FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
Xbox Liveの動画コンテンツ配信サービスにさっそく不具合

まぁトラブルなんだから確かに不具合と言えなくもないんだけどさぁ…
まぁCNETはアンチMS色が強いから仕方ないのかもしれないけど、なんか意図的な表現が感じられますよね。単に、利用者数見込みを間違えただけって話じゃないの? 技術的なバグがあったとか、セキュリティ上の問題があったとかって話じゃないんでしょ?

そんなこと言ってたら、あちこちでしょっちゅう起こってますよ。まぁ有料でコンテンツを提供するって話だからそれじゃ済まないってのも判りますけど、大体想定可能な範囲内だったんじゃない? それだけ人気があるってことは将来有望って考え方も出来る訳だし。何もこんな言い方で水をかける必要も無いと思うのだけどね。
安倍内閣:支持率14ポイントの大幅減 毎日世論調査

順当に下がっているのは喜ばしいことですが、それでもまだ53%もの支持率を獲得しているという事実が、民主国家としての日本が破綻していることの良い証です。悲しい限りですが。

さて、この内容を見てみるとなかなか面白いです。まぁこの手のデータは話半分程度に聞く方が良いとは思いますが…

支持する理由は、最多が「首相に若くて清新なイメージがあるから」の51%。支持しない理由は「首相の政策に反対だから」の41%が最多だった。男女別では、女性の支持率が56%で、男性の50%より高かった。年代別では70代以外のすべての年代で支持率を下げ、中でも40代、60代は21ポイントの大幅減だった。


若くて清新って…をいをい。芸能人の人気投票じゃないんだからさぁ。で、支持しない理由の方は政策に反対だから。男より女に人気があって、70代に人気。つまりあまり考えないでイメージ先行、近視眼的傾向の強い女性は騙されてる。国粋主義万歳の世代からは大人気ってことですか。60代で下がっているってのは微妙ですけど、その年代は戦争中子供だった人達だからか。まともに考えれば安倍を支持できるはずはないわな。

2カ月間の政権運営への評価は「初めから期待していない」が33%で最多。「期待はずれだ」の19%を合わせたマイナス評価は52%にのぼった。「期待通りだ」(29%)と「期待以上だ」(4%)のプラス評価は計33%にとどまった。


「初めから期待していない」が33%って…分母はなんだよ。全体の33%なのか? これが統計学上意味のある数字だとするなら、全体の3割が最初から期待していないような奴が首相になっている訳ですよ。ここでも民主主義の崩壊が見て取れます。

なんつーか安倍の一番の功績は、日本の民主主義は駄目って証明したことなんじゃないだろうか。
TVゲームの目指す遊びって…

ここで言われていることは幾つかの状況を言い表しているように思えます。一番インパクトがあるのは、以下の部分でしょう。

今までにも、私は何回か言っていますが、いままでのゲーム業界が目指していたのは、ピラミッドの頂点であって、しかし実はもっと目指さなければいけないのは、ピラミッドの中腹から底辺に近いところにいるユーザーなのです。


まず一つは、こうしないと会社が生きていけないというのがあります。PSPとDSの勝負を見ても判るように、マスを広げないことには商売にならないというのが資本主義の真実です。ピラミッドの半分以下をターゲットにして製品を作る。しばらくすると、頂点が元のピラミッドよりも低いピラミッドが出来上がる。で、またその半分以下を目指す…。これを繰り返すとピラミッドが実質上消滅します。これが「資本主義における生産物の質の下降原理」です。

しかし、頂点ばかりを目指していると「これからのユーザーを育てていかなければいけない」という部分が疎かになるといのもあります。この点を考えれば、裾野を広げること自体は悪いことではないだろうという考えにもなります。

そのピラミッドの中腹に居られる方にとって大事なのは、そのゲームが面白いという意見が直感的に出てくることだと思います


こう言われるということは、頂点に居る人間にとっては直感的な面白さが重要ではないと、彼は判断しているわけです。これはゲームの面白さが記号化しているという認識があるのではないかと思います。つまり、萌えと同じ原理です。極めるということが、型にはめることであるという認識が、この発言の元にあるのではないでしょうか。これは、現在のゲーム業界(だけではないですが)の病巣を指摘しているんだと思います。

要は、何事もバランスが大事だと思います。個人的には頂点系と中腹系の比率は3:7あるいは2:8程度になるのが良い感じなんじゃないかと思っています。金は集められるところから集めて、金にならない思い切ったものを作る。これが何かを作るメーカー全般に求められることだろうと思っています。どちらに偏っても恐らく生き抜けないだろうと思います。それが出来るのは、本業を別に持っているメーカー。例えばMicrosoftとか。ゲーム1本で食っていこうとしたら、バランスが必須でしょう。
いじめた生徒は出席停止に…教育再生会議が緊急提言へ

なかなか面白いことを言い始めました。
ねぇギャグ? これってギャグ?
新聞に出すよりも、エンタの神様辺りで出した方が受けるんじゃない?

