FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ありそうな、なさそうな、極端なような、薄いような、そんな微妙な色付けのキャラです。とりあえず、絵的にはそれなりに可愛いけど、どうなるのか。演劇ってのは、音楽なんかに比べれば映像にし易いのは事実だけど、今更そっちを主軸にしていくって訳じゃないんだろうな。

1話の段階では、なんともって感じです。今のところ特徴は特に無し。ってとこでしょうか。これで、感想を書けと言われても困るよなぁって辺りまでしか進まなかったしね。
スポンサーサイト



住基カードには,いったいどんなメリットがあるのか

結論としては今のところほぼ意味が無いということなんでしょう。まず、この状態を徹底的に改善して貰わなければなりません。電子認証で考えられる全ての手続きが可能、、手数料はカード無しの少なくとも1/10以下。そういう状態にしてくれなければ意味がない。

「住民に利便性を訴えるべく努力することが重要だろう。」

えらくヌルい言い回しです。努力などで終わって貰っては困ります。成果を出すことは絶対条件。これまで出せなかった連中は全員クビ。その位はしても罰は当たらないと思います。数百億のイニシャルコストと100億以上のランニングコストをかけて、普及率が1%未満なんて論外もいいところです。

成果だけじゃなくて、それによる役所の経費削減もきっちりと明示させるべきです。何年で構築費用が回収出来るのか、ランニングコストを上回る効率化がいつから実現できるのか、きっちり出して貰わないと困ります。税金を使って、役人が楽をすることが出来ましたというのじゃ話にならない。役人の数を減らせないのは仕組みに問題があるのだから、仕組みの方を変えさせる。数値目標として、経費を1/10以下にするとか、きっちりとした計画を元にして着実に進行させ、達成できない場合は、何らかの責任を追及するってことをして貰わないとどうにもなりません。

これだけの時間をかけても、この状態ということで、今の役人は使い物にならないってことを証明している訳だから、もう現役の役人は全員クビにして、損害賠償訴訟で家屋敷まで含めてきっちりと搾り取ってやるくらいする必要があるんじゃないでしょうか。総務省の官僚なんかは全員強制で、内蔵をはじめ売れる身体のパーツは全部売るとか、人体実験の被験者にでもなるとか、ともかく短期間で億単位の金を稼げるように扱って、責任を果たすまでは人権を剥奪するくらいした方が良いでしょう。
HDMI搭載でHDD容量を拡張したブラックモデル「Xbox 360 エリート」

出るとは聞いていたが、実際に発表されてみると、既に持っている人間からすると痛し痒しという感じです。120G HDDとHDMIよりも、むしろ中身がどの位変わっているのかに興味が沸きます。省電力化、低騒音化などなど改善されているかも知れない部分は幾つかありそうです。当面のところはちょっと悔しいですけど、進化したという事実は喜ばしいことです。なんらかの理由で買い直しとなった時に新しい仕様の物が選べる訳ですから。

HDMIポートをどうやって追加したのかが気になります。拡張スロットなんか無いんだろうから、M/Bが変わったと見るべきなんでしょう。既存ユーザーに対して適価のアップグレードパスなんか容易してくれたりすると、Microsoftやるねぇってことになったりするんだけどな。
日本のソフトウエア産業、衰退の真因

流石に鋭い指摘です。全くその通りだと僕も思います。「自立」というキーワードで解決策を提示しておられますが、その為に必要な前提こそが、正しい成果評価ということになるでしょう。これが出来ない、あるいはしたくないばかりに全ての元凶が発生していると言っても過言では無いだろうと思います。

この成果の評価というのは、個人対会社にも会社対会社にもあてはまります。まず大抵の会社はこれらの契約を時間で評価しようとしています。勤務時間の規定が無いという会社は、少なくとも日本ではほとんど聞いたことが無いというのが、良い証拠で、成果を時間に換算して、中身は問わない(に近い)状態が未だに続いています。

実際、僕の感覚では成果を評価出来るという人間は、相当の大企業でも極一部で、そういう人は大抵管理職以外の仕事をしています。管理職に限定すると、極一部が、極極々一部くらいまでになります。さらには、協力会社絡みになると、担当部署以外に、総務だの辺りが口出しする場合が多く、彼等の中で技術的評価が出来る人は、皆無であることがほとんどです。

派遣ではなくて請負で。これを行うためには当然責任に応じた金額の上昇が無ければなりません。そして、どの部分を請負に出すかという切り分け作業が必要になり、成果物の単体評価も行う必要があります。つまり、元請けにしてみれば、作業量が増えているにも関わらず、発注額も増えるという認識があり、多くの元請け企業で請負契約には消極的です。システムの全てを丸投げできるのであれば良いのでしょうが、それをこなせる規模のソフトウェアハウスはそう多くは無く、結局は、派遣扱いにして、人足として利用するという形態が選択されています。とりあえず、先のことより当面の利益が優先という近視眼的経営者と管理職が安易な選択をすることで生じたことで、この繰り返しが業界全体の能力を著しく削いだというのは事実でしょう。

