FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
なんともまぁ遠回しなようなストレートなような微妙な表現でネタ出しです。絶対に普通にやることはしないって感じですね。チビ桃香が出てきて、私の代わりって言う辺りがとても微妙。そもそも桃香が男だったり女だったりするのが、ずーっと謎だったんですが、胡蝶姉妹と同じレベルのものだというのは、なかなかショッキングな事実。

今回は恐らくこのネタを描くのが最大にして唯一の目的だったんだと思いますが、それでもところどころエロネタを咬ませている辺りは、さすが桃華月憚。それにしても、会長は久々の出番だったような気がする。で、あのシーンからなら普通次の回には、会長の口から何か語れそうなもんなんですけど、何もなかったですからね。

流石にそろそろ回数もなくなってきたんで、核心に迫るようなネタが増えてきました。この逆転構成で、謎をどこまで引っ張れるのかちょっと楽しみです。
スポンサーサイト
東京地検:検事が勝手に刑事告訴取り下げる 書類ねつ造か

もし、これが事実ならとんでもない話です。司法の信頼性を著しく損ねる行為で、私文書偽造とかそういうレベルで片付けられたのではたまらない。一般人が嘘の書類を捏造したというのとは次元が違うはずだ。で、なんで「東京地検刑事部に所属していた検事」なんて曖昧な表現がされているのか。きっちり実名から経歴、担当した事件の一覧まで掲載するのが当然なんじゃないのか?

とにかく、法に関わる連中がその気になれば、どんなことでも出来てしまう。だからこそ、法治国家を名乗る限りは、彼らには徹底した清浄さが求められなければならない。これは大全体な訳だ。その上でシステム上簡単に不正が行われないような仕組みにもするべきだろう。どんな厳密な試験やらでフィルターしても、それをすり抜けるゴミというのは存在するし、人間なんて後からいくらでも変化する。

一検事ごときが一存で起訴取り下げを出来るというシステムが間違っている。国家にとっては大した事件で無かったとしても、被害者にとっては重大な事件な訳だ。それをこうも簡単に不起訴に出来るというのは、システムの致命的な欠陥と言っても良い。

さらに酷いのが、今回の動機。「異動前に事件を処理したように装う」となっている。つまり処理した方が何らか彼の利益になるということだろう。これも酷い話だ。その事件がどの程度重大なのか、どの程度難しいのかということを考慮せずに十把一絡げに処理しているというのが良く判る。他のことならいざ知らず、法の場でこういう適当な処理をしてもらったのでは、餌を撒いて悪事におびき寄せているようなものだ。

この事件が、今後どの程度報道されるのか見物ですが、恐らくそれ程騒がれることもなく終わるような気がします。もし、うやむやにされるようなことがあるなら、この国の司法システムは全く信用できないということになりかねない重大な問題です。できれば、そうならないよう徹底した真相の解明と、その公表、そして有効な再発防止策を取っていただきたいものです。
バイク男性:足切断気付かず2キロ走る 浜松で分離帯接触

怖えぇ。どんな速度でどんな風に接触したのか判らないけど、転けずに走っている訳だし、切断されちゃうような分離帯っていったいどういうものなんだろう? 記憶にある中では、切断になりそうな形状のものって無いんですけどね。

しかし、後続の車とかも怖かっただろうね。いきなり人の足が落ちているんだから。いや、もし後続がたまたま居なかったから、ミンチにならずに済んだのかな?知らない内に自分の足が無くなっていたって気がついた時、一体どういう気持ちになるんだろう。いや、もうなんか考えるだけで悪寒が走りますね。それにしても、出血とか良く大丈夫だったな。
CD不況どこ吹く風!クラシック初ミリオン「千の風になって」

むしろ、これがクラシック初のミリオンであるという事実が音楽文化衰退を明確に表す良い証拠になっているという気がする。テレビやドラマのタイアップが無いと売れない。それさえあれば結構売れるというエイベックス方式の正しさを証明したってことでしょう。あぁ判りやすく、記号的とか、情緒的とかであるって要素も重要だろうね。

大衆文化かくありやって感じですね。
任天堂の宮本茂氏が語る、ゲームの新たな発想(4)

そして今、私たちは、ビデオゲームのなかの暴力をどうするかという問いに答えるのではなく、私たちが制作しているゲームを通じて、ビデオゲームを一般の人々やポップ・カルチャーの話題になる存在に戻すことができるのではないか、と感じています。


