FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
とりあえず一時的な意味での秘密を出してきました。といっても既に公開されていた内容の真相を追認する程度ですが。とは言え、それは第三者として見ているから言えることで、彼女達にとってみれば当然愕然とするに値する内容であったことは間違いないでしょう。問題は、だとして何故戦うのか? 相手は何者なのか? なんですが、ま、そこまで頭が回る状態じゃないってのは判ります。

初期設定は完了したという感じがします。その設定を使ってどうするかというのがこれからはじまることになるのでしょう。こちらも、話の展開幅は相当あるので期待してみたいと思います。ただ、今のところまだGANTZの枠から出ていませんが…
スポンサーサイト
予想通り手法の部分で攻めて来ました。ただ、意外に展開が速いので、決着が付いた後にもう少し先があるのかもしれません。ま、やってることはコナンと大した差は無いですが。

違いはオカルトを使っているので、何でもアリってことです。月が不利になれば月に有利な、Lが不利になればLに有利な設定を後から幾らでも付け足し可能です。だから、緊張感を長期にわたって維持可能なんですが、既にミステリーの枠からもはみ出しています。結局イベントそのものを即時的に楽しむだけのエヴァ的C級作品という感じが非常にします。
でたーナベシン
でたースナコちゃんレディモード

こんな感じで徐々に彼女の逆化けの皮が剥がされていくんでしょうが、そのネタでどの位引っ張れるのかがちょっと疑問。13話なのか? とすれば9話ぐらいまで引っ張れれば後はなんとかなるのかもしれないけど…。

もう一捻り欲しいですねぇ。何かあるのかもしれない。
それまでは、楽しんでくださいってことなんですかね。
良く判らないけれど、とりあえず初期設定の説明は終わったって感じでしょうか。とりあえず、アーエルがリ・マージョンするんだってことは判りました(笑)

最終的には錦織監督がこれで何を描きたいのか? なんですが、設定を考えればどんなことでも出来なくはないって感じがあります。なんせ飢饉の真っ最中な訳だし、あやかし自体が謎なものだし、あっちの世界とは何かって攻め方もあります。

そんな感じで材料は悪くないって気がするので、後は監督のお手並み拝見というところでしょうか。
相変わらずなんのアニメなんだか判らない状態が続いてます。最後の1分半が本編なのかと思うくらいです。今回は一応プール(ポロリもあるよ)なのに、盛り上がりが足んねぇって感じです。

むしろ露出系パツキンツインテールのルイズの方が楽しめたくらいです。ちょこちゃんの存在意義ってマスコット以上になっていないような気がするんですが、気のせい?

せめて面白かったらなぁ。
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
とりあえず、秋の新番を一通り見てみて、現時点での期待度。
期待できそうなのは以下

009-1
パンプキン・シザーズ
護くんに女神の祝福を!
すもももももも

009-1が群を抜いてます。ただし、今のところはですが。大当たりか大ハズレかのどちらかって気がします。パンシザはかなり堅めな作りでハズレはない気がしています。予想以上の出来。アリスちゃん流石13貴族だわ。護くんは萌え系では圧倒的に楽しめます。作画も安定してる。設定とキャラを上手いこと使っていると思っています。すももはとりあえず見ていて一番楽しめるということで、萌え系ってよりギャグ系としてアリかなと。

次点としては以下

ギャラクシーエンジェる?ん
ヤマトナデシコ七変化
働きマン

GA2はノリは良い感じ。ネタをどこまで出し続けられるか。旧キャラヘルプに逃げるしかかもなぁ。ナデシコはナベシンパワーでこちらも悪くない。すももと比べると先行き感が不透明なのが痛いですが頑張れば良い線まで行くかも。働きマンは無難な線を維持。でも、予想通りそれ以上にはならない気もします。

補欠&願望で以下

RED GARDEN
妖奇士
あさっての方向。
コードギアス


RED GARDENは面白くなりそうな材料はあるような気がしています。どう料理するかを期待すると言う意味でもう少し判断保留。残り二つは監督の実績を買ってこの位置。妖奇士の方は、現状良く判らんのですが、それなりを維持しているので、そこそこには纏めてくるんでしょう。あさっての方向は、僕にとっては今のところ環境アニメ。ARIAに比べれば遙かに見られる。+αが付けば及第点が付くかも。問題はコードギアス。えっと、期待できそうなところが現時点で全く何も無いんですが、大丈夫ですよね? 谷口監督。つか、谷口級の監督じゃなかったら1話で切ってるレベルです。