真面目にこういうことを言うなら、まず虐めってなんなのかきちんとした定義が為されているってことなんでしょうね? 精神的苦痛なんて、人それぞれ感じ方がバラバラじゃないですか。一体どこまでの何をもって虐めとするんですか? 足りなければ意味がないし、過剰であれば冤罪ってことになります。 教師や学校に裁量を任せる? それが出来るくらいなら、最初からこんな状況にならないんじゃないの?

さすが「安倍首相直属」って言うだけのことはあるわ。
それに野依良治って技術畑の人じゃないの?
頓珍漢なところは親方譲りってことなんでしょうか。
やっぱギャグでしょこれ。
とりあえず、黒くない泉は必聴。理恵子さんに黒が如何に不可欠なものかが理解できるかと。1から13に関しても、既に懐かしさを感じるレベルになっています。どんな番組でもあることですが、開始当初の初々しさと言いますか、あぁ最初はあんなんじゃなかったんだなぁ(笑) みたいな感慨を味わうことが出来ます。

なんか、昔のラジオ番組を聞くって行為自体が昨今ではあまりしなくなっていたことで、むかーしに、オールナイトニッポンとか録音して聞いた時期を思い出すなぁなんて気もしました。

なんせレギュラーが13本におまけが1本ですから、ボリュームはたっぷりです。買ったはいいがこれを全部聞くのはいつになるのかってな位の勢いです。電波ファンは元より、まだ聞いたことが無い人にもお勧めかと思われます(笑)
ここまでの話の構成は綺麗だと思います。雪緒とロックの対比が見事で、ある種の通訳になっています。世の中には、いくつもの断絶があり、浅いものも深いものもあるけれど、結局飛び越えることは出来ないという結論になりそうです。

その場合、ロックの立場というのが微妙であるのが浮かびます。このギャップをどう回収するのかというのが、メインの流れでもあるんでしょうが、それについての結論は今回も出されずという方向なんでしょう。

ま、任侠映画などもそうだし、物語なんてものは、多かれ少なかれそういう傾向があるんですが、中に入り込んで描いてしまうので、客観性が犠牲になるという部分があります。この作品に関してもかなり典型的で、ロアナプラとの対比物を日本に置くという形で、刺激を与えています。

う?ん、相変わらず短編としては悪くない出来なんですが…。13話あるいは26話として見るとなぁというのと、相変わらず、主役組が目立たないというのが、もう個性なのかもしれませんね。
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
微妙な感じで書きにくいですねぇ。どうも感覚的に追従しきれないって感じがあって、キャラの描写が理解しにくいです。話自体も微妙で妖も目的があるんだか無いんだか良く判らない状態だし、奇士の方も特に目的があってという訳でもなく、状況に応じてという感じがするんで、話の筋が掴みづらくなっています。実際には淡々と進んでいるように感じるんですが、それが掴み切れないので、全体的に浮いた感じがします。

もう少し話が進めば、様々なものがきちんと纏まって整合性がとれるんだろうか? そんな気もするし、そうでも無いような気もする。正直判断に迷う作品ですね。
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
仕事に自分自身を完全に重ねようとするとどうしても無理が来ます。仕事で無くても大体そうですが、組織や商売と自分の望みを一致させるというのは、とても困難で、それができるのは、極一部しかいないでしょう。結局枠の中で納める手法を見いだすしかない。お互いがそれなりに妥協して、その中で位置決めをするしかないってことなんでしょう。

松方は有能なんでしょうが、その辺の青さが目立つところで、まぁそれが話のネタなんですが、その青さがまた味になるって部分もあるんでしょう。ちょっとのめり込みすぎな感じがあって、それに潰される可能性があるなってとこが見え隠れしていました。

