FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
とりあえず最低限の結果は出しました。けれど、内容は不完全燃焼、消化不良と言わざるを得ないものでした。前半一時良い感じで攻めてはいたものの、それ以降良い攻撃は影を潜め、すっかり守勢に回る結果になりました。

その原因は、明らかに両サイド。相馬の左はやや攻め込まれたのも手伝って、退きすぎになってしまった。多少攻められても、後には阿部がいるのだから、任せても良いと思うのだけど、恐らく相馬のポジションが中途半端になってしまった為に、阿部も引きずられて中途半端な位置になったように思えます。この辺は、相馬も復帰後まだ数試合で、阿部とのコンビネーションが完全では無いのかもしれません。攻撃面では相馬らしさが幾つか出ていましたので、こちらはもう少しすればフィットしてくるかもしれません。

山田の右は、前半には今シーズンこれまですっかり息を潜めていたオーバーラップが出て、その度に良い攻撃が出来ていたんですが、こちらも下がり初めて右を使うことがほとんど無くなりました。後半の半ば以降は、運動量が極端に落ちて、ほとんどボールにも絡めない状態。攻守共にお荷物状態でした。いつ代えるのかと思っていたんですが、何故か交代はありませんでした。岡野が入ってやや右が使えるようになりましたが、それまでは右は不可侵領域であるかのごとく誰も居ないという状態が続きました。小野や啓太がフォローしたりもしていましたが、その分疲労が溜まったり、無理があったりという感じがします。じゃあ、守備面で貢献していたかというとそうでもなく、堀之内や坪井に頼りっぱなし。つか、最後の20分位は山田は存在していたのかって位に仕事をしていませんでした。僕なら即サテライト行きを命じるって位の酷さに感じました。

パス、トラップの制度が悪く、ディフェンスラインからのフィードも質が悪かった。それじゃあ攻撃が組み立てられるはずもない。啓太や阿部ももっと前に出てくるべき。長谷部を入れても、機能しなかったし、永井も仕事は出来なかった。中盤の繋ぎも今ひとつで、ボールを待つという場面が多すぎ。だからルーズボールも取れない。

とりあえず、決勝には進みましたが、こんな調子じゃ初戦敗退なんて事になりかねません。前半最初の気迫を90分続けれらるようにして欲しいものです。
スポンサーサイト
必要なのは家ではなく家庭

結局何が言いたいのか僕には理解できませんでした。

適正に運営されている施設においてさえ、粗暴な子が小さな子を日常的にバットで殴るような景色が子供の喧嘩として事務的に処理されてゆく景色は美しい国に相応しいのだろうか。


勿論相応しくない。ただし、それは現状においてという限定的な条件が付くものであって、システム的な欠陥であるということにはならない。改善の余地があるというのは判るが、だから家庭でなければならないという理屈にはならない。

また、重要なのは改善や監視を集中的に行えるという点にある。適正という基準を誰がどう決めるのかは別として、何らかの基準が出された時に、それを適用し、継続的に運用していく必要があります。これが、施設であれば1カ所で済みますが、個別の家庭となるとそれぞれをチェックする必要があります。仮にその施設に100人の子供が居たとして、最大100の家庭を個別に見なければならない訳で、実質的に不可能ということになります。

子供達が集まっているからこそ起きる問題があると同時に、子供達が集まっているからこそ得られるメリットがあることも無視するべきではないでしょう。逆に個別な家庭に分けることによる問題も多々あるでしょう。何れにしても、家族制度を是と前提した上で施設を評価すれば、どう見ても非と映るのは当然のことで、酷いバイアスがかかっているんじゃないかという感触があります。

現状においては、施設は緊急避難的な色合いが強い訳で、様々なコストのかけられ方が十分であるとは言えません。もし、施設こそが育児のスタンダードという考えで社会的なコストが構成されれば、そこでの生活や教育内容は今とは全く違ったものになるでしょう。

現状認識はあるのかもしれませんが、仮想の認識は大甘なんじゃないかなと言う気がします。それで「まだマシなものでしかない」とか言われても当然なんの説得力もありません。
FC2テーマ:家族 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑
離婚で年金分割、導入前から準備? 請求大半が女性

