FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
「団塊発、世界へ」。2007年、DSは再加速する

ターゲットは完全に大人。ストーリーもなければ、ゲームを説明してくれるキャラクターもいません。ただ良質かつ大量のパズルを用意し、1本のソフトに詰め込んでいます。


大人ねぇ。そういえば聞こえはいいけど、結局老人ってことなんでしょ? ストーリー性もキャラ性も無い、淡々とパズルを解くことが楽しいってのが本当だとしたら、想像力、文章理解力、構成力が欠如してる。なによりゲーム性というものをまるで理解していない。けど、スキルだけはそれなりにあるという機械みたいな連中ってことを指し示すんじゃないかなという気がします。うーん、それってまさに団塊って気がしないでもない。

まぁ日本のゲームメーカーのほとんどのストーリーやらキャラクターやらは、本質的に陳腐なので確かに大人が楽しめるようなものでは到底ありません。そんなものを基準にされると困ってしまう訳で、これまでならPC、今後は360がゲームの基本になるんですが、そう考えてみると、ひょっとしたら彼らはそれらを知らないってことなのかもとも思える。今の日本の状態で、売れるからってDSで満足しているようなら、もう、ゲーム業界も長いことはないなというのが確定すると言うだけのことでしょう。いや、Wiiでも同じですって。それに、今でも相当終わり臭が漂っている状態ではあるんですが。

何れにしても、DSごときのパズルでは、ゲームの楽しさの内容は1/10も表現されていない。仕事が無くなってたっぷりと時間が使えるようになった今だからこそ、腰を落ち着けてじっくりとやって欲しい作品はあると思うんですけどね。それがDSのパズルでは、あまりにも悲しい隠居生活じゃないですか。

とりあえず360とOblivionを買ってみたらどうですかね。1ヶ月やっても面白さが判らない人は、死ぬまでDSでパズルやってて良いです
スポンサーサイト
絵文字を音読する幼稚園児の会話

答えは簡単で

全世代に通用する一般的な日本語を十分に使いこなせることを前提として、ジョークや遊びの範囲で相互理解を得ている人同士で使う分には全く問題無い。

以上です。

つまり、この例に挙がっているような、「小さな」女の子であった場合、そのような意図を明確に理解しているとは考えにくいですから、僕が保護者の立場であったなら、即座に直させます。スラングの類は、どの世代、どの世界、どの集団でもあるもので別段珍しいものではありません。それを使うことはある種の楽しみがあるのも事実だし、それによって何らかの効果を持つ場合がある時もあるでしょう。僕だって親しい友人、知人の間でしか通用しないスラングを幾つも持っているし、使っています。

けど、その手の会話しか出来ないとなればそれは当然問題です。
そして、相手を見て使い分けられなければそれも問題です。

これは、子供達の感性とかそういう以前の話。これを無条件に許すことで感性を許容できるなんて考えているとしたら大間違いでしょうね。
このシリーズの中では、一番の出来だったように思えます。元々原作からして、「レディ、Go!」自体が前振り主体の回であるし、体育祭ということで動きを出しやすかったという部分もあるのかもしれません。

このシリーズは全てそうですが、50分の中に相当の量の話を詰め込んでいますから、どこを切っても無駄は無く、むしろ何が足りないかという話になる方向であるというのは、今回もまた変わっていません。それが、全体としてあっさりした感じに仕上がってしまうというデメリットを産むのですが、今回に関しては比較的それを感じずに済みました。

あえて言うなら、やっぱり可南子の表現が弱いというのがあります。しかし、これは前巻の状況を引きずっているので、むしろシリーズとしての可南子解釈の問題ということになるでしょう。とはいえ、賭に関してはこの話の根幹なんで、もう少し落とし込みがあっても良かったかなという気はします。このアニメシリーズだけを見て、本気で可南子と祐巳の関係を理解出来たと言う人が居たら、凄い感性の持ち主なんじゃないかという気がします。この一連の流れで重要なのは、祐巳の妹問題なんですが、その点がどうにも軽すぎるなという気がします。

逆に今回良くできていたなぁというのは、瞳子ちゃんですね。いやぁ、ツンデレとはまさにこれを言うんじゃないかって言う位で、可愛さ爆発でした。けど、これも原作の補足情報があったからという気がしないでもありません。まぁ、フォークダンスのシーンもあったから一応フォローできていたかな? 学ランの祥子さんや、藤娘の志摩子さんもラブリーでしたね。

