FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
藍蘭島の非常識炸裂。なんで、そんな状態なんだとか疑問に思ったら負けです。松茸擬きとかぶっちゃけありえねーだろ、とか考えたら負けです。現代文明にどっぷりの男と大自然の中で生きる女の子とじゃ勝負にならないなんてのは、アイヌの巫女様にお仕置きされなくても明白なことでしょうね。

水汲みとかキツそうだなぁ。全身筋肉痛も頷けます。それでも頑張ろうとする辺りが健気ではありますが、適材適所ってのが必要でしょう。彼に適所があるのかは微妙なところではありますが(笑)

今回は千葉紗子の悲鳴が聞けなかったのが残念ですが、まぁ毎回同じというのも芸がありませんし、次回の楽しみに取っておきましょう。で、あとどんなネタを出すのかなと思ったら、いきなり2話構成に出ますか。勢いで突っ走る気満々って感じですね。
スポンサーサイト



公取委が「緑資源機構」などを家宅捜索 林道整備談合

どんなに高い志しがあっても、役人の腐れ外道共の手にかかれば途端にくだらない金や権力の為の道具に成り下がるという見本。つか、役人が正しく仕事をすることってあるんだろうか? と疑いたくなる。本来は、こういうことが無いように、公共化されているはずなのに、当の役人の質がそこまで低下しているために、ちっとも公共化の意味が成立しない。

まず、役人を全部入れ替えるべきだ。そして、採用基準をゼロから見直すべきだ。それが出来ないなら役人に権限を与えてはいけない。資本主義原則に任せたほうが、まだなんぼかマシかもしれない。とりあえず、役人のこの手の犯罪には、もっと徹底的な厳罰化を行うべきだ。市長の射殺犯なんかより、よっぽどこちらの方が国家に対する挑戦だよ。役人の不正には、バレたら一生が確実に終わる位の懲役や罰金、あるいは人権剥奪が望ましい。懲役なら50年以上、罰金なら最低でも億単位は必要だろう。

そんなことしたら、役人のなり手が居なくなる? それで来なくなるような奴は来なくて結構。来た人数でこなせる程度の規模が役所には相応しい。
少年法改正案を衆院委員会で可決 今国会成立へ

個人的には、少年犯罪の犯人を簡単に刑務所送りにすれば良いという考えには、疑問があるのですけど、まぁそれは置いたとして、与党としての見解が厳罰にすべしというのなら、それはそれもアリではあると思います。

少年法については考え方が二つあるらしい。一つは、責任能力が欠如しているからというもの。そしてもう一つは更正可能性によって成立するというもの。結果として、この二つを否定したことになる訳です。この場合、一番気になるのは責任能力の問題。つまり、責任能力が無いとされる少年であっても厳罰にするということであるなら、同様に責任能力が無いとされる大人に対しても、同様の措置を取るべきだと僕は言いたい。良くある心神喪失状態なんて良い訳をして、罪を逃れようとする詭弁を排除するという方向を明確にして欲しい。

ちなみに、更正可能性云々だから少年犯罪をそれ以外と同様の責任性で扱うべきではないという、連中も居るらしい。それなら、なんでそれが少年にだけ適応されるのかという必然性を説明して欲しいものです。なんでもかんでも可能性で語られたのではたまりません。それを主張する人達と、少年犯罪者だけで隔離された孤島にでも移り住んで欲しいものです。恐らく全員皆殺しにされて、犯罪者の楽園が出来上がることでしょう。

僕の考えは何度も言ってますが、あらゆる権利は責任とセットであるというのが絶対原則だと思っています。何らかの理由で責任を果たせない場合は、その分権利を剥奪されるべきであるし、それが社会生活に問題があるほどの場合は、保護者が適切に管理を行わなければならないと考えています。少年というのは、まさにこの「社会生活に問題があるほどの場合」に想定します。よって、保護者に管理責任が発生するのが当然であり、少年が犯罪行為を行った場合、保護者がその責任を負うのが適切な処置だろうと考えます。また、保護者が見つからない場合は少年に権利は保証されず、当然自由もありません。監禁が適切な処置でしょう。ですから、親であっても、自分の子供に対して無条件に保護者になる責任を課すのは問題があり、保護者責任を放棄できる選択肢を与えるべきでしょう。保護者が付かない子供に対しては、国なりが教育・育成を行えばいいのであり、段階的に社会に順応できるような教育プログラムにするべきでしょう。

少なくとも現行法の幾つかに関しては、不条理な前提条件を元にして構成されている部分が見受けられます。少年法もまさにそれで、そんな前提条件で考えられているから、歪な形のものになっています。原則をきちっと決めれば、特に難しい話では無く、単に心情面の問題が残るに過ぎません。心情面なんてものは、2世代もすれば消える程度のものなので、本来は無視しても良いレベルのもので、不必要に過度な考慮を行うと、しょうもない結果を生み出すことにになってしまいます。

結局完全なる対処療法でしかなく、政治屋の考えそうなことだなぁという程度。改善になっているとは思えなくて、悪戯に法律を弄くっているだけ。という気がします。この内容で賛成か反対かと言われても困ってしまいます。
[思ったこと]三店方式はパチンコ屋が良くてなんでカジノがいけないんだ!

