FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ほぼ圧倒。後半ももう少し押し込んで欲しかったというのは贅沢な望みですが、いなしたという感じがしました。それにしても、前半は本当に素晴らしかった。チーム全体が有機的に機能しているのを感じました。

長谷部の動きが素晴らしい。運動量が良く、パスも冴えていました。中盤を支配できた最大の功労者は間違いなく長谷部でした。勿論長谷部一人では、あそこまでは行きません。相馬も適度に利いていました。この適度というのが重要で、左に集中することなくボールが回っていたということを意味します。右の山田も燻し銀のように光っていました。それ程回数は多くなかったですが、山田らしい良い仕事が今回は出来ていたなぁという気がします。勿論ポンテも切れていたし、気合いも入りまくってました。達也もワシントンや永井には無かった動きで攻撃のバリエーションを増やすことに多大な貢献をしていました。

後の方も負けていません。阿部が良かった。啓太と二人で長谷部と共にダイナモ活躍し中盤を完全に支配していました。闘莉王は相変わらず攻撃的で、度々上がっていって居ました。攻撃に行った時に、ペナルティエリアにワシントンと達也、左に相馬、右にポンテ、真ん中に長谷部と阿部なんてシーンを見た時には、やっとこういう攻めが出来るようになったかと感動すら覚えました。

前半で2点を取り、相馬が負傷退場ということもあり、後半はやや慎重になった感があります。それでも、ポンテを下げ達也を下げ、その変わりが小野と永井ですから、贅沢な布陣です。早い段階でカードを切ってきたというところから見て、少なくとも今日はオジェックのやりたいことがほぼ出来るようになったんじゃないかなという気がします。

この状態がこれからも続けられるかが問題。次回は今日一番の出来だった長谷部が出場停止です。小野なりが出てくるんでしょうが、それでも、このような状態が維持できるか、もし出来ると言うことになれば後半戦の浦和は強そうだと期待できるんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト



前半はほぼ互角。やや浦和が優勢と言う感じもありましたが、決定的な崩しという場面は作れませんでした。達也は頑張っていたなぁという感じがします。ポンテも切れていた。山田も悪くなかった。長谷部もところどころ光るプレーが出ていました。けれど単発で終わってしまっていたかなぁという気がします。サイドが今ひとつ使えない感じがして、相馬をもう少し生かしたいところです。

後半に入ると、いきなり中盤が作れなくなります。前の3人が孤立する形になって、攻撃が無理な状態になり、形を作れなくなります。長谷部や闘莉王も上がっていって形を作ろうとするんですが、それを生かせない。パスの精度がもうひとつ上がらないような状態。中長距離のパスが増えるに従って、キープ率がどうしても下がり始めます。攻撃の頻度が下がると、中に集中が始まってフィールドが広く使えなくなります。

そういう中でセットプレーから追加点が取れたというのが大きい。逆に言えば、この得点が無ければどうなっていたかはちょっと判らない状態でした。まぁ結果としては危ないという場面もそれ程作られることもなく凌ぎきったという感じ。この辺の守備力は、浦和の方が一枚も二枚も上手で、2点差もあれば十分という感覚がありました。

全体のバランスは、大分良くなってきているように思えます。もう少しアグレッシブに行ければ一皮剥けるように思えます。
エホバの証人:手術中に大量出血、輸血受けず死亡 大阪

時として人には命より大切なものが存在する。
その考え方には自体には実は賛同していたりします。それがどのようなものなのかは人それぞれであり、宗教が対象になるという可能性は、かなり高いでしょう。当人は納得した上で死んだのかもしれません。誠に結構な事です。

けれど生まれてきた子供は、生まれながらに母親が居ないという状況になってしまった訳です。最終的にこの件をこの子がどう解釈するのかはまだ判りませんが、絶対的な影響を与えたという事実だけは確実でしょう。この子はまだ何を信じるのか、信じないのかそれを考える時間も与えられずにそう言う状況に追い込まれた事になります。

宗教を信仰したいというなら止めません。けれど、そう言う人間は子供を作ってはいけない。未成年を勧誘してもいけない。それを徹底できないような宗教が世界を救えるはずは無いんじゃないかとだけは思います。
クールビズ:キャンペーン日当、1人当たり7万6300円

