FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
久し振りに勝ったことだし、良い試合でしたと言いたいところですが、全く不満の残る試合でした。都築様々といったところでしょうか。山田とポンテを下げて、岡野を右に、長谷部をトップ下にという布陣。前半はバランス良く機能しているかなという気もしたんですが、それも長いことは続きませんでした。

とにかく右が使えない。山田から岡野に変わってもほとんど変化はありませんでした。左の相馬もそれほど使えているという感覚もなく、攻撃面は今回もまた中央より。ゴールのシーンは見事でしたが、それ以外はほとんど崩すというシーンが見られませんでした。

後半に入ると、押し込まれるシーンが目立ち始めます。ある程度までは仕方ないですが、これを切り返すことは、結局最後まで出来ませんでした。これは大問題。とにかくパスの精度が著しく悪い。折角ボールを奪っても、ロングボールを入れるだけ、しかも精度もイマイチなので、結局奪われる。ポゼッション全く出来ない。これじゃ、得点が取れるはずがありません。

前半は良い感じだった長谷部や阿部の攻撃も息を潜め、ただひたすら守る時間が続きました。山田が入ったものの、機能しているという感じにも見られなかったし、細貝にしても目立った活躍はありませんでした。

どうも、組織的な動きというのがまだ出来ていないという感じがします。中盤の構成が出来ていないというのが最大の問題ですが、達也を出しているのに、彼を生かすようなパスも出てこなかったし、攻撃のバリエーションが少なすぎます。かろうじて勝ったという状況ですが、次回もこんな勝利が転がり込んでくるとは限りません。もう少しアグレッシブに行ってもらわないと、フラストレーションが溜まるばかりでしょう。
スポンサーサイト



ここで、帝じいさんの話を出しますか。まぁラストの「お願いします」へ向けての流れと言うことで、ハヤテの中では比較的綺麗なストーリーになっているだけに、アニメにしても違和感が無く収まっています。まぁそういう話だからこそ、本来のハヤテの面白さがスポイルされているという部分もあるように思えますが。

さて、この話が出たということは、きっと「ハヤテ身売り?マラソン大会?地下ダンジョン」って流れになってくるんじゃ無いかって気がします。が、これって何話なの? そんなにエピソードを入れる話数があるんだろか。もし、1クールで終了ってことになると、身売りネタで終わりってことになるんじゃ…。あぁでも次回はハムスターネタっぽいしなぁ。実はもっと長いのか? そうじゃないと、西沢さんやひなぎくが活躍する場面が無いしなぁ。

----------
シナリオ(単話) : 5
シナリオ(シリーズ) : 5
演出 : 5
構成 : 5
キャラクター : 5
カラー : 5
その他 :5
話としては判るんだけど…、さすがにちょっと心変わりしすぎでないかい? もう少し、もう少し工夫して欲しいなぁ。自分が思っている以上に民は苦しんでいる。それを知って自分の無力さを知るってのは、良くある話なんだけど、ちょっとシンプルにし過ぎって感じがします。更に言うなら、それを知ることでリタにどんな変化があるのかという部分がちゃんと描けていないと、形骸化してしまいます。

どうも、全体的に軽くなり過ぎている感じがするのが払拭出来ないです。もう少しストーリー面でも工夫があるのかなぁと思ったんですが、その部分も停滞気味だし、何かを変えていかないと怠くなってしまいそうです。

----------
シナリオ(単話) : 4
シナリオ(シリーズ) : 4
演出 : 5
構成 : 4
キャラクター : 5
カラー : 5
その他 :5
ジョミーの選択は正しい。目的と手段は往々にして入れ替わる。地球へ向かうというのもそれと同じこと。彼らが求めるのは、自分達が認めて貰える社会を作るということ、人類に敵対することや、地球へ行くことは、その為のプロセスでしかないはず。それを避けて目的が達成できるのであれば、あえて達成困難な手法を選択する必要はないでしょう。

が、しかし、人類側としての目的はミュウの殲滅にあるというのが問題。ミュウの側に敵対する意志がなかったとしても、彼らの能力が潜在的な危険を人間に感じさせる以上簡単にはミュウの存在を容認することはないでしょう。その部分の整合性をどうやって成立させるのかが難しいところ。

存在を知られずにひっそりと暮らすと言う選択もあれば、ある程度の勢力を持って存在を認めざるを得ないという状態にすると言う手もあるでしょう。しかしそのどちらにしても、本質的な解決にはならない。あくまでも当面の問題回避という以上にはならないでしょう。人類がミュウを危険だと感じなくなるのが一番なんでしょうが、それはかなり難しい課題のように思えます。実際、そう言う能力を持つ人間が身近に居たとしたら、それを認められると自信を持って言うことは僕には出来そうもありません。

完全に能力の違う種であるという認識であるとするならば、その二つの種の共存をどのように行うのか。地球へのテーマの中でもかなり重要なもののはずです。記憶が曖昧になってきているのですが、劇場版ではこの辺り結論が出ていなかったように思えます。今回のシリーズでは、劇場版に比べれば、たっぷりと時間はあります。どんな結論になるのか、ちょっと楽しみです。

----------
シナリオ(単話) : 5
シナリオ(シリーズ) : 6
演出 : 6
構成 : 5
キャラクター : 5
カラー : 5
その他 :5
14年待った。だから、もう待てないというのと、14年待ったんだから、もう少し慎重に事を運ぶべきだというのと、まぁ物語においては、前者の選択をするとまず良いことはないんですが、今回もまたそのパターンでした。旧交を信じる。その気持ちは判るんだけど、いとも簡単に裏切られたものです。14年も経てば変わってしまう人と変わらない人と両方が存在するというのは仕方がないでしょうね。

で、ジュリエットの方はやっぱり人が切れないで悩み、ロミオの方はどうしたモノやらと陰鬱な状態。オフィーリアとエスカロスのコンビが出たというのはかなりのネタではあるんですけど、あまりそっち方向に頼ってしまうのはどうもなぁ。結局オカルトかよの世界になると、どうにも。

強大に見えたものが一つのものに頼って構成されていたというのは、話としてはあまり面白いものじゃないです。時間も十分あったことだし、優秀な大公として、かっちりとした組織が作られていて欲しい。なにか魔法的なものに支えられてというのは勘弁して欲しい展開です。

まぁ、今のところはまだそうと決まった訳でもないんですが、大公の表情は明らかに異常でしたからね。

----------
シナリオ(単話) : 5
シナリオ(シリーズ) : 5
演出 : 5
構成 : 5
キャラクター : 5
カラー : 5
その他 :5