FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
とりあえず、そのそのは可愛らしいってのは判りました。物語の方は粛々とという感じ。一応進行しているのは評価しても良いと思う。ちょっとペース遅めというきもするけど、なんとか踏ん張っているという感じかな。

怪しげなエージェントは、既にドジっ娘属性露出しているし、あまり深刻にはならない方向なのかもしれません。実際シリアスに振ると、ボロが出る可能性も高いので、ある程度以上緩い部分を残しておいた方がいいでしょう。

そうなると、ドタバタ喜劇的な要素が欲しくなるんですけど、そういう面は今のところまだ出ていない。現状では何を描く気なのかまだ良く見えない感じです。けど、そろそろ初期設定も終わってきたところだし、本編がどんな感じなのか見えて欲しいですね。
スポンサーサイト



色んなお約束を集大成しているというのが今回も続いています。お約束のまんまなんで、どうも新鮮味が無いというのが欠点ではありますが、その分堅くて失敗が無いというのはあります。いや、一番の問題はお約束に縛られてしまっている分キャラが上滑りしているような感じがするという部分かも知れない。

物語の方は、意外にも順調に進行しています。この手の作品だと、物語展開の方がお留守になってしまうパターンが良くあるんですけど、それが無いのはなかなか素晴らしい。少なくとも進展がきちんとしていれば、中抜けする可能性が減るので、今の内は、こんなテンポで進んでいても悪くないかも知れない。

折り返した辺りからもう少しテンポアップが欲しいですが、前半を少し温めにしておけば、ギャップが出て悪くないかも知れません。もう少し先を見てみないと、なんともという感じになってきました。
何となくそれぞれのエピソードの繋がりが悪いような気がしますが、ほぼ原作通りだったように記憶しています。けど、ウミショーの魅力の一つはお色気なので、そこが出てくるとまぁそれなりに楽しめます。

アムロだのみにしてしまうと、話が広がらないんで他のキャラをどう使うかということを常に模索しているという感じがするんですが、まだ回りきっていないという感じでしょうか。まあやがもう少し前に出てくればという気もするんですが、彼女も相当強いキャラなので、あまり出し過ぎるとカラーを壊してしまうかも。

結局今のバランスというのが、一番らしいのかもしれないですね。ちょっと刺激が足りないという気もしますが、それこそがウミショーなのかもしれない。それを好きかどうかはそれぞれの趣向なんでしょうけど、個人的には嫌いじゃないです。
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
唐突だなぁ。話の展開に無理がアリアリ。でもまぁその部分を除けば比較的良い感じ。キャラの数が多かったので、いつもの怠さが軽減されて一応纏まっていました。しかし、何でこのタイミングでこのネタなのかというが、相変わらずよく判らない。もう少しスマートに展開できるタイミングってのがあると思うんですけどね。

結局原作がアニメに向いている話かどうかで出来が左右されているように見えます。もう少し上手い工夫が無いと、ムラがありすぎるって結果になっちゃうでしょうね。
良い出来でした。一番の出来だったんじゃないでしょうか。毎回この位の出来を維持してくれていれば傑作だったんですけどね。まだ大公がどうなるのか判りませんが、ともかく、ここまでの話を見る限り、典型的な中抜け作品で、2話?19話位までは1話で収めてしまっても話が通るような作品になっています。

最初から、ジュリエットとエスカラスのネタを臭わせつつ、彼女を手に入れることが、世界を手に入れることという流れにした方が、話は面白かったように思えます。このままジュリエットが贖罪者となる話だと、ちょっと捻りがないような気もするので、彼女の生き方を探りつつ、人間関係を描いていけば悪くない話に……って、それは精霊の守り人だわ。

何れにしても、ここまでの話はほとんどご破算になったので、これから話が全て決まるという方向。考えてみれば酷い構成の話とも思えます。
一気にネタ出し。詰まるところアンバーの計画が話の全ての鍵という構成になっています。この構成は、ネタ出しのインパクトは大きいですが、話が単調になり、全体が淡泊になるという傾向があります。この作品もその呪縛にどっぷりと填っていて、映画なんかでは悪くないですが、テレビシリーズには向かないんじゃないかという気がします。

一応、ヘイ達4人組の関係の変化という部分は描けているので、今回の話の違和感なく見られるし、これから先の展開も、それが前提にならなければというのは判るんですが、それ以外の部分の繋がりが弱いので、それが、局所的なものに感じられてしまいます。バラバラに見えていたものが、最期に集まるという話を求めているのかもしれないのですが、それもやっぱり、テレビシリーズとしては、長すぎるという感触を生みます。

他に何かもう少し要素が足されていれば、そちらで引っ張るという事も出来たのかも知れませんが、それが無いので、ネタ出しのインパクトよりも、世界観の薄さの方が上回ってしまっているように感じます。

で、一応のネタ出しが終わったこれからをどうするのかが興味深い。ここから先をそれなりに纏められれば、まぁそれなりに収まるような気がします。それでも3話?14話位までは要らないという気がしないでもないですが。