FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
どうやら、理解してもらえない人も居るようなので書いておきましょう。PS2よりXBOXが面白いソフトに当たる確率が高い理由です。

比率という部分が実はトリックです。分母が圧倒的に違うというのがミソで、PS2の場合ここに発売タイトル数が約6700タイトルになったという記述があります。さらに、現状の発売予定などを見ると、1ヶ月に数十タイトルが出ているわけですから、7000タイトル以上はあるでしょうか。(旧)XBOXの国内タイトルは1/10の数も無いでしょう。

ゲーム業界という枠を考えた時に、これだけのタイトルをリリースし続け、かつ良質なレベルを維持するのは難しいだろうと容易に考えられます。更に、人間には趣向というのがあります。RPGが好きだとか、格ゲーが好きだとか、アクションが好きだとかそういう感じのものですね。それは裏返せば嫌いなものもあるということです。また、例えばRPGが好きだとしても、全てのRPGが良いと判断される訳ではありません。10本のタイトルがあったとしても様々な要素を比較し考えれば、良いと思えるのは3割程度が限界でしょう。ましてや、日本の業界は、類似品が大好きな傾向が強いですから、似非が大量に作られているという現実があって、それを考えると、この3割さえ維持できているか怪しいところです。

ですから、発売タイトル数が増えれば増えるほど、面白いタイトルの比率は下がっていくのが必然なんです。しかも、情報も拡散するから、内容を掴みづらくなる。よって地雷率も上がるんです。だから、僕が全くPS2のゲームをやっていなかったとしても、この言及は、大抵の人にとって当たっているはずです(無論例外は常にありますが)。倍率にかなりの幅を持たせているのも、トリックの一つです。

そして、個人的な主観で言えば、国内ベンダーのゲームは、魅力に乏しいというのがあるので、その部分を意図的に盛り込んだ部分も無論あります。なので、Microsoftをはじめとした、海外のゲームメーカーのゲーム性の高さを知るべきだという思惑も当然入ってはいます。
スポンサーサイト



バッファロー、アダプタ不要の30メディア対応カードリーダ

つか、30種類もあることが驚きです。なんでこんなに増えちゃったんでしょうかねぇ。適当にその場の都合で無闇に規格を作るから、こういう結果になるような気がします。ユーザーにとっては迷惑な話ですよホントに。
何を今更って感じですが、折角買ったし、一応SPARTAN-458までは出したので、書いておきます。一部では散々な評価をされていますが、個人的にはとても楽しめました。まず、問題となっている難易度なんですが、みんなCPUが酷すぎると主張しているようです。が、こんなもんじゃないすかね?

なんせ、ネオジオ時代の凶悪なボスや、3DならKOFMIのデューク、DOAUのハヤテ兄さんなんかに比べれば大分マシになった気がします。大抵初戦とかは激弱なんですが、それがないので、凶悪に感じたのかもしれませんが、それなりにやれば十分勝てる程度の設定がされていると思います。パターンに填めないと勝てねぇってレベルじゃないですね。相手のホールドには、投げ牽制をかけてあげれば、きっちり学習して頻度が落ちたように感じました。学習レベルの高さは格ゲーには重要な要素なんで、こちらのパターンを読むのは、ある意味当然でしょう。αの攻撃力は流石に厳しいですが、ボスですからね。CPUのコンボはそれなりに適切なので、待つと弱いってのはあるかも知れません。攻めたもん勝ちって感じがしました。これらは、友人数人にもプレイさせて、ほぼ同様な感想なんで、的外れって訳でもないと思います。

グラフィックは確かに良くなっているし、特にステージはギミックも増えて楽しいんですが、それでもやっぱりまだ上に行ける感があります。特に髪と表情の表現は、まだまだって感じで、これは単にマシンパワーの問題だけじゃないんでしょうけど、もう少し頑張って欲しいかなって気がしました。エンディングレベルでゲームが出来れば、また違ってくるかもしれませんね。

ともかくDOAは女の子が重要なんですが、そういう意味ではこころちゃんはなかなかナイスな追加でした。当然リサも重要です。ただ、物語と彼女達の関係性が良く判らないまま進むので、なんでこういうボス戦なの? って部分はありました。でも、格ゲーでは良くあることで、そんなこと言い出したらKOFとかやれませんよ。

エンディングについても訳判らんって評価が多いですが、それはそうかも(笑) でも、何を求めるかって部分や解釈の問題もあるでしょう。個人的には、ヒトミとかレイファンとかこころのエンディングも好きですね。カスミエンディングは微妙な感じもしましたが、あやね達のエンディングと対比すると、こういうのも有りかなという気もします。

対戦をやり込むと違った穴も見えてくるのかもしれませんが、とりあえずCPU戦では、適当な難易度でやっていて飽きない感じに仕上がっていると思います。なにせ技表だけで、1キャラ6ページも7ページもある訳で、これらを覚えて駆使できるようになるだけでも、相当遊べます。バーチャや鉄拳みたいなストイックさは薄いかもしれませんが、それは作品の個性でしょう。逆にハデなステージと美麗な女性キャラを沢山楽しめます。ストーリーモードがうざくなったら、タイムアタックモードに移行出来るので、面倒もありません。格ゲーとしてはやっぱりトップクラスの出来なんじゃないかなって気がしています。
浦和の最終ラインを再編成へ

DFの薄さがモロに出る形になりました。いや、実際には記事にもある通り薄いとまでは言えないのかも知れません。内舘だって居るし、細貝も近藤も居る訳ですから。ただ、問題は彼らがトップの試合にほとんど関わっていないという事実があります。

