FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
スワッピングカップル誕生。というか、もともとユフィーはルルーシュ萌えだったってことか。C.C.は誰と話をしているのかと思ったら、なんとまぁ古代遺跡。彼女は技術の賜物かと思ったら、オカルトかい。これで、もうなんでもアリだな。で、新型を盗んで、九州強襲と、ネタ撒きは十分って感じです。

スザクは相変わらず青臭過ぎる。破壊者と創造者は必ずしも同一である必要などないのだから、手法に拘る必要性は特に無い。その位の割り切りが無いと、世界を変えるなんてことは出来ないと思うんだけどね。ま、そういう意味ではルルーシュもそれ程変わっているという訳でもないんでしょうけどね。

ま、もう少しは小手先の部分で楽しませてくれそうです。それ以外を考え出すと、ムカつくのでやめることにしましょう。
スポンサーサイト



ネリネ編後編。基本的にネリネのネタはそれほどの深みが無いので、素直に書いちゃうとすぐ終わっちゃう。しかもリム話と被っているので、切り分けが難しいところ。元話がその辺上手く絡めていたからこその苦労なんですが…

そもそもこの構成自体が無理矢理って感じなので、話がアンバランスなのは仕方がないところでしょうね。ネリネがラストシーンで、いやその前にプリムラに会いに行くと決めるところもそうなんですけど、なんで、そういう決断をすることになったのか。その辺りが全然判らない状態です。

もう、そういうところに拘る人は、本編を見てくださいってことなんだろうな。純粋に画面を見て楽しむ為の作品ってことなんでしょうね。
相変わらず無駄にエロい(笑) やっぱこれが無いと一騎当千じゃないですからね。で、次々とキャラが出てきて、もう付いていけなくなってきています。なんせ、三国志知らないから。

未だに伯符が出てこないってのが凄いですが、その分もーちゃんが活躍してます。伯符も覚醒すると怖かったですが、劉備も怖いみたいです。曹操ですら、暴走すると止められない見たいですから、これをコントロールするのは至難の業ってことなんでしょう。逆に言えば竜をコントロール出来れば活路が見えるってことなんでしょうね。

それが本筋にあるネタだってのは判るんで、後はキャラと物語と本筋をどう結びつけるかってところでしょう。前作はそれで失敗しているような気がするんで、今回は是非頑張って欲しいですね。伯符はおバカだったけど、劉備はおバカではなさそうなんで、少しはまともに話が展開することを期待したいです。
EM・ONEは使えるかどうか、もう一度考えてみました。結論が出ないことは明らかなんだが、どうしても考えてしまいます。一応触ってきたって人の感想なんかもちらちら見てみました。

「音声通話が出来ない」ってのをマイナス要因に挙げてる人が意外に多い。つか、あれで電話すんの? よしんばするとしても、ヘッドセットでしょ。つかね、電池が勿体ないから、電話なんかしませんよ。電話するなら携帯でいいじゃん。W-ZERO3でも音声通話なんか一度もしたことねーしなー。仮に音声通話出来たとしても、EM・ONE1台で音声とPDAを賄うのは多分無理だと思いますよ。正直W-ZERO3やESでも無理だと思う。それで済んでるレベルの人は、VGA携帯にして、PCサイトビューワを使った方が幸せになれると思う。

「Windows Mobile」であるということをマイナスだと感じている人も居ました。そういう人はWM端末をちゃんと使ったことが無い人なんじゃないかって気がする。PalmやSymbianだったら、買う気もおきねー。つか論外。Windows Mobileであることはまず大前提。Outlookと完全なSynacが出来ないなら話にならない。Linux系となると、その上に乗るアプリ次第だけど、WMの方が面倒が無くて良い気がする。

と、自分の使い方とマッチしない意見へのコメントはこのぐらいにしておいて…

まず、一番問題なのはバッテリー。これは明らか。W-ZERO3でも厳しいのにそれ以下なのは間違い無い訳で。まともに使えば1日2回以上の充電が必要になるでしょう。アダプターのサイズを確認しなかったので、どの程度なのかが判らないけれど、W-ZERO3と同じレベルのアダプタで充電出来ると仮定して、事務所ではAC駆動が原則って感じですね。出歩く頻度の高い人は、素直にW-ZERO3の方が幸せかも。あぁ車とかでの移動がメインなら車内充電という手もありますね。アダプターがバカでかいって話になったら、困るなぁ。モバイルクルーザーとかで賄えるレベルじゃないと厳しいかも。

