FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
楓ちゃん暴走物語後編。このおっきい楓ちゃんが徐々に追い詰められて暴走していく様ってのが、SHUFFLE!の一番の見所だと個人的には思っています。ま、ラストがさすがにそりゃあんまりだろって気はしますが。どうせなら、無理心中とかそういう方向に流れると、ドロドロしてて良いかななんて。

リムちゃんの「かえでぇ」がまた哀愁を誘います。目がいっちゃってる辺りが良いですね。僕としては、きっときっと楓ちゃん派なので、なんとなく纏めてみられるのは楽しかったは楽しかったです。しかし、MEMORIESとか言って本当に総集編レベルなんだな。最初は少しでも違う展開があるのかなと、期待したんですけど、そういうことする気はさらさら無いみたいですね。
スポンサーサイト
女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人家族がストーカーに合ってるらしい

ある程度の監視くらいは必要かもしれないけど、不必要に過度な干渉や嫌がらせは、結局当人達を追い詰めることになるんじゃないですかね。すると、それが火種になって、本来なら何も無かったはずのところにまた犯罪が起きることになる。

元犯罪者が再犯という可能性もあれば、追い詰めている側が過剰に反応してって場合もある。絶対的に多勢に無勢な状態な訳で、大衆ってのは、自分が多勢に居ると認識すると、相当酷いことでも平気で実行しますからね。

犯罪を防止するための情報が犯罪を引き起こすってのは、痛ましいんじゃない? まぁその両親も、親の能力も無く親になってしまった訳で、子供共々、家族制度の被害者とも言えるけどね。つまり、これ以上馬鹿な制度の犠牲者を出すことは無いんじゃないのって感じがします。
FC2テーマ:社会 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:19 | Page Top↑
大塚商会が残業代にメス

成果主義と裁量労働制を導入した企業では、優秀な社員に仕事が集中する傾向が見られるという。多数を占める中間レベルの社員は「しゃかりきに働いても、残業代も増えない。そこそこの成果で十分」と考え、これが評価の高い社員に仕事が集まり、不満が募る逆格差を生む。ならば働いた実績に応じて残業代が増える仕組みの方が優秀な社員のモラール向上につながるのでは、という指摘だ。


理屈ではそう。そもそも「見なし残業」なんていうものがまかり通っていたのが異常。なんでそういうことになって、それが今まで存続しているのか理解不能ではあります。だけど、この実績というのがどういうものなのか確立していない。というのが現状最大の問題点になります。

営業の場合比較的成果を見易い職業ではあるとは思います。それは、数字に直結できるから、けれどいくら営業でも数字にならないような仕事だってある。それだって重要。けど、そんなことしても数字にならないからやらない方が得ということは誰でも判ります。こう言う部分にきっちり対処できるのか? これが営業じゃなくて他の分野の職種になると、更に複雑な事になります。

例えば、某社では、金にならないサポート業務を営業が持ってきます。金にならないからと断ると、上司を通して商談中の案件が大きいから何とかと依頼が回る。すると、会社判断と称してそのサポートをさせられる。

この場合彼等の評価をちゃんと出来るのか? その商談が成功すれば、その売り上げから幾らか回すということも可能かもしれません。じゃあ、どの位なの? 更には、失敗したら? サポートを受けた人間には全く非が無いにも関わらず無報酬ですか?

成果主義は基本的には良いことです。でも、その成果が金という側面で計られている間は、あちこちで歪みが出まくりでしょう。成果主義という言葉がささやかれ初めてもう何年もなるのに、この辺りがきっちりしている会社をほとんど見ません。それは経営側の怠慢であるわけです。それを棚に上げて、あたかももう成果主義は万全と言わんばかりに、それを前提とした給与体系を立ち上げられても、到底納得できるものにはならないでしょうね。
携帯メール中の女性転落

こちらも馬鹿女の話。こう言う奴が居るから、移動中の携帯電話操作は禁止にするべきだとかそういうことを言い出す奴が発生する。つかね、こういう女は、移動中に限らず携帯禁止、ついでに外出禁止にでもすればいい。

ラッキーなことにぶつからなかったから良かったようなものの、もしぶつかっていたら朝の時間帯に大迷惑な話。あ、お前の命なんてどうでもいいから。衝突したという男も結構間抜けだとは思うけど、何れにしても線路に落下するなんてアホすぎる。

ここまで酷くないにしても、似たような馬鹿女は結構居ます。それじゃなくても狭い視野が益々狭くなっています。つか、お前らそこまでして携帯なんぞ弄っていたいのか? 異常だよ。
スノボで留守中に長男が焼死、母親を書類送検 埼玉県警

しかし、毎回毎回なんでこういう事件が起きるのか、謎としか言いようが無いですね。じゃあ餓鬼なんか作るなよって言いたくなります。パチンコってのは良く聞く話ですが、スノボに行ったとなると、少なくともうっかりでは無いことは間違いない。

しかも、子供が居る居ないに関わらず、炬燵を付けっぱなしで長時間外出するって神経を疑う。まさか一人ですべりに行っていたとは思えないけど、同行した奴等は何と聞かされていたのだろうか?

