FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
あゆみ編終了。気合いは入っていたと思うけど、やっぱり2話で収めた方が良かったとという感じですね。それぞれの話が薄くなり過ぎてしまっています。今回の見せ場は戦闘シーンだと思うんですが、絶命という悲壮感が薄い。コントラクターの力は万能ではないという告白はなかなか興味深かったですが、もし、あのまま押さえ込めなかったらどうなるのかという部分がどうにも伝わってこない。

あゆみちゃんが力を使えば、敵の力を抑えられるという設定なのは判るんだけど、それにしてもあっさりとやられすぎという気もします。これなら、過去何度も人身御供を出してまで力を押え込む必要があったんだろうかと疑問に思ってしまいます。相対的に、和麻や綾乃の力は強いんだという証明にはなるんですが、その割には、これまでの戦い方があまりにも情けないので、ちょっとアンバランスな気がします。

次回はギャグ回かな? そっちの方が楽しそうです。

----------
シナリオ(単話) : 4
シナリオ(シリーズ) : 5
演出 : 5
構成 : 5
キャラクター : 5
カラー : 5
その他 :5
スポンサーサイト



悪いという程悪い訳ではないんですが、もうひとつ足りないという感じがします。全体の軸が見えてこないというのが気になるんでしょうか。どうも話が上滑りしているような感じがします。話のテンポが遅く、最終的に見ると情報量が薄いというのも要因の一つかもしれません。シナリオにもう一捻り入ると、大分違って見えるように思えるんですがね。

まだ、キャラや世界観の紹介の段階なので、ひょっとすると今後化けてくる可能性も無いとは言えません。けれど、この段階ででも、もう少し惹き付ける要素が欲しいです。パティを折角1話から入れているのにほとんど生きてないというのがもったいない気がします。彼女はダンテの周りの人物からすると、完全に異質な存在な訳ですから、もう少し上手く使ってやれば面白い展開も出来ると思うんですが。

まぁ中盤以降に物語的な展開が構成されているということを期待して待ちたいと思います。

----------
シナリオ(単話) : 5
シナリオ(シリーズ) : 5
演出 : 5
構成 : 5
キャラクター : 5
カラー : 5
その他 :5
綺麗に纏めて来ました。まぁこれ以上は出来ないでしょうね。始末を付けたという感じにプラスして、千秋とのだめの関係を描けた訳ですから、シリーズ展開としては、良いところという感じでしょう。最後の最後までのだめに振り回されて、それでも放っておけない。それでもやっぱりのだめに惹かれているというのを否定し続けるというのが千秋らしくて良かったです。

音楽を表現するという意味では、ちょっと不満は残りましたが、キャラの描き方や、それぞれのサクセスストーリーはまぁ良く描けていたかもしれない。お互いが影響を与えつつ、変化していく様というのがなかなか楽しかったんじゃないでしょうか。

----------
シナリオ(単話) : 6
シナリオ(シリーズ) : 5
演出 : 5
構成 : 5
キャラクター : 5
カラー : 5
その他 :5
【正論】村上和雄 真に健康に生きるために

魂という表現については、微妙に齟齬があるように感じますが、健康というのが目的たり得ないという主旨については、全くどの通りだと思います。健康というものがどのような状態を指すのか、健康は何のためのものなのか、そういう肝心な部分を全く理解しないまま、健康という幻を信仰している人間のなんと多いことか。

当人が信仰するのは、それぞれの自由なんで結構なんですが、なんせ信仰ですから、それに準じない人を排斥しようとする。そして、自分の自由を守るために、他人の自由を踏みにじることをなんとも思わない。これが信仰の良くある特徴で、健康教の信者もこのパターンに見事に合致します。

概念を理解していない人間は、正しくそれを判断する事は出来ません。そして判断する事が出来ない人間は、それを正しく実行する事は出来ません。で、健康なんて概念を理解できる人間は、全日本人の中でも極々僅かでしょう。にも関わらず、それ以外の人間にも大層な権利が与えられています。これが根本的な間違いの元。

大衆の持っている金と票。これに価値を存在している内は、こういうトンデモな勘違いはこれから益々増えていく事でしょう。これはまさに破滅への階段を上っているようなものです。
FC2テーマ:健康 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
国がやってる振り込め詐欺

笑えます。NTTデータは少なくとも僕の周りでは、ボッタクリで有名で、評判はすこぶる悪いです。よって仕事を出すことは勿論、受ける事も極力避けるようにしています。そんなNTTデータが公共にはめっぽう強いというのも良く聞く話です。勿論どんな仕事に幾らの金額を付けるかは、企業の自由です。なんで、それをもってNTTデータを責める事はできません。責められるべきは、大した検証も為しに仕事を垂れ流していた虫共です。

「1ヶ月でも3,800人月」って、しかし凄いですね。一体どんなことをしているんでしょうか。社保庁に内訳を出していただきたいですね。当然把握してますよね? 公金を使ってそれだけの金額を支払っているんですから。

