FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
仕事に自分自身を完全に重ねようとするとどうしても無理が来ます。仕事で無くても大体そうですが、組織や商売と自分の望みを一致させるというのは、とても困難で、それができるのは、極一部しかいないでしょう。結局枠の中で納める手法を見いだすしかない。お互いがそれなりに妥協して、その中で位置決めをするしかないってことなんでしょう。

松方は有能なんでしょうが、その辺の青さが目立つところで、まぁそれが話のネタなんですが、その青さがまた味になるって部分もあるんでしょう。ちょっとのめり込みすぎな感じがあって、それに潰される可能性があるなってとこが見え隠れしていました。

それを超えた時にどういう結末になるのかって部分が本来楽しみなところなんですが、そういうところまではいかないんだろうなぁ。
スポンサーサイト



残念ながら勝つことは出来ませんでした。やはり、課題は攻撃面であったということなんでしょう。しかし、しっかりと相手も0に封じ、勝ち点1を獲得。前節の3得点も効いて、G大阪との得失差は5。これはかなり堅い線であると言えるとは思います。

しかし、また負けて優勝では盛り上がりません。是非最後は勝って優勝を決めていただきたい。得点王のタイトルもかかっています。是非ワシントンにも爆発していただきたい。全てが最終節にかかっています。その上で、ACLまでしっかりと準備して、穴を埋め、一暴れしてきていただきたいと思います。
とりあえず、理恵子さん笑いすぎ。つか泣くまで笑うかね(爆) しかも、ネタは高橋名人って、一体これ何のラジオなんでしょうか(笑)

ちなみにCD flight.1も到着しました。まだ聞いてません。楽しみです。

今回の大ネタ。美佳子のトラウマはダンゴムシ。愛でてます。
恨みなんてのは、所詮個人的な感じ方だから、人それぞれ、立場や、状態によっても変化する。だから一時的に地獄に流したいと思ったとしても、それが絶対ではない。そんな話。まぁ教育に関しては絶対ってのは無いですから、何が正しいかってのはないんですが、お互いの意思の疎通が問題なんでしょう。ただ、言葉の通じない連中とは、意思の疎通は出来ないので、やるだけ無駄ってことなんでしょう。

なんつーか、もう地獄少女なんてほとんど小道具になってしまっています。客観的な視点を確保するという意味では効いてるのかもしれませんけど、もう少し、地獄通信側の話が欲しいところです。恨みの形、不幸の形は色々で社会は歪んでるねって話で最後までいっちゃうんですかね。もう少し何かが欲しいところです。
ノリはふもっふの女神来日とほぼ同じ。絢子オチなのは良いんだけど、反応的にもう少しかな。護がその気になりっぱなしってのも、ちょっと違うかなって気もするし。サービスカットも足りない気がする。ちょっとストレートすぎるきらいがありました。

女性陣も攻撃に熱中してしまって、何も無し。つか、生徒会の面子は会長兄妹と、千葉娘以外ちょっと弱いのが気になるところです。で、恐らくこれで番外編は終了な感じがしますが、これからこれからの展開がどうなるのか楽しみにしてみたいと思います。