FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ジェッツ圧勝でワイルドカードレース首位に並ぶ

をを!! ついにこんな事に。浦和熱で浮かれている間に海の向こうでも頑張っていてくれたみたいです。しかも、BSでの放送が決まったみたいでそれもめでたい。だけど日テレの解説陣はあんま好きじゃないんだよなぁ…。

前節のHOU戦は勝利はしたものの、内容的にはそれほど特筆すべきって感じでは無かったんで、今回にはちょっと期待したいですね。
スポンサーサイト



FC2テーマ:NFL | カテゴリー:NFL
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
伊吹文科相「宗教教育は慎重であるべき」 民主教基案に懸念

「教える人の態度として布教的な態度で教えるとなると公教育の中立性に問題が起きる。(教員に)布教的な意識があるかどうかは(周囲からは)わからないので慎重であるべきだと思う」


ごもっともな意見です。
でも、あんたが言うか?
「任天堂が好き」はどんな人?

「ロングセラー・安心して楽しめるコンテンツを好むものの、一番売れているものばかりを選んでいるわけではない。新しいものや売れているものにただ手を伸ばすわけではなく、本当に長く使えるものを選ぶという傾向が全体を通じて見られている」とまとめている。


紹介されている内容を見ても、「本当に長く使えるものを選ぶという傾向」がどこにあるのか全く判らないんですが。「新しいものや売れているものにただ手を伸ばす」にしか見えないんですが。どう解析すればそういう傾向が見られるのか、是非教えてください。ま、このデータの集計方法からして微妙だって言ってしまえばそれまでなんですけどね。
教育者は「誠実に真面目に生きることのリスク」を子供達に隠すべきではない

真面目か不真面目か、あるいは成功するかしないか、そのどちらも特定の価値感に依存しているように思えます。金も女も社会での成功も必要としない人だって居るだろうし、それには、ここで言われている真面目という生き方の方が効率が良い場合だってあるのかもしれません。

要は、損とか得とか、物質的とか精神的とか、そんな分類別けをする必要性は特にないし、どちらがより実質的かとかそんなことも必要は特にない。社会構造を踏まえた上で、何が自分にとって価値が高いものなのかを自分自身で選択すれば良いだけのことです。

そして、それを選択できるだけの価値感を持ってもらうことが教育上最も重要なことです。それが出来ない奴が、良い学校に行って、エリート街道まっしぐらでもくだらないことで絶望して自殺するなんて、子供みたいなことをするわけです。

ある方向から見た何かを見せて、その表か裏を選択させる的なやり方。裏も表も大事だよと教えるやり方。そのどちらもちょっと違うかなという気がします。何が表で何が裏かを決めるのは当人がすべきことで、その選択が出来る基礎知識や判断手法を提示してやることが重要なことだろうと思っています。
FC2テーマ:教育 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
痴漢冤罪、イバラの道 東京の夫婦が体験記出版

痴漢冤罪@Wikipedia

本来犯罪は訴える側が「相手が犯罪をした証拠」を提出する必要がある。しかし痴漢の場合は訴える側に証拠を提出する必要がない。「この人が痴漢をした」と証言するだけで犯罪が成立する。そして訴えられた方が「痴漢をしていない証拠」を示す必要があるが、これは悪魔の証明であり、痴漢をしていないことを証明するのは非常に難しい。このような構造になった経緯は、もともと日本では軽微な性犯罪であるとみなされた痴漢に対する社会的サンクションが軽視されていて、弱い立場の女性が泣き寝入りすることが多く、これを是正するために警察や裁判所が女性を守ることに重点を置いた対応をするようになったことがある。


弱者救済とか言って安易に法制化や判断に走るから、こういう結果を招くわけです。現在のシステムでは、行政の柔軟さなんて欠片もないですから、彼らに任せておくとこういう不幸な人達は幾らでも出てくるし、ここまでいたる以前に無理矢理示談させられるとかの事例はさらに山のようにあるでしょう。言っちゃ悪いけど、この危険性は、痴漢の罪を防ぐあるいは、痴漢にあった女性を守るという効果に釣り合っているとは思えないです。