そうか!だからWiiにもDSにも興味が湧かないんだ。
だって僕にはそんなもの面白いとまるっきり思えないもの。
納得。
好き嫌い議論無意味説というのが流行っているようです。その言い分は真に正しい。僕も友人にそんなに真面目に考えなくてもいいんじゃないの?って言われることがあります。けれど、どうしても何故好きか、あるいは何故嫌いかを考えずには居られないし、考えたのだから書いてみようという気にもなる訳です。でも、これまで判らなかった、好きあるいは嫌いな原因が見つかった!と感じた瞬間って、結構嬉しいんですよね。まぁ、それをもって一般化しようとすると様々軋轢が生まれるんでしょうが、これも感情的なものなので、どうしても言葉がキツクなるという傾向もあります。

でも、僕はこれって無意味だとは思わないんです。断言はできません。でも意味があると考えている。例えば、自分の好みの傾向、興味が刺激されるツボというものを、ある程度分析し、それを表明していれば、同好あるいは異好の関係というのが判りやすい。ある作品を見て解釈に困った時に、あの人はどう見て居るんだろう? とのぞきに行くことも出来る。勿論、今後なんらかの形で作品の制作に携わることがあれば、その時にも生かせるでしょう。制作側が見てもひょっとしたら参考になる意見も出るかも知れない。

好き嫌い、人気がある無い。そういうものを自分達の出来る範囲で、自分達の納得できる範囲で解析してみるというのは、無意味ではないんじゃないでしょうか。だって、自分は自分、他人は他人って言っちゃったら、終了ってなっちゃうじゃないですか。なんで?っていう素朴な疑問を追求するのが、悪いことだとは思わないんですよね。勿論その論述技法が拙いという場合もあるでしょうけど、だとしても、無意味だと一刀両断することは無いんじゃないかなという気がします。
[好き嫌い議論]の続きを読む
とりあえず、ファイルを転送して、土曜にツーリングで一日使ってみました。電池の保ちが良くて、朝から晩まで使ってもまだ電池は3本残ってて余裕でした。これは驚き。実は出がけに有線のリモコンが無いということに気付いて、どうしようかと思ったんですが、軽くて小さいので、首からぶら下げていきました。操作性は悪くなく、再生をかければやることはボリューム操作とスキップぐらいなんですが、それは運転しながらでも問題無く手探りで出来るレベル。まぁ当然ですけど。液晶の視認性はすこぶる良く。ピーカンの昼間でも見ることができました。Play/Pause、Menu、Backのボタンがサイドにいっているは、メリットとデメリットがあります。しかも右側に並んでいるので、こちらは手探りだとちょっと操作ミスをするかもしれない。しかし、再生ボタンがサイドにあるっていう機械は珍しいな。

オールシャッフルで聞いていたんですが、シャッフルのアルゴリズムはかなり怪しくて、少なくとも一度電源を落とすと忘れるっぽい。まぁデジタルプレーヤーはシャッフルをどうするか難しいというのは判るんですけど、せめて直前の100曲とか位は覚えていて繰り返さないとかそういう工夫が欲しいところ。

月曜からは通勤で、DR-BT50にBluetoothで飛ばして聞いてみました。こちらの方が使い方としては本命。本体は鞄に突っ込んだ状態で、とぎれることもなく再生してくれました。ハンドシェイクも楽です。基本的な操作もDR-BT50から問題無く行えます。液晶が綺麗なんでジャケット写真の登録とかやってみようかなぁとか思ったりもしたんですが、普段液晶を見ることはほとんど無いなと気付いて止めています。気が向いたらやるかも。JetAudioで登録したジャケットが幾つか出ていたので、互換性がある程度あるらしい。この手の拡張タグって未だに互換性が怪しいのが悲しいです。

一つ納得行かないのは、レジューム。電源を落としても再度起動すれば、曲の途中からでもきっちり再生がかかる設定ができるのは良いんですが、何故かボリューム設定だけは忘れてしまいます。なんで、デフォルトだと大きいとか小さいとか思っている人にとっては毎回毎回調整をしなければならなくなります。これは面倒。ただ、DR-BT50を使う場合は、ボリューム設定はヘッドホン側で行うので、あまり気になりません。

音質に関しては、有線はバイクに乗りながらだったので言及しても仕方ないし、Bluetoothの場合、送信側と受信側のどちらに音質のウェイトを置くべきなのか良く判らないので、どうにも判断しづらい。まぁ問題無いというレベルを維持している。としておきましょう。ただ、バイクに乗ってもちゃんと聞こえるまでボリュームを上げても(相当大きいよ)破綻するということは無かったので、ヘッドホンアンプはそれなりかも。MDR-EX90SLを使ったのですが、下手なイヤホンとかだとそちらが先に破綻するかもしれません。

