FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
寮を丸ごと改装するだけの材料をどこから調達してきたんだ?
なんて無粋な突っ込みは無しにして(笑) いやぁしかし、綺麗に伏線を回収しているなぁと、本気で感心しちゃいました。物語としてとても綺麗ですね。恐らく1クールの作品だと思うんだけど、あまり無理せず背伸びせず、枠の中でしっかりとやることをやっているという感じがとても良い印象です。

結局学美がやったことっていうのは、背中を押しただけという位置付けになっているのが、とても良い。仲間が居なければ何も始まらないというのが、全体を通じて良く描けています。少し長めに生徒会の奮闘を描いて意味もあったし、その奮闘が無ければ何も無かったというのもまた事実という部分もちゃんと描けてます。

作品の意図に賛同するかどうかは別にして、説得力があるなぁという感じがします。実際あの年代ってのは、あの手のお祭り騒ぎは基本的に好きだってのは、今も昔もそして未来もそれ程変わらないってことなんだろうなって納得しちゃいます。

で、これで一段落付いた訳なんだけど、ここからラストに向けてどうもっていくのかまた楽しみです。話数的にそれほど大ネタは入れられないだろうけど、それにしても、もう一つ位何か起こしてくれるかもしれません。最終的に、みんなが仲間になったというのが、ある程度の恒久性をもって納得できるようなラストにしてくれることを期待したいと思います。
スポンサーサイト



シア編完結。そういえばこちらもパンチラアニメだったね。シアだとネタが無さ過ぎるのか、ちょっと時間がもてあましたという感じがします。この構成はどうしてもバランスが悪くなりますね。まぁそれは仕方ないところ。

あのエンディングじゃ、結局何なんだよって感じがどうしても出てしまうような気がするんですよね。そもそもメインじゃない話を無理くり作っているんで、結論が半端になってしまっています。まぁそんなことを気にしても仕方ないのだけど、省略されて、真面目な部分だけを繋いでいるから、純粋に女の子達を楽しむってところまで行ってないんですよね。どうやってみたものかが、最後まで良く判らずに終わるような気がします。
ついに伯符登場。随分ゆっくりと話を進めているなぁという感じがします。前作がバタバタしていただけに特にそういう感じ。モーちゃんの意図が良く判らないんだけど、そうこうしている内に大事になりそうな予感。でも、やっぱり白布は知らない内に巻き込まれるという図式なんだな。

作画がちょっと落ちてきたような気がするのが気になります。この手はやっぱ作画が重要でしょう。その辺が駄目だと全部駄目って事になりかねないので、頑張って欲しいです。ただ、折角戦うのであれば、もう少し全体の話も見えた方が良いと思うので、あまり謎を引っ張りすぎない方が良いと思うんですけどね。一騎当千なんて判りやすい方が良いですよ。きっと。
拉致被害者:救う会が運動方針 北朝鮮制裁強化も要求へ

拉致問題は酷い事件だと思うが、何故それが酷いのかと言えば、全くなんの関係も無い市民が、国家の都合により一方的に自由を束縛されたということにあるんじゃないだろうか。それを踏まえて救う会とやらの主張を見てみましょう。

北朝鮮貿易の全面禁止▽日本人・在日朝鮮人の北朝鮮渡航禁止など北朝鮮への制裁強化を求めることも決めた。



さて、言っていることの次元は北朝鮮の行動と同じに見えるんだが、気のせいか? それとも目には目をと言いたいのか? それでも結局同じ土俵で争っているだけなんじゃないかって気がするんだけどね。まぁ、そういうやり方をアリだってのは判るけど、相手が相手だけにあまり有効な手じゃ無いような気もしますね。それにこのやり方をするなら、あまり人道とかを全面に出すべきじゃ無いだろうね。
「ダビング許可」などコピーワンス見直しで議論

えっと、既に2007年3月も半ばなんですが、この人らは一体なにをやっているんでしょうか。いよいよ2011年なんて怪しくなってきました。正直この話が纏まって実際の商品がでてこない限り恐くてレコーダーが買えないんですよね。で、レコーダーが普及する前に地上波を止めれば当然相当なクレームが来ると思うんですが。

そもそも、馬鹿役人どもが、ちゃんと考えもせずに期限だけ決めやがったのが、そもそもの間違い。相変わらず正規利用しようとするユーザーがババを引くという一方的なルールを押し付けてそれでなんとも思わないという感覚がまかり通っている。

既に12回にもなっている会議。これまでの履歴を見ると月に2回くらいのペースで行われているらしいが、一体後何回会議をすれば話が纏まるんでしょうか? 10回? 50回? 100回? その会議の費用も税金から出ているってことを忘れないようにしていただきたいものですね。
「赤ちゃんポスト」 親の責任を問い直す

生まれた子供の立場から考えると、自分の親がだれなのか知りたいと一度は思うだろうし、その時に「分かりません」では辛いと思います


確かに辛いかもしれません。思い悩むかもしれません。
なんでそうなるのか? それは簡単なことで、「普通」の人は自分の親が誰なのかを知って居るのに、自分はそうじゃない。だから辛いし悩むことになります。つまり、