社会保険庁とミートホープ社

虫が増長する最大の原因がここにまとめられています。完全に同意です。官は民以上に厳密に責任を追求されるべきなのに、逆に保護されているというのだから、まともな運営など行われているはずがありません。今回の年金の件は問題点をあぶり出す絶好の機会です。何匹かの虫のクビを飛ばしたり、僅かばかりの金額を返納したり、ましてや政治家のクビなんて幾つ出されても話になりません。そんなことで納得せずに徹底的にその温床を殲滅すべきです。

そうですねぇ、なんなら自腹で1140億円補填してくれても良いですよ。あ、単年の話じゃないから、10倍位はしないとだめか。1兆1000億を社保庁の現役及び元職員で負担してくれるのであれば、これについての説明責任は、免責してあげてもいいかな。ま、説明できても無駄遣いと判れば、自腹補填だから、面倒な事せずに最初から全額補填にした方が、楽かもよ。
FC2テーマ:年金 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
頭の狂った住民しかいないのか、長溝自治会には。

これはちょっと極端な例という気がしますが、こんなのは良くある話のように思えます。新旧の価値観の軋轢というんでしょうか、この住民の発想は、要は集団への帰属意識の強さの現れな訳です。個人対個人で考えた場合、それがどこの国の人であろうと、近くに来るなと言う程嫌いになれる人間というのは、それほど多くは無いと誰もが理解できているでしょう。ところが、集団対個人となると、その審査基準は極端に厳しくなります。虐めが起こる原因の大きな理由の一つがこれでしょうね。

もう一つは、公私の私の部分が極端に肥大化しているという傾向です。個人主義というのは、個人を重要視する考え方ですが、それは公と私を切り離すことではなく、より強く結びつけるというのが本来の姿です。そうしなければ、個人を社会に対して確立させることが出来ないからで、これまで集落や家という機能が賄ってきた部分まで、個人で引き受ける、その代わりに自由を得るというのが個人主義です。

なんですが、どうも湾曲されて理解されているようで、イイトコドリの発想が蔓延しています。責任は負わないけど、俺は俺の自由にする。それが個人主義、個性尊重だとトンデモな勘違いをしている連中は、工場フル稼働で順調に大量増産されているように感じます。自由という言葉の意味をまるで知らない癖に、振り回しているような状態で、人類総暴走族化計画と言いましょうか、人類総暴力団員化計画と言いましょうか、そういう感じに僕には思えます。

今回の件もまさにこの発想で行われています。つまり、俺の私的空間に入り込むことを許す許可は俺が自由に与えることができる。と考えていて、だけど、それを行う事で自分(達)以外がどう考えるか、周辺にどんな影響を与えるかという部分に関しては、完全に思考を停止させる訳です。だって、公より私の方が圧倒的に重要であり、私が良ければ公なんてどうなろうと知ったこっちゃ無いっていう発想なんですから当然です。

個人が社会と対峙するというのは、恐らく簡単な事ではなく、誰にでも出来る事でもないんだろうと思います。それが出来ない人には酷いストレスになっているんじゃないでしょうか。で、その結果が

相手は誰でもいい多対多のコミュニケーション

なんて事になっているような気がします。mixiとかのしょうもない悩みなんかも、結局この流れ。公私の区別が完全に付かなくなってしまっている連中が起こしている事象に思えます。個人主義によって与えられる権限を誰にでも無制限に与えようと思うから、こういう事になるように思えます。全ての人間が生物学的に人間だと言うだけで平等な権利を持っているはずだなんていう無理矢理な幻想から生まれる歪みです。

そこにプラスして田舎というのは、元来保守傾向が強いというのがあります。これは身をもって体験しています。よそ者というレッテルを貼られた時の、田舎の人間の対応は、そりゃあ恐ろしいです。ガイジンというのは、その時点でよそ者確定と判断することも可能ですから、毛色の変わった人は田舎には住み辛いというのは、今でも恐らくあるんじゃないかという気がします。

そんなこんなでなるべくしてなったという感じがします。
で、対応策は? 大衆の意見を聞く必要があるという考え方を改めることでしょうね。
FC2テーマ:社会 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
勤務医順法闘争

医療に対する評価というのは、難しい。例えば医療行為中の事故の場合、あからさまな医療ミスと呼べないようなそんな場合、僅かな判断の遅れや、判断ミス。そういったものをどう判断するのかというのは非常に難しいとうのは事実だろうと思う。その辺りの葛藤が書かれている部分もあると思うのだけど、本質的な問題は、数と金という所に落ち着くんじゃないだろうか。