なにが「母親としての責任」だよ。人間としてどうよって気がする。
「忠誠心なき閣僚は去れ」 自民・中川幹事長がげき

「閣僚には安倍晋三首相への絶対的忠誠、自己犠牲の精神が求められる。自分最優先の政治家は官邸(内閣)を去るべきだ」


『閣僚には安倍晋三首相への絶対的忠誠』

( ゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゜д゜)

(つд⊂)ゴシゴシ
 _, ._
(;゜ Д゜) …?!

(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ

(  д )

(; Д ) !!

いや、これはもう失言とかそういうレベルじゃないような…。なんで、問題にならないの?
機械も健全もこれに比べれば霞んで見える気がするんですが。
10年に渡って無免許運転、クルマも無車検

確かに免許なんてものは単なる紙切れだから、それがあろうが無かろうが車の運転はやろうと思えば出来る。こういう悪質な例だけじゃなくて、ゴールドのペーパードライバーなんて馬鹿な話はザラに存在しています。

免許をICカードにして、それがなければ車を始動できないようにしたらどうだろうか。そうすれば、無免許は元より、不携帯も撲滅することが出来る。勿論他人の免許証で運転したら、厳罰にするのが良いでしょう。貸した奴と借りた奴双方を免許取り消しって感じで良いんじゃないかね。

ついでに、運転した車種や走行距離、回数などを記録する。そうすればペーパーかどうかも判断できる。今は単純に年数だけで判断するから妙なことになるのであって、距離や回数が違えば判断基準は変えるべきなんじゃないだろうか。

今から採用して、自動車メーカーには、この機能が付かない新車の販売を禁止させて、税金か、免許更新料を優遇してやれば20年後にはほとんど切り替わるんじゃないですかね。
知的障碍者の違法行為は許されているか

第一印象はもの凄く嫌みな記事だというもの。そして、これだから法律と法律屋と役人は使い物にならねーんだよ。ってのが確認できました。これってまさに法律屋や役人の発想。元記事の女性の主張は完全に正しいとは言えないまでも、問題があるという生の声であることは事実。それに対して、法律上はちゃんとしてますよ。制度はちゃんとありますよ。論旨が曖昧で反論も出来ないレベルだから出直しておいで。的に対応してるという気がする。被害者はどっちだと言えば彼女だし、そのご大層な法律や制度が不完全あるいは十全に機能していないから、被害者が出ているということは明白なことだ。

人権てのはヒト精子とヒト卵子が結合したのちヒト雌のマンコから出てきた生き物には漏れなく付与されることになってるんでありまして、そしてそうやって出てきた生命体は基本的人権のセットを貰うわけです。


と安易に断言するのもどうかと思う。まぁ確かに法律上はそうなっているのかも知れないね(笑) けれど、同じ法律がその漏れなく付くはずの人権を踏みにじっている例もしばしば見られる。それの善し悪しは別にしてね。で、本当に漏れなく無条件なのかという部分に対して、なんの疑問も持たないってのが、既に毒されているような気がする。僕に言わせれば全ての権利は何らかの責任とセットになっているのが当然だと思えます。よって人間としての責任を果たせない人間は人権を剥奪するべきだと思っています。ま、じゃあ人間としての責任って何よってのがまた議論にはなるんだけど、人権は無条件付与ってのが前提になっているんじゃ話にもならない。それは、事実関係が判らないからなんてレベルじゃなくて、もう決定的に話にならない。

で、理念上の話なのに、やれコストだやれ基準が曖昧だって持ち出すのもちょっと下品な気がします。彼女が言いたいのは、そういう事じゃないだろうと思います。イデオロギーの話なんじゃないですかね。それを、こういうやり方で丸め込むってのは、良いやり方だとは思えないですね。まぁひょっとするとエリートさんなのかもしれないね。
病気腎移植は原則禁止、5学会が方針 「万波式」を否定

難しい問題だとは思います。医者の治療に対する問題で、即命に関わるような問題ですから。けれど、これを医者達が決定することには違和感があります。勿論専門的な知識を持つ人間として、方針や指針を出すのは一向に構いません。でも、最終的な判断は本人が行うべき何じゃないかという気がします。

癌になる可能性が否定できない。僕には判らないけど、移植を待っている人ってのは、そういう次元なんじゃないような気がします。それでも構わないという判断だって十分成立するんじゃないかと。その情報や危険性は十分説明する必要があるとは思いますが、可能性が否定できないからと言って、全部駄目とするには、問題が大きすぎるような気がします。
前振りが続く続く。一体どこまで引っ張る気なんでしょうか。マリアのばばあ、もといおねー様は何か企んでいそうです。ヨハン程友好的になるのかどうか。でも、このアニメに悪人って結局出てこないような気がするんですよね。

で、護の力についてもようやく語られ始めました。昔の思い出のお友達だからってだけで絢子の恋人というのはさすがに厳しいですからね。でも、あんまり引っ張りすぎてハードルを上げてしまうと、結局がっかりってことになりかねません。バランスが大事だと思うんですけどね。

まぁまだ話数もあるんで、とか言ってると、適当なネタで数話はあっという間に消費するタイプの話だからなぁ。やっぱり護の力覚醒辺りで終わりってパターンなんだろうか。実際そんな感じのテンポで進んでるからなぁ。だとすればもう少し爆発した笑いを取れるネタを増やして貰った方が良いような気がします。

ラストに向けてのラッシュを期待したいですね。