FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
選挙に行こう 2

反駁をいただいたので、再反駁したいと思います。

まず、投票率が下がった場合、声の大きな少数派だけは率が減らないとは僕には思えません。減ることは無いと断定する根拠は利権というだけでは弱いと思います。まぁ、何れにしてもなってみないと正確なことは判らないので、この件は言い続けてもあまり意味をなさないでしょう。

が、少なくとも、投票率が2割なんて状態になったら、一応題目として民主制を掲げている政府である以上、選挙制度の見直しを行うべきだという主張は、相応の意味を持つだろうという想定はできます。逆に現状の投票率の状態や、それ以上に上がった状態では、結果としてどうにもならない政治屋に権威付けと裏付けを与えることにしかなりません。よって、現行の選挙制度の肯定には、なんの益も無い訳です。

また、代案が提出されていますので、それについても。独裁制の例を考えてみます。

「優れたエリート層」の選定方法が難しいですし、その独裁政権が腐敗した場合に除去する方法がないというリスクがあります。


となっていますが、選定方法を柔軟に変更できる制度にすることは想定可能です。また、独裁制が腐敗した場合は、その独裁者と周辺を、淘汰すれば良いだけです。方法はともかく目標がはっきりしているという点が重要で、現在のような総無責任状態に比べれば、必ずしも悪いとは言えないでしょう。過去に内部から滅ぼされた独裁国家は幾つもありますが、同様の衆愚政治国家はほとんどありません。それだけ民主制の皮を被った衆愚制の生命力は強いものがあります。だからこそ最悪な政治体制な訳です。また、過去の独裁制が悪い結果を生んだから、次回もまた悪い結果になると断定することも出来ません。

もちろん、これは想定が可能というだけで、もし実現するとなると、様々難しい問題が出てくるのは承知していますが、独裁制という言葉の響きだけで、即、悪と決めつけることはできません。また、「エリート層による」という場合、独裁制ではなく、貴族制に近いものがあるでしょう。過去の貴族制の最大のミスは家督制度にあると思っています。ご存じの通り家督制度に関しては、卑下すべき下劣な制度と僕は考えていますので、そんなものは当然認める気はありません。その上でという条件の場合、貴族制でも王制でも過去の例は必ずしも参考にはならないでしょう。

完全民営化に関しては、論外です。資本主義的原則は、基本的に民主主義的原則と変わらないからです。現状の状態のままでこれを行えば、結局衆愚政治と同じような命運となるでしょう。選択している主体が、基本的に同質なのですから、当然のことです。もしくは、資本力を持つものが、より力を持つという意味で、過去の日本の状態に近いものになるかもしれません。当然ですが、金を持っているものが、政治的に有能であるなどという保証は全くありませんから、これも衆愚制と同様なレベルで結果は著しく分の悪いギャンブルにしかならないでしょう。

「民主主義はBestではないが、Betterである」ということなのだと思います。


それは認めますが、衆愚制はBestでもBetterでもありません。Baddestです。本来の意味での民主制を取り戻すということを目指すにしても、投票率を上げるという方向は、良い策では無いと考えます。何故なら、民主制の民の意味するものは「≠愚民」だからです。如何にして彼らを権力から遠ざけるかが一番の命題となる訳なので、無関心でいてくれた方がまだマシだと考えられます。

否定するだけでは駄目だというご意見はごもっともですが、新しいイデオロギーが根付くには、まず現行イデオロギーの否定が必要です。そういう意味でも、現行選挙制度の肯定は無意味なだけでは無く、害悪です。よって、選挙に行こうと安易に言うことは、マイナス方向のベクトルを生み出すことしか出来ないでしょう。
スポンサーサイト



FC2テーマ: | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
うーん、許昌はサブキャラまでも結構やりますねぇ。モーちゃんはともかく、張飛辺りは良いとこなしな感じです。乱戦でスタートする辺りが一騎当千らしいと言えばらしいですが、絶対関さん来るだろうと思っていたら、出来すぎなタイミングに登場しました。来てるならもう少し早く出てきなさいよって言いたくなります。

で、次回は最終決戦な訳ですが、普通に考えて、龍の数で南陽、成都連合の方が有利なのは間違いないでしょう。仲達の自信のほどがどこから来るのか未だに謎です。関羽と伯符が来るまでに圧倒するしか無いと思うんですけどね。

まぁ彼女が曹操の力を得たという設定になっていますから、ある程度やってはくれるんだと思いますが、その場合、孔明はやっぱり見ているだけなのか、軍師決戦をするのかが興味深いですね。

曹操は完全に覚醒しているという設定になっていますから、伯符と劉備の二人で抑えるというパターンか。龍玉の力もつかって勝利って辺りが無難な終わり方かもしれません。前半スローで行った分、後半駆け足になってしまったような気がします。まぁ仕方ないかな。1クールでここまでやれれば上出来って感じかな。
生命保険は悲惨なギャンブル――ヤクザのばくち場は、一番公平!?

