FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
えーラスボスマリアさんのネタが端折られてるorz
それじゃ、あのネタ落ちないじゃんか。そこ端折っちゃ駄目でしょ。
で、ワタルの話も登場のみで終わりっすか。偉く中途半端な感じがします。
おかゆネタも表現ももうひとつだったしなぁ。

やっぱりちょっと急いでいる感じがあるからそうなっちゃうんだろうか。
学校に入って長ネタが始まらないとアニメ的には厳しいのかもしれないな。
スポンサーサイト



とてつもなくストレスが溜まる試合でした。途中で、これはもう負けたなと諦めかけたくらいです。まず、はっきり言えるのは、少なくとも大宮に対して、堀之内、闘莉王、坪井のスリーバックは良くないということ。下がりすぎかつ真ん中に寄りすぎで、枚数があるのに攻め込まれているという妙な状況が出来上がっています。それでもなんとか守りきれれば、まだ課題で終わるんですが、しっかり失点してますから話になりません。

真ん中の3人が中に寄りすぎなので、山田や阿部もポジションを上げられない。だから攻撃も淡泊になる。今日に関してはパスミスも多くて、前半は攻撃らしい攻撃がほとんど出来ない状態でした。

後半になって闘莉王が上がり始めたまでは良かったんですが、今度は啓太が下がってしまっているので、枚数としては変わりません。小野が入って、攻撃のアクセントは尽きましたが、ロングボールを放り込むばかりで、今日の状況であるからというのもあるんでしょうが、それにしても満足の出来る攻撃は数える程しかありませんでした。

戦術を理解していないように感じます。選手達はもっとクレバーにならないといけない。そろそろオジェックのやり方を理解して欲しい。いくらなんでも、今日の出来では結果にかかわらず満足できない。立ち上がりで押し込まれるのは仕方がないにしても、前半丸々そのままの状態が続くというのでは、どうにもならない。

攻撃陣も真ん中を意識しすぎだし、ボールを持ちすぎ。大宮はボールへの意識が高かったので、それであっさりと奪われるというシーンが何度もありました。サイドを突破しての攻撃は、数える程。攻撃のバリエーションが少なすぎます。バランスが悪い。この辺をなんとかして貰わないと、無いようも結果も良いものにはならないんじゃないでしょうか。
怖いもの知らずとは正にこのことって感じです。ミュウが人間にかなわないというのは、彼らが自らそう信じ、そう思いこんでいるだけのことで、本気で好戦的になれば、恐らく相手にならないでしょう。あれだけの力があるということは、人間と戦うつもりなら、幾らでもやりようがあります。元々こんなハンデ戦は戦闘にもならない条件な訳で、やろうと思えばジェノサイドも思いのままでしょう。

人間がミュウを恐れる理由の一番は正にそこにある訳で、人間の方が正確に状況を把握しているとも言えます。ミュウの側に決断力と、判断力、そしても目的というものが欠けている為に現状のような状況を生み出している訳で、彼らの考え一つで状況は容易に変えることが可能でしょう。

しかし、それでもまだジョミーの感情面を引っ張る方向で話は進むようです。恐らく友人との間の関係が、最終的な絆として描かれるんだと思いますが、修復不可能な状態になるか、まだ可能性を残すかの2択で、個人的好みとしては前者ですが、後者の選択でも話は面白く展開可能かもしれません。

題材としてはとても面白い訳で、これをどう料理するかって話な訳ですが、原作だとコミックにして3冊分にしかならない訳ですから、何かしらの肉付けが必要になるんでしょう。その辺りが違和感なく、出来て有効に機能してくれば、結構良い線になるんじゃないかという気がします。
また、前編を見ただけでは良く判らない状態です。今回は相手がエージェントと言うことになっているので、これまで以上に複雑で、どこまでが仕組まれているのか、どこからが意図以外なのかが全く見えてきません。それをもってドラマ性を楽しむという手も勿論あるのですが、個人的にはどうもそういう楽しみ方は好みじゃないって感じです。せめて、1話で終わってくれればいいのですけど、前後編で引っ張られるのが、気になっちゃいますね。

勿論、その分濃厚なやりとりが展開できるというのも事実なのですが、話が主観で進められるために、決定的な情報量も不足していて、通常の解釈ではまずストーリー展開を読むことが出来ない状態になっています。それをもって深い物語とされるのは、はなはだ不本意で、情報があからさまに隠されているという状態は、見ていて気持ちが良いものじゃありません。

問題は、個々のエピソードにおける展開よりも、それらの積み重ねによって本筋がどうなるかという部分なんですが、その点に関しても情報の出が相当渋いです。今回の話が終わればもう6話だし、そろそろ概要くらい見えて欲しいんですが、面倒な設定の説明に終始しているのと、やっと妹というキーワードが出てきただけというのはちょっと寂しい感じがします。設定の説明が終わり次第ラッシュという可能性も無くはないので、まだ手遅れという訳ではありませんが、もう少しなんとかして欲しいなぁという感じはあります。

今回の前後編、そして次回のエピソード辺りには期待したいです。