ギドは極力メンバーを固定する形でシーズンを戦ってきました。それによって、それなりの結果が出ている訳で、今のところは成功とも言えます。リーグ最少失点の称号は伊達じゃないでしょう。逆にその結果が選手起用を消極的にさせてしまったという感があります。

坪井、闘莉王、堀之内、ネネと言うカードは、代表や故障、出場停止がある程度出てもしのげるだけの枚数であったように見えました。しかし、攻撃的な選手達と違い、守備面は連携の悪さが即敗戦に直結します。坪井と堀之内が故障で闘莉王が次節でカードをもらって出場停止なんてことは、普通にあり得ます。そんな時に、細貝や近藤をいきなり出したとしても、やはり連携面の問題をさらしてしまうことになるように思えます。攻撃が爆発すれば楽になるのでしょうが、小野、ポンテ、平川、永井とこちらも故障者揃い。J1のチーム相手では、流石に天皇杯のようには行かないでしょう。

勿論山田は好調を維持しているし、ワシントンも同様。達也も復調気配があるし、相馬という札もあるし岡野も良かった。と層の厚さが存在するのは確か。やはり、それらのコラボレーションに実績が少ないという点が不安材料ということになるだろうか。この不安をマリノス戦で吹き飛ばすことが出来るかで、優勝の道筋の見え方が変わるような気がします。
スーフリ関係ない!2ちゃんに支払い命令

えっと記事を読む限り2ch自体に何の責任があるのかさっぱり判らないんですが…。
まさか、反論をしなかったからって罪が確定しちゃったなんてことないでしょうね?
書込み内容が事実と反するというのと、2chの罪は、当然ながら別問題でしょ?
ゲーム感覚で判決を出されたとしたらたまらないんですが。

まぁ、法曹なんて政治家と役人の次くらいに信用できない連中だから、十分あり得そうですけどね。
FC2テーマ:裁判 | カテゴリー:ゴミ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
学力テストで予算ランク分け撤回 東京・足立区教委

新たな方針では、A?Dの4ランクに分けるのをやめ、各学校から提出される予算の申請に基づいて1校ずつ査定する方法に改めるという。学力テストの結果は、伸び率によって学校に加点する形で予算を上乗せする。加点の点数はあらかじめ決めずに1校ずつ判断する。学校へ配分する予算に学力テストの結果を反映する点は変わらないという。同区教委は、さらに具体的な方法を詰める。


良い学校と悪い学校という誤解が生まれるとか言ってるらしいけど、何が変わったのかさっぱり判らないんですが。単に伸び率も加味しますってだけで、価値基準は何も変わっていないし、実質ランク付けしているのも変わらないと思うんだけど。試験や受験だけの教育が問題視されて来ているからって、あわてて上っ面だけ対処したってのが見え見え。底の浅い連中だわ。

しかし、本当に東京都の教育ってのは、腐りきってるみたいだね。もし、子供を持ったら東京には住まない方がいいですよ、絶対に。
厚労省笛ふけど、都道府県踊らず 医療費の抑制計画

健康福祉部長を長とする愛知県は「部内の各課の連携で十分」と話した。


それは素晴しい見解だ。それで済むなら勿論その方がいいです。
しかし、そう言いきる以上はきちんと結果を出してくれるんでしょうね?
言ったからにはきっちり言った分の責任を取ってくれよな。
NHK放送命令:総務相、8日に電波監理審に諮問

また一人、糞政治屋が確定しました。

短波ラジオ国際放送の運営費の一部に政府交付金が拠出されている」と聞くと、「なぜ今まで教えなかったのか」と即座に命令の検討を指示した。


この男の勘違いっぷりには、呆れ果てます。金を出しているんだから命令する権利があるはずだ。とでも考えたんでしょうか。放送に対する認識がここまで甘い奴が、総務相という地位にあるということが、日本と自民党の腐りっぷりを良く表現しています。
「人は見た目が9割」というウソ

「ここで注意すべきことが一つある。言葉によらない
キューは、言葉と比べて、不釣合なほど大きな力を持っ
ていると述べてきたが、それは感情(快感、覚醒、支配)
と好意?嫌悪とに限られていることである。言葉によら
ない表現の方が、常に言葉より重要であるとは言えない
ことは明らかである」


ってことは結局、好き嫌いに限れば、しばしばに見た目が重要になる。
そう結論づけているように読めます。
その理由だけで若者がエステや美容整形に駆け込む理由には十分な気がしますけどね。
FC2テーマ: | カテゴリー:ゴミ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
実は最近原作を読んでしまいました。今回の話は、本来話の脇にちょこっと描かれていた話を30分に拡大したもの。なので、当然のことながら話が薄いです。伍長は子守りをしていたので、なんの活躍も無し。オレルドのネタがちょっと出ましたけど、全体的に低調気味。

原作を読んでしまうと、このシリーズをどうやって纏めるのかとっても心配。しかも次回はダンスネタ。これはいい話なんですが、だんだんネタが無くなってきています。1クールなんだろうなぁ。結局、話は纏まらずに終わるって感じが濃厚なんですが、アニメオリジナル話を入れてなんとか纏めるんだろうか?

なんか、今回みたいな話を見ちゃうと、時間稼ぎしてるなぁって感じが沸々としてしまいます。詰まるところ、コヨーテと同じレベルになっちゃうのかもしれないなぁ。