FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
本日のお言葉
「あんた目いくつ?」「ふたつ?」

少なくとも、今回は基本的にNoir路線。エリスが何かを得るまでの話って方向なのか。だとしたら、当面はNoirの路線なのかもしれない。ナディとミレイユは違っているような、似ているようなという色付けにしてあるように思えます。けど、エリスの側は明らかに超人な訳で、その辺りはMADLAXの路線を継承している。

演出はそつがないので見ていて楽しい。台詞回しもなかなか粋で良い。テンポも遅からず速からずで雰囲気にちょうどマッチしてる。この辺りはさすがだなぁという感じがします。清水愛が上手いことエリスを演じてますね。それは好感触です。

ナディとエリスの対比は、Noir以上にはっきりとしているし、キャラの関係性もNoirよりは凝ってそうな雰囲気があるので、ちょっと期待したいですね。今のところはマイナス要因は無しで順調に行ってます。

そうそう、微笑むリリオちゃんにちょっとときめいたのは内緒です。
スポンサーサイト



1話よりは大分よくなったけれども、まだ支離滅裂感が強いです。ジグソーパズルをやらされているかのようで、それぞれのシーンがどの部分にはまるのか、いちいち考えないといけない状態。しかも、まだ初めの内なんで、手がかりも少なくてほとほと困り果てているって感じ。

このシナリオを書けるって、ある意味凄いなって気がします。僕とは頭の基本構造が違っているんだろうな。キャラの描き込みも結構されていると思うんだけど、ストーリーの方が気になってしまってそっちに意識が回らない状態です。結構もったいない。

きっと、全話を見終わって、もう2回くらい見ると、違う印象になるんじゃないかなという気がします。ただ、それは深みじゃないというのが僕の理解。ぶっちゃけていうと、あまりフェアなやり方じゃないなって気はします。

ま、まだ2話だし、これからもう少し見ないと結論は出せないですけどね。
土佐犬の放し飼いに有罪判決

犬だけじゃなくて人間にもこの基準を採用してください。
「ずさんな管理や飼育」は犯罪です。つか、人間だと噛む程度じゃ済まないことも多いしな。

-----

勤務医:7割が週48時間以上労働 病院会調査で明らかに

1週間の勤務時間を聞いたところ、「48?56時間未満」が26.1%(1469人)で最も多く、▽64時間以上=23.2%(1307人)▽56?64時間未満=20.8%(1173人)と続く。週48時間以上働いている勤務医は計70.1%に達する一方、法定の「40時間未満」は4.1%(229人)にとどまっている。


えっと、普通のサラリーマンでもそんなもんなんじゃない? 特に過酷な時間だとは思わないのですけど。ましてや、医者なんて患者ありきなんだから、定時になりましたさぁ帰りましょうって訳には行かないでしょ。本当にキツイ人も居るんだろうけど、こういう記事を書かれると、医者も大したことないねって結論になっちゃいますよ。
妻としては…夏の賞与、次世代DVDは不可?

まぁ興味の無い人の認識なんて言うものはこの程度なんだろうという良い実例。けど、一応マスコミの記事として載せるにはいささかお粗末としか言いようがない。IT関係の人間の話ということらしいが、希望的観測が入りすぎているような気がします。

iVDRが刺客だという。100Gで¥5,000を目指すという話も本当だろう。にも関わらず何故かBlu-rayの方は現行の価格でコストパフォーマンスを比較している。iVDRが100Gで¥5,000になる頃には、Blu-rayディスク1枚の値段は、恐らく数百円という価格になっているだろう。現行のDVD-Rなりの値段を見れば、それは当然想定できる。となれば100G分のディスクの価格は、¥2,000程度ということになり、iVDRより遙かに安い。ついでに言うと、iVDRがメディアとして、どの程度生き残るのかは未知数。恐らく商用のROMが発売済みのBlu-rayなりHD-DVDなりの方がまだ生き残る可能性は高い。

