FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
火花散る散るというからには、生徒会の攻撃はもう少しパワーが欲しかった気がします。でも、もうこの段階で絢子のヤキモチネタを出しても仕方ないという判断なのかもしれません。その分話が淡泊になってしまっているので、結果としては微妙なところという感じ。ここでは、絢子と護の関係が1段ステップアップしたということを出すのが一つと、エメレンツィアに告白をさせるのが目的だったんだと思いますが、ちょっと30分保たすには、材料が足りなかったのかもしれません。やっぱり生徒会メンバーのパワーが、もう少し欲しかったですね。

マリアの狙いと、次の作戦はなんなのかというのが気になるところですが、やっぱりこの作品もネタが足りていないという気がします。ツンデレの話ってのは、完全デレ移行してしまうと、その後の展開に苦労するというのは、構造的な弱点なんですけど、今のところ、まだそれを克服できてないような感じがしますね。
スポンサーサイト



やっぱり、舞-乙HiMEのスタッフは、話の作り方が上手いですね。今回の話なんて、メインはバスジャック話で、ホントなら、話は進みませんでしたで終わっても不思議は無いところなのに、うまいこと伏線を咬ませて、1話を意味のある物に仕上げています。神祖を持ってきたというのもそうだし、ニナを出してきたのもそう。重要なネタを適度にきっちりと提示するやり方は、なかなかの手練れだなぁという感じがします。

そもそも、OVAは短期決戦なので、あまり出し渋っても仕方ないという状況もあるとは思いますが、見ていて楽しいし、次回もまた見ようという気にさせてくれます。とにもかくにも敵の力が圧倒的なので、打開策を講じなければならないのですが、次からの何本かで、その辺りが出てくるんでしょう。ナギを出してきたことでがきっかけということなんでしょうね。

うん、良く練り込まれた綺麗なシナリオだと思います。
民族主義に国家主義。それ自体がかなり無理があるのに、そこに変な偽善が入っているのだから辻褄が合うはずがない。この話を最終的にどこに落とすのか判らないけど、もし、スザクの側に落とすとするなら、また理屈抜きのパターンなんじゃないだろうか。結局彼らの主張は、それが良いと思うから良いんだ。という以上にならないってのが、これまでのこの手の話のパターンなんですよね。それから脱却できれば凄い事だとは思いますが。そういう部分では、ルルーシュのやっていることもあまりスザクを笑えない状態で、五十歩百歩という気がします。

相手は、ある意味無尽蔵な戦力と回復力を持っている訳で、それをゲリラ戦で迎撃しているという状態。だから、次から次へと新しい敵はやってくる。どこら辺でケリを付けるかが難しいところで、引っ張りすぎると話が纏まらないし、短すぎるとブリタニア帝国って何?ってことになります。

モチーフとしては魅力的に見えるネタですけど、作品にするのは結構しんどいネタなのかもしれないですね。
これを見て判るって思える人ってどの位居るんだろうか? 女の好意ってこういうものなんだろうか。どっちもどっちという良い関係なのかもしれない。SとMが揃っているんだから、悪くないでしょう。当人達の問題だから、それはそれで構わないんだろうけど、地獄通信ってのは、やっぱ恨みがあれば誰でも繋がるってことなのね? いや、この場合本当に恨みがあったのかすら微妙な感じがします。

なんというか、もう恨みのパターンを次々出していくという方向に行ってしまっているような気がします。だから何というのは、もう出してくれそうも無いですね。
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