FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
選挙の投票は義務化したらいかが?

確かに選挙カーは圧倒的にうざいです。もう、あの騒音を1回聞くごとに選挙に行こうという気持ちが、10%づつ減少していきます。まず10回以上聞きますから、絶対に選挙に行くことは無いってことになりますね。いや、選挙カーが無くても行きませんが。

マニフェストの配布が禁止されているのは、純粋に金の問題なんじゃないですかね。選挙に金がかかるのはよろしくないって言い分。その割に一番金のかからないネットでの活動にやけに制限をかけているってのは、確実に大人の都合でしょう。政治家にはIT音痴な爺さんが多そうだからね。

で、義務化が民主的か否かは知りませんが、義務化すると無駄なエネルギーが消費される事は間違いありません。そんなことをしなくても、投票率を当否に影響させれば済むことです。一番良いのは、今の制度で、有効投票数の何割を取ったかで争われてる、この分母を有権者数にすることでしょう。例え義務化したところで無効票を捨てているのであれば、今の状態と本質的に何も変わりません。投票に行こうと思わせることすら出来ない政治家が信任されていると考える方が、民主主義的には異常なはずです。

これが日本の民主制を似非だと断定できる理由の一つです。つまり、

・20歳以上の国民全てに無条件に選挙権が与えられる
・無記名投票が許される
・投票した内容に対して投票者の責任が追及されない
・無効投票、不投票が完全に無視される

少なくともこれらの状態が全て撤廃されない限り、僕はその制度を民主制と認めません。よって、この制度に一切コミットしません。当然選挙には行きません。当選した政治家に一切の権威を認めません。彼らが制定した法律に一切の権威を認めません。彼らの指示による行政行為に一切の権威を認めません。国家による刑罰などの脅迫行為には抗う手段が無いため従いますが、精神まで売り渡すことはありません。

なので、常日頃からこの腐ったシステムをどうすれば壊せるのか考えることにしています。
スポンサーサイト



FC2テーマ:選挙 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
パケット代「定額」なのに高額請求 携帯通信料のトラブル注意

確かに今の携帯キャリアの料金体系は判りづらい。しかも宣伝のコピーがどうもインチキ臭いのが多い。それは事実。だけど、端末を購入するということは、そのキャリアと契約を交わすということ。契約内容をある程度以上承知するのは、契約者として当然のことでしょう。

変にこの手の馬鹿野郎共を救済してやると、また世の中面倒なことが増えるだけだし、そのコストは、結局消費者負担ということになる。

カタログやWebサイトを見ても、判りづらい部分は確かにあるし、わざと隠しているだろと思えるような書かれ方がしていることもある。そういう部分はもう少し改善を要求しても良いと思うけど、それ以上に過度に変える必要性は特に感じない。馬鹿は大損する。それが自然だ。何万でも何十万でも何百万でも請求されただけ払わせればいいんじゃないでしょうか。
イギリスで急成長を遂げた「クラシックFM」

言えることは二つ。この手は日本では一時的なブームにはなったとしても、根付くことはない。もう一つは、どんな言い訳をしたとしても、ついにクラシック音楽まで消費材として扱い始めた。この二つ。

英国と日本では、文化の基盤が圧倒的に違う。クラシック音楽に対する理解度の次元が3つ位は違うんじゃないだろうか(その点は記事でもふれられているが)。だから、もし同じような状況になったとしても、同じように理解されていると思うのはとんでもない間違い。日本では、せいぜい流行程度にしかならない。のだめカンタービレ程度でクラシック音楽が流行るというのが、一番判りやすい事例でしょう。

で、そう言う状態で一回使ってしまうと、もう価値観がそこで定着してしまう可能性が高いです。お気楽クラシックを聞いてしまった人は、もう全曲を聞こうとは思えないでしょう。「90分でわかるカント」を喜んで読む人が、カントの原書にあたることはほとんど無いのと一緒です。それで十分だと思ってしまって、変な誤解をしたままになるのがオチでしょう。逆なんです。全曲版を知っている人が、リミックスを楽しむなら問題は無いですが、逆はほとんど良い結果を生みません。

いや、大衆なんてクラシック業界に金さえ落としてくれれば良くて、それ以上を求める気はないさ。とそこまでシニカルに割り切っているというなら、それもありかもしれませんけどね。ビジネスとしてはそれは重要な案件なんだと思いますし、日本のクラシック音楽の業界が瀕死の重傷という自体から鑑みると、とりあえず、なんとか大衆から金を搾り取る方法を模索するべきだというのも理解できなくもありません。ただ、それと同時に、きちんと音楽という文化を根付かせる為の努力もして欲しいですね。
教育再生会議:親向けに「親学」提言 母乳、芸術鑑賞など

所詮、政治が考えるものなんてのはこの程度か。親に学ばせるという発想自体は全く同感だと思います。というか、そんなのは当然で、これまで徹底されてこなかった方に問題があるとさえ言えます。

けど、なにこの内容は。こんな形式的な内容をどうこうすれば何かが変わるとでも本気で思っているのか。親が学ばなければならないのはそういうことじゃないでしょう。何が早寝早起きだよ。へそで茶が湧くって。

そうじゃない。必要なのは、こういう形式じゃなくて、個々の状態に依って対応が異なるもっと抽象的な内容になるはず。どの程度具体的に落とすのかは難しいですけど、物事の本質に目を向けられるような方向のものでなければならない。変に具体化すると、それを守らないものを、意味もなく攻撃したりする風潮が出来上がる可能性もあって、なんの利もない。