書かれていることは、計算上は正しい。けれど、僕はギャンブルは一切やらないですが、保険には入っています。何故か。ギャンブルはプラス方向にかけるギャンブルなのに対して、保険はマイナスを補填するギャンブルだから。

簡単に言えば、もし何らかの怪我や病気になった場合、多額な出費が見込まれる訳ですが、その場合の金額を普段から貯蓄しておくのは、それがたとえ可能であったとしても、簡単な事ではないという事に起因するでしょう。その確率が何%なのかはこの際あまり重要ではなくて、泣きっ面に蜂だけは避けるというリスク管理の発想に基づいているということ。

とはいえ、それだけ保険会社に投資している以上、健康だと何の見返りも無いというのではさすがに寂しい。だから、一定期間を置くとそれなりの利率で戻ってくるというタイプの保険を選択しています。その分死亡保障を薄くしてます。死亡保障の保険ってのは、かけ続けていれば必ず支払いが発生するという性格上、保険料が高く、死亡保障を薄くすることで、保険金額は結構下がります。その分を貯蓄型に回す訳です。少なくとも銀行に置いておくよりはマシって程度かもしれませんが、保証も受けられて、まかりになりにもお金も増えるのであれば悪くない。あくまでも貯蓄という主旨で運用では無いので、これで十分な訳です。

安心という感情を買っているという表現は絶妙だけれど、その安心が自らの選択肢を広げる効果を持っているという事実は確実にあります。それが保険の効果でしょう。けど、この指摘が幾ら正しかったとしても、不払い問題とは根っこが違うと思うのだが、違うだろうか?

ちなみに、ギャンブルの方に関しては、全く同意で、普通の人がやったところで、儲かるはずがないというのは真理だと思っています。ヤクザのばくちが一番公平ってのもその通りで、逆に言えば、国家のやり方が一番汚いってことになります。しかも、そこから税金まで徴収しようって言うんですから、酷いもんです。合法ヤクザは非合法ヤクザより質が悪いってのが、ここでも良く現れていますね。
選挙に行こう

選挙に行こうと勧める人の典型的な言及ですね。既にまるで説得力がありません。言ってて虚しくなりませんか? 絶対的な認識の差があると思うのですが、現在日本は既に衆愚政治になっていると僕は思っています。近代民主制は遅かれ速かれ、衆愚政治に帰結する仕組みです。よって衆愚政治に陥らないために…を考えても駄目です。そこからの復帰方法を考えるべきです。アベみたいな奴が堂々と総理大臣であり続け、かつ相応の支持率を獲得しているってことを考えてみてもそれは確実でしょう。民主制が僅かでも機能しているのなら、アベなんて、思想的にも政治手腕的にも認められるとは到底思えません。

選挙の結果、与党の勝利が危うくなったとして、それで状況が良くなる可能性があるという風に僕には思えません。与党が負けるということは、その分与党以外の人間が入ってくる訳ですが、彼らが本当に与党よりマシだと言えるんでしょうか? 僕にはそうは思えません。そうなったとしても、連立の党が一つか二つ増えるだけで、逆に政策が曖昧になって悪影響を及ぼす可能性の方が高まるでしょう。

ある時点で与党の勝利が危うくなれば、次回の選挙で彼等は益々組織票を集めるために躍起になるでしょう。大衆の指示を得る為に政策は大衆路線に変更され、嫌な問題は先送りにされることでしょう。最悪な状態です。そして、そこまでして一時的には与党を焦らせることが出来たとしても、数年後には元鞘ってことになるでしょう。自民党は大衆をコントロールする能力に長けた政党であるからこそ、これだけの長期に渡って与党の地位に居続けられる訳です。そして何度騙されても、懲りない、学習しないというのが、大衆の大衆たる所以です。

現在の選挙制度そのものが腐っている、と言うより間違っているのだから、投票率を上げることは逆効果です。安易なプロパガンダに左右され、近視眼で自分達の周囲しかものを見ることができないような連中の票が増えれば増えるほど結果はとんでもなくなります。世の中の大半が物事を考えられる人で構成されていると思ったら大間違いで、世の中の大半は愚民であるという事実を忘れてはいけません。だからこそ組織票なんてものがまかり通っている訳で、残念ながらそれが実態です。組織票を潰す為に、投票率を上げるなんてのは、別の組織票を持ち出してくるのと同義で無意味な愚策です。

