FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
下の方だとは聞いていたけれど、まさか最下位だとは思いませんでした。けど、その順位にはネタが仕込んであるという前振りは既にされていますから、今回のエピソードで何かがあるんでしょう。テレサの姿がよぎったりしていましたし、オーラがあった的な表現がされていましたから、恐らく覚醒の方向なんでしょう。

最下位のクレイモアの話というのも悪くはないですけど、ラキの存在から考えても違う話になるんだろうなぁという気がします。久川討伐が彼女の目的というのは想定内なんで、それを考える上でも強くならないとという方向なんだろうな。

折角長々とテレサ編をやった割には、その繋がりが弱い気がする。これからもう少し出てくるのかもしれないけど、もう少し関連性が欲しいなぁ。まぁ久し振りなんでクレアちゃんの活躍に期待するとしましょう。

----------
シナリオ(単話) : 5
シナリオ(シリーズ) : 5
演出 : 5
構成 : 5
キャラクター : 5
カラー : 5
その他 : 5
スポンサーサイト



すっかり演劇が終わって、通常の学園ものになっています。正直厳しいところで、またまた麦ちゃん鬱モード発動。佳代ちゃんを送り出すのに何か芝居をってパターンが収まりどころか。展開自体は判りやすいというか、完全に丸わかりなので、そのプロセスが重要になるんだけど、テンポの悪さもあって、ややだるめ。

焦点はラストをどうやって落ち着かせるかというところに行くしかないんだけど、やっぱ演劇部に所属って辺りかな。野乃も元々は演劇部だった訳だし、これで元通りってパターンなのかもしれない。

----------
シナリオ(単話) : 4
シナリオ(シリーズ) : 5
演出 : 5
構成 : 5
キャラクター : 5
カラー : 5
その他 : 5
希少種狙うチョウマニア…保護区域が危ない!

コレクターという人種はそもそも我が儘なものである。稀少なものほど価値が高いのであるから、当然奪い合いになる。これが人工物であれば、金さえ出せば解決できるという可能性がある。トレーディングカードのレアものや、シークレットフィギュア程度のものなら、大人買いで何とかすることもできるだろう。

しかし、これが天然物となるとそうは行かない。蝶はその典型。天然ものの中でも生き物な訳だから、これは幾ら金を出してもどうにもならない場合もある。またそれがコレクターの心を掴むという効果を持っているのかもしれない。挙げ句非合法に走るということになるのだが、これはもう必然とも言える結果だと言うしかない。

で、稀少なものほど価値が高いというのはコレクターズアイテムばかりではないです。これは一般的に言えることで、宝石などが判りやすい例。つまり、金儲けもコレクターと同じ原理で動いているということを忘れてはいけません。コレクターは自分の趣味的欲求だけの問題ですが、金儲けはその名の通り金が絡みます。下手すれば生活がかかっていたりする訳です。

いつになっても、談合、汚職などがなくならないのは、ビジネスというのはそもそも薄汚い部分を半面として常に持っているというのが真理だからです。そして、資本主義とはそういう仕組みを基盤として構成されています。無条件に信仰できるような類のものでは最初から無く、それは悪魔とダンスを踊るがごとき要素を多分に含んでいるということを忘れないようにするべきだろうと思います。
イー・モバイル、6?8月のエリア拡大計画を発表

この発表を見る限りだと順調に拡大しているかのように見えます。が、現実はそこまで甘くありません。実際さいたま市内の自宅では、無情に圏外ですし、電波が入る場所でもちょっと移動するだけで、圏外にという場所は幾らでもあります。密度は相当薄いと判断するしかないでしょう。

まぁ自宅での接続は最初からあまり期待していなかったので、個人的にはそれに文句を言うつもりは無いのですが、問題があるのは都内。電波状況がそれなりに良い場所で接続していても、切れる。切れまくる。1時間つながり続けていれば驚異的で、酷いときには5分で切れます。しかも、再接続性が悪いこともしばしばあり、どこで詰まっているのかは判らないのですが、少なくとも全く文句なしという状態にはなっていません。

で、切れまくったりすると、EM・ONEのダイヤルアッププログラムがおかしくなることがあります。判りやすいのは、こんな動き。HSDPAのON/OFFは接続中はできません。通常だと接続を切ってからOFFにするんですが、切断されている状態なのにOFFにできなくなることがあります。こういう状態になると、もうまともに接続ができなくなります。WM自体の問題なのか、シャープが作ったソフトの問題なのかは判りませんが、相変わらず接続周りに弱さを抱えているなという感じがします。そもそも切れなければこういうことは起きないのかもしれませんけどね。

