FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ネヴィちゃん達、いきなり漫才してます。もう本編なんてどうなってもいいんですね。2人して全く名門らしさがありません(笑) どうやら、特典CDも凄まじそうです。しかし、黒くない泉が面白いのかは正直微妙。でも、リエリエ、ネヴィちゃんと呼び合う2人はちょっと興味津々です。

で、美佳子ちゃんいきなり上・上・下・下・A・B・A・Bとか言うなって(笑)
対するネヴィちゃん「これから披露するわね美佳子さんが…」
と、未だに絶好調です。

シムーンはまだまだ当分は行けそうかもしれない。でも、あんなに荘厳な話だったはずなのに。しかし「このために私生きてるぅ」はさすがに言い過ぎだろ(爆)
スポンサーサイト

馬鹿と屑とカスのオンパレード。ちなみに恐らく救いなんかないから。

しかし、既に恨みでもなんでもないことになってます。地獄通信に繋がる条件ってのも、もういい加減何でもアリになってきました。結局何が言いたいんだか良く判らない作品になってきました。って、それは前作も同じなんですが。単なる皮肉を言いたいってことなんでしょうか。

ま、みなさん能登の「一辺死んでみる?」が聞きたくて見てるんでしょう。僕も同じようなもんです。
リセット回。絵がCLAMPで、話の中身もCLAMPみたいでした。緩さと、設定の大仰さは相変わらず。結局大味な話になるんじゃないかって気がしていました。どこまで引っ張るべきか正直検討中。

結構色んな要素を入れ込んで、ごった煮状態になっているんですが、元々の前提がちょっとなだけに、浮いた感じが否めません。キャラも続々出てくるんですが、その分各キャラの描き込みが弱くなります。

国家間の争いを個人レベルの感傷でどうにかしようってのがそもそも引く元凶なんですが、当の国家も中身自体が腐っているのは判るとして、その本質を否定出来ないという結果になるような気が激しくします。そうなると、結果として残るものは何もないということになるんで、公私の反転を行う必要が出てきます。

とは言っても、それはそう簡単じゃないとは思うんですが…。結局初期設定に失敗するとそう簡単にそれを挽回することは出来ないんじゃないかって気がします。
正直言って驚きました。スコアこそ5-0ですが、内容はそこまで差があるものには見えませんでした。とにかく静岡の運動量と闘争心は凄いものがあり、特に前半は浦和も思うような展開が出来ずにいた感じがしました。

特に中盤のポゼッションに関しては、互角と言ってもいいんじゃないかという感触が残りました。決定力、あるいはその直前までの組み立ての差が点差として現れたのかもしれません。

逆に言えば、浦和の側がディフェンスラインから中盤へのフィードに正確さを欠いていたし、中盤の繋ぎでもかなり精度の低さが目立ちました。正直問題点が良く出ていたゲームで、これからの試合で修正していかなければならない部分が幾つも見られたように思います。

リーグ戦にしても、天皇杯にしても、これからは厳しくなるばかりで、甘くなることはありません。今日はこの内容で圧勝できたかもしれないけれど、次回は、その次はどうなるのか全く判りません。リーグ優勝、天皇杯連覇を狙うのであれば、慢心することなく問題点を修正していって欲しいです。
ラブコメのコメの部分がごっそり抜けてしまいました。さすがに絢子が寝込んでいるという話だと、どうにもなりません。一番の盛り上がり部分は、絢子の中のビアトリスを制御するシーンなんでしょうが、ビアトリスとは何かというのが、明確じゃないので、どの程度の危険なのかとかが想定できず、良く判らないまま成功したねって感じにしか見えませんでした。

次回から新キャラ登場で、話も新展開に入るのかもしれませんが、そうは言っても基本路線は変らないんだろうな。いや、変えてはいけないって感じがします。この手の話は如何に飽きさせずに続けるかというのが、ミソなので、一工夫必要だとは思うのですが、絢子の性格がキツいだけに、バリエーションを付けるのが難しいような気がします。是非上手く展開していって欲しいものです。