FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
浦和小野「全力でやって勝つしかない」

浦和は11人ではなく(所属の)30人で戦っている。経験のある選手ばかり。私は選手に絶大なる信頼がある


今回出場出来ない選手は、山田、闘莉王、ワシントン。名前だけ見るととんでもない戦力ダウンであるが、実はこれが怪我の功名となるのじゃないかという気がしないでもない。

ここ数試合を見て感じるのは、ディフェンスの問題。何しろゴール前に集中する癖を何とかして貰わないとどうにもならない。これに山田や阿部が引っ張られて、結局攻撃が薄くなるという状態になっていました。

個人的には、今なら4バックが良いだろうと思っているので、通常なら堀之内をサブにして、センターに坪井と闘莉王って構成なんでしょうけど、闘莉王は前に言ってしまうという頭が選手達にあるので、どうしても他のメンバーの上がりが悪いように感じられます。そこで、闘莉王が居ないということになれば、ようやくサイドが機能し出す可能性もあるかな、なんて。

で、そのサイドですが、山田は長いこと右サイドをやっていたはずなのに、ここ数年トップ下にコンバートされた為かすっかりサイドの仕事を忘れているんじゃないかという位にサイドのスペースが使えていない。かなり高い確率でセンターに切れ込むという動きをしています。空いたスペースを小野や永井が使うというシーンも無くは無いですが、遅攻になりがち。そこに本職の平川なり、思い切って岡野なりを入れれば、彼等はシンプルなサイドの使い方をしてくるんじゃないか、なんて。

ワシントンのポストと決定力は驚異的であるのは事実ですが、体調のせいかここのところシュートの精度が落ちているように思えます。また思ったように点が取れていないせいか、無理なキープやシュートも見受けられます。セットプレーを考えるとワシントンと闘莉王が居なくなるというのは、痛いですが、彼が居なくなることで、これまでとは違った攻撃のパターンというのを思い出してくれるかもしれません。ワシントンが来るまでは、違った攻撃パターンで戦ってきた訳だし、当時は攻撃力が売りだった訳です。また、絶対的なフォワードの不在は、ポンテ、小野、長谷部のトライアングルを刺激するには十分なんじゃないか、なんて。

さらには、主力級3人、下手するとプラスして阿部の4人が居なくなるということは、それだけサブのメンバーに出場機会が出来るってこと。彼等はこのチャンスを生かしたいと思っているでしょう。疲れも他の選手に比べれば少ないでしょう。待ちに待った相馬も帯同しています。フル出場は無理だったとしても、少しでも良いから出て光明を見せて欲しい。

何かが変わらなければならないという状態なのは確かで、ひょっとするとこれは良い機会なんじゃないかと、結構本気で思っています。ACLですから、結果が欲しいところなんですけど、オジェックの言う通り悲観することもないんじゃないかなと思ったりしています。
スポンサーサイト



【産経抄】5月9日

やっぱ産経の連中はアホなのか、それともわざとやっているのか?

私費での奉納でさえ「憲法が定めた政教分離に違反する」と騒ぐ人たちがいる。


内閣総理大臣って名前を付けているんだから当たり前だ。この肩書き無しでやれば、私人としてという言い分も理解できるが、そうでない以上金がどこから出ているかは、二次的問題。ましてや、当人が明確に言えないって言う状態になっているのだから、どうにもならない。

大体、これをやれば、少なくとも一部からの非難は避けられない。これは当人も判っていたはず。にも関わらずあえて内閣総理大臣を名乗ってやっている。これは何故か。それを考えれば、これが純粋に私人としての行動などではあり得ないと理解できるはずだ。

別に僕は憲法教の信者ではないけれど、その方が国粋主義者よりは遙かにマシだろう。というか、もう比較にならない程の差があるだろうということに、この記事を書いた奴は気付いていないようだ。
桃華月憚ってギャグアニメだったのか。この回だけ見た人は絶対にそう思うだろうな。三姉妹の話だから、ある程度は想定していたけど、全編に渡ってこの調子だとは(笑) 桃香ちゃんの変態度も徐々に増しているようだし…。

まぁこういう話も嫌いじゃないですし、むしろ話が理解出来ていない状態ですから、こういう類の方が単純に楽しめて良いのかもしれない。1話完結だったし、この話の意味するところはなんとなく判らないでもないし。

徐々に設定に話が入ってくると思うんですけど、そうなった時に付いていけるかどうかですね。とにかく話が判りにくい構成になってますから。

しかし、放置プレイって…
乙女モードのナディは可愛かった。ラストなんて、最高でしたね。そういう意味で、キャラは良く描けていたと思うのですが、物語の方はまだ足踏みです。

次回はついに、働くおじさんが動き出すらしい。これで少し話が進行してくれるかもしれません。Noirの例などを見ると、前半はキャラ描き込みに使って、後半から物語を進行させるという構成になっていますが、それでは、結局1クール+αの物語しか描けません。メインはキャラにするにしても、もう少し物語的伏線が欲しいなという気がします。

とは言え、そういうことを考えなければ、絶品です。1話でクローズして見てみれば、相当な出来です。この辺りが上手いので、中毒になるんですよね。