FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
面白かった。今までで一番かな。やっぱヲタネタ排除方向だと厳しいってことなんだろうな。それなりにバランスを取る必要があるんでしょう。こなたの家族ネタを使ったのも大きいかな。そうなんども使えるものでもないような気もするけど、とりあえず面白かった。親父も娘も欲望に忠実ってのはなかなか笑えます。

メインキャラの中では、つかさが一番綺麗に描けていると思うんだけど、素で可愛い系なのでかがみやこなたに挟まれていると目立つからかもしれないな。その割にはみゆきさんはあまり目立ってない気がする。まぁ出番の数が圧倒的に違うから仕方ないのかもしれない。

しかし、この内容でよくネタが続くなぁというのは、ひだまりスケッチと同様。まぁらき☆すたはヲタネタ入れてるせいもあるんだろうけど、それにしても、頑張るなぁという気がします。

----------
シナリオ(単話) : 6
シナリオ(シリーズ) : 5
演出 : 5
構成 : 5
キャラクター : 5
カラー : 6
その他 :5
スポンサーサイト
【勿忘草】音楽家も宗教家も発することを恐れるな

果たして「人は何故(なぜ)命を大切にしなければならないのか」を語ることは、それほど難しい問題だろうか。


それがそんなに簡単に語れると思うならやってみればいい。
きっと聞く気も失せるような、陳腐な言葉なんだろうよ。
よくこういうことを臆面も無く書けるよな。
多分無知と善意で出来ているんだろうけど、
本人はこれで良識人面なんだろうねきっと。
温暖化対策 政府笛吹けど民間は踊らず…

事前のアンケート調査では、1割程度の人が「参加してもいい」と回答していたが、19年3月末の世帯加入率は全国ベースで0・06%にとどまっている。


バカ受け。事前調査などというものがいかに役に立たないかを明示的に表す良い例でしょうね。アンケートレベルで「温暖化対策に協力しますか?」と聞けば、まず協力しないと答える人間はそうそう居るはずが無い。そのアンケートで1割しか参加しないという結果であるなら、実際が0.06%になってもなんの不思議も無いかもしれないね。

こういうある種の心理学的な分析というのが統計には絶対に必要になります。けど、そういう風にちゃんと分析しているのを余り見た事がないですね。すると、こういう悲惨な結果を産むことになるんでしょう。かといって、そういう分析を入れてしまったのでは、所詮予想でしか無くなってしまうと。まぁ大衆の適当さなんて、なかなか計測出来ないって事でしょうね。
携帯電話のみのネットユーザーは低レベルじゃない

何緩い事言ってんだ? と思ったら、なんだ広告屋か…

この中学生からおじいちゃんまでの全体的なリテラシーの向上を鑑みれば、早晩、日本人すべてがインターネットのヘビーユーザーになるはずだと考えるほうが正しいはずです。


プッシュトークを使えるのがリテラシーの向上というのか、このオヤジ orz
こういう奴が居るから、携帯ユーザーが馬鹿にされるんじゃないのかね。要は、ネットワークというものを意識しなくても使える、そういうツールや道具が出てきていることがリテラシーの低下を招いているんじゃないかと指摘されている訳ですよ。その象徴的なものが携帯電話ということになるんだけど、全くその辺りを理解していないね。使えりゃ良いってもんじゃないんだよ。

まぁ広告屋からすれば、一番美味しい馬鹿な客達に、リテラシー云々なんて指摘をして、もし本当にそんなものを身につけられたら、広告に騙されなくなって困るってことなのかもね。

しかし、CNETの執筆陣は酷いのが多いなぁ。
内蔵メモリにATRACデータを保存できるか──「W52S」

W52Sは、内蔵メモリにもATRAC3データを保存できるようになった。


すげぇ、ついにソニー&AUという馬鹿野郎コンビも心を入れ替えたのか。W52Sはデザイン的にちょっと避けたい気分だけど、これは大きな進歩だ、今後の端末には期待できるかもしれない。
と思ったのもつかの間、

