FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
わらしべ長者ネタは別に構わないんですけど、それが挫折する過程が良く判らないんですよね。だからオチた感じがしないんですよね。途中までは悪くない感じで行ってたんだけどなぁ。アプリコット達ももう少しパンチが欲しかった気がします。全体的に中途半端。それはギャグ作品としては致命的だよなぁ。ゲストキャラももう一息って感じだし。

やっぱ何度も書いてるけど話の中身が30分に足りていないって感じですね。15分に縮めれば良い感じのテンポで進むかもって気がします。30分保たせるためにはもう一ネタ、二ネタ咬ませないとってところでしょうか。

今の状態でも一部のテンポは良いんですけど、逆にそれが仇になってそれ以外の部分のテンポが遅くなってしまっています。この辺り、緩急といえば聞こえが良いですけど、ちょっとなって感じになってます。例によってキャラも実質2人しか動いてないし。折角隊で居るんだから、もう少し周りを使ってやればいいと思うんですけどね。全体的に消化不良な感じがします。
スポンサーサイト



岬ちゃん通い妻続行中。山崎はとりあえず帰省。でも復活の予感はあります。で、瞳先輩再登場。次回不倫激(笑) 相変わらずの妄想癖ですが、相変わらずモテモテです。その1点だけでも謎なアニメだ。

う?ん、行き着くところはどこなんでしょうねぇ。ヒッキー脱出ってところなのかなぁ。未だに岬ちゃんの正体は不明だし。佐藤の先行きも全く開けてないんで、まだまだやることは多いと思うんですけど、あれよあれよという間に、残り話数も心許なくなってきました。ちゃんと纏まるのかなぁ。岬ちゃん活躍するのかなぁ。
大学に授業料返還義務 最高裁が初の統一見解

もう、信義なんてものは何もないってことだいね。仕方ないから大学側も特別優遇の制度を辞めるしかないってことになるんじゃないのかね。それは、結局後の生徒にとって選択肢が狭まるだけ。自分さえよければって態度丸出し。それとも、大学側が返還のリスクをおってでも生徒確保に乗り出すか。それも奇妙な話だけどね。

正直この判決自体は、受験というギャンブルの時には、保険をかけておいて、いざ喉元を過ぎたら保険金を返せって言ってるのを認めたようなもんで、とんでも判決にしか思えない。法律上は判決が正しいのかもしれないけど、だとしたら、法律が間違っているって結論だと僕は思う。

つかさぁ、大学なんて入試しないで、来るもの拒まずにすればいいじゃない。ただし、基礎的な科目は全部通信にして、それを修めない限りキャンパスに来られないとか、そういう仕組みにすればいいんじゃね? キャンパスに来られるやつは、全体の1割未満に絞ればいいでしょ。そうすれば、馬鹿排出も少しは収まるだろうし、受験戦争も緩和されるんじゃね? 大学側が学問ってなにかを本質的に考えることができれば、対応策なんて幾らでもあるような気がするんだけどね。大学に入りたいって馬鹿を大量に集めて飼い殺しのお客さんにして、本気で勉強したいって奴にその予算を回すってのが正しい大学運営ってものでしょうから。
絵文字も空気も読めません 10代がハマるSNS「モバゲータウン」を28歳(♀)が探検した

あほくさ…。ゲームやアニメに填って現実逃避している人間のことをヲタクと称して、見下してきたような連中が、自分一人ではヲタクにすらなれないから、群れて現実逃避しているとしか俺には見えないんですが…。すっごく下品だ。

スラング的な言葉遊びなんかも通常は友人関係なんかではよくあることだけど、集団でやりたいという精神状態にそもそも寒気を覚えます。自分自身で自らのよりどころを見つけられないから、集団に依存する。帰属意識でそれをカバーするって方向に流れているのが見えます。10代が多いみたいだけど、最悪だわ。

なんかさぁリアル禁止だし、やってることって一日中シーマンに話しかけてるのと、同じレベルなんじゃね?こんなのが何百万人も居るかと思うと、今の日本の状況もさもありなんって感じがするし、将来は絶望的って感じがしちゃいます。
Xbox Liveの動画コンテンツ配信サービスにさっそく不具合

まぁトラブルなんだから確かに不具合と言えなくもないんだけどさぁ…
まぁCNETはアンチMS色が強いから仕方ないのかもしれないけど、なんか意図的な表現が感じられますよね。単に、利用者数見込みを間違えただけって話じゃないの? 技術的なバグがあったとか、セキュリティ上の問題があったとかって話じゃないんでしょ?

