FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
やべぇ、これ面白いわ。ツボかも。ディテールに凝っているところも好きだし、キャラの性格付けも悪くない。話は単純で判りやすく、変に捻ることもないだろうから、存分に中身を楽しめそう。ジョークも好みだし、見ていて純粋に楽しいですね。これで、女の子達が増殖していくと、掛け合いなんかもでるんだろうし、楽しそうだ。もう少しキャラデザがむうにぃチックになってると嬉しかったかもだけど、作品の雰囲気には今の絵でもあってる気がします。なんと言っても話のテンポが良いですね。オヤジが良い味だしてます。

第一話としては十分な出来だろうと思います。キャラもしっかり描けていたし、初期設定も概ね理解できました。作品のカラーも良く判ったし、出色です。

問題は、これを維持できるか。と、中盤辺りに入ることが予想される鬱モードをどうやってクリアしていくかって辺りでしょうか。なんにせよ、今のところは期待度◎で次回を楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト
踏切の遮断機半開き 名鉄特急が緊急停止 名古屋

こわっ! ってか、なんで手動なの?
ストーブってのは、冗談に聞こえるけど、運行ダイヤを勘違いしても大事故になる可能性が高いよね。素直に立体交差にしなさいよ。つか、駅から1km以内の踏切は全部撤廃して欲しいわ。
BPO 視聴者からの意見 「アニメ番組でスプレーでそこら中に落書きする演出があるが、こういう演出はやめたほうがいい」

っていうか、その前に、その程度の判断が出来ない餓鬼に深夜番組を見せるんじゃない。

なんでこう、表面的な部分にだけ反応する奴が居るんだろうか。まなびストレートは近年には稀とも言える位まじめに教育問題を扱った番組ですしね。ただし子供向けじゃなくて、教師、保護者向けって言う意味で。まぁ、まさしくこういう輩を否定するモチーフだから、揶揄的に使っていたのかもしれないですけどね。
浦和MF小野左サイドで甦る/練習試合

ユーティリティプレイヤーってのは本当に助かります。浦和はレギュラー争いが熾烈なのもあって、複数のポジションをこなせる選手が多い。平川、山田、阿部、小野、長谷部、内舘、永井、岡野、細貝、赤星辺りは、そういうメンバーでしょう。

OFMFはポンテが居るために、彼が健在の内は残り枠が一つしかない。長谷部が故障しているものの、小野の他に山田も居るので枚数が余る。そこで、小野が左というのは、彼の器用さと技術の高さを物語る抜擢でしょう。

正直三都主が居なくなって、相馬には不安は全く無いものの、サブが手薄だという印象はありました。平川が左も出来ますが、そうなると右は? 山田を回してトップ下に誰かを回してと、結構弄くる必要がでるなぁと思っていました。

まぁ多少ポジションが変わってもそれなりにはなるというのは、去年で実証済みではあるんですが、それでも、変更は少ないに超したことはない。小野の左というのはなかなかナイスな案かもしれません。後ろに阿部が居てくれるというのも心強いですしね。これは、逆に三都主という絶対者が居た時には、なかなか考えられなかったことかもしれません。もし、これで小野が活躍したということになれば、相馬も燃えてくるでしょうし。

今年のゼロックスやACL、いやひょっとしたらJリーグでさえも、オジェックと今年のレッズには手探りになるだろうと思っています。だから、本番直前のこの時期に猛練習というのも、僕は悪くないと思っています。フィジカルは全ての基本ですからね。つまり、2年でACLを取るという位の感覚でいいかなと思っています。結果として、今シーズンタイトルが取れなくてもそれは仕方ないかなと。結果より中身。それが、今年のレッズに求めたいことです。

いや、勿論結果も出してくれても、それは全然全く構わないんですけどね(笑)
語られざる男性差別

全くもって仰る通りだと思う。しかし、それでも「被差別者が声を上げることで歴史は変わってきたのだし、そういう男性を支持する女性も少なからずいるはずである」の「少なからず」には首を傾げたくなる。少なくとも僕は見たことがない。女性からすれば特権を手放したくは無いだろうし、男から見ても同様に女性を女性として扱う特権を手放したくは無いのだろう。だから、これは女性差別を撤廃する以上に難しいことなんじゃないかと僕は思う。

というか、男女を平等に扱うという発想自体が非合理なのだから仕方ない。男と女は違う生き物なのだから、結果平等を求めると歪みが出るのは当然のことだ。違いを強調し過ぎるのもどうかとは思うけれど、逆に同質性を強調し過ぎるのも、全く同じレベルで異常だと思う。お互いがお互いの長所と短所の両方を認め合うことが一番適切な関係なんじゃないだろうか。結果としてなんらかの棲み分けが行われる事になったとしても、それを否定する必要は特にないだろう。男性は男性として、女性は女性としてそういう意識で生きていくことに問題があるとは思えません。なんでも中性化すれば良いってものじゃないでしょう。勿論、男にも女にも例外という人達が居ることは考慮しないといけないとは思いますが。

そういう意味で、例えば就職機会などの問題は、性別じゃなくて人を見なさいって主張は正しいのですが、それは非常に困難であるというのもまた事実。数日の面接や簡単なテストで、その人の実力を計るってのは至難の業でしょうから。もし、それを撤廃しろと主張するなら、適切な能力判別手段を提案しないといけないと思います。単に、一定の数や割合を維持しなさいとするだけじゃ、逆差別の温床になりかねないですからね。
あいさつの指導、、、その件には私も突っ込んだけど、、

折角言及してもらったので、疑問点の説明と、補足説明をしたいと思います。

知らない人に挨拶したら、世の中良くなるのだろうか。
わざわざ関係ない人の方へのこのこ行って挨拶しなきゃならない?