世の中の誰一人として自分の親が誰か知らない。とするなら誰も辛くも無いし、悩むこともないでしょう。親を知らないのが、特殊じゃなくなれば問題は解決する訳です。結局破綻しているにも関わらず家族制度を前提にしているから、こういう「はぁ?」な意見が出る訳で、その前提を壊してしまえば、解決方法など幾らでも存在します。

何十年も昔の話を持ち出して、「昔は貧しくても子供を育てたものだ」なんてやっている爺さんにも、呆れ返ります。当時は貧しいからこそ人工として子供が重要だった訳です。実際に「夜明けとともに野良に出て、真夜中まで夜なべをし」ていたと証言されています。で、さらに貧しい時代には、子供には商品としての価値もありました。子供を売り飛ばすなんてのは普通に行われていたし、不必要なら捨てることも現在より遙かに頻繁にあったでしょう。昔は子供なんて簡単に死んだから、子供であるというだけで希少価値が高かったというのもあるかも知れません。

それに対し、現在においては、労働なんて都市部でやらせたら、最悪逮捕されます(笑) 大抵の子供の生産性は、ほぼゼロです。ましてや商品価値なんて言い出したら、人道主義者から吊し上げです(笑) ですから、育児工数と費用は、自分の収入が足りなくなって、面倒を見て貰うでもしない限り、純粋にマイナスです。よって育ててられないと考える人間が出てきても何の不思議もありません。

で、挙げ句の果てには自己犠牲と来ました。「宗教か?」とか突っ込みたくなります。そんなに自己犠牲を他人に説くなら、自分がポストに入れられた子供達を引き取って育て、自ら範を示したら良いんじゃないですかね?
FC2テーマ:家族 | カテゴリー:所感
トラックバック:1 | コメント:0 | Page Top↑
一緒に公園へ…母親の車にはねられ3歳男児死亡

まぁ事件自体は不幸な事故なんですが、その原因となった行動は、普段から迷惑極まると思っています。つまりそれは、

・車で子供を公園に連れて行く
・子供を先に降ろして自分は用事を済ませる

こういうことを普段からやっているから、事故が起きたんでしょう。余程巨大な公園で無い限り、車で公園に来る連中の大半は路上駐車をしやがります。あたかもそれが当然の権利であるかのごとく、公園の周りは見るからにそれっぽいワゴン車なんかで一杯です。自分達の子供の為には、それ以外の人間の迷惑なんか知った事じゃない。こういう発想が家族連れには、そこかしこに見受けられます。

子供が車から降りているのに、何故親が車を発進させたのか? この時点で3歳児から目を離しているということが確定です。3歳児なんてのは猿と同じです。善し悪しの分別なんか付いていないし、大人が考えないようなことでも平気でやります。そういう年齢の子供を堂々と自由にさせる。結果自分でひき殺しているわけで、自業自得ですが、他人がひいたら、その人は罪に問われなければならなくなるし、精神的に傷は負うし、この親達は責め立てるだろうし、挙げ句の果てに交通規制をかけろとか言い出したりします。

自分の家で起こっていることは、世界の普通と勘違いする。これも家族連れによく見える迷惑な傾向。良く小さい子供に、世界は自分を中心に回っているんじゃないと言い聞かせる話を聞きますが、そっくりそのまま親達に聞かせてやりたいと思うことがしばしばあります。
老人が尊敬される時代は終わった

いやぁ良く纏めましたねぇ、感心しちゃいます。確かに過去には老人というただそれだけの理由で敬われていた時代があったのかもしれません。そういう甘い状況には既に無いということは事実でしょう。

けれど、だからといってそれを修正しなければならないとは思わない。尊敬に値しない人間を尊敬する必要性をまるで感じないからというのが、正直なところ。ちなみに、これは老人で無くても同様で、若かろうが、老人だろうが全く同じ。

実際このエントリーで様々な例が挙げられているんですけど、それを見れば判るように、彼等の失敗は技術的、あるいは経験的な知識に依存しているという点にあります。そんなものは、当然文明の進歩と共に必要が無くなる訳で、何十年も生きてきてその程度の能力しか得られなかったとすれば、それは当然尊敬に値しない。逆にそうじゃない知識を持っているとすれば、彼等は十分尊敬に値するということになるでしょう。

例えば、我々は今でも2000年以上も前のギリシア時代の哲学や芸術に教えられることが山のようにあります。老子、荘子など紀元前の中国思想にも見るべきものはたくさんあります。それらは、時代がこれだけ進み、環境が変わり、文明が進んでも十分通用するだけのものです。勿論、今現在残っているような作品を作ってきたのは、当時でも天才の部類だったかもしれませんが、現在の老人が、その1/1000でも1/10000でもそれらの知識を持っていたとしたら、ここまで無下にされることもなかったでしょう。

結局、老人達はなるべくして現在の位置にいるってことででしょうね。人間が存在するだけで貴重だった時代は終わったということでしょう。その内老人以外の世代にも、同様の現象が起きる気がします。昨今流行の格差社会なんては、そのはしりなのかも知れません。それは進歩であって悲しむことでは無いように僕には思えます。
FC2テーマ:社会 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