あ?、もう切るかもってか、切っても何の後悔もないなは以下

ディー・グレイマン
武装錬金
DEATH NOTE
少年陰陽師
ゴーストハント
銀色のオリンシス

予想通りジャンプ系は全滅。まぁ期待する方が間違い。陰陽師も腐女子系としては想定通りのレベル。ゴーストハントとオリンシスはもう少しマシかなぁと思っていたんですけど、今のところ希望を持てるだけの要素が無い状態。


で、それ以外(で見ているもの)は毒にも薬にもレベル。ま、息抜きには良いかもねってところですか。
浦和、ワシントン&ポンテ残留

これは喜ばしい。とくにポンテ残留は大きい。ワシントンの代わりを探すことは出来ても、ポンテの代わりはそう簡単には行きません。仮に能力が同じだとしてもフィットするまでの時間を考えると気が遠くなりそうになります。

浦和の選手ってのは、なんというかチームへの忠誠度が高いと言いますか、選手の方からすすんで出ていく選手って、他チームより少ないような気がします。強くなった今だからじゃなくて、弱かった昔もそうでした。

それが、強みでもあり弱みでもあるんだろうなぁと当時は思ったりもしたんですが、現在の状態になると強みの部分の方が上回りますね。

あと、ネネはどうするんでしょうねぇ? 2期連続で怪我による長期離脱があったのは痛いんですが、DF陣に薄さがあるのも事実。他に良い補強が出来ればチェンジなのかも知れないけど、システムを良く理解しているし、そうとうじゃないと彼以上には働けないような気もしますね。堅く行くなら残した方が良いかもしれません。DFも連携が命だからなぁ。

しかし、もうこれと言って補強ポイントが見つからないってのは凄いな。黒部が戻るかもって話があったから、そうなればFW1枚追加くらいですかね。頑張れ若手。
慶大生が酔って新幹線線路に傘7本投げ込む

男は「酒に酔った勢いでやった。大変なことをした」と供述しているという



ま、そういうことですよね。酔った勢いって言い訳が成立することが酒の本性を良く表しています。酒ってのは本当に始末が悪い。マンションで飲んでいてもこの体たらくってことは、やっぱ酒の製造・販売・運搬・所持・摂取の全てを禁止して、違反者には、懲役100年以上とかの重罪を適用したほうがいいかもね。無論、酒に限らず理性を飛ばすような飲食物、薬物等全て当てはめるべきでしょう。

あぁそうなったら世の中大分静かになるだろうなぁ。
「いまんとこ、出演声優陣だけで見るアニメ?」 らぶドル Prologue DVD発売

西又葵 ウィキペディアで『その理由で多いのが「キャラクターの書き分けができていない」というもので、しばしば「判子絵」と揶揄される』とあるけど、この日秋葉原で見かけた中では、らぶドル Prologue DVD【AA】の展開に一番力を入れていたアソビットゲームシティには、『この作品だけは、ぱっくんの眼力では一人もキャラクターの見分けがつかない!?』もあった。


(激爆) そうかやっぱりみんなそうなんですね。僕だけかと思ってましたよ。いや、安心安心。エロゲはご無沙汰なので、西又って名前は知らないのだけど、判子絵とは言い得て妙な表現です。あそこまで描き分けが出来てないってのも珍しいですよホント。つか、ゲームはそれでもいいのかもだけど、アニメにするのなら、キャラデザがちゃんと描き直せって気がする。そうしないとアニメとして成立できねーだろよ。

でも、「出演声優陣だけで見るアニメ」と言われる以上は、当面中身もイマイチなんだな。1話でカット確定したのは正しい判断だったようです。「エイベックスアニメに当り無し」はかなり高い的中率を維持し続けています。
OVAという携帯が絶滅危惧種状態になってからしばらく経ちますが、最近なにやら息を吹き返してきた感があります。テレビシリーズで名前を売ってその続編をOVAでと言うパターンです。ま、手法としては新しいものでも無いのですが、個人的には無視できない大物タイトルが続々と出てくるのでちょっと驚いています。

