FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
『袴田君の再審を』最高裁に提出  『一審死刑』元裁判官が上申書

もし、もしもこの判決が冤罪ということになったとしたら、この裁判官達の罪は殺人より重いだろう。取り調べの内容などによっては、警察も同様の罪を負うだろう。けれど、実際被告の無罪が今後確定したとしても、彼らが罪に問われることはほとんどない。訴訟を起こし、勝ったとしてもその罪に見合うだけの罰を与える事は出来ないでしょう。

この一部の連中のみが特権として持っている、責任以上の権限を持つという事実が現在社会を腐らせている大きな原因の一つであることは確実だと思われます。その典型的な例は、法曹、警察、公務員、政治家、医者など。どれも屑がなりたがる商売な訳で、真っ当な人間ならその非常識さにとても継続できないはずの仕事ばかりです。そういう職務に居座り続け、優秀な成績を上げたりして出世するなんて連中は、僕に言わせれば精神がおかしいとしか思えない。明らかな倫理観の欠如があるということでしょう。

「密室での取り調べや、弁護を十分に受けられなかったことも問題だ」なんて話、問題だじゃ済まない内容です。仮に被告が真犯人であったとしても、これだけで有罪には出来ないとするのが当然でなければなりません。警察や法曹のモラルの低さが尋常ならざるものであるということが伺えます。

何度か繰り返していますが、100人を残虐に殺害するよりも、1件の冤罪を許す方が罪が重いと彼らは徹底的に理解しなければなりません。つい先日の冤罪事件も含めて考えると、この40年間、彼らのやり方はなんの進歩もしていないということになります。こんな連中が国家のお墨付きで他人を捜査したり拘束したり、罪を確定させたりする権限を委譲されているかと思うと、本当におぞましいです。
スポンサーサイト



FC2テーマ:裁判 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
たった20ドルで、Xbox360をApple TVにしてしまう方法

確かに360よりも高い値段で、あんなしょーもない機械を買うのは愚か者の選択でしかない。360を買う方が遙にマシな選択でしょう。まぁちなみにそんな訳の判らないソフトを入れなくても、WindowsPCとMediaPlayerさえあれば、普通にストリーミングのファイルは360で再生できる。その程度でMacintoshを喜んで買う必要性は全く無いんだけどね。

訳の判らないノートパソコンを17万で売りつけられて安いとか喜んでいるような信者には理解不能かもしれません。「新しい物はいつもMacOSXから」って妙なCMに毒されすぎなんじゃないの? 1回脳みそ取り出して掃除してもらった方がいいんじゃないかね。

MacOS自体は特別悪いという気はしていないけど、こういう信者の発言を見かける度に仲間だと思われるのは嫌だからMacintoshは避けておこうって気になるね。実はiPodを買う気にならないのも同じ理由。なんか、iPodって既に持ってるってだけで恥ずかしい機械に僕的にはなってきてます。ましてや、あの標準のイヤホン… あれを平気で付けてる連中って… いやぁぁ勘弁してください。一応僕にはまだ羞恥心というものがありますので。
6歳児にエアガン発射 川崎 74歳逮捕、なじられ逆上

これが傷害ですか……
エアガンだからですか?
蹴り飛ばせば良かったんですか?
バットで殴り倒すとかなら良かったんですか?
全治2日って、怪我と言えるんですか?
目立たないように腹を攻撃しろってことですか?
これを訴えたのはどこの馬鹿ですか?

まず、この保護者を精神病院送りにするのが絶対必要だと思います。
キ印であることが間違いない事実であることは証明済みです。

この程度で逮捕ですか? 74歳の老人を。
川崎署の連中は馬鹿しか居ないのですか?
治安を任す事など到底出来そうもありません。
解雇して精神病院に送った方が良いと思います。

もう他人には関わり合わないのが一番って事ですね。
人の糞餓鬼が何をしようが、
犯罪行為をしようが、
人を襲っていようが、
殺していようが、
逆に殺されていようが、
見なかった事にした方が良いってことですね。

馬鹿親糞餓鬼阿呆公僕数さえ揃えばそれでも正義

嗚呼美しい国日本
セックスって汚くないですか?

っていうか、綺麗か汚いかなんて主観だからね。例えば僕は男で同性愛傾向は皆無だから、それがどんないい男であっても、他人のものを咥えるとかの行為は汚いと感じる。でも、女性のそれなら別にそうは思わない。逆に同性愛者や女性なら、全く逆の判断になることだって十分あるでしょ。だから、もし汚いと思ってやりたくないと思うならやらなければ良いんじゃないのかね。

子孫を残すとかどうとか、そう言う問題でもないような気がする。子孫を残す為以外の行為は禁止なんて、どこぞの宗教でもあるまいし、そんなこと考えないでヤってる連中の方が大半でしょう。ヤリたいからヤってるだけ。ヤリたくないならヤらなければいい。なんでもそう。例えば、バイクや車が趣味の奴ならオイルまみれになってもイジルことをいとわない奴もいる。わざわざ悪路まで出かけていって青あざ作りながら泥だらけになるまで乗り回す奴だって居る。興味が無い奴から見れば、それは汚い行為かもしれない。ヤリたくないかもしれない。だったらヤらなくても良い。ヤりたい奴だけヤればいいこと。

