FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
90分間押されっぱなしの状態で、良いところはほとんど無し、ほとんど唯一とも言えるチャンスを永井が決めての勝利でした。ディフェンダーは故障者が多かったとは言え、前線はワシントン以外は特に欠場が居ない状態だということを考えると、勝ったとはいえちょっと情けない試合であったことは事実です。

守備面も、守りきれているかというとそういうわけでもなく、相手のシュートミスや都築の好セーブに助けられたという状態。ガンバ側は決定的なチャンスが幾つもありました。どれも決まっていても不思議では無かったです。山田、啓太がラインに吸収されてしまっているにも関わらずその状態では攻撃への展開も出来ようもありません。

ポンテや相馬、永井も含めて、枚数が足りない為か強引な突破も見られ、そこからカウンターという場面が何度かありました。ともかく悪い回転が最後まで止められなかったというのが実際です。

ともかくも相手に得点を許さなかった。そしてワンチャンスを逃さず勝利を掴んだという点は絶対的に評価できます。逆になるよりは遙かに良いことです。それでも、未だ強さを見せつけるという試合は出来ていません。昨年同様、良い年明けを迎えると共に、まだまだ更なる進歩が必要になるということを思わせる天皇杯決勝だったと思います。
スポンサーサイト