FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
WOWOWの海外ドラマが凄い状態になっていて嬉しい悲鳴。いつものブラッカイマー作品の2本

CSI:6 科学捜査班
コールドケース3

にプラスして、この夏からスタートした新番

ROME[ローマ]
クリミナル・マインド FBI行動分析課
ザ・ユニット 米軍極秘部隊
GSG-9 対テロ特殊部隊

これらがいい感じ。ローマは週2話放送だし、これだけでも見るのがキツいのに、ここから更に

リ・ジェネシス バイオ犯罪捜査班

1と2の一挙放送がありました。これは辛い。先週ツーリングに行ったりなんかして、録画がこなせなくて、溜まっていたローマを先週こなしたんですが、先週末は、リ・ジェネシスを見た見た。しかも、これ良くできていて見始めると止まらないんですよね。けどまだ見切ってません。また週末はドラマ三昧になりそうです。
スポンサーサイト
FC2テーマ: | カテゴリー:ゴミ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
次々に新キャラ、新設定が出てきます。やぁ凄いですね。数は出てくるけど生かし切れるんでしょうか。そこがちょっと不安。不法ゾンビ退治がお仕事というのは判ったんだけど、そろそろ不法ゾンビ製造元の目的とかその辺りが出てきてくれないと、話全体が大味になってしまいます。その部分を引っ張り過ぎると、良いこと無いんじゃないかな。

実際、既に単話で見ると話自体は相当薄いもので、そろそろ新展開してくれないと厳しいという状況になってきています。つか、お前らその後まともにゾンビ狩りしてないだろって突っ込みたくなってしまうくらいです。

キャラのポジションが定まる前に新キャラが出てくるというのも、あまり良い傾向ではない。最初はまぁそれもインパクトがありますが、連続してくると物語のまとまりが無くなります。そろそろ整理した方がいいんじゃないかな。
確かに現状ではおソラさんと清吉の関係ってのが、一番重要な問題で、それを簡単に片付ける訳には行かないから、前振りが欲しいけど、単純な前振りではちょっと物足りない。それで、この手のシナリオにするというのは、作品のカラーに良くあっている。結局進展無しという感じなので、物足りなさはあるものの、まぁ清吉というキャラを考えれば、ある程度の時間は必要でしょう。

全体としては、最期のインターミッションという色合いが濃かったんだと思うんですけど、事が済んだ後の、各キャラの立ち位置というのを確認するという意味では悪くない回だったと思います。この回を生かすも殺すもこの後の展開次第の部分があります。今回の話を如何に踏まえられるかでしょうね。生かすことが出来れば、かなりなシナリオ構成だと思いますよ。
ほとんどあり得ないという程の戦力差です。少なくとも今回の話を見る限り、クレイモア達が勝てるはずありません。けれど勝つんでしょう。それはほぼ確定事項。それが如何にインチキに見えないかを描いていくしか無いんですが、無理なんじゃないかという気がします。流石にインフレし過ぎのような気がする。1桁?を簡単に瞬殺できるような奴にどうやって勝つんでしょうか。どういうトリックを使うのか楽しみにしておきましょう。納得の行く説明が付けられたら、喝采ものです。

で、ラキくんの方もいよいよ佳境。イースレの一存にかかっている訳ですが、彼が何故ラキを連れ回しているのかも含めて、この対応で少し覚醒者のことが判るかもしれません。

ん?、でも全体的にちょっと急ぎ足過ぎるという気がしないでもない。もう少し腰を据えてじっくり描き込んでいけば、それなりに出来上がったような気がするんだけど、変化が急激すぎて物語がついて行けてないという感じが凄くします。勿体ないって感じ。