FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
そろそろ展開をしないとなぁという段階で、新たな状況に移行しました。それ自体は歓迎すべき傾向です。予告を見る限り、未だ国のメンツとの争いが続くようで、肝心な時には役にたたない連中だってのが、また垣間見れそうです。

敵が宇宙人であるという表現はされましたが、一体何のために攻撃してきているのかとか、そもそもライディーンとはなんぞやという部分は、まだ隠されています。よって、対処療法的に対応する他なく、しかもライディーンは圧倒的な強さということで、基本的には流れは膠着状態。物語としては内情の話に振るしかないという感じでしょうか。

それ自体は悪くはないのですが、それを持って何を描きたいのかというのが、どうにも曖昧になってきています。全部で何話なのかしりませんが、話は展開したことだし、そろそろ全体像をせて欲しいなぁとか思います。
スポンサーサイト



IGと神山監督の新作。となれば、当然期待しない訳には行きません。攻殻機動隊は良くも悪くも攻殻機動隊な訳で、どうしても押井監督のイメージから離れられません。そのイメージが無い時、一体神山監督がどの程度の作品を出してくるのか、これはもう興味が尽きません。

動画のクオリティに関しては、IGはほとんど外れることはないのですが、今回に関しても、十分なものを維持しています。この辺りは流石です。これだけの新番構成をものともせず、名前に恥じないだけの質を維持するのは、大変な事だと思います。

話の方も1話としては順当な滑り出しだと思います。テンポも遅すぎず速すぎずで、作品の雰囲気に十分合ったものになっているし、キャラの描き込みも初回としては十分なものでした。いやらしくないレベルでの伏線も張られており、綺麗な構成になっています。原作を未読なので、原作の力とアニメスタッフの力のどちらによるものかは判断できませんが、何れにしても、好感触な出だしだと思います。
やっぱり、アニメはノリとかテンポが今一つだなぁ。毒抜きされているのがまた微妙な状態にしています。ま、いまのところ初期設定回なので、次々と新しい内容が出てきて、説明が必要になるので、それが影響しているのかもしれないですが。説明が一通り終わって、ネタに集中できればもう少し良くなるかもしれません。

もう少し情報量を増やして欲しいところです。同じだけ進行するにしても、もう少しできるはずだと思うので頑張って欲しいところです。勢いをもう少し付けてノリを良くしてくれればだいぶ変わると思います。
う?ん、物語を収束させるので一杯だったって感じがしますね。面白いテーマだったと思うのですけど、あのアトルと往壓の会話だけで纏めましたとされると、ちょっと厳しいかなと言う気がします。この結末に持っていくなら、もう少し世界観の方にウェイトを置いて描いて貰わないとバランスが悪いという気がします。

どうも、中盤までどういう結論に落とすのか迷っていたんじゃないかと感じられるような中途半端さがあったように思えます。どうしても駄目という訳じゃないんですが、それこそ、帯に短したすきに長しという感じで、微妙な感じの作品になってしまったように思えます。もう少し思い切った描き方をしていれば、良い感じになったかもしれないなぁなんて思えて残念な気がします。
ともかく劇場版が大好きだったので、それをテレビシリーズにするとどうなるのか、興味が尽きません。原作は未読なので、劇場版が話のどこら辺までを描いているのかも判らない状態で、それも含めて、今回のシリーズには期待していました。

第一話は、ちょっとテンポが遅いかなという気もしますが、それでもそれなりに無難な出だしかなという気がしました。世界観の部分がもう少し描けていても良いかなとも思いましたが、今後に補足がなされるのかもしれません。

劇場版の方は、時間的な制約もあってか、世界観の描写に重きを置いていたのに対して、テレビシリーズは、キャラの方のウェイトを重くしていたように感じます。これからの長丁場を乗り切るには、キャラを生かさないとということなんでしょう。そう考えれば、バランスは悪くなかったと思います。

とりあえず、過不足無くという感じの1話だったので、これからもちょっと期待できるかなとか思っています。
中盤の繋ぎが悪くてどうしてもボールを磐田に支配されるという時間が長かったです。相手のシュートが2本もポストを叩きましたから、負けていたという結果になったとしてもおかしくない試合でした。これまでダブルボランチの形式だったものが、4バックにしたことで、1枚になり、中盤が薄くなった。ということは考えられますが、そこまでポジションに固執しているようにも見えませんでした。要は、まだシステムに馴れていないという部分があったということでしょう。まぁ磐田も弱いチームでは無いし、連勝で調子も悪くなかった状態ですから、そう簡単には勝たせてはくれません。最終的に勝利できたというのは、ツキもあったように感じます。

攻撃面では小野が光っていました。ポンテやワシントンは相応という感じがしましたが、やっぱり、長谷部や山田、阿部の攻撃面での貢献がもう少し見たいというのがあります。中盤が繋がらなかったので、上がるのが難しかったというのもあるし、磐田側も左右を有効に使っていたというのもありますが、だから攻められませんでしたと言ってしまったのでは、あまりに芸がありません。

もう少し熟成には時間がかかると言う気がします。後メンバー的な問題も。相馬と達也が戻ってきた時にどういう布陣が組めるかというのが楽しみです。今はまだ攻撃面では、システムを弄りたくないというのがオジェックの考え方なんじゃないかという気がします。交代要員も守備的な選手が多い。どれくらいで、今のサッカーが身についてくるか、早いところお願いしたいなと楽しみにしているのですが、なかなか難しいようです。