W52Sの内蔵メモリは合計で約2Gバイト用意され(アプリ用などは別)、うち512Mバイトが初期設定でATRAC保存領域に設定されている。ATRAC保存領域は512Mバイトか無効(0Mバイト)に設定でき、無効とした場合は約2Gバイトの内蔵メモリをすべて着うたフルや写真などを保存するデータフォルダとして利用可能だ。


「利用可能だ」じゃねーよ。
やっぱ駄目だわ、このコンビ orz
腐ってやがる。心底まで。
いっそのこと最初から内蔵メモリ無しにしておいてくれないものだろうか。
【続報】社保庁のシステム障害、初の日曜対応コードが原因か

開発・運用を担当するNTTデータがシステムを延長して日曜日にも利用できるようプログラムを修正


それはつまり日曜日にはシステムを利用できないように開発されていたってことか? それが意図的にされていたとしたら、役人共はやっぱり屑であるということの実証が一つ追加されることになり、意図的でなかったとしたら、開発者の能力を疑うよって感じだ。ひょっとすると運用上の問題かもしれない。通常日曜にシステムを停止して、深夜なりに起動するという運用になっていたのかもしれない。だとしても、今回が初めての日曜日ということなんだから、立ち会いなり、事前の検証なりをきちんと行うのは当然で、運用担当者がズサンだということになる。

で、この迷コンビで例の5000万件の突き合わせシステムも開発するって発表されていたように思う。本当に大丈夫なんですかね? 信用に足りないと僕には思えます。また来年になって付き合わせ処理が間違っていました。とかってみっともない事態になるんじゃないかとドキドキしますね。
知財推進計画が目指す「コンテンツ亡国ニッポン」

さすが小寺氏は、この件で以前から真面目に考えている人だなぁという内容になっています。肝となるポイントは、2つあって、まず前提となるのは最初の一つ目。

実は著作権法の非親告罪化の動きは、海賊版対策という前提を媒介として、裏側では権利者団体の強制力強化へと繋がっているのではないか


鋭い! なるほど、確かにそうかもしれない。日親告罪化しても、すぐに警察が動き出すことなんて無いというのが、お気楽な非反対派の意見だったように記憶していますが、警察が動かなくても、それ以外の第三者が動き出してしまえば実質同じ事です。現在の権利者団体という既得権者が文化の敵であるというのは、既に確定事項ですから、彼らの強制力が強化されるというのは、やはり文化の衰退に直結すると考えるべきでしょう。

で、その理由をちゃんと説明してくれているのも親切なところ。これが二つ目のポイントとなるでしょう。

著作権法の非親告罪化が危険なのは、モノの作り方を知らない人間が、デッドコピーとクリエイティブの違いを無視して権力を行使するようになるからである。そのために権利者団体の幹部は、クリエイターなのだという反論もあろう。だがモノの作り方を忘れちゃった人は、最初からそれを知らない人よりも始末が悪いような気がする


つまり、事務屋が偉そうにすると、ロクなことにならない。ということ。それもその通り。こういう微妙な物を法文化するのは非常に困難で、やったとしても必ず隙間が空きます。その部分をいやらしくついて、利益をむさぼろうとするのが既得権益者の仕事だと言っても過言ではないでしょう。彼らは、自らがクリエイターで無い、あるいはクリエイターであることを忘れたが故にこういう行為を平然と行えるであろうと想像できます。現在における権利者団体は必要悪という意味合いが強いということを肝に銘じるべきでしょう。自分達が文化を守っているとかうそぶいている奴もいるようですが、トンデモな勘違いです。彼らの権限は出来る限り小さくする方が圧倒的に望ましいことは間違いないでしょう。
Xbox 360「PGR 4 -プロジェクト ゴッサム レーシング 4-」日本での発売決定!