地下鉄も相変わらず圏外です。イーモバとしては、他社に問題ありという言い方をしていましたが、いずれにしてもサービスは提供されていません。それは最初から織り込み済みであったとはいえ、繋がるようになれば使い方も広がるのは事実。エリアを広げて契約数を稼ぐのも重要でしょうが、最重要な都内での品質アップにも少し気を配っていただきたいです。なんせ、2年もの縛りを付けている訳ですからね。これで不満のまま2年が過ぎるなんてことになったら、即解約でもう2度と契約をもらえなくなりますよ。

長いことお預けになっていた3D BOXもついにリリースされたので、早速入れてみました。コンセプトは面白いといえばそうかもなんですが、オンラインコンテンツの方は、速度が安定せずにガクガク。内容に関しても今のところ特段珍しいものではなく、検索に関しても使いやすいというまでには至らずという感じ。こちらも通信の安定が一番重要だろうと思われます。オフラインの方は、本体のMy Documents以下しか検索してくれず、手動での登録もできないというのが致命的。この使用で一体何に使えというのか教えていただきたい。Todayになにやらアイテムを登録するんですが、これが何なのかがよくわからない。とりあえず抹消しましたが。ということで、肥やしソフトになる可能性がかなり高い。標準のメニューやネットウォーカーと同じ運命をたどることになりそうです。
通話記録不正アクセスでドコモも賠償命令

こえぇぇぇぇ
指示や命令があったかどうかは知らないけど、
少なくとも信仰心からこの行動に出たというのは確実だろう。
つか、指示も命令も無いのにこういうことをする人間が居ることの方が更に怖いわ。

さすが人を救うことを名目とする宗教団体はやることが違う。
宗教を真剣に信じているってだけで狂人だと僕は判断するけどね。

さて、皆さん現在この国では与党と呼ばれる政党が二つあります。
一つは自由民主党、もう一つは何党でしょうか?

こんな宗教団体の手先になっている政党や、
そんな政党と臆面もなく手を組むような政党。
そういう連中が堂々と政治家面していると思うと情けない。
しかも、選挙してもこれを変えることができていない。

嗚呼、素晴らしきかな民主政治。
損保6社:支払い部門強化859億円 不払いの3倍のツケ

顧客の契約内容を管理するシステムと支払いシステムがバラバラだった


実は保険屋に限らず、こういうヘボなシステムを使っている企業は多い。目先の利益だけ見て、マルチベンダとかにした癖に、社内の情シスの能力が低くて、きちんとしたビジョンを出せなかったり、ベンダ間調整ができなかったりした結果こうなる。優秀なベンダーやコンサルを入れていれば、システム間連携が必須だということは判ることなんだが、他社のシステムとは連携したくないというのも、本音。これを社内で調整できない程度の企業、恐らく国内のほとんどの企業はマルチベンダにするとこういうデメリットが発生します。

判りやすいのは、社内に業務用のActive Directoryが幾つ立っているか数えてみると良い。3つ以上立っていたら、三井住友海上を笑うことはできない。常識的に考えればディレクトリは一元化されているのが望ましく、本来であればグループ会社も含めて、トータルにソリューションされているべきなのだ。

当然それぞれのシステムには、莫大な予算がかけられているでしょう。金融や公共の仕事は無駄な手間が多いので、どんな会社もそれを加味した特別価格を提示するから、総じて高額になります。そこへ持ってきて更に100億単位の金額が動く訳だ。

よっぽど儲かってるんですね。としか言いようが無いですね。
松岡氏後任 首相『週内に』 農政通を起用の方針

農政通ってのが何を指すかというと結局、農水省OBってことになるらしい。
それだから駄目だってのがまだ判らないのか。
判らないんだろうなぁ。
自民党だしなぁ。
アベだしな。
orz

懲りない、飽きない、学習しない!