これを正すには、一定以上の規模の企業に対し、成果主義を義務付けるという以外には手は無いように思えます。まず、勤務時間という制度を廃止させる。エグゼンプションのように残業だけ削ったのでは中途半端で駄目です。当然、有給や年次休暇、遅刻や早退という概念も消失させます。その上で社員は全員を年俸制とし、どの程度の成果を会社側が求めるのかを、明示させその達成に対する評価をきちんと行わせる。この感覚がある程度まで浸透すれば、おのずと全体が変わるでしょう。

管理する側が楽になるような仕組みを許している内は、この状態が改善されることはまず無いでしょう。
FC2テーマ:経営 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
客が東海道新幹線を止める 乗り間違えたので降りようと

全速で走っている車内から蹴り落としてやればいいんじゃね。
こんな奴、生かしておいてもロクなことにならないだろうし。

っていうか、せめて飛び降りてくれれば良かったのに。
のうのうと生きてるんじゃねーよ。
阿蘇の原野火災、カップめんの湯沸かした男、異例の逮捕

っていうか、あれだけの騒ぎを引き起こして軽犯罪法違反で済むって方が驚きだよ。100ヘクタールの原野って、どれぐらいの価値があると思っているのか。馬鹿の命の一つや二つじゃ済まないと思うんだけどね。

さらに消化の為に使われた費用。これは当然税金が使われている訳だけど、一体幾らなんです? 当然この無職のジジイが払えるような金額とは思えない。にも関わらず軽犯罪法違反ですか? やっぱ日本の法律は信頼に値しないわ。
【解答乱麻】全日教連委員長・三好祐司 免許更新の運用配慮を

目的をはっきりするべきだという主張はその通りだと思いますが、10年ごとに30時間の講習がそれほどの大事なんでしょうか? この程度で失うような誇りなら無い方が良いと思いますけどね。

僕は教師の仕事は、学問に特化するべきだと思っています。それ以外の部分を学校で処理しようとしても、所詮限界が見えています。ある程度のアドバイス程度は構わないと思いますが、あくまでも責任の所在を学校や教師に置くべきじゃない。そう思っています。

そうすれば教師の仕事というのは、ぐっと減ります。いや、実際には減らないかもしれないけど、最終的な責任の所在が自分達で無くなるというだけで、精神的には相当楽になるはずです。しかし、だとしたら、今度は学問を教える側としてプロであって貰わなければ困ります。

そういう意味で、10年に30時間ってのはいかにも有っても無くてもな気がします。僕は5年程度ごとに100?200時間程度の講習と試験を必須にして、成績不良者に関しては合格点を獲得できるまで教員免許を停止する程度の厳しさがあるのが適切だと思います。っていうか、普段は忙しいって主張するんだからなおさら講習は短い周期で徹底的にやる必要があるんじゃないですかね? そういう厳しい壁を乗り越えてきた、現在も未来も継続的に挑戦している。そういう「誇り」が教師の威厳を裏付けするんじゃないですかね?

とにかく、忙しく頑張っているんだから、これ以上余計なことをさせるなってだけじゃ説得力の欠片もありません。人にモノを教える集団の親玉とはとても思えない陳腐な内容です。こんな程度の教師なんて辞めてもらった方がいいでしょうね。
FC2テーマ:先生 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
長々と別れのシーンを引っ張った辺りから、これは復活するなと思っていたら、案の定でした。これでまさしく予定調和成立です。まぁこういうラストだというのは、判っていたので確認したというだけですね。

一夜兄さんがあんな簡単に終わってしまったのは予定外ではありますが、最終回まで行ったならもう、多少の差はあれ呆気なく行くしか手がないでしょう。空が居なくならないという手もありましたけど、それは流石にエグい気もするし、刹那の処理が困るでしょう。その辺りまで考えれば、今回の終わり方が無難なところと言う気がします。

愛は地球を救う。それに理屈は要らないって話なので、それ以上にもそれ以下にもならないって感じです。中身自体は何も無いので、絶対天使達を愛でる以外に楽しみようがない。個人的には最後までメイド魂を通した刹那ちゃんに一票ですが、まぁヲタアニメでしたね。絵的にはそれなりだったし、まぁまぁなんじゃないでしょうか。
おっと一気にクライマックスに向かっていきました。ここへ来て天皇と幕府の権力争いという隠しネタが登場です。往壓は刺されてしまいましたが、まぁこれで終わりって事はないでしょう。アトルが鍵だってのはほぼ間違いないとは思います。

この話の設定自体はなんでもありになっているので、物語的なラストをどう作るのかはいくらでも調整出来るはずです。だから気にしても意味がない。問題は、その結論が何を意味するのかという方です。アトルの立てたテーゼはかなりヘビーで、これに何らかの回答がなされないと、ちょっと納得しがたいモノになります。

全体を通しての出されていた、「私の居場所はどこでしょう」というのもかなり重たい。この二つを同時に満足させ、恐らく天皇家の連中を廃する形で終わると思うので、それで何を答えとするのか。これは結構楽しみです。

曖昧に逃げるということも出来るでしょうが、それじゃちょっとがっかりなんで、是非面白い回答を期待したいです。