

唯一の超大国である米国に対する従属路線をとり続ける限り日本が再び過去の歴史を繰り返す事はありませんから、国旗掲揚/国家斉唱しても別段問題があるようには思われません。


それを猫山さんが保証してくれるんですか? そんなことは出来ないし、仮に保証すると言ったところで、実質的には無意味でしょう。それにそれは単に反アメリカにならないというだけの保証でしかないように感じますが。違うんですか? 過去の歴史は、反アメリカだったかもしれませんが、そうなりさえしなければ良いと考えている訳では勿論ありません。まさかアメリカがおかしくなることはあり得ないとか考えている訳じゃないですよね?

有意義であるならば勉強と同じで強制する必要があるように思われます。


じゃあ、猫山さんは裁判所が有意義と認めたこと全てを強制されても何とも思わないんですか? 僕はごめんですし、教育現場では、この手の問題に関して何者も強制するべきではないと思っています。

更に言えば、その裁判所の判断が正しいと決まったわけでもありません。何故なら、「何にとって」有意義なのか? が明示されていないからです。例えば、政府や教委が目指す教育にとっては有意義なのかもしれません。けれど、それ以外の教育目的においては、意義がないどころか害である可能性すらあります。僕としては前提条件が間違っていると主張しているので、この裁判所の有意義であるという判断に何の意味も見いだせません。更に、裁判所はその構成上政府や法律の判断そのものに対して、見直すということを違憲問題でない限り行いません。よって、そちらの方向から考えても意味がありません。
スポンサーサイト



飲酒運転幇助の疑い、酒店経営の女を逮捕 長崎県警

えっと、これを言い出すとかなりの割合の飲み屋や食堂などでも、同じ事が言えるような気がするんですが。しかも全体の一部しか取り締まれず、見せしめでしかないし。どうせ効果はすぐ切れるし。

むしろ、車で来た人に酒を出さないようにするんじゃなくて、
酒を飲んだ人は車で帰らせないというやり方の方が良い気がします。
酒類を出す店で駐車場を持つ店は、少なくとも出庫時に飲酒しているかどうかを判別するような仕組みにさせれば良いんじゃないですかね? その方が確実だと思いますよ。
コンピュータは人間を進化させるか

昨日のエントリーも大元ネタです。
非常に興味深い、見識に富んだ見解を読むことができます。それ程長い文章ではありませんが、現在の問題の根幹を鋭く指摘していると思います。

彼がポップカルチャーと呼称しているものは、大衆の典型的な生息パターンです。またカエルという表現も使っています。カエルというのは、人間全体を指す言葉ですが、盲目であることを認められるかどうかが重要であるという表現もされています。

教育についても述べています。「科学者のような考え方を学ぶこと」が基本理念。この表現は少なくとも日本では誤解を招くような気がします。つまりは常識に捕らわれず、何に関しても注意深く考えるということが重要だと彼は語っています。まさにこれこそが、学ぶことの基本であり、現在最も必要なことであり、最も蔑ろにされていることです。

他にも幾つもなるほどなぁと感心させられる記述があります。是非多くの方に一読いやいや、二読、三読位して理解して欲しいと思います。ただ、

500年前のヨーロッパでは識字率は1%だった。当時と今の違いは絶大だ。多くの人が、誰もが読めるようになるとは思わず、遺伝だとかを理由にあげた。読む能力が、人を違う種類の思想家にした。


彼はこの発想の元努力を続けているようですが、僕としては正直識字率と科学者のような考え方を同列に扱うほど楽観的な見方は出来そうもありません。
FC2テーマ:教育 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
小林被告の判決主文後回し 奈良女児誘拐殺害事件

これに対し、弁護側は同月26日の最終弁論で、「殺害に計画性はなく、死刑を選択するまでの凶悪性はない。殺害後の行為も精神的な混乱などが原因」と反論。幼少期からの不遇な成育環境が人格形成に影響を与えたと推察した情状鑑定を根拠に、「被告の責任は減殺されるべきだ。それなりの反省は見え、矯正できる」と死刑の回避を求めていた。