それを超えた時にどういう結末になるのかって部分が本来楽しみなところなんですが、そういうところまではいかないんだろうなぁ。
残念ながら勝つことは出来ませんでした。やはり、課題は攻撃面であったということなんでしょう。しかし、しっかりと相手も0に封じ、勝ち点1を獲得。前節の3得点も効いて、G大阪との得失差は5。これはかなり堅い線であると言えるとは思います。

しかし、また負けて優勝では盛り上がりません。是非最後は勝って優勝を決めていただきたい。得点王のタイトルもかかっています。是非ワシントンにも爆発していただきたい。全てが最終節にかかっています。その上で、ACLまでしっかりと準備して、穴を埋め、一暴れしてきていただきたいと思います。
とりあえず、理恵子さん笑いすぎ。つか泣くまで笑うかね(爆) しかも、ネタは高橋名人って、一体これ何のラジオなんでしょうか(笑)

ちなみにCD flight.1も到着しました。まだ聞いてません。楽しみです。

今回の大ネタ。美佳子のトラウマはダンゴムシ。愛でてます。
恨みなんてのは、所詮個人的な感じ方だから、人それぞれ、立場や、状態によっても変化する。だから一時的に地獄に流したいと思ったとしても、それが絶対ではない。そんな話。まぁ教育に関しては絶対ってのは無いですから、何が正しいかってのはないんですが、お互いの意思の疎通が問題なんでしょう。ただ、言葉の通じない連中とは、意思の疎通は出来ないので、やるだけ無駄ってことなんでしょう。

なんつーか、もう地獄少女なんてほとんど小道具になってしまっています。客観的な視点を確保するという意味では効いてるのかもしれませんけど、もう少し、地獄通信側の話が欲しいところです。恨みの形、不幸の形は色々で社会は歪んでるねって話で最後までいっちゃうんですかね。もう少し何かが欲しいところです。
ノリはふもっふの女神来日とほぼ同じ。絢子オチなのは良いんだけど、反応的にもう少しかな。護がその気になりっぱなしってのも、ちょっと違うかなって気もするし。サービスカットも足りない気がする。ちょっとストレートすぎるきらいがありました。

女性陣も攻撃に熱中してしまって、何も無し。つか、生徒会の面子は会長兄妹と、千葉娘以外ちょっと弱いのが気になるところです。で、恐らくこれで番外編は終了な感じがしますが、これからこれからの展開がどうなるのか楽しみにしてみたいと思います。
大人になるって何なのか? 偉く現実的な意味での解釈で描かれています。家事全般が得意で、しっかりしてて、真面目で、やる気があってもそれだけじゃ立ちゆかない。そんな話。気持ちだけ先に行くけど、それ以外が付いてこない。頑張ろうと思ってもどうにもならない。

淡々と情景を描いていますが、これまでからだちゃんのキャラがきちんと描かれているから、この話は成立するのであって、そうでなければダレ話にしかならないでしょう。ここで、戻ってしまわずに次回に続くって辺りも悪くない構成です。

結果としてどう落ち着かせるのか非常に興味が出ます。もう八方塞がりに近い状態から、彼女がどうなるのか、ちょっとしたサスペンスですね。キャラ同士の関係性の成熟をどうするのかも楽しみなところです。ラストに向けてスパート開始って感じでしょうか。
なるほど、これで私怨に大義名分を付けたわけです。一見正しいことを言っているように見えますが、世の中それ程単純でもないだろうという気もします。ま、ブリタニアのやり方は感心できないので、状況から考えれば、正当な主張なのかもしれません。

コーネリアの葛藤に、帝政のモロさが見えます。テロには屈しないは結構だけど、身内を犠牲にすることは出来ないという奴です。血族継承などというくだらない精度にこだわるから大勢を見失うことになります。

結局ギアスがある以上、タイマンで負けることは無いわけで、ゼロとまみえること=敗北ということになります。このまま進んでしまっても、今ひとつ面白味が無いわけで、いつネタがバレるのかというところに興味が惹かれます。しかも、ブリタニアを否定するのは構わないのですが、その後のビジョンが提示されているわけでもなく、緩さは否定できないところでしょうか。ま、愛と友情と希望でなんとかなるさと的な終焉だけは避けて欲しいところです。今のところ駒的に足りていないような気がします。ユーフェミアが唯一なんですが、彼女を軸にしてしまうとがっかりなラストになりかねません。