まぁ健康なレベルで性欲があれば、そういうチャンスがあれば汚いと思ってもヤりたいと思う時が来るでしょう。いや、ヤりたいと思った時点で既に汚くなくなっているのかもしれない。いずれにしても、この手のものが汚いかどうかを客観的な基準で判断しようとするのは結論がどちらであっても無意味ってものだろうね。
国民カード「4?5年後には」 自民総務会長が意欲

えっと、結構な事なんですが、だとすると住基カードというものは一体何のために作られたんでしょうか? あれだけ莫大な金額を使って構築したにも関わらず、まともに使われる前に実質その役目を終えるって一体どういうことなんでしょうか?

更に言うと、住基の時に散々セキュリティの問題が騒がれて、それは今も完全に解決したとは言えない状態だと思われますが、年金番号は何故大丈夫だと言えるんでしょうか。システムにしても、そういう用途を想定した作りがされているとは到底思えないので、そうしたらまた法外な税金をシステム構築に突っ込むということでしょうか。

なんでこういう訳の判らない事になるのか。それは簡単で、どんな酷い失敗をしても責任が追及されることが無いというのが、政治家と虫の特権になっているからです。今回の年金の問題にしても、未だに害虫駆除の話は出てきていません。政治屋にしても明確に責任を取ったものは一人も記憶に無いし、仮に取ったとしても辞任程度のもので、それでは内容に釣り合っているとは到底思えない。

こういうことを簡単に言ってのけるのも、無責任体質が完全に身に染みこんでいるからでしょう。これを言い出せば、住基関係の問題がクローズアップされることは明白であるのに、そんなことはお構いなし、金は税金から出すから自分の腹は痛まない。そういう考えが根底にあるということが丸見えです。

個人的には国民カード構想そのものには賛成というか必須項目だと思っています。が、その前にきっちりと片を付けてもらわないと行けないこと、解決しなければならない問題、そういうものが山積されています。まずはしっかりその部分から片付けていただきたいものです。
映像がとらえた…泥酔のワゴン車、真正面から

酒飲みってのは、基本的にジャンキーなんで自制心を求める事自体が無意味ということをここでも証明しています。「コンビニで缶ビールや焼酎を買い、車内で約十本飲んだ」って恐ろしいです。やっぱりアルコール類の一般販売は危険と判断せざるを得ません。飲酒そのものを禁止にするのが無理であるなら、せめて小売りを禁止にしていただきたい。病院辺りで適切量を配分するとかそういう手法がいいんじゃないでしょうか。

酒飲みの癖に申し訳ないじゃねーよって感じですね。薬中の暴力団員がマシンガンを持って街中をうろついてるのと、飲酒運転は同じです。これだけ危険な行為に対して、有効な規制がほとんどかけられていないというのはどういうことなんでしょうか。徹底的な厳罰化を飲酒そのものに課して欲しいです。飲酒そのものを摘発しない限り、飲酒運転や飲酒による事件事故が無くなることは"絶対に"あり得ません。それがアルコールというものの性質だからです。少なくとも酒を定期的継続的に飲んでいる人間は世の中のありとあらゆる犯罪行為の一切に文句を言う権利を有しないと僕は思っています。

飲酒は犯罪です。麻薬と同じです。
ダメ。ゼッタイ。
酒やめますか?それとも人間やめますか?
「1円携帯」規制へ、総務省が料金体系見直し要請

前から思っていたのだけど、この考え方には二つの疑問があります。まず一つは

頻繁に端末を買い替える人が値引きの恩恵を受ける一方で、長く使い続ける人が損をする不公平を是正するのが狙いだ


というけれど、長く使うというのはその人の希望でそうしているのだから、それを不公正というのは違うのじゃないかという点。機種変をするのに資格審査でもあるというなら話は別だけれど、現状そういうものは無い。旧機種などはどんどん安くなっているのだから、どうしても買い換えが出来ないという訳でもない。にも関わらず買い換えないのは、そこに彼らの希望が入っている訳で、買い換えられないのでは無くて、買い換えない訳です。逆に言えば、そんな連中の為に端末価格が上がるのはこちらが迷惑と言うものです。

それにこの商法に駄目出しするなら、ゲームハードメーカーも駄目だし、プリンターメーカーも駄目だし、携帯以外のインフラ系のサービスも全滅、入会金無料なんてやっている各種サービスも駄目ってことになる。何故携帯インフラにだけ駄目出しされるのか、さっぱり理解不能です。