仮に家政婦を雇ったとして、一時間1500円位らしい。一人暮らしの家で、掃除、洗濯、炊事をしてもらったとして、まぁ一日平均3時間強で約5000円。平日のみとして20日で10万円。半分でいいやと思えば5万で済みます。夜の面倒までは見てくれないから、時折風俗かなんかに行ったとして、週1で5万もあればなんとか。それだけで家事はプロがやってくれて、あっちの方は何年経っても若くて好みの女性が相手をしてくれる。文句を言われることもなければ、喧嘩をすることもない。

結婚は家事や性的なものだけじゃない? あぁそうですか。なら、男でも女でも、友人として付き合えば、精神的な面でのフォローもできるんじゃないの?
子供? そんなに欲しいなら養子でも取ったらいいんじゃない?

さてさて、結婚の意味ってなんでしょうか? 少なくとも、熟年なんて呼ばれる年齢になってから、貰うものだけ貰ってドロンされるなんてたまったもんじゃないですね。
FC2テーマ:結婚 | カテゴリー:ゴミ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
たばこ1箱1000円ならほとんど禁煙…アンケート結果

現状煙草の値段は300円程度、1000円ってことは3倍以上の値段になる訳です。さて、ここで問題です。この世の中のあらゆる娯楽の中でコストが3倍以上になっても自信を持って継続すると答えられるものが、貴方には幾つありますか? 僕にはほぼ無いとしか答えられません。

ゲームソフトが1本3万だったり、コミックスが一冊2000円だったり、雑誌が一冊3000円だったり、DVDが一枚3万だったり、映画鑑賞が1回7000円だったり、ガソリンがリッター500円だったり、車検が毎回50万だったり、自動車税が毎年40万だったり、ビールが1缶1000円だったり、ディズニーランドの入場料が1日2万だったり、ファミレスのメニューが5000円からだったり、吉牛が一杯2000円だったり。それでも続けるというものがどの程度貴方にはありますか?

「禁煙者を増やすためには、たばこの値段を大幅に引き上げることが有効」

当たり前だ馬鹿野郎。ま、経済屋のやることだからな、無意味なのはいつものことか。

-------- 追記 ---------

「コンジョイント分析を知らないだろう」と意見を頂いたので、折角だから研究室サイトに行って、そこに置いてあるPDFをちゃんと読んでみた。

・タバコの価格
・喫煙による死亡リスク
・公共の場所での喫煙に対する罰金
・急性上気道感染症による自宅安静期間
・タバコを吸わない家族に対する肺がんリスク

を選択肢として、純粋な影響度を確率的に計算し、時間やリスクに対する認知と禁煙行動との相関関係まで測定した研究で、国内外の専門家からも高く評価されているそうな。

ふぅ

こんなもんに意味を見いだしているのか…、しかも高く評価されているのか…。
それって、あれよあれ、趣向や精神活動を記号化、単純化して
再生産をしやすくする手法の一つだね。つまり、萌えの伝搬と同じ発想(笑)
さもなければ、提案とか予算ブンドリの時に適当に名目付けするための道具

すげぇなぁコンジョイント分析(爆)
すこぶる資本主義的で、如何なる本質も表すことはないでしょう。
こんなもんで何かが判ると信じているならその人は気の毒な人だ。

やっぱ経済学は使い物にならないわ。
推測が確信に変わりました。 ご意見参考になりましたです。
振り込め詐欺:被害者への返還手続き固まる ヤミ金も対象

この対応自体は正しい方向だと思います。とにかく詐欺をはじめとする犯罪に対する賠償責任の追求が甘いというのがこの手の犯罪を助長する結果になっていると思います。仮に捕まっても、刑事責任は微々たるものだし、民事的にも無いものは払えないで済まされるなら、犯罪はローリスク、ハイリターンという計算が成立します。

犯罪によって生じた賠償責任は、自分の体を切り飛ばしてでも支払う責任がある。程度の厳しい責任追及が成されない限りこの手の犯罪が無くなることはないでしょう。まぁ振り込め詐欺に今時あう奴なんてのは、被害者の側にも相当な責任があると判断することも可能だとは思いますけどね。
■[著作権]著作権法の非親告罪化は同人誌を殺すのか