時間的に厳しい中だったので、相対的に志摩子や由乃の部分が弱くなっているのと、折角の家族対面もちょっと軽く流れちゃったなぁという気がするのともありますが、まぁそれはそれで良いかな。基本的には、3rdシーズンもこれにて終了って感じです。「チャオ ソレッラ!」はおまけ的要素が強いかなという感じがしています。4期を始めるまでには、原作がもう少し進んでくれないとでしょうが、ここまでやったからには、是非続きもやって欲しいものです。

とりあえず瞳子ちゃん萌えってことで。

----------
シナリオ(単話) : 6
シナリオ(シリーズ) : 6
演出 : 6
構成 : 5
キャラクター : 6
カラー : 5
その他 : 5
“中学までに携帯を持たせたい“親は8割以上──サーベイリサーチセンター調べ

答えは簡単で、自分で費用を負担できるようになったら。です。それ以外で携帯電話の必要性は特に感じません。「緊急時に連絡がとれるように」って一体どういう時を想定して居るんですかね。まず一年に一回は無いって気がします。

高校生でほぼ100%って状態がまず信じられません。どうせロクな使い方をしていないことは想定できているはずです。

完全に親の勘違い、過剰干渉の構造が見て取れるんですが、この状態じゃ出会い系サイトもそりゃあ儲かるわな。
社保庁の被害推計、5000万件は対象外

調べれば調べるほど、役人がいかに悪徳かが証明されていってます。酷いだろうと確信していた僕でさえ、更に驚かされる程に酷い有様で、奴らは毎日霞ヶ関まで居眠りをしに行ってるんじゃないかという気さえします。

金額もとんでもない額になっており、そりゃあこれだけ詐欺ってれば金も余って訳の判らない建物も建てたくなるよなぁと納得してしまうくらいです。奴らにとって我々から金を集めるなんてことは、蛇口をひねって水を出しっぱなしにするよりも容易いことなんでしょう。

いやもう、役人は全員が害虫で、奴らの感じている責任なんてヘリウムガスより軽いなんてのは、確定事項なんでそんなことはもう一切揺らぐことは無いんですが、問題はどうやって駆除するかという方です。庁舎ビルにサリンでも撒くか、飛行機でもぶつける。もしくは役人の首に賞金をかけてDEAD OR ALIVEにするというのも悪くない手かもしれない。馬鹿は死んでも直らないと言いますから、生かしておいても害にしかならないのは間違いないんですが、役人の味方、美しい役人の国を目指している我らがアベと政治屋の先生様達はどうも意見が異なるようです。

「国の機構として温存するわけにはいかない」

いや、問題は外枠じゃ無くて、中に寄生生息している毒虫たちの方なんですよ。
判ってますかぁ?? それとも判っていてワザとやってるんですかぁ??
どちらであっても、駄目なことは変わらないんですがね。
救急車は本当に必要? 軽症者は自力通院を

これも馬鹿のおかげで余計なコストがかかってしまっているという例。とはいえ、救急車を呼ぶべきか否かというのを迷うケースというのは確かにあるのかもしれない。まぁ迷うようなケースであれば呼んだとしてもそれほど問題にはならないんでしょうから、それ以前の連中に問題があるってことなんだと思うんですけどね。

ただ、この中で一つそれはそうだよなぁと思ったのは「救急車で病院に行った方が優先的に診てくれると思った」というもの。これは確かに病院に行く度に感じる点で、老害の典型。老人の持病に関しては枠を別にするとか、病院側でも少し対応を考えてくれないとさすがに話にならないという気がします。

先日家の親が酷い腹痛を訴えまして、朝から病院に連れて行き、初診の番号札2番を取ったんですが、診察があったのは午後という為体でした。そういう経験があると、ちょっといつもより酷いなと感じたら、急患扱いで行きたくなるという気持ちになっても仕方ないかなと言う気がします。

はっきり言って病院に行くと逆に具合が悪くなる。これはもう相当な昔から今現在にいたるまでいっこうに改善される気配がありません。しかも、それだけ待って受けた診察は5分とか10分で、しっかり初診料だの診察料だのまで取られるとなれば、なんとかしろよと言いたくなるのも道理かと。

