FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
キャラとの関係性構築中って感じの回。物語の方も徐々に進めながらというのは悪くないです。もう少しテンポアップして欲しいという感じはしますが、今のところはそれでもいいのかもしれません。

徐々にネタが揃ってきてそれなりに条件が揃ったところでどういう展開を見せるのかというのが当面のポイントになるでしょう。どうしても、機器があれだけ誤作動する程の電磁波が仮に出ているとするならあの程度では済まないという気がします。その辺りの違和感をどの位払拭できるかというのも重要かも知れない。

朴念仁と熱血少女という取り合わせは楽しいんだけど、あまりにもその辺りの色付けを極端にすると、またそれも異常さを感じさせることになってしまうので、見切りが難しそう。キャラのポジションがまだ確定していないので、当面のその辺りが整う辺りまで見ると少し評価も固められるかもしれません。
スポンサーサイト
なんか、細かいところは誤魔化されたような気がしなくもないですけど、まぁラストらしい気持ちの良い回でした。基本的にアリカとニナのみの描写になってしまったので、他のオトメ達が沈んでしまったという感じがしますが、まぁそれは仕方がないかな。主立ったオトメ達はここまででみーんなやられてしまったという事になっているし、それもラストの総力戦で二人に注力させるための小細工ということなんでしょう。

細かいことを言い出すと色々と出てきますが、楽しむためのものと割り切って見ればそれなりに楽しめると思います。
牧村先生登場の回。っつーか、原作通りなら、その後彼女が活躍する回はほとんど無いような気がしますが…。生徒会トリオネタと2個1なんですが、今回はかなり上手くミックスしています。違和感がほとんどありませんでした。ここの内容自体は、ほぼ原作に忠実だったような気がします。雪路との追いかけっこがややウザいという気はしましたが、まぁ我慢できる範囲です。

という感じで、ハヤテのごとくにしては無難に纏まっていたかなという感じ。このレベルを最低限にして抑えてくれれば、もう少し楽しめると思うんですけどね。

けど、スカートネタだけは、必殺技の解決が出来ていない以上意味不明なんじゃないかと思ったのは僕だけではあるまい。
実はウミショーというのは、主要なキャラ以外のスポットのあて方が絶妙な感じで上手いです。早苗ちゃんの話で、基本的には彼女のキャラを定位させるのが一番の目的。いや、実際これまでの話だと、彼女のキャラってほとんど判ってないですから。でも、それに水泳部創設ネタを咬ませることで、テンポと情報量が上がって、それなりにまとまった話に仕上がっています。

設定の割にはキャラの押しが弱い作品なんで、こういう回を使って少し強化してあげるのは結構有効。これでキャラの外堀が埋まっていって、動き出すようになれば、何気ないエピソードが盛り上がるようになるかも知れません。アニメは漫画と違って時間的制約があるので、少し強烈にキャラ付けする必要があるかもしれません。

早苗ちゃんに関しては、これを見ると大分見方が変わるんじゃないでしょうか。後はこれを生かすような演出をどこまで今後出していけるかというところですね。
キャラ設定的にお約束な話。中身自体もお約束通り。ほとんど捻りもなく素直に作ってます。お約束というのは、一定の効果があるからこそお約束として定位する訳で、今回も相応に楽しんで見ていられました。メカアクションの部分を真面目に出してきたのが初めてという効果も相まって、面白かったです。

ただ、ワームってのはあんな巨大なものが単体で攻めてくるものばかりなんですかね? なんかイメージとしては、もっと団体でうじゃっと湧いてくるってイメージがあったんですが。数が増えてくるとデルタロックのシステムじゃとても対応出来そうもないんです。きっとそういうネタもあるんじゃないかという気がしてきました。

で、次回は幽霊話。こちらもかなりお約束な展開が予想されます。楽しめればそれもアリですけど。
妥協がないというか、前半のジグロ話後編だけで十分1話を構成出来るだけの情報量があります。にも関わらず、それ以後の話にもきっちりと重要な情報をたっぷりと乗せてきています。物語の進行にチャグムの精神が非常に重要に関わり、同時に今作の主役であるバルサの存在感を全く落とさずに、彼女の変化に関しても当然のごとく描ききる。物語自体は編に捻っていたり、妙な謎や設定を入れていません。とても素直で判りやすく出来ています。にも関わらず、毎回これだけの濃密な話ができる。逆に言えば、これ以外の作品が表面的なものばかりを追いかけているということなのでしょう。

とにもかくにも、ジグロの話はなんともいえない深みがありました。自分はジグロやバルサのように達観していないし、人の親でもないので、心底彼等の心情というものを理解することは出来ていないと思います。だからこそ、チャグムの心境というのが逆に身に染みてきます。我々にだって、為すべき事を為すべき時に為すということは判っているけれど、なんのかんのと言い訳しつつ、そこから逃げている。けれど、どうしても逃げられないとなった時、しかも絶望的な状態からのチャグムの決断には、心を揺らされます。そして、当然のごとく、その言葉を聞いた時のバルサの表情と、チャグムを抱きしめた時の心情は彼女とジグロの人生を踏まえれば、言葉に出来ないものがあります。

精霊の守り人には、何度となく胸の詰まるようなシーンがありましたが、今回も過去のそれらに負けないような良いシーンでした。キャラクターが作品の中に定位すると、これだけのものが出来るのかと、驚嘆せずにはいられません。

後半は、次の展開への前段階をきっちり踏んでいます。この辺りも抜かりはありません。完全に主婦になっていたタンダも久し振りに存在感を見せてくれました。タンダがバルサを昔のジグロに例えたシーンのバルサの表情も素晴らしかった。映像だけでこれだけの演技をさせられるのは、IGならではの技術力という気がします。

このタンダの告白、最終的にはどうなるのか。初めて艶っぽい話題なんですが、物語的には脇道。でも、チャグムが起きている点も含めてそんなシーンもしっかりと使い切っています。そして、チャグムの状態に変化が起きる。さて、これにどうやって対応していくのか。現時点では、手だては見つかっていないという状況。シュガの方がどこまでの情報を集められるのかも含めて、きっちりクライマックスに向けて物語は盛り上がりを見せてくれています。シリーズ構成が非常に綺麗です。無駄な贅肉は無いものの、決してガリガリという訳でもなく、魅惑的なラインを描いています。ラストに向けて余程のことがない限り綺麗にまとまるでしょう。どんな結末になるのか、期待して待ちたいと思います。
大義名分が成立しさえすれば、人間はどんな残虐な行為でも正義の名の下に実行することができる。正義とは悪魔の囁きの別名であるということを良く表しています。そして、ミュウにおいても同様で、トォニィを自らの意志で戦いに向かわせてしまったのは、まさに虎の尾を踏むという奴でしょう。

今のトォニィは、恐らく人類に対してどんな残虐な行為でもやってのけるでしょう。彼の心はまさしく子供の純粋さを持っているし、彼にとってそれは、まさに正義の行為です。ですが、一人で艦隊を殲滅するトォニィの力を目の当たりにした人類には、彼は正に悪魔に見えたでしょう。

人間は、第三者から見た時には、どんなにくだらないと思えるようなものにでも、信仰を持つことが出来ます。そして、信仰を持った人間は、その瞬間に悪魔に魂を売ったことになります。残虐な行為のかなりの割合が、正義への信仰の為に起こっているという事実を人類は未だに学ぶことが出来ず、このまま行けば未来永劫学ぶことが出来ないだろうということを暗示しているのではないかという気がします。