FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ホァンのエピソードを描くと同時に、過去の事件が出てきているだけに、世界観の確信に近い情報が出てきています。元々それぞれのストーリー構成に関しては光ものがある作品なんで、こういう構成で作られると、魅せられます。ゲストキャラの魅力は今回も相変わらずで、ホァン馴染みの小料理屋の謎も出てきてとても興味深いエピソードになっています。前半だけ見た段階では一番の出来かもしれません。少なくともこれまでの回で、不足気味とはいえある程度の書き込みはされてきているので、それが有効に効いているのかもしれません。

契約者達が感情をあまり出さないように設定されているのに対して、ホァンの存在というのは面白い位置です。彼は契約者ではないものの表情を出すのが苦手で、かつ酒にも酔えない。そのホァンですら正常な判断が出来なくなるような過去の存在というのがどういうものなのか、志保子ということなんでしょう。

恐らくこれまでの流れで行くなら、それほど多くが語られることもなく、当面の事件の結末だけが付くという形になるんだと思います。結局様々な謎を残しつつラストまで引っ張るか、あるいは明かされないまま終わるかという物語になっているような気がします。渋めで演出そのものも悪くは無いんで、どう受け止めるかというのが難しいんですが、今回のエピソードくらいの情報量があると、良いなぁという気がしますね。
スポンサーサイト
胸の大きさと、ワームの再侵略という全く正反対のネタが同時進行。このギャップはもの凄いんですが、あまりそれを感じさせない展開になっています。それはある意味しっかりと状況かけているということなんですが、同時にアクセント不足という感じもします。

次回以降もう少し話が展開しそうな感じあるし、ワームが出てくれば自ずと戦闘に入るだろうし、色々と動きも出てくるとは思うんですが、まだ、話の全体像が見えてこないというところに物足りなさがあります。

単に普通の女の子が戦闘少女になりました。って話だけというのじゃ、なんなんで、その上でどんな話を構築するかというところに期待したいんですが、今のところその部分が出てきていません。まぁまだ序盤だというのもあるんでしょうけど、そろそろ何かが出てきてくれれば、さらに楽しみが増すように思うんですけどね。
ついにまぁや登場。彼女が来た以上しばらくはドタバタが楽しめるかも知れない。原作通りなら、しばらくはですが(笑) もともとあまりつかみ所が無い話で、微妙なエロっぽさがアクセントになっているんですが、アニメの方がエロっぽさが強調される感じがします。それはそれで悪くないと思うんで、この路線はうまく使って欲しい。

水泳ネタがまだ出てきていないので、そちらも楽しみです。微妙な感じがカラーなのでそれを続けていって、まとめることが出来るか、ちょっと興味があります。普通にやったんじゃ難しいと思うんですが、とりあえずこれまでのところは、それなりになっているので、結構なんとかなるのかもしれないな。
人騒がせな狸が騙されて退散したという話。それにしても、展開のないアニメだ。これでいいのかって感じ。結局このまま何もなく終わるんじゃないかって気がするくらい。

ヒロが女性達にからかわれるシーンは面白かったので、その手の話も悪くないという気もする。折角美女が揃っているんだから、そういうネタがもう少しそういう話が欲しいよな。ゲストが出てきてすったもんだで終わりってパターンはそろそろというか、とっくに飽きてきてます。

設定は悪くないと思うんだけどなぁ
未だにライディーンを渡せば済むという発想が出来るという発想が凄いけど、きっと現実に似たような状況になっても、こういう発送の奴は大量に出てくるんだろうな。そういう意味ではリアル。

小早川の役割がとても面白いものになってきました。判りやすい流れとして、ロクセルがあれで惚れたってパターンで、彼の腕輪を小早川が持っているってのが、また意味深。つか、その複線すっかり忘れてましたよ。

で、動くだけで絶対にロクなことにならない、馬官僚がまた何か余計なことを考えついたようです。これまたあまりにリアルで、本気で腹が立ちます。そろそろ始末して欲しい。

この非常事態をどう納めるのか、次回ちょっと見物ですね。
結局内容的には何の進歩も無し。ゲルニアを倒したのはいいけど、それでなんで戦争が中止になったのかもよく判らないし、それを知らないはずのリタ達が、暢気に陸路でグリーダムに向かっているというのもお粗末。

結局彼女たちの旅は何だったのか、よく判らないまま終わってしまいました。第一部だからなのかもしれませんけど、それにしてもなし崩しが過ぎるって気がする。どうも何が描きたかったのかよく判らない。

ん?、第二部って一体何をやるんでしょうかね。
唐突な話を2つ併せて1話にしたという感じ。必殺技にしても、西沢ネタにしても、適切なタイミングで出せば繋がりが出たのに、なぜこのタイミングで? しかも次回は遊園地ネタって、これもタイミング外しているような気がする。もう、わざとやってるとしか思えないレベルだ。

内容は、多少余計なものをくっつけてはいるものの、ほぼ原作に忠実。けど、アニメにしてしまうとインパクトが足りない気がする。原作の1話を15分相当にしている訳なんだけど、それでも全然薄いしテンポが悪い。やっぱ2話を15分あるいは3話で30分くらいにしないとしっかりしたものにはならないってことなんですかね。

ここまでこのペースで来てしまった以上はもうどうにもならないんだろうな。
シエスタやる気満々だ。すげぇ。アレやられたら落ちるわな。で、次回はアンリエッタ編。女性キャラを徹底的に使っていくつもりらしい。ルイズを含めた四角関係なんてことになれば、そら話は膨らむでしょうね。

本編と言って良いのか判りませんが、真面目ネタのほうもしっかり進行させているというのはなかなか素晴らしい。萌えネタだけに没頭せず、ちゃんと話も展開させようという意図は読み取れます。天秤にすると、どっちつかずになる可能性もありますが、今のところはそれなりのバランスを取って出来上がっているように感じます。

ルイズの姉さん達をどう使うのかに興味が湧きます。折角新キャラとして登場させて、あれだけ極端な性格付けもしたのだから、何か有効に活用して欲しいものです。古参のキュルケやタバサ、モンモといった辺りが死んでしまっているのが勿体ないと言う気もします。これだけキャラが居ると、纏めるのも相当大変そうです。一体どうなるのか、注目して見ていきたいですね。
ロミオは自立して、ついに様付けされるところまで、仲間の信頼を勝ち得た。そこでジュリエットとの再会。村では、反大公派を絞るための芝居の準備が順調に進行中。なんかもう、このままの勢いでラストを迎えるって感じになっていますが、さすがにそれじゃあまりにもという気がする。

話数的には微妙な感じもするんですが、できればもう一波乱欲しい。というか、こんな簡単で良いの? って事になっちゃう。もしこれで終わりってことになるなら、描き方が甘かったと判断せざるを得ない感じがします。けど、まだあの変な木の正体も残っているし、ロミオに種を渡した爺さんも何者なんだかよく判らないので、振り回すことは出来ないでもないかもしれない。

単話としてみれば、結構良く出来ていた回で、毎回このレベルが維持できていればもう少し内容を濃くできたと思うんだけど、途中かなり無駄があったからなぁ。