またこれですか、本気で言っているのかどうか判りませんが、弁護士というのも因果な商売ですなぁ。計画性が無い方が、計画的なものより予測不可能なだけに余程恐ろしいです。あれだけのことをしておいて精神的な錯乱を主張できるなら、精神疾患患者等の監視体制を考えないといけませんなぁ。成育環境の問題が原因というなら、成育環境の根本的な見直し、つまり家族制度の見直しをしないとでしょうなぁ。それ無しに、犯罪者の酌量だけを主張されたんじゃ片手落ちでしょう。

個人的には死刑には反対(人道的見地からではなく、殺してもなんの役にも立たないからだが)なんですが、問題は、そうしないと出所してくる可能性が少なくないということ。終身刑とか、懲役数百年のような寿命よりも遙かに長い刑期の規定がない限り、無期懲役なんてのは形式的なものでしかないです。

つまるところ、現状の法規の中でという前提で言うなら、もうこういう奴は、他に使い道はないから、せめて害にならないようにしましょうという方向、すなわち死刑にするしかないでしょうね。
埼玉の2児死亡事故、3児なお重体 容疑者「脇見した」

この手の事故は痛ましいです。しかし、これを撲滅するというのは非常に困難でしょう。

まず真っ先に出てくるのが、携帯電話の例に典型的に見られるような、規制しろという短絡的な発想。何をどこまで禁止するのか? 携帯は駄目、オーディオは駄目。その次はナビも駄目、エアコンも駄目、煙草も駄目、飲食も駄目、おしゃべりも駄目、って駄目駄目にするんですかね? 車を運転するときは、空港さながら検査機を通して不審物を持ち込んでいないかを確認の上、なんのスイッチも無いような車に一人で乗ってくださいって感じですか?

一つ言える大きな問題は、運転免許がほぼ誰にでも発行されるという仕組みにあることは確実です。教習所で多少の変動があるにせよ、時間と費用を十分にかければ、100%にかなり近い確率で免許は交付されます。けれど、車の運転はそんなに簡単なものではありません。特殊技能に類するものです。一度に複数の事を並列で処理する能力、突発的な事態に適切に対応する能力、周囲の情報を的確に把握する能力、それ以外にもまだあるかも知れませんが、そういった能力を相応なレベルで必要とします。その免許が、希望する人のほぼ全員に与えられるという制度は狂っているとしか思えません。ナイフを一本所持しているだけで逮捕されるようなご時世に、車という凶器を誰でも公然と扱ってるというのでは、はっきり言って基準をどこに持ってきているのかわからなくなります。

じゃあ免許制度を適切に改めれば良いのかというと、確かに事故自体は激減するでしょう。しかし、完全に無くすことは出来ないと思われます。人間は一定の割合でミスをおかすものだからです。じゃあどうすればいいのか? もう自動運転しか手はないでしょう。機械だって完全じゃないだろうし、時には故障もするかもしれません。けれど、運転を人間の手にまかせているよりは、この手の事故のが起こる確率は相当低いもの、基本的には無いというレベルにまですることは可能だと思います。
自殺志願者はヒッキーより強い。そういう話ですか(笑) 死のうという意志を持っているだけにヒッキーより強いかもしれないな。

先輩は一人お昼寝している間、話は淡々と進んでいく訳ですが、最後の日を楽しく過ごしたら、多分死ねなくなることは必定でしょうね。佐藤くんとしては、綺麗な先輩と死ねるってのは悪くない選択かもしれませんけど(笑)

さて、ちゃんヘルプに来てくれるのかなぁ。いいなぁ佐藤くん。僕にも欲しいなぁそんな娘(爆)
エロは男のエネルギーって話(笑) それにしても、二人して極端ですな。香月ちゃんにしても都合良く思い出を美しくしすぎですって。

エロパワー充電を目指して、久し振りにサービスシーン満載でした。勇治くんは元気にならなかったけど、見ている側は堪能させていただきました。初音さんパワーがカナブンだけだったのはちょっと残念でしたけど(笑)

で、再度お引っ越しの可能性が出てきて、どうなるんでしょうねぇ。引越しはやめて仲良くパターンか、お引っ越ししてまた何年か後にパターンかなんでしょうけど、大きくなった香月ちゃんも見たいから後者を支持かなぁ。