むしろ選挙に行く人がほとんど居なくなれば、真面目に政治を考えられる人の票が見えやすくなる可能性が高まります。組織票なんて詰まらない動機ごときで投票に行く人なんてのが、居なくなればなるほど有意義なのです。もし投票率が20%を切るぐらいまで下がれば、選挙の結果も何かしら変化を見せるかもしれません。

そうでなかったとしても、国民の8割が選挙をボイコットして、その上でそんな選挙結果は無効だと騒ぎ出せば、選挙制度そのものを見直さなければならなくなるかもしれません。世界を変える意志や行動を止めるべきではないと言うなら選挙には行かず、選挙に行かないように喧伝し、選挙に行くのは非常識、あんなのは専門家に任せるものだと思わせるほうが余程世界に貢献するでしょう。マスコミや教育は自らの存在意義と目的の為に選挙に行くのは良いことだと言うかもしれませんが、騙されてはいけません。

愚民が動いて衆愚政治が修正されるなんてことは基本的に無いと僕は考えます。それをするには、それこそナチスの例を引かなければならなくなるでしょう。それは、あくまで稀な事例ですし、見習うべきケースだとも思えないとするなら、そんなことに希望を見いだすべきではないでしょう。

まぁ投票率が上がって世界が変わることも、世界が変わるほど投票率が下がることも恐らく無いんじゃないかと最近は思っています。よって現在の日本においては、真っ当な選挙によっては世界は変わらないは、愛は地球を救わないと同じくらいのレベルで確定事項だと僕は思っています。単なる資源とエネルギーと時間の無駄遣いです。現行の選挙制度にコミットすると言うこと自体が、投票するしないに関わらず「現状肯定に加担するだけ」ということになるでしょう。なので、それ以外の手段を考える方が建設的だろうと考えています。
FC2テーマ:選挙 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
安倍首相、靖国に供物奉納 中曽根氏以来約20年ぶり

この記事を読むだけで、言ってることが頓珍漢だって言うのが良く判ります。

安倍事務所は朝日新聞の取材に対し、「思想信条に関するご質問には回答しておりません」としている。供え物の費用が私費か公費かも回答はなかった。


思想信条に関する質問? 内閣総理大臣の名義で奉納しておいて、思想信条? しかも、私費か公費かも言えない? あり得ない。こんな言い訳が通用するのか。これは既にアベという個人の人格が靖国をどう思っているかとかいう問題では無い。

政教分離は政治の大前提。それが出来ない奴は政治家になっちゃいけない。思想信条の問題だと言うなら、その時点でこの行動は、総理大臣として容認出来ない内容ってこと。しかも金の出所すら名言出来ないなんて、言語道断。こいつは、税金をなんだと思っているのか。

そんなに思想信条から靖国に参拝したいなら、休みの日に個人的に行けよ。そうしない、いやそれじゃ意味がないと考えているから、総理大臣として行ってるんだろう。だとしたら、思想信条だからとか言って逃げるんじゃねーよ。この卑怯者が。

こんな奴に、美しい国なんて語る資格があるはずが無いです。
中学生のトラック競技トラブルで法廷に

文句を言いたくなる気持ちは判るけど、度が過ぎたってことなんでしょう。ただ、最近思うんですけど、もうこうなってくると学生競技としてどうなんだろって感じがどうしてもしますね。問題になっている野球にしてもそうなんですけど、考え直す必要があるんじゃないかって気がしています。

プロだとかオリンピックだとかを目指すような連中と、それ以外の連中をはっきりと分けた方がいいんじゃないかって気がします。後者は教育の一環として扱い、金も教育費用として公金から出ます。前者はビジネスとして扱い、金はスポーツ団体や企業が出せば良い。教育じゃないんですから、ルールの範囲内なら何をしたって良い。特待生でも留学生でも好きなだけやればいい。

同じ種類のスポーツとは言っても、この二つは全く主旨が異なるものです。同じ扱いをにしつつ、時に前者で解釈して、時に後者で解釈する。都合良くその場その場で見方を変えられたのでは、さすがに当人達もどうして良いものかってことになるでしょう。それらは違うものだって割り切って、レギュレーションも変えて、見方も変えるってのが正しいんじゃ無いかって気がします。
さて、新番も数話が終わって、未見も無くなったので、連休明け現在の期待度を一覧にしてみました。期待度でソートしてあります。ベタな萌えアニメと微妙なロボものをばっさりやったので、かなりすっきりしました。今期は数もあるので、ギャンブルは最低限にしたいところです。