もう少し骨のある結論を期待したいと思います。
しかし、これだけ普通なら大ダルになるはずの話を良く魅せるものです。そのシナリオの構成には本当に感心します。で、これが成功するとミレーヌのキャラが一段深まるので、今後の展開に大きくプラス効果を発揮してくれるように思えます。単に昔話+おセンチ話で終わらせないで、自由とはという全体にかかるモチーフをきっちりと強調して、テーゼを立てている辺りが秀逸です。こういう、1つの話を何重もの衣に包むというやり方は、話を上品にします。どうせなら、ミレーヌの過去の葛藤がもう少し欲しいという気もしますが、この程度で抑えておくのもまたオツというものかもしれません。

けど、009-1もかなりスローペースで話が進んでいます。そろそろ本筋の流れをもう少し魅せてくれても良いんじゃないかなと思うようになってきました。何話か任務話を咬ませてキャラ描写をしているのですが、それが数話続いたので、せめて間に1話位本題の話が入ってくれると良かったかなと言う気がします。それらしい話も無くはないのですが、さすがに情報が薄味過ぎるという感じがします。

あっさり味で美味しいけど、たまにははガッツリ腹に入るものが欲しいって感じでしょうか。このペースだと情報量が足りるのかという心配を払拭するためにも、そろそろ一発かまして欲しいですね。って、まだ8話だから余裕はあると言えばあるんですが。
基本的には馬娘の為の前振り回。いろはをアクセントに使っているんだと思うんですけど、ちょっとももこに従順になりすぎたかなって感じがします。孝士の態度が、はっきりしないのがこの作品のポイントなんですけど、それをあからさまにやると、駄目男になってしまって、孝士自体の存在が立たなくなってしまいます。その辺りのキャラのバランス配分はもう少し考えた方がより良いかなと言う気がします。

ギャグのノリが今ひとつな気がします。すももに関しては戦闘シーンが良い感じにスパイスになるので、しつこくならない程度に入れてやった方がテンポが上がるんじゃないでしょうか。ももこが鬱に入っちゃうと、作品のカラーが変わってしまうので、危険な感じがします。
久し振りに馬鹿小猿とその飼い主を見ました。しかも、2セット連れ立っている状態で。小猿共は、電車の中でもお構いなく、喚くわ、飛び跳ねるわ、走り回るわ。で、飼い主は、飼い主同士でおしゃべりに夢中。もう最悪。殺意が湧きました。

猿は鳴かないように猿ぐつわでもかませた上で、暴れないように檻にでも入れて運搬してください。それが出来ないなら、外に連れ出さずに引き籠もっていてください。新八柱で降りた馬鹿子猿を3匹連れた、糞女二人。お前らだよ。
男どもは一体どうしたら満足するのか?

いや、ぶっちゃけそんなのは、人によるし、同じ人でも相手の女性に対する感情で変化しますよ。一般化出来るわけ無いでしょう(笑) 普段なら何も思わない人でも、ちょっと今は財布が厳しいなって思っている時に、当たり前的に振る舞われたら気になるかも知れないし、自分が本当に相手に対して好意的な感情を持っているなら、あまりにも遠慮されるとプライドが傷つけられるかも知れない。

ま、そんな感じなんじゃないの? それこそその場の雰囲気で察知するしかって感じでしょうね。もし、その辺の雰囲気をさりげなく理解してくれて、使い分けられたりしたら、それこそ惚れ直しちゃうかもしれないでしょうね。
増田におけるゴンゾ論まとめ

GONZOの作品って、目の付け所は悪くないし、作品も独特な雰囲気があって、その辺は評価できるんだけど、結局のところツメが甘いって印象が拭えないです。

LAST EXILEもクロノも巌窟王もスピグラもソルティもウィッチブレイドもみんなそう。青の6号とかは悪くないから、やっぱ長編が苦手なのかもしれない。フルメタは良くできていたと思うし、RED GARDENやパンシザも今のところ悪くないとは思います。

でも…どれも売れ線の作品じゃないですよね。そこが魅力なんですが、売り上げを延ばそうと思うと厳しいでしょう。単なる萌えアニメとかじゃなくて、真面目に取り組んでいるから、僅かなミスで評価がガタンと下がることになります。実際、パンシザのDVDを買いますか? と言われると、正直すでにそのレベルからは落ちたかなって気がする。つか、今時萌え系以外でDVDを買わせようってのは相当なレベルに至らないと無理でしょうって気がする。ビジネススタイルを見直さないと厳しいと思うよ。