何故なら適用される範囲が曖昧すぎる。


その通り、そこが一番問題です。どうも日本教を忠実に信仰している人達が結構居るようで、この程度の法案なら問題無いとかお気楽なことを言っているようですが、本当の問題点はそういうレベルな訳ではありません。仮にこの法案を考えている人や、審議する人の全て、議員や役人の全てが、我々が危惧しているような運用をするつもりは無かったとしても、将来的に違う考えを持った人間が出てくるかもしれない。何か使える道具は無いかと探した時に、利用されてしまうのではないか。法解釈の名の下に何でもアリの運用がされる可能性が残されているという部分を指摘している訳です。何も施行されて即言論弾圧が始まるとか、同人誌が取り締まられるとか、そんなことを言ってる訳では全然無い訳です。

法律は正義、法律は正しく運用されているのが当たり前と勘違いしている人が居るのかも知れませんが、それこそ妄想です。法律は権力者の都合で規定されているだけの一時的な目安でしかないし、その運用は権力基盤が破綻しない程度に制御されるというのが前提になっています。

ましてや某国は、法の精神を忘れるという超技をゲージ無関係に無制限に連発できるというスペシャルな特性を獲得していますから、やる気になればどんなことでもやってくるでしょう。そもそも法律に曖昧な部分を作ると言うこと自体、拡大あるいは縮小の解釈をするということを前提にしている訳で、為政者を全面的に信用できない限り危険な法律は無い方が堅実と判断するべきでしょう。

日本のシステムは根本的に正しい政治家を選択することが出来ない仕組みになっているので、そんな状態で、統制の可能性がある法律を許すというのは、まさに奴隷仮契約にサインしているようなものでしょう。
またまたギャグ回? 一体全体としてはどうなるのかちょっと謎になってきました。とりあえず、桃香ちゃん真冬にTシャツじゃ寒すぎだろって突っ込みたくなったんですが、それをやったら負けですか? メイドさんも相変わらず半袖だったしなぁ。スケートが出来るほど厚い氷がはる池に落ちたら、水を飲んでいるとかそういうレベルじゃなくて、普通即死に近い状態になると思うんですけど、こちらも突っ込んだら負けですか?

で、由美子さんは基本的にエロキャラなんですけど、今回も期待に背かないエロさを爆発させていました。つか、あんだけ若作りで、美人で、しかもエロい母親が居たらどういう気持ちになるんだろうか。やっぱり桃香状態に陥るんだろうか。つか、あのセーターにガーターって格好も激エロだよな。

なんかもう、話とかどうでもよくなってきました。まさにヤミ帽の再来。胡蝶の三人組も真琴ちゃんも良いノリしてるし、刹那に楽しむのが吉というのが、確信に変わってきたりしています。
ワンポイントギャグが効いてました。ブルーアイズが「出直しだ」って言った時には、大爆笑してしまったし、ナディのアミーゴタコス、エヘッもややウケ、「遺言があったらどうぞ」はバカ受け、ラストの「その歌嫌い」も渋いウケがありました。つか、やっぱり客観的に見るとナディはセクシーじゃ無いって設定なんだ(爆)

未だに話は特に展開無し。エリスの心の成長が重要なファクターなのか、ナディとの関係性が重要なのか、その両方なのか良く判らないんですけど、どうも本筋に結びつかないという意味では同じ。叙事的な話だけってことは無いと思うし、微妙にはネタ出しもしているんだけど、まだ繋がらない。Noirなんかでもそうだったけど、結局ギリギリまで叙事的に進めて、ラスト何話かでエピソードの一環としてラストを締めくくる的な方式なのかもしれない。

そうなると、単品としての各話の出来と、結論の説得力をそれまでで如何に持たせられるかが勝負となります。それぞれの出来は今のところ文句の無いレベルを維持していますし、説得力を持たせられるかはキャラの心情描き込みに大いに依存しますから、その点でも悪くないかもしれません。後は必然性を出す構成を取れるかってことでしょうね。ラストの盛り上げ方の演出も重要かな。

Noir、MADLAXと免疫を付けられましたから、ある程度までは許容出来るような気がする。逆に言えば、三作目を作る意味を明確にして欲しいなというのがあります。もう少し共通するモチーフを明示して欲しいかなという気がします。

依然として高レベルな出来を維持しています。是非期待を裏切らない展開でお願いしたいです。