次に金額の問題。「最新機種で7万円程度する」と言うけれど、これが適正な価格という保証を誰がしてくれるのか? 正直言って、今の端末の内容で7万はボッタクリだと思う。良いとこ、3?4万定価。つまり現状の価格程度が適正価格だと僕には思える。端末が市場原理にきちっと乗っていない段階で、足場だけ外されたのではたまったものではない。

ちなみに「奨励金は、利用者が毎月払う通信料金に上乗せされて携帯会社が回収している」というが、奨励金が無いソフトバンクの通話料がDoCoMoやAUに比べてどの程度安いのかを見ると、その程度のメリットなら、無くて結構という結論に僕は達します。通話料が1/10になるとか言うなら話もわかりますけど、僅かに値段が下がる程度では端末が安くなっていた方が、楽しみが増えるというものです。

つまり、この理屈を成立させるには、端末の価格が市場原理的に適正であることを保証すること、そして奨励金が出なくなった分がきっちりとユーザーに還元される事を保証すること。この二つが必要条件です。それが無いなら、改悪でしかありません。ましてやソフトバンクが他社と違う方式を取っている時点で、ユーザーには既に選択肢がある訳で、それ以上のことをする必要性は無いでしょう。

総務省の虫共は一体何を考えてこういう要請を出しているのか。やるならやるで、きっちりと前提条件を整えるってことを、いつも怠ります。奨励金廃止そのものに対して、完全に反対だとまではいいません。けれど、このやり方は我々にとってメリットよりもデメリットの方が大きい。はっきり言って虫は何もしないで居てくれるのが一番我々の役に立ちます。まとめて死ねばいいのに。
依存症(上)薬物 更正阻む周囲の目

偏見? 無理解? 何言ってんの? 強制的に覚醒剤を打たれたとか言うならそれは被害者であるわけだから保護されるのは当然として、自ら望んで依存症になったような場合、特に問題がある環境という訳でもなく、好奇心でやってみたらなんて連中を偏見の目で見て、無理解に対応して一体何が悪いのか?

甘えるのもいい加減にして欲しい。大体、こんな連中を堂々と野放しにしておかないでいただきたい。迷惑千万だ。依存症だなんて緩い名前を付けて、あたかも病気であるかのように振る舞っているけど、薬物やアルコールの依存はそんなものとは違う。本当に病気の人間が迷惑だから即刻辞めて欲しい。こんな連中は人権を剥奪した上で、他の人間が居ない場所に隔離するのが正しい対応だ。一生社会復帰なんてしてくれなくて結構です。
チャグムとバルサというキャラが本当に良く描けています。今回もストーリー全体から見ると枝葉の話なんですが、きっちりとキャラを描き込むことで、無駄な話にならずに済んでいます。素晴らしい。バルサがチャグムに様々なことを教えていくという過程が見事に描かれているし、同時にバルサ自身も人の親としてどうするべきかと葛藤しているシーンも上手くインサートされています。しかし、バルサの言動の一つ一つがとても深みがあって感慨深いですね。チャグムにしてもロタの親父にしても子供に恐怖の対象として見られています。あれだけ気が強い子供達でも、親に叱られると肩を落とします。でも、子供の行動の始末をきっちりと付ける。そりゃあ言葉に説得力も出るでしょう。人の親ってのは、かくあるべきという一つの姿を表しているように思います。

チャグムは普通の子よりも賢いし、大人びているし、判断は概ね正しいという描き方をされているんですが、それでもチャグムは子供であるという説得力を持っているし、逆に言うと殺伐とした世界に生きてきていても、バルサは人間としての成熟度を感じます。この差を話の中で表現できるというのはなかなか他で見ることは出来ませんが、今回のエピソードではそれが的確に出てきています。ロタ人の親子にしても、短いシーンでしたけど、十分大人と子供という表現が出来ていると思います。

もうひとつは当然チャグムの帝に対する想いというのを出すことに成功したということです。これは大きい。チャグムは帝に殺されかけ、かつ未だに追われる身でありながら、その帝を馬鹿にされたというだけで、それを撤回させるという為だけに、チャグムは祭に行く訳です。省かれていますが、バルサもチャグムが言いつけを破った理由を聞いたはずで、あれだけ険しい表情をしていたバルサが但し書き付きとは言え、チャグムを認めたのはそこにあるでしょう。帝をチャグムの父という意味で解釈するのか、民の尊敬の対象と解釈するのか、その両方の意味かも知れません。何れにしてもその想いというのは心を打ちます。

ラストの蛙と蛇のシーンは妙に象徴的でした。単に無駄なシーンを挟み込むようなことをする神山監督じゃないでしょうから、これは当然何かを暗示していると思われますこれまでの。流れからすると、蛙とはチャグムを表すんじゃないかという気がします。というと、チャグムの身に危険が迫るということなのか。もう少し安定した生活がチャグムには必要だと思うんですが、さてどうなるんでしょうか。

----------
シナリオ(単話) : 7
シナリオ(シリーズ) : 6
演出 : 7
構成 : 6
キャラクター : 7
カラー : 6
その他 :5