でも、こういう会社は貴重だとは思うので頑張って欲しいとは思います。
【産経抄】11月24日

マスコミのくせに「マルクス=旧ソ連をはじめとした社会主義国のイデオロギー」だとまだ信じているのか? 信じられないほど低レベル。私有財産をほぼ否定するに等しいって否定してはいけない理由がどこにある? 否定するなら代案を出してみろ。それができもしないで、国粋主義に走ればなんでも解決するとでも思っているのか? っていうか、お前マルクス読んだことあるのか? きちんと理解しているのか? その上で、この記事書いてるのか? 意図的にやってるとしたら悪質なプロパガンダ以外の何者でもない。マスコミとして最低だ。

俗にサヨクと称される連中の大半は、あまり感心できる連中だとは思わないけれど、ウヨクと呼ばれる連中に比べればまだマシかも知れない。なにせ、一番見識があるはずのマスコミですら、まだこの程度の認識しかできないのだから、他も知れたものだろう。
キャラ設定が光ってます。彼女達4人がつるむのは当然のことだし、親睦が深まるのも当然の状況。そういう時に、全く違った性格と状態とバックボーンを持つ4人がどういう反応を示すのか、それについて何を考え何を感じるのか。綺麗に描かれていると思います。けれど、単なる友情物語って事はないはずで、それを踏まえて次の段階に入るということになります。その深みがまた興味をそそります。

話のネタ自体はある種のオカルトなんで、どうであるかは実はあまり問題じゃなりません。オカルトという材料をどう使うのか。それが重要で、それをあまり前に出さず、かと言って無意味にせずとバランス良く機能できていると思います。

今回はなんでもない話と言えばそうなんですが、でも、無ければならない話だろうという説得力があります。これが無いと見ていて怠さを感じるんですよね。ローズがケイトをかばい、それをレイチェルが助けるなんて、1シーンの存在感が光ります。リーズのロッカーのシーンや、クレアが家賃に悩むシーンもそう。各キャラがしっかり描き込まれているだけに、なんでもないシーンも意味をしっかりと持ってきます。

最終的にどういうところに落とすつもりなのか。その辺りがとても興味深い作品です。
FC2テーマ: | カテゴリー:RED GARDEN
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
すっかり苛められっ子物語になっています。色々あったからとは言え、思考パターンがマイナス方向なんで、自ら苛めを呼び込んでいるという感じです。そこからの脱出物語にどの程度の時間をかけるつもりなのか判りませんが、絶対的に鬱モードに入るので、とっとと話を進めて欲しいです。ここまで填りそうになりながらも展開の速さで見せてきたんですが、それも止まってしまって、昔の学園ものみたいになっています。

考えてみれば、ある種の私的な目的にによる戦闘を描いているとも言えるわけで、それが結果として大事になっているというCLAMPパターンです。物語の構成と、結論に至るプロセスを相当練り込まないと、この手の話はラストでがっかりって事になりかねません。最終的にどうなるのか、期待していたいと思います。
前半はどうなることかと思いましたが、結果としては快勝です。今回見ていて特に思ったのは、長谷部の動きが得点力に大きく影響するんじゃないかってこと。最近攻撃面に関しては、今ひとつな感じがある長谷部ですが、彼が攻撃参加することで、決定的なチャンスメイクの可能性が広がるし、そうでなくても山田やポンテが相当楽になるはずです。

ともかくG大阪も川崎も勝つことが出来なかったので、また俄然有利な位置に付けることが来ました。けれどFC東京だって、みすみす目の前で決められたくないでしょう。全力で勝ちに来ると思います。もし、それで負けてしまえば、また判らない状態に逆戻りです。

まだ、改善の余地は残されています。今日の試合にしても圧倒しての勝利とまでは言えないように思えます。現状に満足せずに前進していっていただきたいです。
一億総学力低下時代

だが、その「低い学力」の子どもたちが、それ以上の教育機会を与えられぬまま社会に送り出されることで、日本社会がどのような利益を得ることになるのか、まずそれをご説明願いたい。


