FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
う?ん、護くんだとこれが精一杯なのかなぁ。話の構成のバランスが今ひとつという感じがするんですよね。だからどっちつかずになってしまっている。

エメレンツィアの恋愛話にするのか、我孫子の悪巧みにするのか、それを面白がる生徒会を使ったギャグ物にするのか。どれにでも出来る要素はあるんだけど、結局どれも生きてないって状態になってしまっているように感じます。

護の存在が置いてけぼりになっているのもどうかなという気がする。全体のバランスを考えても護が未だに普通の男の子状態ってのは、選択肢を狭めてしまっている要因なんじゃないかな。キャラを適当に増やしたりはしているんだけど、それでも、まだテコ入れが足りないように感じます。

盛り返すのは、もう話数的に無理だろうから、せめてここからラストに向けてくらいは盛り上げて欲しいですね。
スポンサーサイト



どうも話が飛んでるなぁ、と思ったら一本見損ねてました。なんで、2本まとめて。と言っても、新しい敵が出てきたってのは判るし、ルキアの左目の話も出てきたけれど、どれもこれも良く判らないという状態が続いてます。なんというか、未だに消化不良みたいな感触が続いています。なんというかキレが悪いですね。

見ている側からすると、とっかかりが掴めないんでどう見て良いのか迷う作品です。やっぱり同じ時期にRED GARDENやってるからなぁ。どうしても比べちゃう部分があるのかもしれない。相手が悪すぎます。いくら日本一でも、少年野球とメジャー球団が対決しているような感じがしますね。
一応の勝利。というか、流石にこの試合で、負けや引き分けでは話になりません。横浜には悪いけれど、良い調整試合だったというのが印象です。

守備面は相手が引き気味だったので、それ程危険な状態にはならなかったのですが、攻撃面はまだまだという状態でした。とにかくポゼッションはしているものの、得点が取れそうなシーンはそれ程多くない。相手の守備を打開するだけのアイディアも、それを引き出す動きも出来ていないという感じ。

誰が悪かったというのは無かったかもしれませんが、みんながもう少し前向きにプレーしてもらいたい。そう考えると、山田も永井もポンテも、まだまだ体が重いという状態なんじゃないかと思います。

久保のスーパーゴールで厳しい試合になってしまいましたが、それさえなければ流れとしては悪くなかったかもしれません。けれど、先制もオウンゴールですから、やはりもう少し攻撃の組み立てを考えて行かなければ、勝つべき試合に勝ちきれないということが起こるかもしれません、

故障している人間が戻ってくれば、解消されてくる問題かもしれませんが、サブに状況を打開出来る力が無いのも心細い。攻撃的な選手が欲しいですね。達也が戻ればかなり違うでしょうし、長谷部の復帰も待たれるところ。

とは言っても、一人や二人欠けたから勝てませんでしたじゃどうにもならない訳で、先発メンバーでもう少し状況を変えられるバリエーションが欲しいですね。
理不尽な責任ではない責任

トラックバックありがとうございます。

「現行制度上では」の制度というのは、障害者の支援制度等では無く、家族制度を指しています。つまり、子供を産むと、基本的に親権はその親に与えられる。そして、特別の繋がりが認められ、親の持つ功罪、財産、借金が子に引き継がれるという制度のことです。

個別の状況において、特に専門の教育現場などであれば、一時的に親は責任を預けることができるかもしれません。勿論、支援をされている方や、父親の対応というのは、母親にとって重要なファクターであるとは思っています。が、最終的にはやはり親(恐らく多くの場合女親)に過度な責任がのし掛かる結果になっているのではないだろうかという風に考えています。それが、障害児などの場合は顕著に現れるということだろうと思っています。

そして、僕としては、本来なら親にそれだけの責任を押しつけるのは、親にとっても子供にとっても良くない。と考えています。が、現状では、明に暗に守られている家族制度。それ自体が変化しない限りは、それを変えるのは非常に難しいだろうな。というのが引用していただいた辺りで言いたかったことです。中には、しっかり親としての役目を果たしている方達が居るのは承知していますが、それは少数派なのではないかと見ています。

ですから、個別の親子や案件に対してどうこうではなくて、子供をとりまく環境自体の考え方を変える必要があるだろうと考えています。それは、子供は社会のものという認識にさせること。そうなれば当然、子供は親のもの、家族のものという感覚を捨てる必要があるだろう。とそう考えているわけです。

つまり単純にすると、他のエントリーでも何度も書いているんですが、僕は家族制度という制度に大きな矛盾と問題点の根源があるだろうと考えているということです。
緩い。ゆるゆるだぁ。久し振りのこのゆるみ具合がえらく心地良いです。絶妙な微妙さは相変わらずで、所々で爆笑させられてしまいます。元ネタがおかしいのもそうなんですけど、よくここまで映像化したなぁって思います。かったるくならないのはギリギリのタイミングできっちりと笑いを取っているからで、そのタイミングは絶妙です。

原作の話はほとんど使い切っているので、それを発展させていかないとどうにもならないんですが、その辺も上手く処理しています。発射ボタン一つでここまで引っ張るかとちょっと感心してしまいました。

なんにしても「起こすな」ネタは何度見ても笑える。前振りをもう少ししても良かったんだけど、あまりやるとCDとかと被るしな。笹塚ネタも健在でした。さりげなさが良かったですね。

ということで、やっぱ「可愛いは正義」だわ。第2巻も楽しみにして良さそうです。
なんか、武闘家らしいことをしています。ただ、相手が強いと言いつつも、3人を相手に7人がかりってのは、ちょっと酷いかも(笑) 何処かでよく見るような勝ち抜き戦形式になっていて、天下兄弟はあっさり敗戦。

で、出てきたのが馬仮面(笑) しかもグレードアップ版。そうそう羞恥心が馬仮面をパワーアップさせるって設定忘れてましたよね。しかし、あの尻は…下着付けてない気がするんですが、やばいんじゃないでしょうか。

次回の天々戦からはさすがに一筋縄では行かないんでしょう。いろはの力ってのは結局今まで良く判らないって状態で来てしまっているんですが、ここは真価の発揮しどころ。盛り上げて欲しいところですね。
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:1 | コメント:0 | Page Top↑