自分や自分の子供が大事だということ自体を否定はしていません。けれど、そのやり方に問題があるというのが、エントリーの趣旨です。挨拶というのは、単に端的な行動の一例だと思っています。挨拶をするとか、しないとか、それだけの問題であれば大したことではないかもしれません。そうではなくて、基本姿勢の問題なのです。

つまり、自分が大切にしているもの(この場合子供)の安全を確保するという名目で社会から隔絶するという手法を取るのは望ましくない。

と言うことに尽きます。だから、何も恐いお兄さんに対して挨拶しろと言う訳でも無いし、誰かれ構わずという訳でもありません。元記事とそのコメントを読む限り、無条件の断絶こそが是であると主張されているように見えたので、それは違うだろ。むしろ子供の為にならないだろというのが一番書きたかったことです。

命を守ったらなんで苛め行為に及ぶのだろう??
苛め行為に及んだ餓鬼を反撃でブチ殺すのはいいから、命は大事にしなくていいってこと???


違います。そうではありません。つまり、一方的な主観と都合により、人を悪人であるかもしれないと疑うことが正しい選択だとするなら、それはそのまま自分に戻される可能性もあるよ。ということが言いたかった訳です。自分達が勝手な判断でそうするということは、自分や自分の子供も他人の勝手な判断で「関わると酷い目に合うかもしれない」と認識されることを否定できない訳です。もし、悪人だと判断されれば、無視されたり陰口を言われたりすることは十分に考えられる訳で、子供が大事なんだからを題目にして、他は関係無い的に考えるなら自分達がそう扱われても文句は言えないんじゃないの? ってことです。だから「あんたの餓鬼を」はタイプミスではありません。


どこかに書いたような気がするんですが「情けは人のためならず」ってことで、自分達が一番大事だと思った時に、社会との接続点を切断したのでは解決にはならない訳です。それは人として無責任だし、結局自分に返ってくる訳です。繰り返しになりますが、挨拶をするしないという現象だけを見て考えれば、「どっちでもいい」が答えなんですが、そういう結論になる背景となる考え方に問題があるんじゃないですか、近視眼過ぎるのじゃないかというのが、この親達の意見がおかしいと主張する人達の見方なんじゃないでしょうか。ましてや、親が自分の子供に対してだけ言うならともかく、それを教育機関で指導していたり、親達が指導を要請したりしているとなると、自分達だけじゃなく、周りと後の世代にまで影響を及ぼすことになりますから、人ごとではないということですね。
なんか一気にネタ出し。やっぱり、引っ張りすぎが話をややこしくした原因でしょうね。まぁ謎と言っても底が浅いから、この程度になるってことなんでしょう。そう考えると、ストーリーはイマイチと言うしかないかもしれません。

リアの過去を一気に出したのは結構ですけど、あれじゃ恋する女でしかない気がします。結局、恋と忠誠の板挟みってスタンスを取る結果になった訳です。ロペスピエールにしても同様で、あくまでも個人的な要因が発端だと言うことになってます。当然デオンも同様。それが悪いとは言わないですけど、それを描くには風呂敷を広げすぎなんですよ。で、結末まで散々引っ張っておいてじゃ、期待外れということになるでしょう。

アンナはもう少し粘るかなと思ったら、あっさりでした。ただ、これで全てが決したという意味では良い象徴になったのかもしれません。デオンにしても殿下にしても、アンナへの報復というのは、決定的になります。まぁそれ以前にルイ自体が自らギブアップということみたいですけどね。

あと一回でどこまで描けるのか判りませんが、ここまで付き合ったんで、最後を見届けたいと思います。
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
スナコちゃんってのは元々美人っていう設定になっているので、素直になれば可愛らしいっての確かなんでしょう。この話ってのは結構重要な分岐点だったりするのかもしれません。一応まかりなりにも、ヒロシくんより人間を選択したという事実がありましたからね。

レディーへの道に関してはまだまだ通そうな気配です。そうなると落し処が困りもので、結局京都同じような感じにしかならないんじゃないのかなって気がします。ちょっと芽が出てきたかもしれないな。でも、まだだよねって辺り。

となると、もう少しギャグの切れが欲しいところだなぁ。ちょっとパワーダウンって感じが最近するんですよね。頑張って欲しいところです。
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