次に操作性。ホイールの使い勝手と、カスタマイズがどの程度できるかがまず大きな問題。スライドして操作するのは、片手じゃ辛そう。だから片手を考えるなら、どうしてもホイールだけでどこまでできるかということになります。逆に、これで相当な部分をまかなえるとなると、一気に使い勝手度がアップするでしょう。これは利用するアプリ次第。入れてみないと判らないというのが厳しいところ。ギャンブルですね。ちなみに、両手で操作できる状況であれば、W-ZERO3よりは使い易いだろうと思われます。

アプリというと、変則画面(800x480)をちゃんと使えるのかという問題も出ます。W-ZERO3がVGAで出た時ですら、VGA対応アプリを探すのがキツくて、強制VGAにしているものもまだあります。その状態ですから、変則でもちゃんと動作するかどうかは、これまたギャンブル。使えても、実質640x480しか使えないというのじゃ、折角の解像度も意味が半減ってことになってしまいます。

ちなみに、カメラ、ワンセグ、Bluetoothを外してでも、1万安かったら、即買いだったかもしれません。なんなら無線LANも外しても良い。W-ZERO3の無線LANもお遊び程度にしか使ったこと無いし。PHSは公衆が遅いから、まだ無線LANを積極的に使いたくなることがあるけど、公衆が速くて定額なら電池使って無線LANを使う意味はあまり感じない。社内LANとかに繋げられれば意味はあるかもだけど、今時PDAの接続を許してくれる企業ってあまり無いしなぁ。Active Syncも出来ないから、無線LANの使い道も凄く限定されると思います。オプションでいいやってレベル。

ワンセグは完全にゴミ。画面は汚いし録画は出来ないし、他のアプリは強制終了させられるしで、スペースと重量と電池の無駄遣いでしかない。カメラは毎度のことだけど必要ない。つか、あると要らぬ疑いをかけられたり、持ち込みを禁止されたりするから、もう迷惑の領域に入りつつあります。Bluetoothもバッテリーを考えると要らない。使い道も大して無いしね。それで、2.5万とかなら大分良いよねぇ。4万弱って言われるよりは大分買い易くなります。余計なものが無くなる分バッテリー容量も多少は増えるだろうし。必要な機能はUSBなりSDIOなりで足すとかって方向にしておいて欲しかったです。

なーんか、マイナス要素ばかり書いてきましたけど、それでも欲しいと思うのは、ハードやソフトの仕様だけに留まらず、主に以下の点に期待するから。

・常時接続によってMessengerが使い物になるかもしれない
・Messengerが使い物になればLive Mailも使い物になるかもしれない
・大画面、高解像度液晶によってブラウザの使い勝手が上がるかもしれない
・大画面、高解像度液晶によって電子ブック系ソフトの使い勝手が上がるかもしれない
・高速通信によって複数の通信タスクがもう少しマシに動かせるかもしれない

それもこれも、事務所で電波がきちんと入ればという前提になります。この事務所は携帯キャリアにとっては鬼門で、入らないということは無いんですが、DoCoMoでもAUでもBankでもブツブツと会話が切れがちになるようなところです。意外にもWILLCOMは比較的良好な電波状態なんで、W-ZERO3は便利に使っているのですが、イーモバイルがどうなるかは微妙なところ。

Messengerを考えるとWM6が欲しくなるんですが、まぁWM5でもなんとかならないこともない。それでもWILLCOMが攻勢に出て、早めにWM6機の仕様を出してきたりすると、一気に意気消沈の可能性もあります。かと言っていつ出るのか判らないものを待っていたんじゃって話もあります。しかもWILLCOMだと、どう頑張ってもイーモバイルの速度や値段には敵わない気がする。電波さえ入ればキャリアとしてはイーモバイルは現状最強であるのは、確かだと思います。

ほら、やっぱり結論出ないでしょ。判っていたけど。一応纏めの意味で。
NHK受信料 信頼回復の努力が先決だ

信頼を取り戻せば、義務化は許されるのかと言えば、勿論それとこれとは別問題でしょう。不正支出、カラ出張なんて辺りの問題は、視聴料の料金設定の問題にはなっても義務化が許されるかどうかには全く関係がありません。

NHKに対する批判の中に、政府・与党との距離が近すぎることを指摘する声が少なくない。国民に奉仕する公共放送として、未来像をどう切り開いていくか?。原点を踏まえた論議を重ねるときだ。


すなわちこれ。政府との距離が近いなんてのはもちろんとんでもないこと。義務化した場合は、政府からの放送依頼は一切受けない位はしていただかないと困る位だ。公共放送としての未来像。このビジョンを原点を踏まえて明確にする。当然まずはそこからはじめる必要があるでしょうね。それが出来ない内は、何割値下げをしようが義務化なんてとんでもない話です。
モラルも一緒に捨てている!高速SA持ち込みごみ6割