今のところ「精霊の守り人」がダントツの出来。演出、構成、物語、キャラ全てに高い次元を維持しています。面白い作品は最初の数話だけでも十分面白いってパターンで来てますね。

「エル・カザド」と「アイドルマスター」は「精霊」に対して、まだ付かず離れずを維持していて、それぞれ相応なレベルを維持しつつもアタックに来ていないという感じ。ただし、あまりのんびりやってると、致命傷になりかねないので、そろそろプッシュが欲しいところ。ダッシュの遅さは物語の浅さを露呈していることが多いので。

「地球へ…」「エマ」はまぁ順調かな、結末がほぼ見えてしまっているというのが、採点が渋くなった原因。そこを除けば「エマ」なんかはかなりの出来。演出面は上位三つに負けてないと思います。

「桃華月憚」をここに置いたのはかなり冒険。西田キャラ的には合格点ですが、話まで面白いかはかなり微妙。あの巻き戻し演出が吉と出るか凶と出るか。ただし、エロ度は最強(笑)

「瀬戸の花嫁」と「藍蘭島」はギャグ系としてまぁまぁ手堅い路線で来てます。そろそろパターン化されて飽きが来る頃なんでテコが入れられるかどうかが勝負。どちらも設定としては色々できるはずなんで、アクセル全開で行ければ、それなりに楽しく見られるかもしれません。

「CLAYMORE」と「黒の契約者」はどうしても地雷の雰囲気が払拭できないで居ます。どちらかと言えば「CLAYMORE」の方が期待できそうな気配はあるけど、上手くまとまるのかが心配。結局愛は地球を救うって結論をだされちゃうとガッカリってなるかも。「黒の契約者」はまた話数が足りなくなるんじゃって気がしてならない。「Wolf's Rain」の悪夢再びってならないですよね?岡村監督。

「ハヤテ」もギリギリで踏みとどまってる感じ。原作知らないと面白くないだろうなぁ。脳内補完が必須な状態になってます。間違いなく原作の方が数倍は面白い。

「らき☆すた」は個人的にはそこそこ面白いとは思うけど、単なる内輪ネタでしかない。作品としての評価はそれとは別物。正直特筆すべき何物も僕には見いだせない。よってこの位置。

「大江戸」は下手したら化けるかもって気もする。「スティグマ」は既に限界が見えてきたんじゃないかなぁ。勘違いならいいのだけど。「ロミ×ジュリ」は今のところベタ過ぎ、今後の展開次第ではってのはあるけど、「西の善き魔女」の二の舞って可能性が高そうな気もします。

----------

・期待度維持中
精霊の守り人
エル・カザド
アイドルマスター XENOGLOSSIA
英國戀物語エマ 第二幕
地球へ…
桃華月憚

・標準扱い
瀬戸の花嫁
CLAYMORE
DARKER THAN BLACK -黒の契約者-
ながされて藍蘭島
ハヤテのごとく!
らき☆すた

・一応キープ
大江戸ロケット
ロミオ×ジュリエット
風のスティグマ

・ギリギリキープ(場合によってはカット)
かみちゃまかりん
怪物王女
鋼鉄神ジーグ
天元突破 グレンラガン

・カット確定 ----ここからは順不同----
ヒロイック・エイジ
この青空に約束を―?ようこそつぐみ寮へ?
神曲奏界ポリフォニカ
機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ
キスダム -ENGAGE planet-
sola
おおきく振りかぶって
シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド
ラブ★コン
OverDrive
ちょっと視点を変えて、でも基本路線は崩さずという構成で来ました。瀬戸内組の方々を最低限だけしか使わずに、1本作ったってのは、評価できます。ところどころの濃いめの演出が効いていて、話としてはシンプルなんですが、飽きずに見ていられました。

この調子だと、燦ちゃんの正体がバレるのも時間の問題って感じがしますね。伝家の宝刀、切り札なんですけど、それをいつ使ってくるのか、それとも使わずに乗り切るのかが興味深いです。

ともかく勢いは凄いんですが、いかんせんネタのバリエーションがそれ程多くないので、そこをどう乗り切るのかがミソでしょう。次回の新キャラがアクセントを付けてくれると、もう1パターン出来て、結構楽になるのかもしれないな。