音楽データがネット配信されているという現状を見て、映像もネット配信されるのではないかという。例としてiTSの動画配信を挙げているが、HD画質での動画配信はまだ十分に立ち上がっているとは言えない。しかも、日本で欧米と同じレベルのサービスが受けられるかも微妙。価格も未定。これを録画すればいいじゃないかと考えているようだけれど、そもそも録画出来るかどうかも不明。それを言い出したら、放送だけで十分ということになるのだけど、それじゃ嫌だからメディアに保存して所有しておきたいというのが趣旨なんじゃないかという気がする。

次世代DVDを否定して乾燥機を買いたいなら、こんな適当な言い訳を付けなくても、他にやりようはあるでしょう。まずBlu-rayとHD-DVDのどちらが生き残るのかが現段階では不明瞭であるということ。マルチドライブも出るようだけれど、それがどの程度の出来で、どの程度普及するのかはまだ判らない。この時期に次世代DVDを決め撃ちするのは、かなりリスクが高い。

さらには、値段が30万もしているように、良く言ってもまだ黎明期であり、本格的に普及するとなったら、あっという間に価格は1/2、1/3に落ちていく。初期の製品は故障率も高く、そうでなくてもレーザーピックアップは消耗品なのだから、大して見もしない内から高額なレーザー製品を買ってもあまり得は無い。少なくとも後数年は待った方が一般的に幸せに慣れるような気がします。

要は、次世代DVDを搭載しようとするから高いのであって、通常のデジタルHDDレコーダーを購入する分には、10万もあればなんとかなります。当面はそれで凌ぐというのが一番無難な選択なんじゃないでしょうか。いや、放送録画には興味が無いということであれば、それすら不要なんですけど、仕事で遅くなる旦那としては、折角大画面TVも買ったことだし、自分の見たい番組をHD画質で見たいという要望は理解できます。まぁその辺りが落としどころなんじゃないのかな。
「留年通告」ゼミ生自殺、高崎経済大准教授を懲戒免職

あの?、大学生なんですけど…。しかも8月の課題を未提出だから12月に追加課題を出されたわけでしょ、内容だって大して難しいとも思えないんですが…。これが大学院並っていうなら、この大学は一体何を教えている学校なんでしょうか? 判らないなら判らないでやりようってものがあるんじゃないですかね。やっぱり今の大学は託児所ってことなんでしょうか?

仮に、この准教授のやり方、課題の出し方等々に問題があったとして、留年という言葉が行き過ぎであったとしても、本当に留年の処理にしたかどうかは不明な訳だし、不当に留年にさせられるというなら、違った方法で抗議なりをすれば良い。

この程度で自殺とは…、問題は圧倒的に生徒側にあると僕には思えます。「『留年』と言っただけで辞めさせられては、教育にならない」という主張の方が余程正当性があると僕には思えます。

というか、自殺の責任は本人以外には帰属しないといい加減理解して欲しいです。
しかし、毎回毎回トラブルばっかりだな。そんなに信頼性が無い状態で作業しているのかって言いたくなるくらい(笑) 詳しくないので知らないけど、本当にそんなものなのかもしれないし、話を作るためにそうしているのかもしれないけど、印象としてトラブルが多いという気がします。

で、次回もまたトラブル話。今度はスペースシャトル編。あんな10年も前の技術を使っているからトラブルを起こすんじゃないのか? やっぱり最新技術で小型軽量でリーズナブルな奴がいいんじゃないだろうか。そのかわり、小型軽量のパイロットが必要になりますが(笑)

ん?、とりあえずロストマンと合流するまではこのペースなんでしょうけど、合流した後はどうなるんでしょうか。その先の話が読めないですね。最終的には何かと戦うみたいですけど、そこに行き着くまでには長い道のりになりそうだなぁ。
完全に極道ものになってる。これだとワンパターンになることは必至なんで、徐々に人魚のネタも使ってくるんでしょう。もうしばらくはこのノリだけで走りきれるとは思いますけど、馴れてくるに従って息切れすると思うので、そこをどう繋ぐかにかかっているでしょうね。燦ちゃんも微妙にずれたところもあるので、ネタ出しには困らないのかもしれないな。

ともかく、2話まではなかなかナイスな出来でした。ともかくも楽しかったです。それは間違いないってことで、次回も楽しませていただけることを期待したいです。