そんなこと言ってたら、あちこちでしょっちゅう起こってますよ。まぁ有料でコンテンツを提供するって話だからそれじゃ済まないってのも判りますけど、大体想定可能な範囲内だったんじゃない? それだけ人気があるってことは将来有望って考え方も出来る訳だし。何もこんな言い方で水をかける必要も無いと思うのだけどね。
安倍内閣:支持率14ポイントの大幅減 毎日世論調査

順当に下がっているのは喜ばしいことですが、それでもまだ53%もの支持率を獲得しているという事実が、民主国家としての日本が破綻していることの良い証です。悲しい限りですが。

さて、この内容を見てみるとなかなか面白いです。まぁこの手のデータは話半分程度に聞く方が良いとは思いますが…

支持する理由は、最多が「首相に若くて清新なイメージがあるから」の51%。支持しない理由は「首相の政策に反対だから」の41%が最多だった。男女別では、女性の支持率が56%で、男性の50%より高かった。年代別では70代以外のすべての年代で支持率を下げ、中でも40代、60代は21ポイントの大幅減だった。


若くて清新って…をいをい。芸能人の人気投票じゃないんだからさぁ。で、支持しない理由の方は政策に反対だから。男より女に人気があって、70代に人気。つまりあまり考えないでイメージ先行、近視眼的傾向の強い女性は騙されてる。国粋主義万歳の世代からは大人気ってことですか。60代で下がっているってのは微妙ですけど、その年代は戦争中子供だった人達だからか。まともに考えれば安倍を支持できるはずはないわな。

2カ月間の政権運営への評価は「初めから期待していない」が33%で最多。「期待はずれだ」の19%を合わせたマイナス評価は52%にのぼった。「期待通りだ」(29%)と「期待以上だ」(4%)のプラス評価は計33%にとどまった。


「初めから期待していない」が33%って…分母はなんだよ。全体の33%なのか? これが統計学上意味のある数字だとするなら、全体の3割が最初から期待していないような奴が首相になっている訳ですよ。ここでも民主主義の崩壊が見て取れます。

なんつーか安倍の一番の功績は、日本の民主主義は駄目って証明したことなんじゃないだろうか。
TVゲームの目指す遊びって…

ここで言われていることは幾つかの状況を言い表しているように思えます。一番インパクトがあるのは、以下の部分でしょう。

今までにも、私は何回か言っていますが、いままでのゲーム業界が目指していたのは、ピラミッドの頂点であって、しかし実はもっと目指さなければいけないのは、ピラミッドの中腹から底辺に近いところにいるユーザーなのです。


まず一つは、こうしないと会社が生きていけないというのがあります。PSPとDSの勝負を見ても判るように、マスを広げないことには商売にならないというのが資本主義の真実です。ピラミッドの半分以下をターゲットにして製品を作る。しばらくすると、頂点が元のピラミッドよりも低いピラミッドが出来上がる。で、またその半分以下を目指す…。これを繰り返すとピラミッドが実質上消滅します。これが「資本主義における生産物の質の下降原理」です。

しかし、頂点ばかりを目指していると「これからのユーザーを育てていかなければいけない」という部分が疎かになるといのもあります。この点を考えれば、裾野を広げること自体は悪いことではないだろうという考えにもなります。

そのピラミッドの中腹に居られる方にとって大事なのは、そのゲームが面白いという意見が直感的に出てくることだと思います


こう言われるということは、頂点に居る人間にとっては直感的な面白さが重要ではないと、彼は判断しているわけです。これはゲームの面白さが記号化しているという認識があるのではないかと思います。つまり、萌えと同じ原理です。極めるということが、型にはめることであるという認識が、この発言の元にあるのではないでしょうか。これは、現在のゲーム業界(だけではないですが)の病巣を指摘しているんだと思います。

