FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
とりあえず戦うって話ですね。一応設定の説明を入れつつの進行しているみたいです。とは言ってもまだ設定が出切れていない為か、単に襲われて戦っているという印象が強くて、それ以上でもそれ以下でもないって感じがします。

早い段階で姫の事情を明らかにした上で、どうするのかを決めないと物語としては進行しないので、速いとこ設定を固めて欲しいところです。次回は新キャラが出るみたいですし、次回が終わったとしてもまだキャラが出きっていないというのは、進行として遅いんじゃないかなという気がします。段取りを踏んでいるのは判るんですけど、今ひとつ情報量の薄さを感じてしまいますね。

本数が多いせいもあるんだろうけど、こちらとしても堪え性が無くなっていて、早い段階で何かを感じさせてくれないと、付き合えなくなっちゃうかもしれません。ボーダー周辺の作品も何本かあるので、早いところテイクオフして欲しいんですけどね。
スポンサーサイト



ロミオ気をつけろハーマイオニはどんなに可愛く見えても、三千院家の借金執事だ。あまり肩入れすると鉄道マニアになっちゃうぞ(謎)

という上段はさておき、まぁロミオとジュリエットですから無難な展開と言えばそうかもしれません。本筋はここからで脚色にしてもここからが勝負でしょう。アニメですから、舞台劇と同じようには出来ない訳で、しかも、最初からリアル志向を捨てているということですから、どうやって話を組み立てていくのかもこれから見えてくるんでしょう。

うーん、どこまで真面目に見たものだかちょっと迷ってるんですけど。
負ける時ってのはこんなもんなんですね。失点はどちらも油断という気がします。攻め込まれると引きすぎるという癖は今回もまだ直っていないようです。川崎相手だと、そういう守りをすると厳しいことになるということなんじゃないでしょうか。

それでも、守備面は比較的安定していると言えてました。問題はやはり攻撃面。あれだけ攻め込んでいても点が取れない。どころか決定的なシーンすらそれ程作れていない。こちらの方が問題でしょう。攻撃にオプションが少ない。サブを見ても攻撃的な選手が少ない。平川を入れた時に、堀之内を変えるのかと思いましたけど、小野に変えざるをえないという状況が厳しい。やっぱりフォワードの薄さが気になります。達也が戻ってくれば変わるんでしょうけど、戻ってきてすぐ調子が上がるかどうかも微妙ですし、攻撃面のテコ入れが出来ないという状態はもう少し続きそうな気がします。

後は、阿部の使い方をそろそろ考えた方がいいんじゃないかという気がします。折角の阿部が中盤以下に沈んでしまい、攻撃面で今ひとつ生きてきていません。これは、相馬の復帰の望まれるというのもあるんですが、阿部が入って、今のMFの誰かがサブに居るというような状態になって初めてオジェックも安心して選手交代が出来るようになるでしょう。FWについても同様で、ワシントン、永井、岡野、達也と居て初めて交代が使えるような気がします。

けれど、今のスタメンでももう少し点は取れるはず。これまでの試合も含めて、得点を取ったなぁと感じる試合はまだありません。それも負けなかった、それでも首位だったと結果が出ていたので、緩いまま来てしまっていたように思えます。最低限の得点で凌いできているという状態。これを、この川崎戦の負けを契機にして、気合いを入れ直して欲しいものです。
うーん、まだ初期設定の段階とはいえ、かったるい進行ですねぇ。この2話までを1話でやって欲しいって感じがします。しかもヒロインであるはずの綾乃がうざい。つか、暴走しかしてないし。明らかに場違いな感じになっていて、女子高生だといっても、次期宗主だって名目になっているんだから、もう少し色付けをなんとかして欲しかったですね。

まぁ例によってツンデレだって話ですから、デレモードが入ってきた辺りで、少し面白くなってくることを期待したいです。和麻が行動を開始しそうな次回から、少しテンポアップでお願いしたいですね。
もう少し話を進めると思ったけど、ここは意外にゆっくり進めてますね。結局千秋の力が周りを引きつけるという方向で話が展開するんですね。まぁ判らないでも無いんですけど、ちょっちなぁという気がしないでもありません。でも、その辺を突っ込んでも仕方ない話ではあるのかもしれないですけど。

千秋自体のサクセスストーリーは約束されたものなので、問題になるのはその理由の部分が一つ。後はやっぱりのだめとの関係かな。その二つがきっちりと描かれてないと、話としてしっくりこないってことになるように思えます。

まぁまだ半分になったところですから、時間はたっぷりあります。基本的なキャラは出そろってきたように思えますので、ここからはじっくりと根幹部分に時間をかけていけるでしょう。音楽ものですから、どうしても音楽を流す時間が必要になります。メカ物の戦闘みたいに邪魔になってくると思いますけど、ここまでの配分は悪くないように感じます。どう持っていくのか、ちょっと楽しみにしたいと思います。
女子高生の地雷踏むとこえ? ある意味じゃなくてもチャレンジャーだろ。さすが自衛官は命知らず 女心は判ってないけど(笑) しかし安川さん最後までへたれ担当なんだな。

あれってのは、結局単独踏破訓練のことだった訳ですね。まぁ妥当で無難な線かもしれません。茜ちゃんの問題が単独踏破訓練でなんとかなるとも思えないですけど、本当に苦しい状況を自力だけで乗り越えたという事実は、自信に繋がるというのは確かにあるのかもしれません。一番大事なのは気持ちってことですか。体育会系の特訓と同じ発想なのかもしれません。

ともかく、茜ちゃんがパイロットとして続けていくかどうかという問題に関しては、これで決着した訳です。後は、彼女の能力を如何に生かすかって部分が描ければ、必然性が確保出来ます。次回の話はそんなところかなと予測したりしているんですが、どうでしょう。

なんだかんだで女の子3人組になった訳ですけど、プロジェクトチームとしてのバランスという意味では悪くない組み合わせになったってところなんじゃないでしょうか。それぞれの特性が被っていないという辺りも良いし、それぞれが補完しあっているような関係になってます。そういう部分が、偶然が生み出した必然的なものを感じさせます。

残り話数が少ないというのが、ちょっと寂しい。後もう1話か2話余計にあれば、このメンバーでもう少し楽しめるのにと思う反面、それは既にゆかりちゃんの時にやったんだから、同じ事を繰り返すのは怠いというのと両方あります。できれば、宇宙に上がるまでじゃなく、宇宙に上がってからどうするというところまで行って欲しかったですが、ちょっとそこまで持っていくのは、時間的に苦しいかな。

ラストの盛り上げをどうするのか。そこのところは重要なんで、どういう風に仕上げてくるのか期待したいところですね。ここまでは、良い感じで来ているので、きちんと締めていただきたいと思います。