PGRは既に4ですから、安定度抜群のガチタイトル。世の中ではForzaの方が評価が高いのかもしれないのだけど、僕的には、シミュレーション的要素が強いとウザいと感じる質なので、PGRの方が好み。というかPGRさえあれば他のレースゲーは要らない。ま、レースゲーに対してはその程度しか考えてないとも言える(笑)

「ASSASSIN'S CREED (アサシン クリード)」を北米/欧州で11月に発売

こちらは新作。アクションアドベンチャーと名を付けているだけに、ある程度謎解き的な要素が加わるんでしょう。さらに暗殺することを目的としていますから、ヒットマンに近い部分も当然あるんでしょう。

「フィールド内はどこでも自由にいくことができ」というのが実際どの程度なのかというのが気になります。いくことができても、実質上意味を成さないとかって話になると、あまり嬉しくない。その自由度がゲーム性に絡んでくるとなれば、それはとんでもなく面白いゲームになるかもしれない。

ただ、ヒットマンにしてもスプリンターセルにしても現代物な訳で、12世紀を舞台とした本作はこれまでとは違ったテイストになりそうな予感があります。スプリンターセルの最新作でもちょっと感じましたが、360やPS3レベルのグラフィック能力があるならば、これまでには表現できなかった演出というのが可能になる。だから、ハイテク装備に身を包んだ現代物じゃなくて、中世を舞台とした作品というのは斬新かもしれません。


これで来年も安泰だ。って感じの発表です。少なくとも前半はこの二つで十分楽しめそうな気がします。そういえばヒットマンも出るんだよな… こなしきれないわ(^^;
埼玉の高校生がいじめ動画をネット上にアップ…世界へ流出

面白半分で投稿した。全世界に配信されるとは


高校生の認識ってこんなレベルなのか? だとしたら、ネットは未成年お断りにした方がいいんじゃないですかね。携帯のネット接続も勿論禁止。授業とかのきっちり制御された環境で、管理者の監視の元以外では利用不可にした方がいいでしょう。

それとも言い訳? 単にこいつらがアホなだけ?

ま、何れにしても当人を厳しく罰するのは一罰百戒の意味も含めて、妥当でしょうね。退学にしてやれば、当人も周りも何をしてはいけないのか、多少は理解することでしょう。
これまでずっと守られてきたチャグム。でも実際はただ者ではないという片鱗を見せる回。賭け事ってのは、胴元が有利になるように設定されている。それは当然のことで、そもそもそれで儲けようと考えるのが酔狂というのはなかなか真理を突いた見解です。

駆け引きを楽しむという意味では、今回のチャグムの勝負もなかなか興味深く、かつ面白いものがありました。賭場の親父も、客の兄ちゃんや姉さんもなかなか魅力的で、この辺りの描き方はさすがだなと思うものがありました。

チャグムがもう少し民の生活に馴染む回かと思ったら、そんなことは無く、チャグムはやっぱりチャグムだったという結論も悪くない。それでいて、値切り方とかちゃんと経験する部分は経験するという表現もされているのが良いバランスです。

チャグム自体は特に何が変わったという訳でもなく、彼が賢いというのは、これまでも描かれてきたことなので、基本的に強化であって新しいことではありません。なので、これまで同様の展開が使える。トーヤの怒りが自分の金のためでは無いと知って、自分が勝負をすることを買って出たり、最終的には、形見のペンダントを賭けるところまで行くという辺りは、チャグムの為人をとても良く表現していると思います。見守っているだけのバルサ姐さんにしても、僅かな挙動で感情の変化を出している辺りがなかなか渋いです。こういう上品さが演出には欲しいところです。

これで、結局チャグムは変わらないという結論が出たような気がします。ならどうするという展開が次には必要になってくるでしょう。そろそろ話が動き出すのかもしれません。まだチャグムのが完全にポジションをキープできるところまでは描けていないんで、もう少し彼の描写が続くかもしれません。何れにしても、シリーズ構成が美しいですね。

----------
シナリオ(単話) : 7
シナリオ(シリーズ) : 6
演出 : 7
構成 : 6
キャラクター : 7
カラー : 5
その他 :5