買うレベルまで至ったのはフルメタの「わりとヒマな戦隊長の一日」だけで、これは30分もの1話というおまけにちかいものでしたが、ちゃんとシリーズで出るもの、長編ものも出てきています。個人的趣向で挙げると

「舞-乙HiME Zwei」
「苺ましまろ OVA SERIES」
「マリア様がみてる 3rdシーズン」
「攻殻機動隊 SAC Solid State Society」

いやはや、そうそうたるラインナップです。攻殻なんて、かなりの確率で買うし…
OVAってのは、テレビシリーズの規制が外れて、思い切ったことがやれるので面白くなることがある反面、精査がなされないのでハズレはとことんハズレもあるんですが、過去に実績がある作品なら、大分安心できます。ま、フルメタTSRとかの例もあるんで、絶対ではないんですが。

ただ、当然のことながらお財布には優しくない仕様になっています。なにせ1本辺り定価だと\5,000?\7,000はするわけで、そんなシリーズが3つとか毎月出てみなさいな、あー恐ろしい。ってそういうペースでDVD買って時期もあったんだよなぁ。

こりゃぁ久々にレンタルに頼るしかないかもしれません。
その日が来たか・・・

非常に簡潔で判りやすく説明されています。我々技術屋も同じですが、仕事を請負う場合必ず技術的、時間的、人員的なマージンの確保を行います。これが出来ていない状態で仕事を取るということは、1ミス即失敗を招く可能性があり、非常にハイリスクです。医療の場合、この失敗は命と直結しているというのが問題を深刻にしています。

医者や病院は完璧でなければならない。というのは理想ですが、実現確率はそうとう低いでしょう。利益第一主義などであれば批判の対象とするのはやぶさかではないですが、今回のケースはその手ではなく、リスク回避の問題になっています。

患者がババ抜きのジョーカーになってしまうのは何故なのか? それは、命が関係した途端に、感情的な判断を優先させてヒステリックに反応する連中が居るからでしょう。勿論何の体制も無しに、受け入れを行う等というのは、批判に値するでしょうが、完璧を求めすぎると、危険な患者は引き受けないとなるのは理性的な判断となってしまうでしょう。

BSEの時もそう、携帯電話もそうですが、普段は十分理性的な判断をしているような人達でも、事が人命に関わると途端にそれをかなぐり捨てて、正義や倫理の使徒と成り下がるのをよく見かけます。本人達は良い気持ちでしょうが、スケープゴートにされた方は、たまったものではありません。なんせ不条理に吊し上げられることになるのですから。

医者だって聖者ではないでしょうから、ある程度の監視、監査は必要だと思います。けれど、それには適切なバランス感覚が必要でしょう。マスコミとその尻馬に安易に乗っかる連中(しかも正義面で)が、サービスを混乱に陥れているという状況がここに端的に表われているように感じます。
何故か勝つ試合は放送が無いし…
ま、なんにしても勝ったのは喜ばしいです。
4Qに攻め込まれたみたいだけど。
FC2テーマ:NFL | カテゴリー:NFL
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
アリスちゃん可愛らしい。この作品の良さの半分は彼女の魅力で出来ています。確実に。話は非常にシンプルで判りやすい。だから、納得も出来るし、理解も出来る。普通に描いたんじゃ陳腐なんですが、それをアリスの魅力でフォローしてる。お腹鳴らしても意地を張るなんて、マジラブリーっすよね。

バランスが良いです。戦闘無しでもこれだけの話ができれば上出来です。とは言え、やっぱバリエーションが問題なのかもしれません。設定上突飛なメカとかが出てくるとも思えないし、ぶっちゃけ三課の連中は無力です。

伍長だのみなんですが、彼にしても肉弾戦だし、パワー発動に関しても何らかの制限があるだろうということは想定できそうです。かといって純粋なギャグに走るって訳にも行かないでしょうからねぇ。これで最後まで飽きさせずにやりきったら、凄い作品になるかもしれませんよ。
相変わらず進みが遅い。設定が複雑なんで、未だに設定説明してるし。話が面白くなるんだかどうなんだかも判断が付きません。こういうのが一番困るんだよなぁ。

ただ、キャラの色付けは極端すぎるって気はしましたが。序盤はもっと簡単に倒すミッションが来るのかと思ったら、いきなりピンチみたいですね。また、強さのインフレ状態が起きなければ良いんですが、無理かなジャンプだし。