終わってるわ。
JVA、2007年度事業計画を発表「HD DVD/BDの勢いなし」

ビデオというものが初めて世に出たとき、それは夢の技術だったし、何もかもが初めてのことだった。ビデオソフトは垂涎の憧れではあったが、高価でそうそう何本も買えるようなものではなかったし、買っても時系列で劣化するという事実はすぐに判明した。

そこで登場したのがDVD。これは凄い。デジタルで記録され、画面は鮮明、取り扱いは容易、時間劣化は無いし、価格も大分こなれてきた。プレイヤーも安価に出回りはじめ、これは買うしかと飛びついた。

そして数年。実際にはどうかというと、買ったソフトも結局は見て数回、買ったときに1回見ただけというのも結構ある。下手すると封も開けずに封印なんてパターンもある。洋画の価格は大分安くなったものの、数千円はするし、日本製のコンテンツは未だにとんでもない値段が付いているものがほとんど。テレビは多ch化が進み、映画もドラマもアニメも専門chが複数あってそれほどの値段を出さずとも毎日見ることができるし、なんなら近くのレンタル屋に行けばDVDソフトが数百円で一週間も借りられる。面倒くさければ宅配のサービスまでしてくれる。

そんなご時世にHDやBDが出てきた。魅力は当然高品質なHD映像。でも、それが十分楽しめるようなHDテレビの普及率は進んでるのか微妙に疑問。持っているとほぼ自動的にBS/CSチューナーも搭載されていますから、これまで専用チューナーやデコーダーが必要だったchも電話一本で、いやテレビから申し込みをするだけで契約できてしまう。おまけにプレイヤーはまだ高価で、DVDの時の経験から、今後価格は急降下することは目に見えている。頼みの綱のPS3もやっぱり高いし、ゲームソフトも評判もパッとしない。ソフトも付加価値を付けているから、旧作でも値段はDVDよりも高いことが多い。

勢いが出る要因がまるでないわな。

まずは圧倒的にやすいプレイヤーの登場が必須でしょう。3万以下位。5万も出せば十分なクオリティが維持できるって程度にならないと厳しい。その上で、旧作ソフトはDVDと同じ値段。新作の値段も見直し。特に国内コンテンツは半値以下にしても良いくらい。それだけやって初めて勢いが出てくると思いますね。

いや、もう一つの手は、素直にセルなんてあきらめて、レンタル屋に大量の次世代DVDを流し込むという手もあります。そうすればこれまた普及はドンと進む可能性があるでしょうね。

そうでもしない限り、もうそう簡単に美味しい思いはできないと思いますよ。
格差が遺伝する! ~子どもの下流化を防ぐには

僕は勿論こんなしょうもない本は読んでいないし、もし間違って読み始めたとしても、ここにかかれている内容が事実なら、半分と読まずにゴミ箱に投げ捨てるだろうことは間違いない。

基本的に中身は、所詮マーケティング屋の領域を出ていないレベルのものだし、明らかに一定の価値観を加味しているのが見え見え。つまり、何が言いたいかというと、このアンケート自体が、正しいものであったとしても、そこから結論を導き出す際にある種のベクトルが加えられているのがあからさまで萎えるということです。

家庭環境が子供に影響を与えるなんてこと自体は当然のことで、なにもこんなアンケートなんか必要は無いのですが、一応具体的になっているので見てみると、結構役に立つこともかかれているようです。

・成績「上」の子どもがいる家庭の15%が日本経済新聞を購読している
・成績の良い子の母親は昼寝より読書が習慣の「がんばる派」
・英語への取り組みは成績とはあまり関係ない
・下流的な若者ほど白いご飯を食べている人が少ない(母親が料理好き)
・成績「上」の子どもの母親に「プレジデント・ファミリー」読者が多い


「上」とか「良い」とかはプラス方向のイメージを作るものですが、それが絶対的に良いものであるかというのは別問題です。明るいだとかがんばりやだとか適当な言葉で飾っていますが、結局「良い」子供とは何かという基準に信頼性の欠片も無いので、その上に何を持ってきても空虚です。つまり、「成績が良い子供ほど良い子供」という前提が間違っているとするならば、上であげた例の評価は逆転する訳です。つまり、

日経やプレジデント・ファミリーを購読し、母親ががんばる派の子供は腐れだ

という結論になります。そして、この社会をこれだけ停滞させている最大の原因がエリートと呼ばれる、社会体制の奴隷としての自分に一切の疑問すら持たない不感症な家畜にあるというのは確実で、少なくともこの作者はそのことに気付いていないことは明白です。