環境省は「広報のための費用として妥当で、無駄遣いではないが、指摘は参考にしたい」と話している


とりあえず、何をもって妥当としているのかを明示していただきたいものですね。この件については実際の処妥当なのかどうかは、今のところ判断できませんが、役所の金額というのはかなり曖昧な部分があります。

例えば、税金の使い道として、教育とか、福祉、環境、ITなんて名目が並んでいると、あたかも正しい事に金を使っているかのように見えます。しかし、その実それぞれここの中身に対してきちんと妥当性が担保されているかというと必ずしもそうでないという場合があります。

これは実際に僕が体験した例です。万一にも特定されると困るので、かなり大雑把に書きますが、先に挙げた名目の内の一つを使って、当時通常なら10万程度のものに対して、300万の予算が付いた事を知っています。また、やはり通常に考えれば数百万程度で済むものに対して数千万の予算が付いた例も知っています。その予算を提示された人達は、当然使わないと損と考えるようで、不必要に高価なものを購入するということをしていました。こんな例は探していけば幾らでも探し出せるでしょう。お菓子を買いに行くという子供札束を渡しているようなものです。

今回の環境省の問題も、これに近いのではないかという気がします。温暖化対策のために、環境のために予算が必要。ここまでは良いとしましょう。しかし、その金額の妥当性を判断しているのが、役所自身であるとするなら、もしその基準が大きく狂っていたとするなら、とんでもないことです。
地方から受けている恩恵にお返しを

地方を何とかして救わなければならないという路線を前提にして、ふるさと納税とやらがどうかを論じています。僕としては、ふるさと納税の是非以前の前提、つまり地方を救わなければならないという部分に非常に大きな疑問を持っています。この記事で言うと、2ページ目がその理由に当たる部分に相当する訳です。その根拠としては2つ挙がっていて、

財政の厳しい地方に生まれただけで、貧しい教育環境の中で学ばざるを得ないのはおかしな話

都会が地方から受けているメリットも考えるべきだろう。水はどこからもらっているのか、二酸化炭素はどこで吸収してくれているのか、遊びやレジャーの場所はどこが提供しているのか


この2点。一見するとこれはそれぞれごもっともな話だ。けれど、よく考えれば微妙な違和感を感じずには居られない。まずは、後者の方から行くと、水や二酸化炭素に関して、都心部以外の力を受けていることは事実だが、それは地方の自然環境によってなされているものであり、地方在住の人間によってもたらされている訳ではない。つまり、その地方に住む人が一人も居なくなったとしても、都市部住人は基本的に困る事はないということだ。ダムや発電所など、一部設備の保守点検には人が必要だろうが、それはそれぞれの企業なり管理組織なりがなんとかすればいいことであったり、距離によってはヘリなりを使って通いにするという手も無くはない。遊びやレジャーについても、絶対的な必須条件とは思えず、ある地方からその施設が消えれば、他の地方に同じような施設が出来るだけの事であろう。何れにしても公的に救済しなければならない理由に相当する内容だとは思えない。

それにもし、それらが本当に重要な内容だったとするなら潰れる前、あるいは潰れた後にでも資金は自然に流れるでしょう。それが資本主義というものです。そうならないのは何故かといえば、それほどの重要性は実はないあるいは、供給過多かのどちらかということでしょう。

次に、地方でたまたま生まれた子供の教育環境がよろしくないという話。これは、打って変わって確実に重要な問題です。国民の公平性に大きく影響する内容であり、なんとかしなければならないでしょう。では、どうするか。地方に生まれたから都心部に来られないという状況に問題がある訳です。逆も同様で都心部に生まれたから地方に行けないというのも同様にアンフェアです。また、金持ちの子供も貧乏人の子供も、優秀な親の子供も馬鹿親の子供も同様に平等な教育環境が与えられなければなりません。

はい、もうおわかりですね。家族制度を廃止すればいいのです。家族制度がこれらの不平等の根源的温床になっています。社会が妙な状態になっていて、それがなかなか直らないという場合、それは前提となっているイデオロギーに限界が来ているという場合が多くあります。現在もまさにその状態。当然のこと、不変なものと長い事考えられてきたシステムであっても、いつか限界が来ます。これまでは、村とか部落とか家というものを通じて、社会に接続してきた人間でしたが、個人が直接社会に接続する時代になったということでしょう。だから、これまで以上に個人に責任とそれを維持するだけの価値観が求められるし、これまでの単位を守るために機能してきた家族制度が足かせになってきています。