と聞く場合、まぁ色々あるとは思いますが、現行での法的な解釈を求めているという訳ではない場合もあり得ます。僕が質問するとしたら、まさにそういう意味で何号営業だか知ったことでは無い訳です。その差異の判断根拠を求めている訳です。で、法律によっては、これに答えられる法律関係者ってのが著しく少ない場合があります。風適法もその類なのかもしれません。

しかし、法律ではそうなっているで説明完了だと思う人って以外に多いですね。困ったことです。
本当に右傾化してるんだろうか

いきなり変化なんか起こらない。だから、刷り込みがされて居るんだろうという説。幾つかの例もあげていて、確かにそういうことはあるんでしょう。けど、逆の刷り込みだってあるはず。そのバランスがいつからか崩れているとしたら、そこが変化点と見なすことはできるとは思います。

ただ、そういう要素はあったとしても、基本的には大衆というのはニュートラルだと思っています。というか何も考えていないから、右にも左にも寄りようが無いというのが実態。で、風が吹くと、大した抵抗もなくそっち方面になびいていく。だから、あっという間に考えが変わったと少なくとも表面上見えることは十分あり得るだろうと思う。

それを持って大衆が変化しているのかというと、実はそうでは無くて、手のひらで踊っているだけだったりする。だから逆の勢力が権限を持つようになると、簡単にそれに順応することができる。その割に自分達がある方向の力に影響を受けて、なびいている時点では、全くそれに気づかず、それが自分の信念であると、本気で信じ込み、それなりに情報を仕入れたりして、それなりの言説も出来るようになったりします。それが出来るのが大衆というものでしょう。

社会の傾向なんてものは、こんな感じで決まる。要は主要な部分をどちらの勢力が占めるかの結果が社会にそのまま降りてくるという構図。自民党と言ったって幅は広いし、これまでだってその主張はフラフラしてきた。何年かして、今とは逆のことを言っていたとしても、驚くに値しない。

まぁ右傾化は、集団性を重んじるから、より進行が進みやすいというのがあるのかもしれないですけどね。自分の国の為に云々なんだと言われて、完全に否定するてのは、自分の信条に確信が無いとなかなか難しいかもしれない。右方面の人が大好きな北朝鮮とかがそれを実践をもって証明してくれているよね。自分達が同じ穴の狢だってことは全く気付かない辺りが滑稽ですけど。
FC2テーマ:社会 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
しかし、意図的にしろ、そうでないにしろ、毎回毎回よくもまぁトラブルが起きるな。本当にこんなもんなのか? それともやっぱりこれはフィクションって奴? それとも精霊の呪いが効いてるのか?

なんつーか、トラブル対策マニュアルビデオにしかなっていないんだが、これからもう少し何か起こってくれるんだろうか? 月に絡んでこない限り何も起こりそうもないんだけど、それでも、もう少し何か片鱗らしきものくらいは見せて欲しいですね。そろそろ飽きてきましたよ。
大物戦闘の前後編。ちょっとした謎付き。次回が覚醒ってことだから、バージョンアップするらしい。ここまでは典型的な進行。もうしばらくはこんな感じで進んでもまぁ良いかなという感じ。2話で内輪ネタを咬ませたのが効果的に効いてます。

その後どうするかが問題でしょうね。とりあえず、何か目的のようなものが欲しい。指令を聞いて、妖魔を退治するというパターンから脱却する必要があるでしょう。そこからが本筋になるはずで、その上で、話をどう構成するのかということになると思います。

そこまでに、キャラの関係性をどう構築するのかが、この前振り話の意義になるでしょう。これまでのところはまぁまぁ順調という感じ。次の話から位は、もう少し突っ込んだ部分にもっていって欲しいかなというのがあります。

ラキの存在が弱いのがちょっと気になりますね。もう少し存在感を大きくしてやらないと、全体の中で立ち位置が獲得出来ないように思えます。レギュラーキャラが極端に少ないですから、彼の存在が確立してくれないと、流石に厳しいでしょう。その辺りを解決できてくれば、光明が見えてくるような気がします。