要は、何事もバランスが大事だと思います。個人的には頂点系と中腹系の比率は3:7あるいは2:8程度になるのが良い感じなんじゃないかと思っています。金は集められるところから集めて、金にならない思い切ったものを作る。これが何かを作るメーカー全般に求められることだろうと思っています。どちらに偏っても恐らく生き抜けないだろうと思います。それが出来るのは、本業を別に持っているメーカー。例えばMicrosoftとか。ゲーム1本で食っていこうとしたら、バランスが必須でしょう。
いじめた生徒は出席停止に…教育再生会議が緊急提言へ

なかなか面白いことを言い始めました。
ねぇギャグ? これってギャグ?
新聞に出すよりも、エンタの神様辺りで出した方が受けるんじゃない?

真面目にこういうことを言うなら、まず虐めってなんなのかきちんとした定義が為されているってことなんでしょうね? 精神的苦痛なんて、人それぞれ感じ方がバラバラじゃないですか。一体どこまでの何をもって虐めとするんですか? 足りなければ意味がないし、過剰であれば冤罪ってことになります。 教師や学校に裁量を任せる? それが出来るくらいなら、最初からこんな状況にならないんじゃないの?

さすが「安倍首相直属」って言うだけのことはあるわ。
それに野依良治って技術畑の人じゃないの?
頓珍漢なところは親方譲りってことなんでしょうか。
やっぱギャグでしょこれ。
とりあえず、黒くない泉は必聴。理恵子さんに黒が如何に不可欠なものかが理解できるかと。1から13に関しても、既に懐かしさを感じるレベルになっています。どんな番組でもあることですが、開始当初の初々しさと言いますか、あぁ最初はあんなんじゃなかったんだなぁ(笑) みたいな感慨を味わうことが出来ます。

なんか、昔のラジオ番組を聞くって行為自体が昨今ではあまりしなくなっていたことで、むかーしに、オールナイトニッポンとか録音して聞いた時期を思い出すなぁなんて気もしました。

なんせレギュラーが13本におまけが1本ですから、ボリュームはたっぷりです。買ったはいいがこれを全部聞くのはいつになるのかってな位の勢いです。電波ファンは元より、まだ聞いたことが無い人にもお勧めかと思われます(笑)
ここまでの話の構成は綺麗だと思います。雪緒とロックの対比が見事で、ある種の通訳になっています。世の中には、いくつもの断絶があり、浅いものも深いものもあるけれど、結局飛び越えることは出来ないという結論になりそうです。

その場合、ロックの立場というのが微妙であるのが浮かびます。このギャップをどう回収するのかというのが、メインの流れでもあるんでしょうが、それについての結論は今回も出されずという方向なんでしょう。

ま、任侠映画などもそうだし、物語なんてものは、多かれ少なかれそういう傾向があるんですが、中に入り込んで描いてしまうので、客観性が犠牲になるという部分があります。この作品に関してもかなり典型的で、ロアナプラとの対比物を日本に置くという形で、刺激を与えています。

う?ん、相変わらず短編としては悪くない出来なんですが…。13話あるいは26話として見るとなぁというのと、相変わらず、主役組が目立たないというのが、もう個性なのかもしれませんね。
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
微妙な感じで書きにくいですねぇ。どうも感覚的に追従しきれないって感じがあって、キャラの描写が理解しにくいです。話自体も微妙で妖も目的があるんだか無いんだか良く判らない状態だし、奇士の方も特に目的があってという訳でもなく、状況に応じてという感じがするんで、話の筋が掴みづらくなっています。実際には淡々と進んでいるように感じるんですが、それが掴み切れないので、全体的に浮いた感じがします。

もう少し話が進めば、様々なものがきちんと纏まって整合性がとれるんだろうか? そんな気もするし、そうでも無いような気もする。正直判断に迷う作品ですね。
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