FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
メンバーの過去話シリーズ。事件自体は、結局糸をとかなかったわけだから、本当にそこに注力していたってことになります。なんせ元が車って設定ですから、回想するにも手間がかかるわけで、頑張った分良い感じに仕上がっているように思えます。

しかし、過去話を出すこと自体は構わないのですが、それをどう使うのかという部分はどうしても不明瞭です。とりあえず、出すことが重要という感じになっているのか、それを何かしら展開してくつもりなのか。そもそも、この話って1クールなのか、2クールなのかも判らないというか知らないので、なんともなぁというところです。

ま、確かに単に仕事人をしているだけよりは、こっちの方が見ていて楽しいですけどね。
スポンサーサイト



ラブコメだ。って元から一応そうか(笑) 絢子の早とちりが原因なんだから、会話が成立すればそれで終わりって話だってのは、最初からなんですけど、ちょっとあっけないかなという気もします。でもまぁそういう部分が問題なんじゃないんでしょうね。一応護の能力についてどうなるのかって部分の前振りも出来たし、まぁまぁって感じので気なんじゃないでしょうか。

ロマンティックなクリスマスって流れだから、ギャグが抑えられたのも仕方ないのかな。とは言え、毎回これじゃさすがに話が違うだろって気がするので、次回以降は一暴れして欲しいです。
大分綺麗に伏線が張られました。こっからの展開はちょっと楽しくなるかもしれません。けれど、黒の騎士団の戦力はまだまだ国と戦うってレベルでは無いわけで、戦力を如何に整えていくかが、これからまともに戦えるかのポイントになるでしょう。

なんで、次回は京都って話なんだと思いますけど、目的が微妙に違うというのが重要な点なんでしょう。帝国打倒というのは、あくまでも手段であって最終的な目的ではないわけで、その辺りから確執が発生するというのは良くあるパターンです。

そこへ持ってきてC2とカレンの略奪戦もあるのかもしれない。とりあえず。話としては徐々に展開してきました。まず初めに戦いありきという前提を許容すれば悪くないかもしれません。
良い薬第2弾。でも、今回は収穫が大きかったと思います。ワシントン、闘莉王、三都主の3人が抜けた状態で、永井、細貝、相馬を使って、前半コンビネーションが怪しかったところが、後半以降持ち直したと言う点。この3人の経験は大きいと思います。

もうひとつは、後半平川に変えて小野を入れ、山田を右に持ってきたと言う点。平川には悪いですが、これが現状レッズのベストな形の一つだと思っています。後は4バック、2トップの形かのどちらか。小野、ポンテ、長谷部、山田を全て生かすには、この形が一番だと思います。そして、これが予想以上に機能したというのは大きい。特に、小野とポンテのコンビネーションが美しく、完全な形には至らなかったものの、可能性を感じさせるシーンが幾つもありました。

PK恐怖症も一応ここで克服。後は、こんな試合をせずにきっちり90分で決めて欲しいです。2点取られた後の攻撃、受けないで前に出ることで、浦和の攻撃力を遺憾なく発揮できていました。来年以降、強い浦和を実現する鍵がここにあるだろうと思います。この試合は是非オジェックに見て欲しい試合ですね。