で、このアンケート結果を持って結論がなんなのかがよくわからない。格差が遺伝するのは詳細な内容は別として、当然のことで今更言われてもどうにもならないことで、だから何の部分こそが重要な点。当然家族制度を壊さない限り根本的な解決は無いんだけど、とりあえず当面どうするかという部分くらいの提示は欲しい。

有効な策の一つとして、価値観を変える、というか多様化するという手段があります。つまり、資本主義的な金至上主義、体制至上主義からの脱出というのが重要な命題になります。金なんか稼げなくても、エリートなんかじゃなくても十分価値があるということを当人と社会が認めれば、それは格差とはならなくなります。ついでにAmazonのレビューも見てみると、向上心とか訳の判らん単語も使っているけれど、なぜ向上心が生まれないのかという部分、特定の価値の押しつけこそが、それに乗れない人達の向上を徹底的に削ぐものだということには考えが及ばないようだ。

そういう視点で見てみた時、格差に問題があるという口調で善人面な本を書いているこの作者のような連中、アベもまさにそうなんだけど、奴らこそが、まさに格差を増進させている張本人であるということが見えてくるだろうと思います。
9話まで見てもまだ話らしい話は出てきません。ひたすらナディとエリスは旅を続け、所々で会う人々とのエピソードを重ねていくだけです。それぞれのゲストはなかなか興味深く、わずか1話の登場ではありますが、的確な描き込みのおかげで十分な存在感を持ち合わせています。故に、彼らの影響の積み上げが最終的な何かになるのではないかという想定は立つのですが、いかんせんエリスに見えるような変化が無いので、どうなんだろと考えさせられてしまいます。

今回のラストに珍しくちょっと伏線めいたものが出ました。つか、あの石見るのえらく久し振りです。それでもまだエリスが何を考えているのか憶測できるようなレベルではありません。これはもうはやくても13話以降なんだろうな。そこまでは純粋に楽しむのが吉と見ました。

エリスとナディの会話は相変わらず息のあった漫才コンビかって言うくらいのノリで素晴らしいです。台詞の端々にセンスが光ります。今回はエリスの超能力が幾つか発揮されています。涸れ井戸を簡単に登っていったり、訳の判らん地図を正確に読んだり。あぁその前にはナディの呼び声をどこかから聞きつけたってのも超能力かもしれません。

それに対して、ドジっ娘ぶりを十二分にアピールしてくれていたのが、ブルーアイズ。今回はお尻は抜けたところを見るとなんとかダイエットには成功したみたいですが、眼鏡踏みますか、そこで。「出直しね」じゃねーよ(笑) アミーゴタコスは前回なかなかのノリだったんで、僕もお気に入りだったんですが、エリスバージョンが聞けるとは思っていませんでした。清水愛のエヘッはかなり強烈でした。

桑島のボケっぷりも良かったなぁ

----------
シナリオ(単話) : 6
シナリオ(シリーズ) : 5
演出 : 5
構成 : 5
キャラクター : 7
カラー : 5
その他 : 5
エマさん鬱モード発動。しかし、当時のイギリス社交界ってのは狭い世界だったんだと思うし、ロンドンも広いようで狭い街だから仕方ない部分はあるけれど、これでもかって勢いで畳みかけます。メルダース家の連中にもとうとう感づかれ始めたし、ここからが本番って感じに状況は整ってきました。

ウィリアム君の本気度が今ひとつ微妙で、キャンベルの親父も一筋縄では行かないという感じがします。恐らく鍵はウィリアムパパなんじゃないかという気がします。子爵を説得するのに、さすがにウィリアム君では役者不足な感じが否めません。で、そのパパを動かせるのは、当然ミセストロロープということになるんじゃないのかな?エマエンドになるとしたら、そういうパターンか。

しかし、まだエレノアさんにも目が残っています。彼女も十分に愛らしい女性として描かれていますし、逆転の可能性はまだまだ残されています。とは言え、エマさんの収まりどころが見つからないとどうにも話として纏まらないですから、今のところ自力勝利は厳しいかな。個人的にはミセスメルダースことドロテアさんがお好みなので、是非活躍していただきたいと期待したりしています。

さて、なかなか衝撃的なラストで終わりましたね。次回どうなるのか、ちょっとドキドキですね。

----------
シナリオ(単話) : 6
シナリオ(シリーズ) : 6
演出 : 6
構成 : 5
キャラクター : 6
カラー : 5
その他 : 5