お答えしましょう。
若い労働力が安価に手に入るということでしょう。それだけで十分な利益です。馬鹿に無理矢理勉強を詰め込んだところで、馬鹿に代わりは無いですから、4年も遊ばせておくよりも、とっとと労働力として機能させた方がいいでしょう。しかも、下手に大学を卒業させると、大卒というだけで、賃金が上がったりしているわけですから、高卒ないしは中卒で働かせた方が、余程有意義です。かつ、ルーチンとしての仕事の吸収も若い方が速いでしょうから、本人の為にもなる。不必要な連中に、高度な学問などを与える必要性は皆無です。
FC2テーマ:教育 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:7 | Page Top↑
なんか久し振りに面白かった。ジャガーって豹?って感じですか。いくらなんでも、あの程度の餌で足りるわけ無いから、実はこっそり猫とか食ってるのかもしれない(笑) こういう微妙に(?)非常識な話ってのが、この手の設定のミソな訳ですから、もっとガンガンと使って欲しいですね。

で、ラストシーンは思わせぶりだったけど、結局何も無しかい。泣き始めのシーンも何かって感じがしたけど何もないし…。これで核心へとか思うと、次回は普通に遊園地だし。なんだかなぁ。らしいですけどね。
いや、今回は面白かったです。スナコネタがやっぱ基本だわね。可愛いらしいスナコちゃん登場で、ちょっとナイスでした。建具の才能もあるとは、やっぱただ者ではないわ。商店街のヒロインになってるし(笑)

しかし、また鍋をやるだけで大騒ぎですね。もう少しなんとかならないものなのだろうか。実は4人衆の方が、スナコちゃんよりもよっぽど非常識なんじゃないかってのは、言わないでおきましょう。
体罰:奈良の「熱血校長」小4男児に ご飯粗末にした

問題になるほどの行為なのか? 1週間の怪我って、膝すりむいたって全治1週間なんじゃねぇの?

帰宅後、傷に気付いた家族が病院に連れて行き、全治1週間と診断された


馬鹿親です。馬鹿親が発見されました。
危険です。危険です。Caution!、Caution!。大至急待避してください。
その子供はロクな餓鬼じゃない可能性が著しく高いです。
何をされても文句は言えません。
そういう餓鬼に近づく方が間違いです。
自分の命が惜しかったら、近寄らないでください。

つか、お前、この校長に感謝することはあっても、問題にすることではねーだろよ。人の教育方針に文句言うなら、ちゃんと自分の餓鬼を躾けとけや。やっぱ現行家族制度は駄目だわ。
NECケータイの未来は女子大生が救う?

NECは厳しいってニュースも出たところだけど、形振り構わずって感じだな。まぁ話題にはなるし、それなりに売れもするのかもしれません。そういうのがあっても良いんじゃね? って感じですかね。出されたアイディアを見る限り、おバカのことはおバカが一番良く判るって感じはしますが。

カメラ付携帯も、今となってはデータセンターに持ち込み不可とかで、かなり迷惑なんですが…。ほとんど使うことはないし。つか、カメラ無しって選択肢がほとんど無いという現状はどうよって気がします。
夕張市再建案に市民ら悲鳴・怒り 「出るも残るも地獄」

何言ってんだ? この職員甘えるのもいい加減にしろよな。市民達は気の毒な部分もあるかもしれないけど、一応形式上主権者な訳だし、赤字にまみれたサービスを享受してきたという事実も確か。同情の余地はあまりない。ましてや、役人なんて文句を言えた立場であるはずがない。子供と母ちゃんだけ市外に出して、お前は単身で残れって感じですか。つか、公職に付いてた連中は引っ越しも禁止して、死ぬまで働いて、責任を果たせって感じですね。何が「生まれ故郷を離れたくない」だ笑わせるんじゃねぇよ。死刑宣告? その通りだよ。当然だろ。給料3割減じゃなくて、3割にすればいいんじゃね? そもそも夕張なんてゴーストタウンにしてしまえばいい。再建の必要なんて特にない。それで困る人なんてごく僅かでしかないし。

しかし「約270人いる市職員を4年間で70人にまで減らす」ことが出来るってことは、普通の自治体でもサクっと半分には出来るってことを証明してる気がする。

やっぱ自立できない地方は切り捨てる。これが正しい選択って確信がだんだん出来てきました。
教育基本法改正案本音バージョン(ネタ)(とりあえず前文)

傑作だ(笑) 当然当人達は、そんなつもりは毛頭無いと主張するでしょうし、実際にそうなのかも知れません。けれど、そういう風に十分取れるし、将来そういう風に利用される危険性が非常に高いのも事実です。ましてや安倍はこの件に関しての信頼が0どころか、マイナスですから話になりません。

法律なんてものが、如何に適当に作られているか、神聖などでは全く無いものであるか、理解しやすい例になることだろうと思います。