凄い行動力だね。正直感心する。家も高速には比較的近いところに住んでいるとは思うけど、それでもわざわざSAまでゴミを持っていって捨てようという気にはならない。リサイクル料が発生するから金を払うのが嫌だというのは、まだ判らないでもない。しかし、自分の昨年ちょっと粗大ゴミを出したので、その時調べたのだけど、それほど不条理に高い料金が設定されているようにも思えないんだけどなぁ。

さらに家庭ゴミなんて、普通に捨てた方が楽なんじゃない?って気がするし、ペットなら無料で埋葬してくれるところもあったような気がするから、そういうところに頼むのが、一時期を共にした生き物への接し方だと思うのだけど。

ひょっとして、ゴミ出しに異様にうるさい地域とかあるんだろうか? あぁ、規則規則ってやかましく言う、暇なおばさんとか居たり、やけに細かな分別を強要したりする自治体があったりするのかもしれないね。些末なところに拘ると、結局歪みがこう言う形で現れるんだろうね。
冷却スプレー後たばこ、そして部室爆発…重過失傷害で元生徒1人書類送検へ

同署はガスが充満した室内で着火することの危険性を元生徒は認識できたはずと判断した。


そうかなぁ? 僕は認識できていなかったと思うけどね。最近の餓鬼はその程度の判断すら出来ないほどに愚かだよ。多分こいつは、自宅とかで普通に同じ事をしていたんだと思うよ。どの程度スプレーしたのかしらないけど、スプレーはあまりにも身近過ぎて、締め切った状態で使用するのは危険だとか、火気が危険だとかそういう感覚は欠如してるように思えます。

部室の密閉度がそこまで高いというのも、盲点だったんだろうね。まぁ高校生がたばこを吸おうとしていたんだから、窓やドアを閉めておくのは当然のことだね。結局頭の回らないおバカさんだったってことなんだろうけど、たばこを吸うにしたって、もう少し我慢してせめて学校外とかにすればいいのにねぇ。良い薬になっただろうね。

本人がきちんと意味を理解していればだけど…… 無理かな。
憂楽帳:芸術と裁判

本気で言ってるのだろうか? コラムとは言え、マスコミの書く内容だとはとても思えない。「?の方が本当のように感じられる」程度で、有罪あるいは無罪が決定されてはたまったものではない。それで、犯人は逃げおおせることもあるし、最悪は冤罪だ。無責任にも程がある。

ピアノの音を例に出して、「芸術を理解するのは難しい」としているが、芸術が難しいのは、それを理解することよりも、芸術とは何かを理解するのが難しいからだ。ピアニストと猫の双方が出した音を聞き分けるのが難しいからではない。僕の芸術の定義からすれば、全く同じ音であっても、猫の出した音は芸術たり得ない。そして、そうではないと結論づける人もいるだろう。そのどちらも正解でも不正解でもない。芸術の定義はこれと決定できるものではない。だから難しい。

その感覚で裁判をしてしまったら困りものだ。何年も法律の世界で生きて来たプロにも、その裁量は任されていない。にも関わらず、ド素人に自由な判断を任せるべきだ的な発言をされたのでは、「裁判員制度」は恐ろしい制度だと結論付ける他ないだろう。

書かれている趣旨は「裁判員制度」は悪くないと言うことなんだろうけど、例の出し方や話の展開が悪すぎて、全く逆効果になってしまっています。
FC2テーマ:裁判 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
流石に昔のライディーンとは、かなりシチュエーションを変えてきていますね。エッセンスだけを取り出したような感じ。いきなり湧いてきたロボが何者なのか興味が湧きますが、恐らく当面は状況に対応していくという形で話が進行していくような気がします。

問題は、淳貴が何故選ばれたのかという点。確か、昔のライディーンは親父だか母ちゃんだかが異人さんだったという設定だったような気がしたのだけど、今回は二人とも出てきてるからなぁ。いやまぁ遠い祖先がとか、そういう話に持っていくことは考えられますけどね。

ロボの動作は重苦しくて、苦労の賜物という気がしますが、これをしょっちゅうやられるとなるとさすがにかったるいという気がしなくもない。戦闘をメインにすると、怠さが避けられないので、それ以外の部分を主軸にして話を進めていく方向なんでしょう。ロボはあくまでもスパイスという位置付けか。

ともかく、また気合いを入れてるなぁというのは判りました。後は、素材をどこまで料理できるかってことなんでしょうね。シュヴァリエは結果としてイマイチだったんで、WOWOWのIG第2弾としては、頑張って欲しいですね。
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