医療関係者は疲労困憊しているという話は確かに良く聞く。けれど、それじゃ話にならないというのは確かだ。疲れ切った医者に自分の命を預けるというのは誰だって避けたくなるだろうし、万一それが判断ミスの原因であったなんて判ったら、やられた方は耐えられないでしょう。それを改善するだけの仕組みを作る必要はあると思う。このエントリーに書かれている中でも特に象徴的な言葉に「コンビニと勘違いしている慢性疾患」というのがある。この手合いは、そういう専門の施設を作ってそっちにまわすようにするなどの対策が必要でしょう。なんでもかんでも一緒くたにしているから、振り回されるのであって、それでは、医者も患者も迷惑するばかりです。

報酬をもっと上げても良いでしょう。なんせ人の命を最終的にはやりとりする商売な訳ですから、十分な報酬を受け取る資格が十分にあると思う。少なくとも社保庁の害虫に賞与だの給与だの出す程国庫に金が溢れているなら、医者に回した方が格段に良識的な使い方であることは確実でしょう。報酬が上がれば医者そのものの数も増えるかもしれない。社会的な特典を何らかの形で付けてもいいかもしれない。適切なものがすぐには思い浮かびませんが、お金は十分にあるという人が次に欲しがるものってなんなんでしょうね?

しかし、それに伴って当然責任も上昇するということは覚悟して欲しい。例えば単純ミスでなんて場合は勿論、説明が不十分であったりというのもまずい。説明のポイントは自分達が説明したつもりで居るかどうかではなく、相手が正しく理解したかの方にある。それが説明責任というものだろう。対マスコミに対する説明責任も同様に発生すると考えます。散々人の体を弄くり回して、原因不明でかつ治療法も不明で、治療も効果が無いなんて場合も普通にある。というか、僕の周りの人間が医者に行くとかなりの確率でこれに当たる。僕自身も左耳の耳鳴り&難聴が、その状態です。この手の問題にも出来うる限り適切な対応を取るという責任が発生する。大体、診察がものの数分というのでは納得できるものではないでしょう。

つまり、医者はもっとスペシャルになってもらわないと困るということは言いたい。今の状態では、病院全体のサービスというレベルも含めて全く足りているとは思えない。それは先の数と金という部分に原因の一端があるのも事実でしょうから、卵と鶏の状態ではありますが、特別な能力の持ち主に特別な報酬を払うというのは、当然の事だと思います。で、特別な病気や怪我は、金持ちか否かを選んでくれる訳ではないので、現在の医療報酬システムも見直す必要があるでしょう。

結局今のやり方がどっちつかずの中途半端な状態であることが、一番の元凶であるように感じます。この適当なところに落とすというのが、まさに役人的というか、民主的というかな感じがするんですが、それをやられるとよろしくない結果が出るという分野も往々にしてあるということを知る必要があるでしょう。
きっちりと折り返しで梶を切ってきます。その辺は周到です。これまで安定していたと思っていたものが、様々きな臭くなってきました。なによりもまず、モンデンキントという組織自体がきな臭い。加持君いや朔響はやっぱりゼーレいや上層部とただならぬ繋がりがあって、みさといやあずささんとは、過去に一方ならぬ関係があるようです。

気になるのは真がこうもあっさりとトゥリアビータに接触できたということ。これは変としか言いようがない。モンデンキントくらいの組織が敵と認識しているトゥリアビータを叩こうと本気で思っていて、にも関わらずそれが出来ていないとするなら、相当周到に隠れている訳で、元アイドルマスターとは言え、今となっては一介の女子高生である真に探せる訳が無い。となれば、真は元からトゥリアビータの拠点を知っていたと考えるしかないってことになり、つまり、これは仕組まれたゲームなんじゃないかという気もします。

ただ、その割には、アイルランドを消滅させても良いとか物騒なことも言ってる訳で、となると、真は特別に情報を知っていたという可能性もあります。だとすると、当然あずさが知らない訳もなく、モンデンキントというよりは、その一部がトゥリアビータと何らかの繋がりを持っていると考えた方が無難か。ジョセフを端折って朔響がネコ達と話していたというのも、春香や伊織は何の情報も持っていないという表現がされているのも、そう考えれば辻褄が合うかもしれない。

もうひとつは当然雪歩ちゃんの存在がきな臭い。エリス役決定かとも思ったけど、逆にモンデンキント側について、あずさや真を監視しているという可能性もあるかもしれない。前から気になっていたのは、Opの映像。春香と雪歩が背中合わせで立つシーン。手前にアイドルの目が出てくるんだけど、春香の方は当然インベル。でも雪歩のほうにも目が表示される。彼女は今のところアイドルマスターじゃないのにです。あの目はヌービアムの目だと思うんですが、となると、やっぱり彼女はエルスティン・ホーってパターンか? それともヌービアムをモンデンキント側が何らかの形で奪うのか?

どうなるにせよ、しばらくは怒濤の展開ということになりそうですね。今回の話は、中盤怠かったけど、その分はラストの新ネタ暴露連発で帳消しって感じでしょうか。

----------
シナリオ(単話) : 6
シナリオ(シリーズ) : 7
演出 : 5
構成 : 6
キャラクター : 5
カラー : 5
その他 :5