様々な要因はあるかと思いますが、僕の知る限り満足できるサービスを提供している病院というのは歯医者くらいしかありません。総合病院なんかになると、もう酷い有様で、二度と来るかと捨て台詞を吐きたくなるほどの所ばかりです。

そういう部分も実は根底にあるんじゃないかなという気がします。多分に先生等と呼ばれる職種の人間は勘違いしているような気がします。自分たちはサービス業に従事している人間なんだということを再認識する必要は、まだまだあるんじゃないでしょうか。
ガードレール125メートル盗まれる 三重県松阪市

2万円相当って…、それだけのために125m、1t近いものを盗んだっていうのか? 一瞬工事が欲しいゼネコンが発注を期待してやったんじゃとも思ったけど、野積みしていたものが無くなったということじゃ、それも考えにくい。

しかしね、限度ってものがあると思うんですよ。あまりに常軌を逸していると自分の首を絞めることになります。って彼ら的には先のことより目先の現金ってことなのかもしれないな。気持ちはわかるけど、だとするなら根本的な解決策を講じるより手が無いのかもしれません。

一番良いのは、個人からの鉄くず等の売買には身分証明、そのくずの出所の証明など複雑な手続きを強制し、違反した場合は業者に思い罰則を科すという辺りか。本気でやるなら、財務状況と付き合わせて一度徹底的に調べて、やればかなりの抑止効果が出るんじゃないかという気がする。

海外に持ち出されている可能性もあるので、そちらの規制も強化する必要があるでしょう。いずれにしても、それを商売にしている人達にしてみれば迷惑なことです。そうならない内に業界内の内部告発等々で、悪質な業者を吊し上げないと自分に火の粉が飛ぶことになると思いますよ。
公務員にスト権付与へ 骨太の方針原案

少なくとも今、この時期に、よくこんな発表をできるものです。それ自体にまず呆れます。で、彼らは何をもって民間企業並みの処遇や仕組みと称しているのでしょうか? 役人共にこれ以上無用な権利を与えるという方針を出す以上、その根拠は明確にしてもらわなければ困ります。結局役人から見て1を失っても10を取り返すになったのでは、改革ではなくて改悪にしかなりません。

少なくとも現状見る限り、改革案は大甘も良いところで、僕が見る限りそれが完全に実行されたとしても、民間企業並みには遠く及びません。奴らを甘やかす位なら、まだその資金を外にでも撒いた方が意味があるでしょう。

大体、この会議とやらのメンツを見ただけで、まぁまともな結論は出ないだろうなというのは判ります。こうやって法律ってのは制定されていくんだなぁと思うと、違法行為ってなんなんだろうと真剣に考えざるを得なくなります。
着々と物語は進行し、次々とオトメ達は凍結されていきます。頼りになりそうなところからやられているという感じがするのは気のせいか? まぁ5柱の面子が残っていると、アリカやニナの存在がどうしても薄くなるというのがあるのかもしれません。

今回の話は、ほとんどラストシーンの為だけにあったようなもので、サービスカット満載でお届けしています。テレビシリーズではほとんど活躍の場がなかった連中も今回は活躍してます。美佳子女王さまも鞭を持って気合い入ってました(笑) シズルさんのお姉様って、それは強烈そうだ。赤ちゃんプレーを仕込んだのもアインさんだったりするのかもしれない(爆)

ともかく、破滅的状況は益々進行し、今のところ解決する見込みすらありません。ニナが拾ってきた本と、マシロちゃんの前に現れた謎の建物が解決の鍵になるしかないんですが、今のところ敵の正体すら不明の状態ですから、どうなるのかの想定も出来ないですね。

短期のOVAだけあって、話の進行は速いし、無駄なシーンもそれほどありません。このテンポで行ってくれるとさすがにノリが良いです。通常のテレビシリーズでもこれぐらいで行って欲しいなぁ。まぁキャラの説明や関係性を一切省けたというのも大きいでしょうね。本編でそれなりにキャラの描き込みが出来ていたから、このシリーズが成立しているという部分もあるでしょう。

ともかく、ここまでは十分に良い出来と言って良いでしょう。さぁラストはどうなるのか期待して待ちたいと思います。

----------
シナリオ(単話) : 6
シナリオ(シリーズ) : 7
演出 : 6
構成 : 5
キャラクター : 6
カラー : 5
その他 : 6