こんな腐った仕組みを延々と続けている法曹達、それを黙認している役人や政治家。奴等がこの国の「正義」とやらを取り仕切っていると思うと胸糞が悪くなります。
【主張】自民党の体質 首相の指導力が問われる

道路が無駄に造られる位なら、一般財源化した方が良いという論理ですか? それは違うでしょ。道路に税金の必要が無くなったのなら、一端徴収を止めて、その上で必要な分の増税の是非を問うのが筋ってもんじゃないんですかね?判らないようなところから、こっそりと資金を回すようなやり方は、卑怯なんじゃないの。一度集めた金はどう使おうが政治家の勝手だと勘違いしてもらってはこまります。

その為に法制化があるって? どうせ反対されても強行採決するんでしょ? それこそ、法の網を抜ける悪党のようなやり方だよね。
いじめの定義は? ー 大人のいじめ

では虐めとは何か? バラエティに虐めっぽいものがあるのは認めたとして、じゃあ、豊かで金と人にものを言わせている国やチームと、貧困で普通なら明日の食事にも困っているような国やチームを、その時だけ平等という名の下に同じ条件で競わせて優越を付けるものは虐めと言えないのか? また、余裕のある家庭だけお勉強に精をだして小さい頃からお受験しエリートコースに乗った人と、借金に苦しみながら、働いてやっと公立の学校に通う人を、平等という名の下に同条件で扱うことは虐めと言えないのか?

虐めなんてものは、どこにでもあるしどこにもない。そう言うものだと思っています。虐めは当人達、あるいは周囲の人間が、それを虐めであると認識して初めて成立するものでしかありません。若手芸人は、先輩芸人から酷い仕打ちを公然と受けているかもしれない。でも、そのおかげで彼らはテレビに出演でき、認知してもらえ、リアクションのチャンスを与えられる。それを喜んでいるのかも知れない。だとしたらそれは虐めでもなんでもない。そういうことです。

つまり、それが虐めか否かは、特にテレビの場合見る側の判断に一任されることになるわけです。それを虐めだと判断して、教育上よろしくないと思うなら見せなければいい。あるいはこういうことをしては駄目だと諭してやればいい。けれど、それはあくまで主観的な判断であって一般化できるものではありません。

答えは一つではない。まさにその通りです。方向を打ち出さなければ無策と同じ。それもそうかもしれない。けれどその方向を公的な団体(国だの警察だの教委だの)が特定の価値感に依存して打ち出してしまったのでは、答えは一つではないに矛盾してしまう。その方向性に合わない人達が、今度はもっと悲惨な公権力による虐めにあうことになります。要は第三者が定義を決めることなど出来ないってことなんじゃないでしょうか。第三者が決められるのは、解決までのHow toが精々で、それ以上の決定は、別の問題を発生させるだけのように感じます。
「総裁として責任持って判断」 復党で首相

責任を持ってとはえらく鼻息が荒いけれど、一体誰に対してどのような責任を持っているつもりなのかがさっぱり判らない。少なくとも国民に対してという訳ではなさそうだ。何故なら、その責任を安倍一人で被れるような仕組みは今の日本には存在しないからで、例え彼が責任を取って首相辞めた、政治家を辞めたとしても、我々には何の益もない。

現在の政治システムの最大の問題は、このような決定が為される事に対して、実質的な責任が誰にもないということです。国家や国民に深刻なダメージを与えるような決定をやってのけたとしても、彼らはいけしゃあしゃあとしている。主権者国民という形式を言い訳に堂々と楽隠居生活を送っている訳です。

主権者は国民なんだから泥を被るのは仕方ないと言いつつ、政治に参加しなかった人間も、それに賛成しなかった人間も同様に扱われるというのが、近代民主制の腐ったところです。しかも、常に政治家が多数決的な意味での国民の意思を反映して政治を行っているわけではないということは、今回の件で非難が集まっている点からも判るでしょう。