具体的にしないと、指導がしづらい? 何をしていいか判らないと実行できない? そんな連中に指導させたり、親権を渡したりすることにそもそも問題がある。こんな提言を出しているようじゃ、教育再生会議とやらも、ろくなことは出来ないことが確定と見えます。税金の無駄遣いだからとっとと解散した方が良いと思いますよ。つか、アベに教育の再生なんて出来るはず無いって判ってたけどね。





外せない純正オーディオをアップグレードするカーオーディオ製品群――カロッツェリア

発想は良いと思う。車を選ぶ時一番の悩みの種は、オーディオとナビだから。特に中級以上の車に関しては、メーカーが付けてくるオーディオやナビを強制されます。訳の判らない理由で外せないのです。それが、その時の最高級品が付いているというのなら、まぁ妥協も出来ますが、下手すると二世代も前のモデルなんじゃないかってレベルのものが付いていたりするので、もう、メーカーが金儲けの為にやっているとしか思えないって感じです。車屋には本気で考えて欲しいです。

カーオーディオのプロショップに持っていっても、高級車の純正オーディオの入れ替えはやってくれません。勿論スピーカーとか、一部に関しては可能ですが、ヘッドユニットはアウトですし、ナビも同様で、どうしてもとなるとオンダッシュの不格好な設置になります。

そういう意味で「外せない純正オーディオ」をなんとかしようという発想自体は悪くないです。この記事を読んだだけでは、オーディオマスターユニットなるものでどこまでできるのか良く判らないのですが、まぁ1歩位は前進したのかもしれません。けれど、結局一番邪魔なのは、純正の不要なモニターであり、これが一番良い場所に鎮座ましましている以上、メインで使っている機器のモニターを良い場所に置けないというのは変わりません。また、オーディオはなんとかなったとしても、ナビはアウトです。

やっぱり自動車メーカーがくだらない押しつけ主義をなんとかしてくれないと、根本的にはどうにもならないってことなんでしょうね。
小学校教諭が昏睡SEX強盗…20歳女子大生に薬物使用か

えっと、これのどこに犯罪性があるのか良く判らないんですが。薬物を使ったことが証明されれば、何らかの犯罪に問えるかもしれません。現金やバッグを盗んだことが証明されれば、それも犯罪でしょう。でも、現状では薬物を使ったかもしれないって状況。バッグなどにしても女が泥水していた以上、どこかに落としたり忘れたりした可能性だって少なくない。

勿論、この男が嘘八百並べている可能性はある。と、同時にこの女が嘘吐きだって可能性も同じだけある。事情聴取くらいは仕方ないとは思うけど、逮捕できるほどのものなのか? そもそも犯罪であるかどうかすら怪しいと思うのだけど。

性犯罪系に関しては、女性の意見が受け入れられ過ぎる傾向があるように思います。出会いカフェなんぞに出入りしておいて非道も準強姦もくそもねーだろって感じがします。しかも、この報道も容疑者が犯行を否認しているというのに、あからさまに犯罪者扱い。これって酷い話なんじゃない?
ともかく愛はクレアを救ったってことですね。人間としての精神力で妖魔の力を抑えていると言うことであれば、守るものを見つけることで精神力が高まるというのは、理解できないこともない。

これまでのクレアの様子や、クレアに関わった人間の様子を見る限り、そこまでクレイモアが嫌われているというのが、良く判らなくなってきます。クレイモアによって性格に違いがあるのかもしれないけど。と思ったところに次回はテレサが登場するらしい。この辺の構成は結構上手いかもしれないですね。

サブタイトルが、クレア覚醒だったわりに、一見それ程の覚醒には見えませんでした。でも、今回の一件が、この先どの程度影響を与えていくのか、どの程度の覚醒だったのか、その辺も次回テレサと比較することで見えてくるのかもしれません。

今のところまだ本筋が見えてこないんですが、それも含めてそろそろ期待したいです。
今回もまた訳が判りません。もう毎回書いてますね。この話、理解できるのはいつなんでしょうか。つか、理解できる時が来るのでしょうか。もう少し、真面目に見て、それまでの話を見返してとかやれば良いのかもしれないんですけど、どうしてもそこまでやる気力が出ないです。ともかく、修羅場だってのは判りました。けど、もし、どうなったらどうなるのかという部分がどうにも判らないので、どう見たものか困ってしまいます。やっぱり、物語として見るのは無理があるのかなぁ。

キャラの立ち位置も良く判っていないのですけど、それぞれが結構重要なポジションを持っているという感じです。もう少し関係性が見えてくれば、見通しも良くなるのかな。どうやって消化したら良いのか困ってしまいますね。
とりあえず、花火を上げようとしています。その上に御輿を乗せて月までってのは凄い発想。あれだけの宇宙船らしきものを操作している割には、考え方にギャップがあるような気がします。

銀さんの件も合わせて仕切り直しって感じになるんだと思います。これで一応目的は月に行くことって認識が共通化されたってところで、さぁどうするというのと、銀さん達との間のやりとりの部分がどうなるのかがこれからの見所でしょうか。

話が立ち込んで来ると、テンポが悪くなるので、その辺りがちょっと心配。バランスを上手くとって面白く仕上げて欲しいですね。