家族関係の問題を語る時に、過去への回帰のような主張をする人が出てくるのは、この変化を理解できていないからなんじゃないかという気がします。人間が数千年をかけてやっと勝ち得た個人と社会の関係を、また集団に戻そうなんていうのは、愚かしい行為であると思います。

話が逸れましたが、結局教育環境を改善するには、地方を救うことでするのではなく、家族制度を廃止することで為されるべきだというのが結論です。これで、地方を救わなければならない理由というのが、消滅しました。日本全国津々浦々まで人間が居なければならないという絶対的な理由を僕はどうしても見つけられません。地方が崩壊するなら、崩壊するに任せておけばいいんじゃないだろうかという気がします。もし、その土地が多くの人に愛されていて、壊してはいけないと思われているなら、きちんと財政状況を判りやすく提示するだけで、黙っていても救おうという有志が集まるでしょう。そうならない地域は所詮それだけの価値しかないという判断で特に問題があるとは思えません。
なんとエマさんダブルプロポーズです。モテモテです。ハンスはこのままだとエレノアさんコースなんじゃないかという気がしましたが、まだ微妙に残しています。今のところウィリアム君がややリードという気がしますが、これからまだ一山二山ありそうです。

一番の問題はジョーンズ家の問題。ウィリアムは気合いでなんとかする的な発言をしていましたが、そんな生やさしいものでは当然無いでしょう。この問題を解決しないことには、最終的な落ち着き先は決定しません。駆け落ちでなんてパターンはこの話には相応しくありませんからね。そう考えると、ウィリアムの前にあるハードルはなかなか高いものがあります。

ところどころに登場したドロテアさんの表情がなかなか興味深かったです。最終的な鍵はやはりメルダース家が握っているんじゃないかという気がします。ミセストロロープにももう少し頑張って欲しいところですね。

----------
シナリオ(単話) : 5
シナリオ(シリーズ) : 5
演出 : 6
構成 : 6
キャラクター : 6
カラー : 5
その他 :5
なんと、黒髪の姉ちゃんはブルーアイズだったのか…気がつかなかった。つか、出てきても声聞くまで判らなかった。で、そのブルーアイズは結局何しに来たのか状態で終わってしまいました。車を用意したのは彼女だったのかも知れないけど。まぁ次回は何かしら活躍してくれるということを期待しましょう。

基本的には1話丸々逃走劇だったので、大きな進展は無し。魔女という単語がとても印象的で、それは当然のことながら直接エリスに繋がる単語でもあります。彼女達がエリスに執着する理由はそこにあるんでしょう。人の手で作られたものをよしとしない一派が居るというのも理解できます。

ただ、あまりにもそっち方面に振りすぎると、ここまで頑張ってきたナディの立場が弱くなります。彼女は今のところ腕は立つものの普通の人間の枠を超えていません。エリス的なパワーが前面に出てくるとなると、どうしても一段下がって客体的な行動に制限される可能性が高いことになります。Noirのミレーユと同じですね。

ミレーユの時は、一応彼女も候補の一人ではあったという繋がりがあったのですが、今回のナディにはその部分が無い。更に言うと、ナディはこれまでエリスに付き合って行動をしてきているという流れになっているために、彼女自身の目的というものが明確化されていないというのもあります。よって、究極的な状況に追い込まれた時に、一体彼女は何によって動かされるのかと言う部分が問題になりそうです。まぁ、義理堅いので、エリスを放ってはおけないという事も考えられますが、エリスの判断によってナディの存在意義が脆弱になる可能性は十分にあります。

そう言う部分も含めて、まだ明かされていない部分がかなりあるなぁというのが痛感します。恐らくナディもこのままのキャラで終わるって事はないような気もするし、エリス自身の判断基準も見ている側からすると曖昧です。エリスを求める二つの組織の目的も不明だし、まぁなんとも判断しがたい状況ではあります。

そろそろ次回ぐらいからネタ出しが来るような気もするので、この霧も少しは晴れてくるかもしれません。きっちりと半分のところで、展開ってのがなかなか憎いですね。

----------
シナリオ(単話) : 5
シナリオ(シリーズ) : 5
演出 : 6
構成 : 6
キャラクター : 5
カラー : 5
その他 :5