つまり、美しい国などと称してはいるものの、安倍にとって日本など、所詮おもちゃに過ぎないってことです。もし、日本が美しくなくなったり、滅んだりすれば、彼は悲しむでしょうけど、それは、箱庭に作ってきた街が崩壊するのを悲しむゲーマーと同じレベルでしか無いように感じます。

そうでなければ、強行採決だの、復党だのと訳の判らないことを矢継ぎ早に実行するはずがありません。つか、それ以前に自民党なんかに籍を置いているはずもないでしょう。安倍が上っ面だけの似非政治家であるってことは、この数ヶ月を見ただけでも明白だってことです。しかも酷いのは、それを自覚すらしていないために、手法的に無理矢理なところがあるってことです。信念を持った盲信者ほど恐ろしいものはありません。奴の吹く笛の音がどんなに綺麗に聞こえても踊らされれば、破滅の道をまっしぐらってことになるかもしれません。
液晶/プラズマテレビ販売ランキング(11月13日?19日)

大型テレビは僕も狙っているものの一つなんですけど、正直なとこどうやって選択したものか困っています。ブラウン管の時代末期は、相当安い値段が付いていたんで、あまり考えずにノリと勢いで買えたのですが、さすがに20万とか30万になるとそうも行きません。実際電気屋に実物を見に行ってもみたのですが、メーカーごとに纏まって展示されている店ばかりで、結果として機種ごとの厳密な比較は出来ないですし、店と自宅の差はブラウン管の時より顕著に出るような気がします。

今のところ欲しいのはブラビアXシリーズなんですが、それは単にD5端子が付いているからということで、それ以外の何者でもありません。逆に言えばそれ以外の部分の差異が良く理解できていないってことなんでしょう。店で見る限りだと東芝の画質が好みだったように思えるのですが、人気無いですねぇ(^^; シャープは特に綺麗だったって印象が無いんですけどね。ソニーはソニーらしい派手目な絵を出していて、嫌いじゃないって印象でしたけど。

20型?32型に人気が集中しているというのも興味深いですね。このサイズだと既に「大型」では無いですね。リビング用というより個室用なんでしょうか。僕は、部屋のサイズの問題から最大でも40型、できれば37型で収めたいって気がしているんですが、金銭的なものも含めて、もう少し制限が外れれば50型辺りが欲しいところなんですけどね。20型とかならPCモニタでもいいやって気がしちゃいます。

もう、割り切ってバイデザインとかに逃げてしまうのか、とことんまで拘って、シャープだのソニーだの松下だのにするべきなのか、迷うところです。37型でサクっと10万とか違いますからねぇ。それだけのアドバンテージを見いだせるのかというと今のところ確信が持てないって状態ではあります。
今日は決行切れてて面白かったかも。再訓練の中身が以外に普通だったのが残念ですけど、教官のキレっぷりはなかなか見事でした。ん?、つかそれ以上言いようがないんですが(笑) しかし、成功するにせよ、しっぱいするにせよあんなもんでいいんだろうかという疑問がありますね。一体エンジェル隊って何する隊なのか良く判らんって感じがします。最後のオチをどう付けるつもりかと思っていたら、またでじこでした。確かにあの教官の姿は人間じゃ無かったですが(爆)

それでもやっぱりオチとしてはちょっと弱いかもしれないな。経過の部分の方が面白いってのが、このシリーズに共通しているって気がします。間で盛り上げすぎて、最後が締まらないってのがあるのかもしれませんね。
佐藤君、いくら何でも朴念仁過ぎ。
「不倫とかしよっか」「はいします!」
即答だよ即答。岬ちゃんの時だってもう一押しなのに。
妄想ばっかり激しい割に、思い切りが悪いねぇ。
ってだからヒッキーなのか…。

ついに岬ちゃんの過去の一端が明らかに。DVか。本当になんでもありだなぁをい。
でも、大丈夫。岬ちゃんなら、男の1人や2人あっという間に虜に出来るさ。
それで岬ちゃんの生きる意味が見いだせるなら、安いもんだ。

で、瞳先輩はついにお母さん…ってそれも結構怖い気がするんですが。
なんつーか、今のところ救いのない話なんですが、どうまとまるんですかね?