DNSeというエフェクターが搭載されているんですが、少なくともこれまで知る限りのポータブルプレイヤーのエフェクターの中では一番出来が良いという気がしました。それでも切りましたが。恐らくバッテリー食うだろうしね。ひょっとしたら、添付のイヤホンとか使うなら、ONにすると、結構良い感じに聞こえたりするのかもしれない。それなりのヘッドホンを使う場合、この手のエフェクターは大抵不必要です。外部ノイズを軽減するストリートモードなる機能も付いていましたが、こちらは完全に音のバランスが崩れてしまいます。低域がボコボコになりました。まぁ確かにノイズは軽減するのかもしれませんが、音が耐えられる次元に収まっていないので却下です。
モバゲー潜入。『25歳以上♂禁止』とかにへこむ28歳。モバゲーのゲームはおまけだったのか。

かなり丁寧な解説。結構良く判る。つまり、子供のおもちゃで、やる必要はまるでないってことなんだということを再認識できました。

世の中コミュニケーションブームみたいだけど、それをそんなに安易に求めるってどうよって気がする。友達って言葉が安くなって、警戒心が薄いなってのが良く判る。まぁそれで痛い目見るのも、美味しい目を見るのも当人なんで、やりたい人はご自由にって感じなんですけど、正直無意味な会話するなら、数人の友達だけで十分って気がする。

きっと彼らは世界から孤立しているという感覚を持っているんじゃないかなぁ。だから内輪のコミュニティに固執しているという気がする。ネトゲに填って抜けられないってのも同じ感覚。それすら面倒って人達が集まる場所が、ミクシィやらモバゲーやらなんじゃないのだろうか。
見合いネタは原作1話分だと思うんですが、さすがにそれで30分は厳しいと見えます。かなり無理矢理なインサートシーンが連発でした。いやこれまでもそうだといえばそうなんですが、間を作るためというより、シーンの繋ぎに使われていたような気がして、ちょっと役割が変わっていたように思えます。

これも原作の方をほとんど記憶していないので、その通りなのかよく判らないのですが、あれだけ生徒を集めておいて、ほとんど使わなかったというのは勿体ないという気がします。生徒ネタを引っ張ればもう少し余裕を持てたような気もするんですけどね。

まぁ兄貴や妹を出した以上、これからも使っていくつもりなんでしょう。原作はそれなりに長さがあるので、どれを使って、どれを組み合わせて、どんな順番で出してくるのかというのが、一つアニメの見所ではあります。兄妹達は、ちょいネタとしても使えるので、早めに出しておくというのはやり方としては悪くないかもしれません。倫ちゃんもなかなか強烈なキャラですしね。

テンポを上げてまくし立てる的なやり方にするのが、多分一番楽だと思うんですけど、それは監督のカラーに合わないような気がします。その辺りのアレンジの仕方が楽しみです。一体どう料理してくるのか、これからが勝負所ですね。
いやぁ良いシーンでしたねぇ。過去あそこまで親子関係を描き込んだシーンがアニメにあったでしょうか。数話をかけて、じっくり盛り上げて、チャグムの絶望ややるせなさも、バルサの無力感や力強さも、良く出ていました。私を信じろって台詞は結構聞きますが、ここまで深みがあったのを見たことがありません。今回爆発したバルサ。そのバルサの体当たりっぷりがとても素敵でした。拙さも良く出ていて、それでもよくバルサの気持ちが出ている。チャグムは嬉しいとも悲しいともつかない、複雑な気持ちを持ったことでしょう。それでも絶対的な説得力がある。バルサを信じてみようと信じるしかないんだと納得させるものがある。それを出せるのが人の親たる者の資格って奴なのかもしれません。

バルサとチャグムのシーンがクライマックスだったことは間違い無いと思うのですが、それ以外でもしっかりと物語は展開しています。その辺りは抜け目がありません。様々な情報が飛び交いました。一見したところでは、その中には打開策が見いだせなかったようですが、何かのヒントがまだ隠されているのかもしれません。

チャグムが他の景色を見たとかいうのも、タンダが向こうの世界に行ったのと繋がるような気がします。考えてみると、あの話だけ妙に浮いているような気がするんですよね。サヤも一枚咬むのかもしれません。あの兄妹これでお役ご免という訳でもないでしょう。

シュガとトロガイがきちんと話を出来るタイミングがこれで出来たということになります。しかも双方それなりに状況を理解した上でという前提付きです。その結果がどうなるのか、とても興味深いです。何しろ相手は正体不明の怪物で、その対処の仕方はまるで判らないという状態。バルサや狩人と言えどもおいそれと対抗できるようなものでもないでしょう。

ちなみに、鳥の問題は、兄貴の鳥が助けてくれるというような気がするんですが、どうだろう。そうなれば兄弟の絆的なものが出せるし、この作品のカラーに良くあっているような気がするんですけどね。